月別アーカイブ: 8月 2001

佐藤知一日記 2001年8月4日(土)~2004年9月

PDF: 佐藤知一日記 2001年8月4日(土)~2004年9月

自分のホームページに活動日誌を掲載・公開してきましたが、2004年9月13日午後8時13分にこのブログに移行してきました。
私は高校卒業と同時にNZに渡り、帰国後、家業を継ぐため調理師となりました。調理師の仕事をしながら、在日外国人留学生の支援活動やスリランカに学校を建てるなどの活動をしてきました。その後、厚木市議会議員選挙に立候補し落選し、30歳で大学に入学しました。
2000年に慶応義塾大学(SFC)に入学後、日記をつけて公開し始めたころのものです。
移行してからこれまで、公開ファイルとして、Yahoo!ボックスを使用してきましたが、使用できなくなるようですので、2020年5月8日に改めて投稿します。
上記は、PDFを張り付け、以下は、べた張りです。私の記録用ですが、それなりに長いです。

 

============

佐藤知一の独り言

2001年8月4日(土)~2004年9月14日分までの書き込み(活動報告)。

2001年8月4日(土)~ 開設。 佐藤知一の「慶応SFC日記」をリニューアルしました。  ここは、私、佐藤知一が思った事を考えもなしに綴るという全く節操の無いページです。(笑)

 

2004年9月14日

MSNにブログを作りました。今後は、こちらに移行するかGREEにつくるか考慮しておりますが、とりあえず仮にリンクしておきます。http://spaces.msn.com/members/sato1970/

 

モバイルは、こちらです。http://mobile.spaces.msn.com/members/sato1970/

2004年9月14日

本日は、総務企画常任委員会がありました。私は委員外議員としての傍聴でしたが、注目されていた小田急本厚木駅周辺のボートピア(場外舟券売り場/競艇の舟券売り場です。)設置に反対する陳情でしたが、結果は継続審議となりました。小田原では、厚木よりも、もう一歩進んだ形となっておりますが、今後も引き続き注目していく必要があります。その後は、議長応接室において、会派代表の召集を受け、案件についての説明を受けました。午後は、陳情対応につき、道路部担当課を訪問。迅速な対応を受けました。その後も執務室(民主党控室)にて、案件処理作業を行いました。午後からは、支持者へのお見舞いなど、支持者廻りを行います。

2004年9月12日

本日午前中も、ある団体の式典に参加させて頂きます。避難訓練にも参加させて頂く予定です。3時からは、厚木市文化会館にて、厚木市民音楽祭にご招待を受けておりますので、お伺いする予定です。

その後は、同級生の仲間たちと共に相模川にてバーベキューを行います。他の用事とも重なりため、私は、途中参加となります。

2004年9月11日

本日は、本当に久しぶりの完全休養日。電話対応以外は、失礼をさせて頂きました。今も議会中ですが、ここ数週間、実質的なお休みがない状態でしたので、体を休めることにいたしました。本日は、「9・11」ですね。三年前、テレビを前に衝撃を受けたことが今もなお鮮明に思い出せます。細かい検証や私の意見などをここに載せるつもりはありませんが、一人一人が「平和」について、もう一度考えてみる日となればいいですね。

2004年9月10日

本日午前中は、ある団体の式典に参加させて頂きました。昼過ぎから、役所の執務室にて事務作業。午後からは、新宿にて飲み会に参加。

2004年9月9日

昨日は、議会終了後に会派代表者会議に出席する予定でしたが、急用が入りましたため、本会議終了まで出席させて頂き、横浜へ向かいました。議会は最後まで出席いたしましたが、会派代表者会議はオブザーバー参加だった為、他の会派の委員の方にお願いを致しまして、今回は欠席とさせて頂きました。

本日は、午前中、会議。お昼過ぎより、福祉センターにて行われているミニギャラリー「ちぎり絵展」に行くつもりです。いつも素敵な御葉書をくださる支持者の方の作品が展示されているとのことで、少しお邪魔しようと思います。午後からは、「厚木市の育児を考える」集会にお招きを受けているため、出席する予定です。

2004年9月8日

本日も議会一般質問です。(第二日目) 昼休みと議会終了後に会派代表者会議に出席。

2004年9月7日

本日は、一般質問に民主党を代表し登壇させて頂きました。七番目の登壇でした。多くの方に集まって頂き、その傍聴者もバラエティーに富んでいました。県立高校の元校長先生(お二人でお見えになりました)や自営業の方、主婦、学生などなどでした。詳細につきましては、後ほどUP致します。

2004年9月6日

本日は、明日の私の一般質問登壇のための準備をしておりました。経済部ほかより、担当職員の方に部屋まで足を運んで頂き、現場のお話などをうかがわせて頂きました。

明日の九月議会は、七番目の登壇予定で、私は(だいたい)3時半ころになりそうです。前の6名の方々の登壇時間により、早くなることもございます。予約などは一切必要ありませんので、市役所本庁舎5階にいらして頂ければ、傍聴(見学)することが出来ます。お気軽にお越しください。服装に関しましても、普段着で問題ありません。

2004年9月5日

昨日、弁天町内会の主催にて、行われました「宇賀弁財天のお祭り(通称:弁天様)」ですが、雨も半ば頃から本降りとなりました。しなしながら、役員など関係者の皆様のご努力もあり、大盛況でした。日々の行事も多く、町内会長をはじめとした方々には頭が下がる思いです。

また本日は、防災訓練ですが、やはり途中から本降りとなりました。私は消防団の一人として、「厚木公園(はとぽっぽ公園)」「相模川三川合流地域」「イトーヨーカド-裏公園」の3地域を廻らせて頂き、最後に中央公園にて行われている市役所職員の防災訓練も見させて頂きました。お昼前ですが雨は本降りです。これから、相模原に行ってまいります。

2004年9月4日

本日は、午前中、関係団体の集会に参加させて頂き、先の参議院選においての協力に対してのお礼を申し上げました。ご挨拶させて頂く中で、「今後も私たち民主党に対して、より一層のご支援を」の思いを込めて、お話をさせて頂きました。

午後は、宇賀弁財天のお祭りが行われます。ご招待を受けておりますので、お邪魔をさせて頂きますが、雨天中止と言うことで心配しております。明日は、午前中は、防災訓練に消防団の一人として参加させて頂きます。午後からは、相模原へ行く予定です。

2004年9月3日

昨日今日と議会一般質問のための資料作成と関係課担当職員とのレクチャー。関係職員との面談は、私の一般質問の意図が理解され、意思の疎通が出来るようにとのことで行っております。50分と言う限られた時間を十二分に活かすためです。

2004年9月1日

本日より、九月議会(九月定例議会)が開会しました。本日は、「議会運営委員会」「本会議」「会派代表者会議」があり、その後は、一般質問の担当職員の方とそれぞれに面談を致しました。午後八時からは、月に一度の消防団のミーティングです。

