本日から3日間、私事旅行に行って参ります。

本日から3日間、私事旅行に行って参ります。
本日は、土用丑の日で実家は、大変な忙しさとなることが予想されますが、夏休み中公務の関係等で、この週となってしまいました。


昨晩のフェイスブック、津久井やまゆり園事件 追悼式のエントリに多くのコメントを頂きました。

昨晩のフェイスブック、津久井やまゆり園事件 追悼式のエントリに多くのコメントを頂きました。
ありがとうございます。

その中に「同じ障害者とその家族、友達を今も今日も悲しみ、苦しみ、怒り、恐怖に苦しんでおります。」というコメントがありました。団体の方々とヒアリングをすると障害を抱えたご家族の会が比較的多く、共通して課題として挙げられたのが、「障老介護」の問題です。

私の叔母も知的障害を抱えて、祖母よりも早く亡くなり、「(親に心配をかけずに亡くなり)親孝行だった」と言われていました。亡くなった叔母は、私のおむつを替えてくれたりして、私を育ててくれた家族です。彼女の存在が、私を政治の道へ導いたことは間違いありません。
障害者福祉は私のライフワークですが、親よりも早く亡くなって、親孝行と言われる社会は間違っているし、心配をかけずに(障害者自身が)自立できる社会を作っていくことが私の使命であるとも考えています。

知的障害を抱えた叔母が、親(祖母)よりも早く死んで、親孝行だったといわれる社会は、やはり今回の悲劇を生む、もしくはそれを許容するという間違った考え方と根底でつながっているように思えてなりません。平成元年に叔母が亡くなってから、ずっと私なりに考えていますが、やはり課題は大きいと思います。

「津久井やまゆり園事件 追悼式」(相模原市文化会館)

7月26日午前2時38分、神奈川県相模原市緑区千木良にある、神奈川県立の知的障害者福祉施設「津久井やまゆり園」に、犯行当時26歳の元施設職員の男が侵入し、刃物で19人を刺殺、26人に重軽傷を負わせた大量殺人事件から、一年が経ちます。

本日は、相模女子大学グリーンホール(相模原市文化会館) 大ホールにて行われた「津久井やまゆり園事件 追悼式」に参列しました。
神奈川県立津久井やまゆり園利用者の方々が、折り紙で折られた県花「やまゆりの花」が、式壇中央の標柱の廻りにレイアウトされていました。脳性まひのバイオリン奏者・水町水晶氏による追悼曲演奏の披露もありました。

追悼式式典において、入倉かおる 津久井やまゆり園園長による追悼の辞は、万感胸にこみあげるものがありました。故人となった被害者の皆様と共に過ごした思い出の日々を語られたものでありました。

私自身も障害を持つ家族と共に育ち、幼いころの私は、私自身も知的障害を持つ家族がいる中で育ちましたが、障害者福祉は、高齢社会を迎え福祉全体を支える若い世代が少なくなる中にあって、抱える課題もこれからもっともっと大きくなります。「障害者を取り巻く環境の改善と障害者福祉の向上」は議員となる一つの大きな動機でありますし、私のライフワークの一つです。

私たちは、「津久井やまゆり園」において発生した大変痛ましい事件が二度と繰り返されることがないよう、断固とした決意をもって、ともに生きる社会の実現に向けて、県民の皆さんとともに取り組んでいくため、県議会として、神奈川県と共に、「ともに生きる社会かながわ憲章」を策定しました。

この相模原障害者施設殺傷事件は、そうした思いを全否定する許すことのできない事件です。戦後最悪の大量殺人事件として神奈川県内のみならず、全国的にも注目されています。津久井やまゆり園で発生した事件については、再発防止対策と再生に向けて、しっかりと取組んで参ります。

【写真】: 「津久井やまゆり園事件 追悼式」(相模原市文化会館)

西仲自治会子供会の夏季レクリエーション/秦野市 田原ふるさと公園「ふるさと伝承館」にて「そば打ち体験」/秦野いとう農園にて、野菜収穫体験(トマト・ナス〈サラダ紫・千両ナス〉・オクラ・トウモロコシ・キュウリ)

