日本新党のポロシャツと初当選時の選挙ポスター/8月分までの政務活動費報告書の作成

本日は、自宅で8月分までの政務活動費報告書の作成。きちんと完了。一円単位で全て領収書を添付し、按分し、政務活動と政治活動を分けています。
物置から、市議会初当選時(20年前)の選挙ポスターが大量に出てきた。初当選は、無所属(民主党推薦)でした。また、なぜか、真新しい日本新党のポロシャツも沢山みつかりました。(佐藤は日本新党に所属したことはありません)

後援会の政策担当スタッフから、さとう知一がどういう人物なのか、プロフィールと厚木への想いを記せと昨日、依頼が来ました。11日朝まで。できれば450文字前後。といった指定にそって、作成しています。とりあえず作ったら、946文字。これを短くして、449文字バージョンも作り、とりあえず送り返しました。せっかく夜中に作ったので、facebookとブログにあげました。
明日は、本厚木駅北口から街頭活動をはじめて、その後、街宣車で、厚木市内をまわる予定です。

=====
厚木市選出の神奈川県議会議員、さとう知一です。
厚木で生まれ育ち、家業は飲食業を営み、幼いころから、商売の大変さと素晴らしさを身近に感じてきました。私の祖父母が厚木で、商売をはじめ、私の世代で三代目。これまでも、厚木市の課題は、事業継承がきちんとできていないことにあると言われてきましたが、コロナ禍で、厚木の世代交代のスピードは、明らかに遅くなりました。
お風呂の栓を抜いて,新しいお湯を入れるように、私たち、厚木の第三世代、第四世代が、立ち上がらなければいけないと強く感じています。3年目を迎えるコロナ禍で、一番大切なことは「部屋の窓を開けて、空気をいれかえること」です。
そうです。今の厚木市も、部屋の窓を開けて、空気を入れ替え、お風呂の栓を抜いて、新しいお湯を風呂桶に満たすことが必要だと思っています。

厚木市は、第一の創業、第二の創業を経て、これから、第三の創業となる。まさにモデル転換を図る改革が必要となります。子育て支援策を次々と打ち出してファミリー層を呼び込み、人口減少社会にあって人口増を続ける兵庫県明石市や流山市は全国的に注目を集めています。
厚木市も子育て環境日本一をスローガンに頑張っていますが、人口はここ数年減り続けています。厚木市は、5教科すべて80点の合格点を取る誇れる故郷だと思っています。
ただ、コロナ禍でも、子育て応援をし、人口を増やしている自治体と比べると明らかに振りきれていません。政策にエッジがきいていないし、突き抜けていない。
私も子育て真っ最中ですが、厚木市の教育環境も伸びしろがたくさんあります。厚木市は、まだまだ、伸びしろだらけです。
私は、今の厚木市の政策をそのまま継続するべきと考えています。良いところは何も変えない。むしろ、足りないところはもちろん、得意なところもメリハリをつけて、思いっきり伸ばしてやることが必要だと思っています。政策にエッジをきかせ、今ある行政サービスの上乗せと横出しをします。
そして、厚木市の若い世代には、チャレンジをする勇気を持ってほしいと思っています。男の子も、女の子も、遠くから石を投げるような挑戦ではなく、ど真ん中に飛び込む。そんな強くてたくましい人材を厚木市で育てて参ります。 「私たちの世代で、持続可能な厚木市をつくる。」

函館旅行3日目(最終日)は、重要文化財 旧函館区公会堂、函館市旧イギリス領事館(開港記念館)、道の駅 なないろ・ななえ/朝まで大雨警報(土砂・浸水害)・洪水警報

函館旅行3日目(8月9日最終日)は、重要文化財 旧函館区公会堂、函館市旧イギリス領事館(開港記念館)、道の駅 なないろ・ななえ 等を見てまわりました。前日夜から未明にかけては、函館市での宿泊エリア隣では、避難指示も出されました。大雨警報(土砂・浸水害)、洪水警報が午前5時37分に解除され,発令していた「避難指示」も解除されました。