2004年8月31日

もう八月も終わりです。今年の夏は異常気象と猛暑で、お天気予報の森田さんも数十年に一度の忘れられない夏になったと(言うようなこと)を言っていました。今回の私の一般質問でも水害対策について、取り上げます。被害にあった自治体においても「地震対策は万全であったがまさか水害がおこるとは予想もしていなかった」と言っています。他にも教育や市立病院の電子カルテ導入などについて登壇し、質問いたします。

午前中は、9月議会一般質問の準備(通告案件の作成)や議事案件について、過去の資料など見なおしを市役所議員部屋にて行いました。その後は、地元の会合に顔を出した後、午後から東京・日本橋へ行き、6時ころに厚木に戻りました。その後、会合。 / 帰宅すると今回の一般質問のそれぞれの担当課よりたくさんの留守番電話がありました。

市役所担当者の方へ → 私のPHS(070-5379-7489)にご遠慮なくお電話いただいて構いません。私のPHS番号は常に公開しております。

2004年8月30日

本日は、午前9時半に医事課長と面談。その後、早稲田大学・雄弁会・会室訪問。雄弁会幹事と面談。その後、厚木市役所執務室にて、一般質問通告書作成。午後4時15分提出しました。提出により、登壇は7番目に決まりました。9月7日午後4時くらいでしょうか。お時間があれば、市役所5階の議場まで傍聴にいらして下さい。

2004年8月29日

昨日行われた、大手南地区の盆踊り大会は、雨の中室内にて行われましたが、多くの人が集まり盛況でした。私の幼馴染みも出店を担当し、甘くて美味しいトウモロコシを焼いていました。本日は、地元の会合に顔を出した後、夕方から東京へ向かいます。午前中は、9月議会一般質問の準備(通告案件の作成)や議事案件について、過去の資料など見なおし。

2004年8月28日

本日(早朝)、午前3時半から4時にかけて、旭町と中町の二箇所にて火災が発生しました。私は不覚にも遅れての出動となり、到着した時は既に撤退した後でした。大きな火事に至らなかった事が救いでした。今後も消防団員としてがんばって参ります。

本日は大手南の盆踊りが開催されます。天気予報は、あいにくの雨ですが、予報によっては曇りのものもあり、大丈夫そうな天気予報に期待をかけたいのですが、こればかりは判りません。大手南の盆踊りは雨天決行で、雨天の場合は市役所分庁舎にて行われるようです。昨日、オープニングに招いて頂いた「ザ・夕涼み」も本日までの開催となります。

2004年8月27日

本日のタウンニュースに取り上げて頂き、記事として私の活動報告が載りました。複数の方から「タウンニュース見たよー」の連絡を頂きました。これからも活動報告をきっちりと行い、議員活動の透明性を高めて参ります。実は、二面にある私の記事のほかにも。一面トップの小さな小さなカラー写真にも私が載っています。お手もとに本日発行のタウンニュースがある方は、ご確認ください。左から二人目が私です。

本日の早朝駅頭は、通常の金曜日は本厚木駅東口なのですが、「月刊佐藤8月号(活動報告・プレス民主号外)」を北口に向かって右端にて配布いたしました。選挙前にはこの場所にて配布していたものですが、北口はどうしても横断歩道前のメイン通り沿いになってしまいがちなので、本日は曜日を変えて北口にて行いました。 / 午後には、受験生が私のところに受験の相談に見えました。予備校ではないのですが、私の母校を第一志望としているとの事で、受験を経験した先輩としてのアドバイスをさせて頂きました。今後も相談を受ける約束をして、帰りました。がんばってもらいたいものです。 / 午後5時からは、はとぽっぽ公園にて「ザ・夕涼み」がありましたので、オープニングセレモニーに来賓として出席させて頂きました。「ザ・夕涼み」は明日も午後5時より行われるようです。

2004年8月26日

本日も資料整理。9月議会一般質問の準備(通告案件の作成)や議事案件について、資料などを見なおしていました。

2004年8月25日

本日は、「月刊佐藤8月号(活動報告・プレス民主号外)」を駅頭配布(本厚木駅南口)いたしました。(午前6時30分から8時30分)。通常、水曜日は北口なのですが、予定が重なり、南口での配布が出来ていないため、本日、曜日をずらして行いました。

その後、病院へ。この春に受けた人間ドッグに「要・再診療」とあった箇所を再度診ていただきました。文字通りの「二時間待ちで、一分診療」でした。今は昼休みですが、また、午後3時から検査を受けます。一応、先生の言葉は「見たところ、全然、大丈夫だね。どこで検査したの? あー、うちかー。一応、検査しときます。」という感じだったので、きっと、大丈夫ですが、次もこうだと行く気もなくなります。普通のサラリーマンなら、こんなんじゃ、行けませんよ。ここは私立病院なので、市議としては管轄外ですが、厚木市立病院にも共通している問題ではあります。 / ただし、ここの病院はパソコンに打ち込む「電子カルテ」でした。医療ミスや診療に伴う雑務の時間短縮の為にも、厚木市立病院も電子カルテの導入を早急に検討していくべきでしょう。

2004年8月24日

本日は資料整理。来週から9月議会がはじまりますので、過去の資料などを見なおしておりました。

2004年8月23日(その2)

夏休みもそろそろ終わり、いよいよ受験シーズン到来を感じさせるのがこの時期です。昨年もそうでしたが、この時期になると受験についてのご相談を寄せられます。私の場合は、与党議員でもなく、新人なので、相談を寄せられるのは受験生の親御さんではなく、受験生本人が多い様です。(もちろん、受験に下駄を履かせたりといった不正はしませんし、出来るほどの実力はないので、そうしたことを期待されても困ります。)昨日もそうした相談をメールで受けました。この受験生とは、近日、直接お会いして相談に乗ることになっていますが、私のアドバイスが役に立つかどうかは良く判りませんが、学生議員としてこれまで活動してきて多くの学生仲間を見てまいりましたので、そういった意味では、もしかしたら役に立つかも知れません。いづれにしても本人にしてみれば、受験は自らの一生にかかわる最初の選択になります。(もちろん、私のような例外もおりますが)真摯な態度で臨みます。

先ごろも民主党新人参議院議員の藤末建三議員のことを記しましたが、藤末議員の後援者の方が近くお食事会を開催されるとのことで、私もお招きに預かりました。日程はこれから調整に入るそうですが、今から非常に楽しみです。(その後援者の方も私のHPを欠かさずチェックして頂いているとの事です。)

2004年8月23日

昨日は、横浜・関内で行われた「防災フェア」に行って参りました。地震体験車で、関東大震災クラスの地震を体験したり、また、シュミレーターにて土石流を体感したりさせて頂きました。その後は、クイーンズスクエア(MM21地区)にて行われた中学校・高等学校の合同吹奏楽発表会を鑑賞させて頂きました。その後は野球観戦をいたしましたが、雨が降ってきたため少々早めに帰りました。