昨日は、かねてより日程の決まっていた西仲自治会子供会の夏季レクリエーションに妻と子供たちと共に参加して参りました。

昨日は、(子供会の皆様と共に)以下の2つをメインに楽しみました。
・秦野市の田原ふるさと公園「ふるさと伝承館」にて、そば打ち体験
・観光農園 秦野いとう農園(戸川ファーム)にて、野菜収穫体験(トマト・ナス〈サラダ紫・千両ナス〉・オクラ・トウモロコシ・キュウリ)

これまでも、県として、地域農業施策に取り組んで参りましたが、上記二つの取組みは大変興味深いものでした。
田原ふるさと公園「ふるさと伝承館」の手打ち蕎麦体験では、地元の婦人グループ(秦野手打ちそば認定指導者)の方にそれぞれ、ご指導頂きながら、そば打ちを体験させて頂きました。

また、観光農園としても成功している秦野いとう農園(戸川ファーム)においても、野菜収穫体験をさせて頂きました。
秦野いとう農園公式フェイスブックにおいても、「今季の野菜の収穫体験、前半戦が終了。」として、お写真ご掲載頂きました。

~~~~~
田原ふるさと公園は秦野市の東地区にあり、鎌倉幕府三代将軍、源実朝公の首が葬られたと伝えられている「源実朝公御首塚」 をはじめ、周辺の金剛寺、大日堂、波多野城址、ヤビツ峠、自然観察の森など、中世の歴史を伝える史跡とめぐまれた自然の中にある公園です。
木造二階建ての「ふるさと伝承館」には、農産物直売所、そば処「東雲」、そば道場、漬物加工施設が入っています。また、公園内にはそば粉を製粉するための水車小屋があり、のどかな農村風景がかもし出されています。東地区は丹沢の山麓地帯に位置し、少量多品種の農業生産が行われています。源実朝公首塚という史跡とのどかな農村地帯の中に「田原ふるさと公園」はあります。この公園を通じて地域農業の活性化および農業者と都市住民との交流を図り、地域農業への理解を図ることを目的に開設されました。

【そば処「東雲」】玄そばを公園内にある水車小屋で石臼製粉し、「全国名水百選」の丹沢山麓から引いた湧水を使い、「ひきたて」「打ちたて」「ゆでたて」の二八そばを提供しています。また、そば打ち体験は、初心者にも分かりやすく指導します。自分で打った「そば」は、そのまますぐに食べることができます。
~~~~~

神奈川県議会においても、県立公園の新たな活用と在り方、これからの都市農業の在り方について、議論を重ねて参りました。大変参考になりました。行政視察も大切ですが、やはり、実際に自分で体験しなければ見えないものがたくさんあると強く感じました。

昨日は、実際に体験し、他の参加されたご家族の皆様からも様々なご意見を頂戴しました。「ふるさと伝承館」のそば打ち体験は、年に500組を超える幼稚園児や小学生が、横浜や東京から参加しにやってくるとお聞きしています。
企画して頂いた子供会役員の方に感謝しつつ、これからの県施策に活かして参ります。

【写真】: 昨日の西仲自治会子供会の夏季レクリエーション/秦野市 田原ふるさと公園「ふるさと伝承館」にて「そば打ち体験」/秦野いとう農園にて、野菜収穫体験(トマト・ナス・オクラ・トウモロコシ・キュウリ)

【2017年7月23日・活動日誌画像】:特別養護老人ホーム開所式/福祉クラブ生協・ワーカーズコレクティブみんなの手 「夏企画 バザー&カフェ」/市内各地の納涼祭・盆踊り会場を廻りました/はやしボンフェスタに出場中の相模人形芝居林座の皆様

昨日は、特別養護老人ホーム開所式に地元選出県議会議員として出席をさせて頂きました。

/また、市内各地の納涼祭・盆踊り会場を廻りました。その会場の一つ、はやしボンフェスタでは、ステージ出演する相模人形芝居林座の皆様とも親しくお話をさせて頂きました。

/福祉クラブ生協・ワーカーズコレクティブみんなの手 「夏企画 バザー&カフェ」。今年も家族でお伺いしました。皆さんには、いつも親切に接して頂いています。

/神奈川県宅地建物取引業協会県央支部「専門家による無料合同相談会」顧問議員として気になり、合間を縫って、お伺いしました。昨日は、大変多くの方々にお越し頂きました。