閑話休題。3日目に廻った施設は、どこも素晴らしかったですが、特に重要文化財 旧函館区公会堂は、圧巻でした。旧函館区公会堂は、明治40年(1907)8月の大火により、町会所・商業会議所が焼失してしまったため、住民の集会所・商業会議所の事務所として明治43年(1910)9月に竣工されました。この時、住民有志による「公会堂建設協議会」が発足されますが、大火後であったこともあり、寄付金が当時の金額で数千円しか集まりませんでした。そこで、当時の豪商「相馬哲平」氏へ相談をした結果、5万円の寄付があり、約5万8千円で建築することができました。(設計は函館区技手小西朝次郎、監督は函館区技手渋谷源吉、請負は函館区民の村木甚三郎)大正12年(1923)に商業会議所の事務所が移転したのち、演奏会や展示会の会場など広く函館市民に利用されました。また、明治44年(1911)に皇太子殿下(後の大正天皇)が北海道行啓の際の宿泊所として、大正11年(1922)に摂政宮殿下(後の昭和天皇)、平成元年(1989)には当時の天皇皇后両陛下の北海道行啓時にも使用されました。
①西洋スタイルを日本の技術で表現した、明治洋風木造建築の代表的なものです。
②コロニアルスタイル(正面から見て左右対称形で左右に切妻破風飾。コリント様式の円柱で支えられたバルコニー。屋根裏窓)
③桟瓦葺木造2階建。建築意匠や建築技術にすぐれた特徴があります。
昭和49年(1974)、国の重要文化財の指定を受け、昭和55年(1980)から3年間4億円で修復工事が行われ、昭和58年(1983)から一般公開されております。

さとう知一の県議会報告・ケンオウニュース2022年8月号(月刊さとう 特別版 第74号・号外)発行/さとう知一の議会報告は通算400万部を超えました

さとう知一の県議会報告・ケンオウニュース2022年8月号(月刊さとう 特別版 第74号・号外)が本日、納品されました。今後、順次新聞折込等により、厚木市内を中心に配布を進めています。新聞折込と並行して、市内全域に配布(ポスティング)される予定です。(折込日は後日別途公表します)
2月、6月、9月、12月の議会定例会に合わせて、年4回発行している ケンオウニュース(月刊さとう 特別版・号外)ですが、今回は、参議院議員選挙があったため、少し時期を遅らせて発行しています。私の議会報告は、通常、15~18万部発行・配布しておりますが、今回は、15万5800部と発行部数を若干おさえています。コロナ禍、メリハリをつけて、広報活動を行って参ります。

=====
【数字でみる佐藤知一】(2022年08月09日現在)
・街頭演説日数 - 通算2731日目 (延べ日数ではなく実数/コロナ禍、街宣車を用いて再開)
・ブログ更新日数 - 21年0ヶ月09日(全て公開中)
・タウンニュース厚木版 活動報告掲載回数 - 通算349回
・タウンニュース掲載部数(合計) - 2044万2340部
・情報誌 厚木時間 活動報告掲載回数 - 通算16回
・情報誌 厚木時間 掲載部数 - 37万5000部(各回2万5000部)
・月刊さとう 特別版・号外(「ケンオウニュース」含む・年3~4回・各回18万部発行)総発行部数 - 401万0950部
・献血回数 - 162回(16歳から継続中)
=====

厚木市内の起業家創出拠点「AGORA Hon-atsugi」で起業を目指す“チャレンジャー”を募集します!

本日の記者発表資料: =厚木市内の起業家創出拠点「AGORA Hon-atsugi」で起業を目指す“チャレンジャー”を募集します!=

私自身もこれまで、企業者支援・ベンチャー支援については、繰り返し県議会で要望してきました。2016年に企業庁から民間(小島組)に売却された「プロミティあつぎ」のテレワーク施設の活用とベンチャー育成については、本会議一般質問の他、常任委員会、決算特別委員会等で粘り強く取り上げてきました。他にも、WeWorkオーシャンゲートみなとみらいに県専用デスクを設置しベンチャー企業の成長促進拠点としてデスク数を増やした上で、設置したベンチャー企業の成長促進拠点「SHIN みなとみらい」等についても、コロナ禍における支援を含めて、県当局に強く求めてきました。

今回、厚木市に起業家創出拠点「AGORA Hon-atsugi」を設置し、起業を目指す有望な起業準備者(チャレンジャー)を募集し、事業化の実現に向けて半年間の伴走型集中支援を開始します。コロナ禍で起業を目指す皆様の挑戦に期待します。

五稜郭タワー(五稜郭公園)、湯の川温泉泊。はこだて明治館、金森赤レンガ倉庫、函館山山頂、八幡坂、函館ハリストス正教会(改修中)、函館市熱帯植物園、北方民族資料館等を廻りました。荒天により、夜景はあきらめています

8月6日・7日に予定されていた「あつぎ鮎まつり」が延期となり、8月7日、新幹線に飛び乗り、北海道函館市に来ています。
本日2日目。政務活動費は一切使用しない「私事旅行」です。当たり前ですが、全額自費です。 とは言え、今回は、函館市の観光や、ごみ収集の様子を見たいと思ってのものです。

初日は、五稜郭タワー(五稜郭公園)を廻り、湯の川温泉に宿泊。2日目には、はこだて明治館、金森赤レンガ倉庫、函館山山頂、八幡坂、函館ハリストス正教会(改修中)、函館市熱帯植物園、北方民族資料館等を廻りました。荒天により、夜景はあきらめています。