本日は、「がんばろう日本」の主催する講演会があるのですが、厚木市議会初当選議員による講習会があるため、残念ながら出席できない予定となっています。党派を超えた議員による講習会で、「まちづくりについて」と「心配蘇生法について」のそれぞれの担当部局より人を招いての講義・講習となります。非常に楽しみです。

2004年8月22日

本日は昨日から行われている河川ふれあい祭りに少しだけ顔を出して、横浜へナイターを見に行く予定となっています。ここの所、休みらしい休みも無く、久しぶりの野球観戦。楽しみです。それでは、行ってまいります。

2004年8月21日

本日の佐藤の移動。「河川ふれあい祭り」→「座間」→「相模原」→「七沢」→「森の里」→「中央公園(大手西盆踊り)」→「はとぽっぽ公園(西仲盆踊り)」→「林中学同窓会(居酒屋時代)」→「林中学同窓会二次会(地元のバーでした。)」 結構疲れました。(笑)

本日は午前11時から、河川ふれあい祭りに出席。開会式の後、連合のブースと七沢の里山作りのブースにお邪魔いたしました。七沢の里山作りのブースでは、七沢の雑木林の枝打ちをしている関係で炭焼きをしているので、竹炭や木酢液(もくさくえき)を販売しています。(選挙などもあり)私はあんまりお手伝いを出来ずにいたのですが、七沢の地元の方々のご好意により、「佐藤君も一応メンバーだし、弁当余っちゃうから食ってきなよ。」との言葉を戴き(せっかくですので)お言葉に甘えました。天気も良く、風通しの良い相模川の河川敷で食べる弁当は最高でした。その後、2時近くまで、お店番というかブースにて世間話をしながら過ごしました。これからの開発のあり方、市民としてどのように行政とかかわっていくべきかなど、非常に勉強になるご意見を沢山頂きました。 / その後は、座間、相模原をまわりました。5時から始まる森の里の盆踊りに少しだけ顔を出し、6時半から始まる大手西の盆踊り、西仲の盆踊りにご招待を頂きました。その後も、林中学の同窓会に招待を頂きましたので、そちらに顔を出しました。場所は本厚木駅東口の居酒屋時代。私は厚木中学出身なのにもかかわらず、昨年も林中学の同窓会に声をかけて頂きました。店の中には私が真ん中に写っている(昨年のドウソウカイノ)大きな写真が飾ってありました。結局、二次会にもお付き合いをして、夜中に帰宅致しました。中学は違いますが、同じ年齢の仲間なので、気持ち良くお酒を飲むことが出来ました。

2004年8月20日

本日早朝の「月刊佐藤8月号」駅頭配布は、本厚木駅南口でした(午前6時30分から8時35分)。その後、一時自宅へ戻り、珈琲を一杯飲みその足で庁舎へ。9時より「議会運営委員会」。その後、「会派代表者会議」(引き続き)「定例全員協議会」に出席しました。その後、庁舎執務室にて、資料整理と原稿作成。夜は、厚木北地区安心・安全なまち会議の主催による厚木北地区犯罪防止決起大会に出席する予定。(その後、防犯啓発活動及びパトロールにも参加予定)

2004年8月19日

本日は、「月刊佐藤8月号(活動報告・プレス民主号外)」を駅頭配布(本厚木駅北口)いたしました。(午前6時35分から8時35分) 配布開始時間が6時35分というのは、単にオリンピックを遅くまで見ていたせいもあり5分遅刻したということです。(ごめんなさい。)いつもの通り、多くの方から声をかけて頂きます。民主党に対する期待を肌で感じます。 / 蛇足ですが、昨日午前中に私の部屋へいらした女性の方は、市政についての相談の他にも「調理師試験」についての詳細を私に相談して下さいました。私は、議員になる前は10年ほど調理師として勤めておりましたので、受験勉強の仕方や手続きなどについてささやかなアドバイスをさせて頂きました。受験日程については、HPで検索を行ってお知らせいたしました。直接、市政に関わらないことでもこの方のようにお気軽にご相談頂ければと存じます。今日は、これから役所に行ってまいります。明日は、議会運営委員会と議会定例全員協議会があります。夜は、厚木北地区安心・安全なまち会議の主催による厚木北地区犯罪防止決起大会に出席する予定です。(その後、防犯啓発活動及びパトロールにも参加する予定です。)

2004年8月18日

本日は、午前11時より女性の方からご相談。11時半にもうお一人。お昼休みをはさんで、午後1時にも母子家庭のお母さんと私の支持者夫婦の三名で、ご相談に来て頂きました。お話をひと通りお聞きした後で、一緒に担当課を廻り説明を受けました。その後、5時過ぎまで、市役所議員控室で、手紙を書いておりました。お世話になった方への手紙は、時間がある時に書かないとなかなか書けません。親しい友人には、メールでお許しを頂いているのですが、やはり手紙も良いものです。とは言いつつ、支持者の方からお手紙を頂いてもついつい電話で済ませてしまう佐藤です。 / 本日、役所を歩いていると(市役所の)職員の方より、「毎日、日記をマメに書いていますね。いつも読んでいますよ(確かこんな感じでした。)。」との言葉を頂きました。最近、アクセス数も増えて(休日よりも平日のほうがアクセス数は多い)いるので、職員の方にも定期的に読んでいて頂いているようです。そう考えますとこうして書き込んでいても、ちょっと、変な気持ちにもなります。9月議会も近くなってきました。職員の方々にも色々とお手数をかけることもあると思いますが、よろしくお願いします。 もちろん、職員でない方も沢山読んでいて頂いているのでありますが・・・。

2004年8月17日

本日は、午前10時半より、参議院議員会館。早稲田大学雄弁会の学生一人を連れての訪問としました。ツルネンマルテイ参議院議員秘書の真島さんとしばらく話した後、藤末健三参議院議員と政策秘書の方と一緒にお話を受けて頂きました。藤末議員は、つい先日まで、東京大学助教授の職にありましたので、学生からの質問も本当に熱心に受けて頂きました。さすがだと感じました。 / その後、学生と私、ツルネン議員秘書の真島さんと3人で、議員会館(地下二階)食堂にて、お昼をご一緒しました。その後、厚木に戻り、市役所執務室にて、資料整理。夕方からは、東京にて。 / 明日も陳情にお一人が来庁される予定です。厚木市以外の地区につきましても、民主党幹事としてお受けいたしますので、お気軽にご相談ください。

2004年8月16日

午前10時から、民主党神奈川県連合会事務所にて、常任幹事会。私も常任幹事として参加予定でしたが、地元の行事と重なった為、欠席しました。昼ころ、地元の同級生二人が市役所執務室に陳情に来庁。先の花火大会の件についての話でした。 / 夕方は、民主党神奈川県議2名と地方行政に詳しい大学教授の先生に私を加えた、4名で食事を共にしました(横浜・関内)。先輩議員の方々と共に厚木市政の問題について色々とご相談にも乗って頂きました。県政の話も色々と聞くこともでき、非常に充実した時間となりました。