【写真】: 特別養護老人ホーム開所式/福祉クラブ生協・ワーカーズコレクティブみんなの手 「夏企画 バザー&カフェ」/市内各地の納涼祭・盆踊り会場を廻りました/はやしボンフェスタに出場中の相模人形芝居林座の皆様

長男が、耳の中に「BB弾」。井上耳鼻咽喉科へ。無事に取れて安堵/午後からは、施設開所式、地域イベント、ミーティング、納涼祭などを廻らせて頂きます/長男はサッカー教室

長男が、耳の中に「BB弾」取れなくなって、
井上耳鼻咽喉科へ。
ほどなく、無事に取れて安堵。

長男が、耳の中に「BB弾」取れなくなって、耳鼻咽喉科へ行った帰り道、サガミパン工房ブンブンで、昼食のサンドイッチを購入しました。
午後からは、施設開所式、地域イベント、ミーティング、納涼祭などを廻らせて頂きます。
おそらく全部は廻れませんが、時間だけに縛られることなく、楽しんでいきたいと思います。
関係者の皆様方は、熱い日差しの中、お疲れ様であります。

長男は、やはり暑い中、サッカー教室に参ります。耳もよく聞こえるようになったので、張り切っています。

【写真】: 耳から取り出したBB弾/サガミパン工房ブンブンで、昼食のサンドイッチを購入

本日は、地元デー。来週発行のタウンニュース寄稿の原稿作成、地元廻りなどを精力的に行っています/早朝議会活動報告は通算2257日目(中心市街地交差点)

本日も妻の出社を見送り(朝6時30分)、子ども達に朝食を食べさせたのち、長男(7歳)、長女(4歳)をそれぞれ、学童クラブ、保育園に送り届けてから、中心市街地交差点に立たせて頂き早朝議会活動報告を行いました。平日毎日行っている早朝議会活動報告は本日で通算2257日目(延べ日数ではなく実数)となります。選挙の有無に関らず、可能な限り、駅頭や交差点に立ち議会報告を行っています。このスタイルは、市議会議員時代から全く変わりません。

/本日は、地元デー。来週発行のタウンニュース寄稿の原稿作成、地元廻りなどを精力的に行っています。


本日は地元デー。地域を廻らせて頂きました/横浜市長選挙/昨晩の横浜スタジアム

本日は地元デー。地域を廻らせて頂きました。

今は、横浜市長選挙が行われています。
以下は、横浜市の有権者向けですが、全国共通ですので、覚えておいて損はありません。
~~~~~
投票権を有する人は、ご自宅に届く「入場整理券」が無くとも投票する事は可能です。このチケット(投票所入場整理券)を紛失したり、自宅に置き忘れたりしても投票はできますので、投票をお済みでない方は、ぜひ投票にお出かけ下さい。
免許証や保険証などの証明書はあった方が好ましいですが、たとえ身分証明書がなくとも口頭で本人が確認(住所や生年月日で確認可能)できれば、投票すること可能です。
期日前投票でも同じです。お時間のある方は、思い立ったらすぐに投票所に足を運んで下さい。
また、選挙の時、投票所に名前が確認できるものを持ち込むことも可能です。名刺やリーフレット、選挙ハガキ、自筆のメモなど、どのようなものでも持ち込めます。
但し、他の人に見えるように持ち込むことはできません。鞄やポケット、財布に入れて持ち運び、投票用紙に名前を書く「記載台」に着いてから取り出すようにして下さい。
~~~~~

/昨日は、総務政策常任委員会の県外調査がありました。夜は、エスカル横浜(横浜海員会館)にて意見交換会が行われ、私も参加しました。
また、昨日は、閉会中審査ということで、臨時の厚生常任委員会が開かれました。「みんなあつまれ」「津久井やまゆり園再生部会報告」「動物保護センター」に絞って質疑がなされましたが、本日、議会局から速報が届きました。「みんなあつまれ」は、昨年7月に起きた県立知的障害者施設「津久井やまゆり園」(相模原市緑区)での殺傷事件を受けて、共生社会の大切さを多くの人に体験してもらおうと企画された。実行委員会は、県や経済団体、福祉団体など。有名アーティストを呼んだステージ、スポーツやダンス体験、障害者支援事業所による飲食ブースの出店などを想定しているイベントです。