【アイヌ民族の資料館】: 大正15年(1926)に建てられた、旧日本銀行函館支店の建物を利用している「函館市北方民族資料館」も今回必ず足を運びたいと思っていた施設です。厚木市と網走市(北海道)とは長年友好都市間交流を継続し、私も何度も現地を訪問していますが、アイヌ民族のことをあまり知らないことに気づき、数年前より、意識をして知る努力をして参りました。神奈川県民としても日本の歴史の中で、知るべき歴史であると思っています。
「北海道と関係の深いアイヌ民族を中心に、北方民族の暮らしや文化について紹介しています。市立函館博物館旧蔵資料をはじめ、函館が生んだ考古学・民俗学の権威である馬場脩氏や児玉作左衛門氏が収集した資料を展示。伝統的な文様の刺繍や彫刻を施した衣装や生活用具、大陸との交易を示す山丹服(蝦夷錦)、アリュートの皮舟「バイダルカ」など、興味深い展示資料が揃っています。」

【函館市のごみ路線収集事業】: 厚木市では「家庭ごみ収集の有料化を視野」に「もえるごみ」の戸別収集モデル事業を行うなどしています。そこで、函館市の街の様子を見たいと考えておりました。
「函館市のごみ収集は、みなさんの家の前などから直接収集する「路線収集」という方式(一部地域はステーション方式)でごみを集めています。ごみ収集車には大型・小型パッカー車・小型貨物車のほかに、大きなごみを押しつぶして収集するプレスパッカー車などがあります。」

昨日は広島の原爆の日/本日から3日間北海道にいます

昨日は、広島の原爆の日。広島に原爆が投下された8月6日から数えて77年がすぎました。ロシアの軍事侵攻により、核の脅威に対する危機感が広がるなか、被爆地・広島では、犠牲者を追悼し、核兵器のない世界の実現を国内外に訴える1日となりました。

8月6日・7日に予定されていた「あつぎ鮎まつり」が延期となり、北海道に来ています。

「あつぎごちゃまぜフェス 8/6スペシャルワークショップ」@ライブハウス サンダースネーク厚木/「厚木を文化・芸術の香る街に!第4回あつぎアートマルシェ」@ギャラリー悠/厚木事務所で戸別訪問打合せ

本日は、ライブハウス サンダースネーク厚木にて開催された「あつぎごちゃまぜフェス 8/6スペシャルワークショップ」に長女を連れて伺いました。
ウズラのひよこを手にしたり、スライムづくり、アートバルーン、メダカすくい、スイス菓子ポニイさんの焼き菓子等々、短い時間でしたが、大変楽しんで大満足で帰りました。皆様ありがとうございました。次の予定が2つほどありましたので、ライブは、オンラインで(私の厚木事務所で)楽しみました。

/「あつぎごちゃまぜフェス」のあとは、落合清春が中心になって開催している「厚木を文化・芸術の香る街に!第4回あつぎアートマルシェ」(ギャラリー悠)に長女と共に出かけてきました。お言葉に甘えて、長女が芳名帳に自分で記帳させて頂きました。実はこれを大変喜び、妻にも嬉しそうに報告していました。落合清春さんの目指す「厚木を文化・芸術の香る街に」の思いに私も強く共感しています。落合さんは、私の勉強会(月例会)にも時々、顔を見せてくれます。
第4回あつぎアートマルシェは、明日迄開催しています。

そのまま帰宅し、私は、厚木の事務所でスタッフと打ち合わせ。限られた時間ですが、今日・明日と厚木市内を戸別訪問に廻ってくれています。本当に感謝です。

貧困家庭への支援についての私見

実は8月3日、障害当事者(知的障害・障害認定3級の方)からご相談を受けて、フードバンクあつぎを紹介させて頂きました。厚木市と民間NPOとの協働事業なのですが、この事業、生活保護の方には食品などを提供することが出来ないのです。
そもそも困っている状況は、個々に異なり、生活保護受給者であっても何らかの理由で支給日前に食べ物が底をついてしまうことも十分に考えられます。その助けを求めてきたい人に対して、門前払いをするという本末転倒な運用に愕然としました。(今回の相談者は手続き中につき、配布を頂いたそうです)

2020/09/27に成澤 廣修文京区長を講師に「コロナ禍での子育て支援~「こども宅食」等、文京区での取り組み」について、ZOOM勉強会をしました。
「日本の子どもの「7人に1人」、ひとり親家庭の子どもは「2人に1人」が貧困状態にあり 、非常に厳しい状況です。そこには、「生活に困っていることを、知られたくない。」「自分から、助けは求めにくい。」という心情もあり、子ども達に支援が届きにくい状況です。産まれた家庭によって未来が左右されないよう、支援を届けていきます。」
今の支援のトレンドは、とにかく支援を求める人に対しては、関係を切らないことが一番大事です。