2004年8月15日

昨日は厚木北地区の盆踊りに参加させて頂きました。その前に用事がありましたので、ネクタイ・背広姿で、ご挨拶をさせて頂きました。席で盆踊りを見させて頂いていると消防団の仲間が、事故に備えて警備にやってきましたので、仲間の薦め(?)で、自宅に帰り、消防の作業服(消防の夏服)に編上げ靴(安全靴)に着替えて、警備に加わりました。制服に着替えた後は、警備に専念するつもりでしたが、支持者のお勧めもあり、他の議員と共に踊りの輪に加えていただき、1,2曲踊らせて頂きました。盆踊りの後は、消防団の仲間と共に反省会(報告会)。

2004年8月14日

昨日は夜遅くまで、楽しく過ごさせて頂きました。厚木市に対する注文も多く頂きましたので、今後の議会活動に活かしていくつもりです。 / 本日は、民宿・茅ヶ崎にて起床した後、相模線で厚木へ。(先ほど帰りました。) / その後、午後は「西山を守る会」ミーティングに参加。夕方からは、厚木北地区の盆踊り大会にご招待を受けています。

2004年8月13日

厚木を中心とした方々、15名とともに鎌倉のハイキングコースを2時間かけて歩きました。コースの名称などは知りませんが、建長寺を通り、裏にぬけるコースです。途中、尾根道の山頂付近で、食べたお弁当は、美味しかったです。メンバーのうちのお一人は、81歳(盤寿と言うそうです。)の方でしたが、その健脚ぶりに驚かされました。あんなに足元の不安定な道も何のそので、最後までご自分足で、歩き通されました。食欲も旺盛で、私もこの先生のような81歳になれたらと思いました。 / その後、鎌倉小町通りそばの「ホットキャロット」で、夕食を取り、小津安二郎監督ゆかりの宿、民宿・茅ヶ崎にて宿泊。明日は、仕事のため朝食をとった後、そのまま厚木に変える予定です。他のメンバーは、新しくなった江ノ島水族館に行く予定です。新江ノ島水族館は、建設中、八木欣之介・慶大教授とゼミ生たちと共に視察に訪れたことがあります。

2004年8月12日

本日は、午前10時半より厚木市戦没者追悼式に出席。私の祖父もトラック島にて戦争を戦いました。終戦を経て帰国しましたが、祖父の戦友の方より、非常に厳しい状況を生きぬいたと聞いています。私は今、従軍慰安婦問題などを含めての日本の戦争責任とその後の総括について、大学院にてレポートを作成することもあります。私が小学生のときに亡くなった祖父の口からは、戦争の体験について語られることはありませんでした。「平和」は、私たちの世代がしっかりと考えていかなければならない問題です。戦争戦没者の方々に対して、謹んで追悼の意を表します。

2004年8月11日

本日は、がんばろう日本国民協議会にお招きを受けまして、11時より市ヶ谷の事務所にて、スタッフの方のお話を伺いました。非常に熱心にお話をされておられました。二時間以上も対面で熱い議論を交わさせて頂きました。私も非常に共感するところも多く、今後も共に頑張っていきましょうと言うことになりました。4時に本厚木駅着。その後、図書館へ寄って本を借り、5時半頃に帰宅。夜は、電話にてたわいも無い世間話。仕事柄、電話は多いのですが、どうしても仕事関係の話ばかりで、電話でたわいも無い話をするということはあまり無く、今思うとちょっと新鮮でした。明日は、10時半から、リニューアルした厚木市文化会館で、戦没者追悼式。13日は厚木の方々と共に鎌倉旅行に参加。昼間は鎌倉散策をし、夜は小津安二郎監督ゆかりの宿に宿泊しながら、小津安二郎監督の映画を鑑賞する予定だそうです。ついでに言いますと14日は、厚木北地区盆踊り。この時期は盆踊りラッシュです。

2004年8月10日 (本日、「都市経済常任委員会 副委員長」の選出を受けました。)

本日は、午前9時より、臨時議会。議長と副議長の選出(選挙)が行われました。併せて、4つの常任委員会と議会運営委員会の委員長、副委員長の選出も行われました。私、佐藤知一は、都市経済常任委員会の副委員長に選出されました。都市経済常任委員会は、主に土木や街づくりといった厚木市のインフラを担当する重要な委員会です。未だ一年生議員で、経験も十分とは言えませんが、副委員長として選出を受けましたからには、頑張って参ります。

2004年8月9日

本日は、午前中に東町スポーツセンターにて、バスケットボール。子供たちを中心に10数名にて、「3on3」をやるから、佐藤も顔を出してくださいと言われ、お言葉に甘えて(?)、私も参加してしまいました。相手の半分は子どもでしたが、普段の運動不足がたたって、結構、大変でした(笑)。元実業団のバスケの選手も横浜からいらしてくれました。(やはり、動きが違いますね。) / 暖かい皆さんの声援に応えることが出来ず、シュートは決まりませんでしたが、楽しく汗をかいたひと時でした。(午後のお仕事があるため私は一足先に戻りました。) / その後、4時半まで、市役所5Fの民主党執務室で仕事。4時ころ、先ほどのバスケットボールでも一緒だった、弁護士志望(現在、司法試験を受けています)の学生お二人が、部屋に遊びに来てくれました。茶飲み話をました。 / その後、中華街にて、中島章夫・元参議院議員のお疲れ様会に参加。先の参議院選挙において中島先生は、惜しくも当選には至りませんでしたが、これからは、議員の職を離れて、教育改革の実現に汗をかきたいとの言葉を頂きました。田中慶秋・民主党県連代表(衆議院議員)、ツルネン・マルテイ参議院議員をはじめ、多くの仲間が集まり、少し苦いお酒を楽しみました。

2004年8月8日

本日は、午前中に二件の集会にお招きを受け、参加させて頂きました。午後は、七沢地区の納涼大会(盆踊り)と小野地区の納涼大会(盆踊り)にお邪魔させて頂きました。韓国クンポ市の市長さんもお見えになられており、私もつたない韓国語で日常会話をさせて頂きました。(韓国語は大学時代の第一外国語でした。)

2004年8月7日(その2)

私たち厚木中学(85年卒)の同窓生が中心となってカンパを集め、鮎まつりで花火を打ち上げました。集まった協賛金は101万円。同窓生以外の多くの方からも協賛を頂きました。一人一人の思いが詰まったスターマイン。美しかったです。私は法律により寄付行為の制限を受けている為、実家が代わって協力させて頂きました。 ちなみに佐藤は、花火大会の時間帯、地元消防団の一人として、消防作業服に身を包み、混乱防止の警備をしていました。私も毎年花火大会を楽しみにしていましたが、彼らの働きがあってのものだと強く実感しました。大変でした。仲間と一緒に花火を見ることは叶いませんでしたが、終了後に集まり飲んだお酒の味は一生忘れられません。