昨日は、福祉部長から「ともに生きる社会かながわの実現に向けた取組みについて」及び「津久井やまゆり園再生基本構想について」報告を聴取し、動物保護センターの予算についての当局発言ののち、質疑(自民党、かながわ民進党、公明党、県政会、共産党)が行われたと報告がありました。臨時の厚生常任委員会は、午前10時35分に開会し、終了時間は、午後8時30分となったとのことです。夜まで及んだ審議でありますが、私も総務政策常任委員会委員として、かかわる事案でもありますので、今後、しっかりと部会長として取り組んで参ります。

加えて、指定期間が平成30年4月1日から開始される施設のうち大船フラワーセンターについて、その応募状況がまとまったとの報告がありました。
(この件については、本日記者発表がありました。)
今後、外部評価委員会における評価や県による審査、県議会の議決を経て指定管理者を指定します。

【写真】: 昨晩は、横浜スタジアムでナイトゲームが行われていました。長男ももう少し大きくなったら連れて行ってやりたいです。

昨日の 神奈川県議会 総務政策常任委員会 県内調査(視察)写真アップ/ライフイノベーションセンター(LIC)/かながわクリニカルリサーチ戦略研究センター/スタンフォード大学医学部 神奈川連携活動拠点/東北大学東北メディカル・バンク機構 神奈川連携活動拠点/セルラー・ダイナミクス・インターナショナル・ジャパン株式会社(FUJIFILM子会社)/株式会社ダイダン オープンイノベーション拠点「セラボ殿町」/ジョンソン・エンド・ジョンソン(株)東京サイエンスセンター/殿町A地区(殿町国際戦略拠点キングスカイフロント)/高津合同庁舎(高津県税事務所)/かながわサイエンスパーク(KSP)

昨日の 神奈川県議会 総務政策常任委員会 県内調査(視察)の写真をアップします。

主に国家戦略特区にも指定されている殿町国際戦略拠点「キング スカイフロント」、高津合同庁舎(高津県税事務所)、かながわサイエンスパーク(KSP)を中心に現地調査をさせて頂きました。

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社メディカル カンパニーの医療従事者向けトレーニング施設「東京サイエンスセンター」等、民間企業にも訪問させて頂きました。
低侵襲の外科手術シミュレーション装置、心臓・血管系疾患治療・筋骨格系治療トレーニングのシミュレーター、遠隔映像カンファレンスシステムなど先進的な医療設備を擁しています。私も患者さんの負担が少ない内視鏡外科手術のトレーニングに用いるシミュレーターを体験させて頂きました。

※ ジョンソン・エンド・ジョンソンの当該施設は、2014年9月16日にも、神奈川県議会ヘルスケアニューフロンティア政策調査特別委員会県内調査として、訪問をしています。当時は、ひと月前(8月6日)に開設されたばかりで、撮影に制限がありましたが、今回は、撮影可能でありました。

/他にも、平成29年10月2日(月曜日)から、仮移転先(KSP かながわサイエンスパーク)で業務を開始する高津県税事務所の現状と仮移転先の両方を現地調査しました。
高津合同庁舎再整備については、公募提案方式で民間事業者を決定し、庁舎のある県有地に30年間の事業用定期借地権を設定するものです。現庁舎の解体や複合施設の整備等は民間事業者が負担します。県は土地の貸付料収入で複合施設の賃料を賄う形で、建替えや入居にともなう県の負担実質ゼロをめざしています。

【写真】: 神奈川県議会 総務政策常任委員会 県内調査(視察)(2017/07/19)/ライフイノベーションセンター(LIC)/かながわクリニカルリサーチ戦略研究センター/スタンフォード大学医学部 神奈川連携活動拠点/東北大学東北メディカル・バンク機構 神奈川連携活動拠点/セルラー・ダイナミクス・インターナショナル・ジャパン株式会社(FUJI FILM子会社)/株式会社ダイダン オープンイノベーション拠点「セラボ殿町」/ジョンソン・エンド・ジョンソン(株)東京サイエンスセンター/殿町A地区(殿町国際戦略拠点キングスカイフロント)/高津合同庁舎(高津県税事務所)/かながわサイエンスパーク(KSP)