生活保護の親が金を使い込んで、子どもが食べられない状況も子供支援を行う方たちの間では、よくある話です。例えば、父親が、使い込み、母と子がものを食べられない貧困家庭も想定できる中、厚木市の対応は、本当によくわかっていないなと改めて思いました。

現場で働くボランティアの皆さんや市の職員さんには、本当に感謝しかないですが、この対応は、やはり、「生活保護受給家庭には渡せない」という対応は、かなりずれていると言わざるを得ません。生活に困っているから、恥を忍んで窓口に行かれるわけです。しかもそこで、生活保護受給の有無を確認して配布(生活保護者には配布しない)するなんて、私からすれば、考えられない対応で、あり得ないことです。本当に残念です。

幼い姉弟 車の中に放置され死亡/事件のついての私見/メモ

今回の事件ですが、私のfacebookにも「知人から『厚木は、子供を殺したり、放置して餓死させたりが多い気がする』と言われました。」といったコメントをはじめ、たくさんのコメントが寄せられました。
今回の事件でも、厚木児童相談所は3日、母親にネグレクト(育児放棄)の疑いがあると事件前に県警から通報を受けていたのに、2週間以上対処していなかったと明らかにしています。連絡を試みたのは事件当日の7月29日。厚木児童相談所の山岸秀俊所長は対処の遅れを陳謝し「重く捉えるべきだった」と述べています。
私の正直な感想は「斎藤理玖(りく)君の事件から子ども達を守るための体制は、何も変わっていない」というものです。

2014年5月30日、厚木市で、斎藤理玖(りく)君の白骨遺体が発見された事件がありました。私は、6月10日、いち早く当局からヒアリングを行い調査に乗り出しました。「神奈川県当局・厚木児童相談所と厚木市・厚木市教育委員会との連携が全くとれていない」と強く感じました。
その後も「子供の生命を守ることが最優先される制度設計、県児童相談所と市町村の役割分担、情報の一元化等について、課題課題を指摘してきました。また、県下で最も古く相談件数も多い、厚木児童相談所の早期建て替えについて、誰よりも強く求めて参りました。
2020年12月1日の県議会代表質問(テレビ入り)において「児童相談所における相談体制の充実について」厳しく指摘をした結果、21年5月、組織再編により、大和綾瀬地域児童相談所が新設され、厚木児童相談所の負担は大きく減りました。

しかし、県児童相談所と厚木市の連携は、全くとれていません。私は、厚木市も県から移管を受けて、児童相談所を設置するべきとこの間もずっと主張してきました。厚木市に移管されれば「厚木市こども未来部」と連携し、こうした悲しい事件も防げた可能性があります。
これまでも、何度も提案してきましたが、22万人都市では、規模的に厳しいので、将来的な合併も含めた議論を行う必要があります。 https://satotomokazu.wordpress.com/page/25/?fbclid=IwAR3Mr98fiNRXKouVpCAe6EVRrvZdoiTT-nfv_Y9ZYsslZ0MC9MT0-pcFuio#jp-carousel-75761

=====
(毎日新聞2022/8/4 20:33)「『2児の体、経験ないほど熱かった』車内放置死、消防隊員が証言」「神奈川県厚木市で1歳の長男を車内に放置したとして母親が保護責任者遺棄容疑で逮捕された事件で、母親の119番で消防隊員が駆け付けた際、長男と2歳の長女は高温で閉め切った車内にいた可能性があることが判明した。2人を病院に搬送した消防隊員3人が明かした。」

本日も朝から県議会に登庁/県営水道広報紙「さがみの水」第89号(令和4年8⽉発行)記載誤り/本日の神奈川新聞

神奈川県議会に登庁しています。課題は山積しています。県営水道広報紙「さがみの水」第89号(令和4年8⽉発行)に記載誤りがありました。

=県営水道広報紙「さがみの水」第89号(令和4年8⽉発行)の記載誤りについて=
第89号(令和4年8月発行)4面に、県営水道が使用している、口径の異なる各種水道管を紹介する記事を掲載しました。水道管と、同じくらいの大きさの動物の写真を図鑑風に並べて「水道管図鑑」としてご紹介しましたが、掲載した動物の写真2枚が誤っていたとともに、うち一つは動物の名称も誤っていました。
誤)シロテナガザル 体長約50cm(かつ、別のサルの写真を掲載)
正)シロテテナガザル 体長約50cm
誤)アフリカコビトリス 体長約10cmの写真を掲載すべきところ、別のリスの写真を掲載

私の県議会報告にも、厚木市の方のお誘いを受けて、参加して頂いた村田文一さん。本日の神奈川新聞に村田さんのコメント、大きく掲載されていました。まったくおっしゃる通りです。ところで、この「ヘイト刑事規制はなぜ必要か」のタイトル。ヘイトスピーチ規制の間違えかなと一瞬思いましたが、どうなんだろう。