2004年8月7日

昨日の鮎まつり前夜祭、盛り上がっていました。青年会議所が主催、FM横浜後援で、行われたロックコンサート。私よりも少し上の人たちは、少し眉をひそめていましたが、まあ、そんなものでしょう。私も名前は聞いたことあるような無いような感じのアーティストでした。でも、やはり、生のライブはいいですね。今日は、これから開会式に出席し、夜は花火の警備です。それでは、行ってきます。

→ 月刊佐藤 8月号  月刊佐藤8月号でました。

2004年8月6日

本日は、市役所前の公園にて鮎祭りの前夜祭です。この場所にて、JCの主催する会合にもご招待を受けましたので、夕方から参加をする予定です。 厚木鮎祭りは、明日がメインの一万発の花火大会が行われます。この花火大会では、私を含めた私の同級生たちが中心となって、お金を集めて花火をあげます。ラジオでも報道されて、本日のタウンニュースにも記事として取り上げられているので、話題となっています。私も協力者の一人としてとても嬉しく、また、明日の花火大会が楽しみです。本当はみんなで花火を楽しみたいところですが、明日は、消防団による花火大会の警備があるため、今年は、警備の仕事をしながらの花火見物となりそうです。

2004年8月5日

本日は、市役所の執務室で資料整理など事務作業。午後から早稲田大学へ行き、教授と面会。その後、大学院の仲間と夕食をとりました。大久保のコリアタウンで、カムジャタン(カムジャは韓国語で「じゃがいも」、タンは、鍋という意味の「湯(たん)」)や、もう日本でもおなじみになりつつある(?)チヂミ(韓国風のお好み焼き?)、トッポッキ(甘辛い味付けの韓国風餅)、ホットック(中に甘い砂糖の入った小麦粉のお菓子?)なんかを食べました。キムチやナムルももちろんついています。久しぶりに食べた韓国の味は、とっても美味しかったです。たまにしか行かないお店でしたが、店長さん(?)にも、顔を覚えて頂いているようで、サービスもしてもらいました。(蛇足ですが、店長は、元社民党代議士の原よう子さんと同窓生だったそうです。)

2004年8月4日

本日午前9時からは、議会運営委員会、その後引き続いて、議会運営協議会に出席しました。八月の臨時議会の審議案など(新議長選出、委員会改選など)について、委員外議員として召集を受けての参加です。 / 午後からは、地元厚木市の方をお連れして神奈川県庁を訪問し、民主党県連幹事長の水戸県議会議員と面会を致しました。非常に詰まった議論となりました。神奈川県と厚木市それぞれを跨ぐ問題であるためなかなかスパッと解決とはいきませんが、私たちも地道に妥協せずにこの西山採石場問題に取り組んでいく所存です。 / 昨日は、早稲田大学雄弁会の学生から連絡を受けしばらくぶりに(電話で)お話をしました。彼も慶大弁論部の学生同様に、このHPをチェックしてくれているそうで、うれしく思いました。私も今は早稲田の院生でもあるので、もう少し落ち着いたら雄弁会の学生たちとももっと交流の場を持ちたいと考えています。この雄弁会の学生からはある議員の紹介を依頼されました。たしか政治浄化のための選挙制度改革についての研究のためだと言っていました。彼らの行動力には私も大きく触発されます。

2004年8月3日

毎日、暑い暑いといっている間に時間だけが過ぎていくような気がしてなりません。仕事ばかりがたまってしまい、「あれもこれも」と思ってはいるのですが、仕事は片付きません。エアコンの無い環境にやさしい自宅では、作業になりませんので、これから役所の執務室に行って、作業を行います。 / 八月には臨時議会がありますが、こちらのほうも色々と審議する内容が上がってきています。今朝方も助役よりお電話を頂きました。しっかりと審議をしていくつもりです。 / 明日は、地元の方をお連れして神奈川県庁へ行き、うち(民主党)の県連幹事長と面会を致します予定です。それでは、行ってまいります。

2004年8月2日

八月七日厚木鮎まつりの大花火大会の時、消防団員として、警備の仕事をすることになりました。警備とは言っても、通常の消防の作業服を着て、混雑と混乱を回避する役なのですが、これまでは花火を見に来る側だったのが今度は逆ということで、どんなものかと興味津々です。(ちょっと、不謹慎でしょうか。)消防団の皆さんは、家族もある中で花火の時間を家族と過ごすことなく、何の収入にもならない活動に時間を割いています。私は議員としての仕事の延長として、これも勉強だと考えていますが、そうでない方々にとっては中々出来ることではありません。敬意を表します。今日は、これから役所に行ってまいります。

2004年8月1日

今日から、八月です。八月は「厚木あゆ祭り」を始めとした行事も多く、ちょっと忙しくなりますが、その分、皆様のご意見をより多くお聞きすることのできる時期でもあります。 / 今日は、これから横浜・関内に出かけて参ります。今日は確か、横浜のMM地区では花火大会です。今日は、別に花火大会に出かけるわけではないのですが、車の混雑に影響はあるのでしょうか。少し早めに出かけるとしましょうか。それでは、行ってまいります。

2004年7月31日

西山の採石の問題で、荻野の地元の方々は毎週土曜日の3時から5時過ぎまで、集まり話し合いをしています。土日は、行事も多くなかなか出席できなかったり、大幅に遅刻したりということが多いのですが、私もできる限り出席するように心がけています。一見、きちんと行政的な手順を踏んで進めている採石問題ですが、ひとつの山がなくなってしまうほど大きな事業です。今、環境が問われています。来週はこの方たちと共に県庁に出かけ、民主党の関係者・県連責任者と面会して頂き、今後の行動の参考にしていく予定となっています。 / その後、旭町の支持者宅訪問。

2004年7月30日

本日は午前10時から、民主党支持の方からの陳情をお受けいたしました(@市役所の民主党の執務室)。私たち民主党の地方議員に対しての御期待を肌で感じました。市民の方も(市外の方も)用事が無くとも、どうぞお気軽に市役所5階の部屋まで、遊びにいらしてください。お茶くらいしか出せませんが、忌憚の無いお話をお聞かせ頂ければ幸いです。ただし、私がいなかったり、いても会議などでお相手ができないこともございますので、事前に私の携帯(もしくはメールアドレス)に直接、ご連絡を頂ければより確実にお時間を取ることができます。よろしくどうぞ。

その後、お昼ころからは、西山の採石の問題で、地元の自治会長さんと共に担当者を訪ねて、その後の進捗状況の詳細についてお伺いをしました。自然環境に対しての市民意識が高まる中で、業者は、もう少し市民の側に耳を傾けるべきではないでしょうか。また、行政も(厚木市や神奈川県)弱いものの立場に立っての行動が強く求められます。 / その後、民主党県連幹事長と電話にて、諸問題についての話し合い。そして、支持者廻り。