神奈川県議会 総務政策常任委員会 県内調査(視察)/ライフイノベーションセンター(LIC)/ジョンソン・エンド・ジョンソン(株)東京サイエンスセンター/殿町A地区(殿町国際戦略拠点キングスカイフロント)/高津合同庁舎(高津県税事務所)/かながわサイエンスパーク(KSP)

本日は、神奈川県議会 総務政策常任委員会 県内調査(視察)が行われます。

主な視察先は以下の通りです。
・ライフイノベーションセンター(LIC) ~神奈川県では、高い成長が期待される再生・細胞医療の実用化・産業化を促進するため、ライフサイエンス産業の集積が進む川崎市殿町地区に、再生・細胞医療の産業化拠点「ライフイノベーションセンター(LIC)」を公民共同事業で整備しています。~
LIC視察先:かながわクリニカルリサーチ戦略研究センター・スタンフォード大学医学部 神奈川連携活動拠点・東北大学東北メディカル・バンク機構 神奈川連携活動拠点・セルラー・ダイナミクス・インターナショナル・ジャパン株式会社(FUJIFILM子会社)・株式会社ダイダン オープンイノベーション拠点「セラボ殿町」

・ジョンソン・エンド・ジョンソン(株)東京サイエンスセンター ~ジョンソン・エンド・ジョンソンでは、プロフェッショナルエデュケーションの施設を設立し、日本で20年以上に渡り、最先端医療機器のトレーニングプログラムを提供しています。~

・殿町A地区(殿町国際戦略拠点キングスカイフロント) ~羽田空港の南西、多摩川の対岸に位置する「川崎市殿町地区」の約40haに及ぶ開発エリアでは、ライフサイエンス・環境分野における世界最高水準の研究開発から新産業を創出する「国際戦略拠点」の形成が進んでいます。 この国際戦略拠点は、平成23(2011)年3月、「キング スカイフロント(KING SKY FRONT)」と名付けられました。「KING」は「Kawasaki INnovation Gateway」の頭文字と「殿町」の地名に由来したもので、キング スカイフロントが日本の成長を牽引し、世界の持続的な発展に貢献する拠点であるという意味が込められています。また、キング スカイフロントは国際戦略特区・国際戦略総合特区等の区域に指定されています。~

・高津合同庁舎(高津県税事務所) ~高津県税事務所は、庁舎の建替えのため、KSP(かながわサイエンスパーク)イノベーションセンタービル西棟に仮移転します。仮移転先では、平成29年10月2日(月曜日)から業務を開始いたします。ご不便をおかけしますが、ご理解・ご協力宜しくお願い致します。~

※ 「神奈川県総務局は、「厚木地域の県有施設に係る老朽化対策調査」を日本経済研究所(東京都千代田区)に委託した。落札金額は520万円。厚木合同庁舎など厚木地区の合同庁舎の老朽化対策として、改築などを実施する場合の実現可能な民間活力の導入手法、県負担額などを精査する。」(2017/07/03 神奈川)と報道されていますが、高津合同庁舎再整備については、公募提案方式で民間事業者を決定し、庁舎のある県有地に30年間の事業用定期借地権を設定するものです。現庁舎の解体や複合施設の整備等は民間事業者が負担します。県は土地の貸付料収入で複合施設の賃料を賄う形で、建替えや入居にともなう県の負担実質ゼロをめざしています。
県が事務庁舎の土地に事業用定期借地権を設定してこのような形で再整備を行うのは初めてです。県内には厚木合同庁舎・厚木南合同庁舎等、老朽化の進んだ県有施設がほかにも多くあり、「県費抑制のため、今後も民間活力を活用した再整備を積極的に検討していきたい」としています。新たに整備される複合施設は商業施設などを見込んでいます。

・かながわサイエンスパーク(KSP) ~かながわサイエンスパークは、神奈川県川崎市高津区坂戸にある、日本初の都市型サイエンスパークです。創業間もないベンチャー企業の他、大企業や外資系企業の研究開発部門も数多く入居しており、サイエンスパークとして日本最大級の規模を誇るものです。~

以上。

/朝は、いつもよりも少し早目に保育園に子供を預けて、登庁します。本日の子供たちのお迎えは、妻が担当します。

/夜は別途、意見交換会に出席する予定です。