2004年7月29日

本日は、昼間は資料に埋もれて、レポート作成。夜は七沢の私の実家(和風料理おかめ)にて、先の参議院選挙で初当選された藤末健三・参議院議員(全国比例区)の支持者の方々と暑気払いも兼ねて、「暑いので『うなぎ』でもたべましょうか?の会」を行いました。藤末議員の支持者(地元責任者)の方は2名、そして、私を後援して頂いている地元の団体の責任者3名と私というメンバーでした。もちろん、会費制にて行いました。皆さん、とても偉い方ばかりでしたが、非常に和やかに、そしてとても楽しいお食事会でした。もちろん、車を運転するものは、お酒は一滴も飲みませんでした。

2004年7月28日

本日は水曜日。支持者廻りと政策研究の一日でした。夕方から、座間の東建コーポレーションにて、支店長と会談。それにしても暑いです。私の愛車(軽自動車・中古のワゴンR)のエアコンが治りましたので、車の中が一番快適です。私の自宅には生まれてこのかた、エアコンの無い生活を送っています。「いまどき、エアコンなし?!」と時々驚かれますが、そんな地球に優しい私です。(笑)

2004年7月27日

徹夜してレポートを作成しました。朝までに無事終了し、朝7時の電車に飛び乗り、早稲田大学へ。 / 朝9時までに早稲田の事務局前に提出する2本のレポートを作っていました。昨日は、先生の送別会があったので、お酒も少し入りましたが、帰宅した後に気合を入れて作り上げました。提出した後は、横浜桜木町にて、神奈川県知事を囲む会のメンバーと共に9月に行われる会合の打ち合わせに参加しました。当初、9月11日に厚木の文化会館にて予定されていた松沢知事のミーティングは、知事の仕事の都合により延期となりました。9月18日に横浜にて予定されていたミーティングは、予定通りに行われるようです。私、佐藤も及ばずながらお手伝いしております。

2004年7月26日

昼間は、役所の執務室にて、作業。午後は、高田馬場にて送別会に参加。 / 女性史を専門に研究されてこられた、中原道子教授が早稲田大学を退官されるとのことで、数名の有志と共にささやかながら送別会をかねたお疲れさん会を行いました。フェミニストを専門にされてこられた中原先生らしく、男性は私だけの参加で、「黒一点」の私でした。場所は、早稲田大学正門前のタイ料理屋さんでした。久しぶりに食べましたトムヤムクンやソムタム、タピオカココナッツなどなど、とても美味しかったです。帰宅して後、レポートの山との格闘。

2004年7月24日

厚木市文化会館リニューアル・オープンセレモニー。招待を受けまして、私たち市議会議員もセレモニーに参加させて頂きました。古典芸能やアメリカで優勝を勝ち取った厚木高校のチアーリディング、モダンバレー、ハーモニカ、など催しも堪能させて頂きました。午後からは、郷土芸能祭り。私の中学時代のクラスメイトのお子さんも太鼓を叩いて、発表をされたようです。

2004年7月20日

パソコンの調子が非常に悪く、しばらく、更新ができずじまいとなりました。s@to.office.ne.jp 宛のメールもチェックできずにおりました。お返事が遅れて、ご迷惑をおかけいたしました方には、改めてお詫び申し上げます。

2004年7月18日

結局、徹夜してしまいました。クーラーの無い我が家では、夜のほうが仕事がはかどります。早朝5時から6時までの朝起き会にも行ってきました。今日は200人ほどいらしていました。その後、クロッカスの会にて、お茶と手づくりのチーズケーキを御馳走になり先ほど帰宅。ただ今、午前8時半です。本日も一日、レポート作成に充てようと思っていたのですが、予定が入ってしまいまして、もう少ししたら出かけます。夕方前までには、帰宅する予定です。それでは行ってきます。今日も暑くなりそうです。

2004年7月17日

今日明日は、厚木神社のお祭りです。 / 参議院選挙などもあり、大学院のほうにも顔を出すことができる様になった今週ですが、期末レポートが大変溜まってしまって、苦しんでいます(笑)。今日明日は、レポートをこなさないといけませんね。大学院のレポートは、違い質も量も大学以上のものを要求されますので結構大変です。もっとも求められてもダメなものはダメなのですが。取りあえずは、「地球温暖化が与える丹沢への影響についてのレポート」から手をつけることとしましょうか。この連休で何本仕上げなくちゃいけないのか考えるだけでも頭が痛くなります。それでは、頑張ります。 (追伸:もちろん、市政のお仕事を第一に優先して頑張っています。)

2004年7月16日

本日は、朝一で車屋さんに行って、わが愛車・ワゴンRのクーラーのガスを注入してもらいました。話頭の愛車は、何とこれまでクーラーが効かず過ごしていました。雨の日は窓を開けられずに辛かった(笑)。このままひと夏持ってくれればいいのですが・・・。 / その後(午前中)、大学院の授業のため早稲田へ。夕方は地元の同僚(議員)の祖父の葬儀のため、しばらく欠席が続いた授業を途中で抜け打し、厚木に戻りました。ちょっとだけ気まずかったですが、しかたありませんね。葬儀出席の後は、旭町の同級生の家を訪問し、花火大会の件でミーティング。

2004年7月15日

午前中より、大学院の授業のため早稲田へ。先の国会で非常に大きな問題を抱えつつ、通過した年金法案ですが、ここにきて多くの修正が必要になったとのことです。その数はたしか40箇所。私の慶大時代の恩師(八木欣之介・総合政策学部教授)は、内閣法制局のOBでしたが、彼が聞いたらどの様に思うでしょうか?温厚な方ですが核心をズバリと突く、いつもの御意見がいただけるでしょうか。近いうちに電話を入れてみたいと思います。

2004年7月14日

毎日、暑いですね。でも、今日はいくらか暑さも和らいでいるのでしょうか。いつも陳情などのお客様は、市役所5階の議員控え室(執務室)にて、対応させてもらっています。しかし、現在は、空調設備の入れ替え工事のため部屋に入れません。仮の対応室として、5階ロビーを使わせて頂いておりますが、5階ロビーも工事のため空調が利かないので、お客様には御迷惑をかけています。本日はアポイントを頂いた三組の方の訪問を受けました。近頃は市内の治安が悪く、不安に思われている市民の方も多くおられます。 / 空調は工事中ですが、5階なので窓を開け放つと(意外と)風の通りが良く、さほど暑くなかったような感じです。いつも私の部屋で対応させて頂く時には、私がお茶やコーヒーを入れさせて頂くのですが、本日は議会事務局の方に気を使っていただきました。その後、電話などにて、予定調整。明日は、久しぶりに大学院に行ってきます。選挙があったのでなかなか出席も適いませんでした。ゼミの先生にもしばらく会っていませんが、政治活動にも御理解のある先生なので深く感謝しています。明日、(早稲田から厚木に戻った後の)夕方は、横浜に行く予定となっています。

2004年7月13日

今日も暑かったですね。自宅で資料の整理と支持者廻り、出しそびれたクリーニング(冬物のコートやスーツ等)を出したりして、すぐ夕方になってしまいました。愛車(軽自動車・ワゴンR)のエアコンの調子が悪いので、原付バイクで動き回っています。渋滞している市内は原チャリが快適です。夕方、通算140回目の献血をしていると普段お世話になっている議会事務局の職員の方と遭遇。なんでも、お仕事帰りに献血に寄ったのだとか・・・。(自称)一人・献血推進議員連盟の会長としては、嬉しい限りです。○○さん、今後とも「愛の献血」宜しくお願いします。その後、支持者を数件廻って、帰宅。

2004年7月12日

公職選挙法では、投票して頂いた不特定多数の方々に当選後「ありがとうございました」ということができません。しかしながら、多くのご支持を頂き、神奈川県選挙区において、浅尾慶一郎候補、千葉景子候補の当選が決まりました。また、全国区においても、私も街宣車に乗り込み、選挙を戦った藤末健三候補の当選が決まりました。中島章夫候補、樋口俊一候補は惜しくも当選には至りませんでした。「ご支援、あり○○うござい○○た」これからも民主党は頑張ってまいります。本日は、午後より、当選報告会に出席。

2004年7月11日

本日参院選投開票。朝六時半より、地元の方と車で、小田原へ。1000人以上が集まる会合へ来賓として主席させて頂きました。私が非常にお世話になっている皆さんです。今は候補者の浅尾慶一郎さんご本人、千葉景子さんの第一秘書の方にも出席して頂きました。来賓が変えられた後も私は残らせて頂き、午後4時頃、厚木着。その後、投票へ。投票所となっている厚木北公民館の前では「佐藤さん、あんたの党に入れたよ!」という心強い一言もご近所の支持者の方より頂きました。選挙戦を通じて手ごたえはあったのですが、期待半分、不安半分といったところです。優勢が伝えられている神奈川県選挙区の浅尾・千葉両候補のことは当然ですが、全国区で、私たち県連が関わっている、藤末健三氏、中島章夫氏、樋口俊一氏の結果も非常に気になるところです。 / 夕方からは、早稲田大学大学院・原ゼミの仲間と共に選挙事務所へ。

2004年7月10日

いよいよ、選挙戦も終わり、明日の投票日を待つのみとなりました。投票に行って頂きたいと思います。私の明日の日程は、朝7時頃より、小田原入りし、1000人ほど集まる予定の会合に来賓として出席、厚木からも多くの方がいらっしゃるようです。午後にいったん厚木に戻り、その後、横浜・関内の民主党神奈川県連の事務所に顔を出す予定です。民主党の勝利を信じています。それでは、おやすみなさい。

2004年7月9日(その2)

朝の書き込みでは、候補者と共にとありましたが、これは私の勘違いで、民主党の党車を用いての駅頭活動でした。 / さて、本日の(↓の)日記への書き込みをご覧になられてだと思いますが、本日の早朝の駅頭を行っていると「凍った飲物」をウグイスさんの分まで、ご用意して頂き差し入れていただきました。私の通常の早朝駅頭活動に御理解を頂き、応援をして頂いている女性の方からでした。ありがとうございました。朝から茹だるような暑さの中での街頭活動でしたので、救われました。荷物になり重たいのに本当にさりげなく私に手渡して頂きました。ありがとうございました。その後は、愛甲石田駅-小野-愛名-飯山-古沢-愛川町-相武台駅-小田急相模原駅と神奈川16区内を私が助手席に乗っての遊説と辻立ち(街頭演説)を組み合わせて、一日、廻らせて頂きました。暑かったですが、玉川地区などでは、わざわざお家からお出ましを頂き、そこかしこから手を振って頂くなど力強い応援をしていただきました。心より感謝しております。

先ほどの差し入れの件に限ったことではありませんが、この私の日誌も私が思っている以上に多くの方々にごらんになられているんだなと実感しました。何も考えずに毎日書き込みを行うことを前提としているこのページですが、後から見直すと少々恥ずかしくなるような書き込みや「て、に、お、は」がちょっとおかしな書き込みも少なからずあったりもします。が、まぁ、気にしないで行きましょう! / 明日は、選挙戦も最終日ということですので、横浜と行ったり来たりと、少々忙しいですが、がんばります。夕方から厚木のサンパーク(バスターミナルの上)で行われる予定の県人会連合会主催の納涼盆踊り大会にも来賓としてのご招待を頂いております。民主党両候補者の打ち上げとも時間が少々かぶりますが、せっかくのご招待ですので、納涼大会に顔を出させていただいた後に、横浜へ行き打ち上げに参加したいと思います。それでは、おやすみなさい。今日も本当に暑かった。

2004年7月9日

本日は、候補者と共に本厚木駅にて、早朝の駅頭活動を行った後、街宣車に乗り込み、夕方まで遊説をする予定です。相模原で、相模原の地元の方に引継ぎを行う予定です。

2004年7月8日

今日も暑かったですね。本当に毎日毎日、暑いですね。私のうちは、クーラーの無い、非常に環境に優しい家であると言うことは、昨年のこの日記でも書いていますが、本当にこたえます。特に一日中作業場にいる山口さんは、クーラーも無く「茹だっている」様子です。本日も支援者、支援組織の方々をまわりお話を致しました。でも、スーツで出歩くのは、本当に熱くて嫌ですね。松沢・神奈川県知事や横浜の中田市長などのようにポロシャツや開襟シャツで公務や準公務に当たりたいのですが、私のような若造では、スーツ着ないと「学生バイト」に間違われてしまい、応援に行っても有りがたがられないので、仕方ありません。暑いですが、選挙中くらいはがまんして背広を着ることにしましょうか。トホホ。

2004年7月7日(その2)

七夕の夜ですね。皆様は、何とお願い事をされましたか? 先ほど、七沢の七福神神社のお祭りにお招きを頂き参加して参りました。(「七沢の七福神」だから、7月7日の七夕にお祭りをするのだそうです。) 横浜から帰り、船子のタウンニュース厚木支社によって、(お言葉に甘えて)七夕飾りに短冊を備えてから、七沢のお祭りに参加致しました。松沢成文・神奈川県知事やオスマン=サンコンさんなどもお見えになっていました。私も厚木市議として、民主党神奈川十六区総支部幹事長として、松沢知事の次にマイクを頂きご挨拶をさせて頂きました。松沢知事とも久しぶりにゆっくりお話をすることができました。私のことを「ともちゃん」と呼ぶのは、(私の知る限り)松沢知事と親戚のオジちゃん、オバちゃん位です。ありがたいことです(笑)。ちなみに、今日は地元の玉川商栄会の一員として、私の両親も「鮎の塩焼き」の屋台を出しておりました。多くの方々がお見えになり、おかげさまで完売だったようです。

2004年7月7日

《厚木メールマガジンより転載》

・7月7日午後1時20分、県央地区に光化学スモッグ情報が発令されました。屋外での作業には、十分注意してください。(生活環境課)

・県央地区に発令されていた光化学スモッグ注意報は、午後2時20分に解除されました。(生活環境課)

2004年7月6日

本日は、事務所の山口さんと「開票立会人資料の提出」やその他の用事にて、厚木市役所と愛川町役場の選挙管理委員会に参りました。午前中は、横浜の民主党県連事務所にて選対会議。の予定でしたが、佐藤は所用により欠席。本日の候補者街宣車は、厚木市以外の十六区を街宣しました。

佐藤は明日のA選対の最終選対会議には出席する予定です。その後は、中田宏・横浜市長や民主党の仲間と共に街頭活動を行った後、厚木に戻り七沢入りの予定。

2004年7月5日

本日は、一日、外回りでした。選挙中に付き詳細に付きましては、NG。

2004年7月4日

今日は、お昼を挟んで、田中真紀子・衆議院議員が民主党候補者の応援に横浜入りしました。(ちなみに田中真紀子さんの娘さんは、私の大学・学部の一つ先輩で、同じ授業を受けたこともあります。若い頃のお母様に良く似た方でした。) / その後、私は、大和-厚木-平塚-厚木-大和-厚木と車で移動。それにしても今日は、雲ひとつ無い良いお天気でしたね。 / ただ今、平塚では、七夕祭り開催中です。今日は非常に多くの人たちが七夕に来ていたようです。昨年、私はタウンニュース厚木支社の七夕飾りに “ドサクサにまぎれて”私もお願い事を飾らせて頂きました。どこにも飾るところが無いので、今年もお願いしようと思っています。 が、タウンニュース厚木支局の皆さん、いかがでしょうか? 今年も飾らせていただけますか?

2004年7月3日

今日は、地区現職候補者が厚木入りしました。朝から本厚木駅北口にて、街宣を行いました。先日に引き続き、首藤信彦・衆議院議員が本厚木に応援に来て頂きました。その後お昼まで、旭町の集会に参加。幹部の方と共に昼食を食べました。 / その後、伊勢原の(別の)仲間を私の車に乗せて、荻野の「西山を守る会」の会合へ5時まで参加。熱い議論を交わしました。

昨夜のことです。何かとマスコミにも話題を提供し、アクセス数も日本で一番多い掲示板サイト「2ちゃんねる」にアクセスし、あるリンクを辿ったとたん、急に私のパソコンの調子がおかしくなりました。IE(インターネットエクスプローラ)を開くと勝手にサイトが開きエッチサイトのところでフリーズしてしまいます。ウイルスには気をつけていたつもりですが、完全に感染してしまったようです。あー、面倒くさいですね。一つ前まで(の私のパソコンは)マックを使っていたので、PCウイルスに対してノンキに構えていたのですが、いざ自分のPCが感染して、その深刻さを知ることになりました。こうして、MSワードを使っているうちは問題ないのですが・・・。そういえば、先日も私のところに「不正請求ハガキ」が届きました。私はPHSを使用し、このPHSからはメール以外のインターネットを使用していないのですが、「携帯からのサイト使用料が振り込まれていません」という内容のものでした。情報化社会は本当にややこしく、また、色々とイライラさせられることも多いですね。

2004年7月2日

タウンニュース厚木版にて、6月18日号で取り上げた「旧長崎屋厚木店への場外舟券売場設置案」に対しての議員アンケート結果を公表しました。結果は以下の通り。

以下、記事転載「本紙6月18日号で取り上げた「旧長崎屋厚木店への場外舟券売場設置案」。本紙ではこの件について、厚木市議会の全28議員にアンケートを実施した(6月23~25日)。 場外舟券売場は“ボートピア”と呼ばれ、モーターボート競走場の勝舟投票券(舟券)を場外で発売する施設のこと。6月18日号では、中心市街地に位置する「旧長崎屋厚木店」に、これを設置する動きが出ていたため、各方面に取材し記事として取り上げた。 本紙では、その後の動きを地元自治会、地元商店街、厚木市役所に取材した(6月28・29日)。地元の西仲自治会では「役員会で反対する方向を決めました。それ以降は静観している状態」と。また、厚木一番街商店街振興組合では「動きはありません」と。厚木なかちょう大通り商店街振興組合では「話題には上っているがその後は業者も来ていない。新しい動きはないのでは」と話した。厚木市では「正式な話としてあがってきていないため回答のしようがない」とコメント。 市議会議員へは『問・場外舟券売場設置について賛成ですか・反対ですか。また、その理由をお答えください』とアンケートを行い、全28議員にファックス、またはメールで質問。回答ありは20議員(市政クラブ4議員は会派で回答)でその回答は、ほぼ全員が『反対』となった。回答なしは8議員。

◆佐藤知一議員
厚木市内の治安悪化は、早急に解決しなければならない重要課題の一つです。夜の本厚木駅周辺は女性ひとりでは歩くことすらためらわれる状況です。また、市外に住む人の中には、「『厚木に遊びに行く』と言うと意味深にニヤニヤされる」といった話もあると他の議員から聞きました。こうしたイメージは市民としても恥ずかしいことです。こうした影響への懸念を払拭できない限り、私たち民主党はボートピア設置には賛成できません。」 以上。

佐藤もこの問題につきましては、引き続き、目を離さず追って参ります。

2004年7月1日

今日は、午前中は事務作業。午後は、早稲田大学へ行き、ゼミの先生(原教授)と院生たちと共に暑気払い(飲み会)を行い私も参加いたしました。議論も非常に盛り上がり、結局ハシゴをしてしまいました。(久しぶりに仲間たちと語り明かしました。)私は終電での帰宅となりました。

実は本日、午後八時から地元消防団のミーティングがありましたが、以上の理由で出席できませんでした。団長さん、団員の先輩たち、ごめんなさい。

2004年6月30日

今日は、全国区の候補者が厚木入りしました。夕方の時間帯は本厚木駅北口にて、街宣を行いました。途中、沖縄の候補者(比例区)の車とも合流しました(有名な歌手の方です。)。ツルネンマルテイ参議院議員も候補者の選対本部長として、街宣を行いました。非常ににぎやかな街宣となりました。夜は、水戸・県連幹事長と二人で会食、会合。

2004年6月29日(その2)

今日はきっちり街宣をこなしました。秦野から、民主党候補者の車に乗り込み、街宣をはじめ、厚木市に入るとマイクを頂き、ほとんど私がカラス(ウグイスの男版をこう呼びます)を務めました。5時~6時までの駅頭も多くの方々から声をかけていただき惰性今日のうちに終わりました。本厚木駅の街頭演説は、候補者は勿論のこと、選対本部長の須藤信彦衆議院議員も応援に駆けつけて頂きました。その後、6時から8時までは、厚木市街地を街宣車で、みっちりまわらせて頂きました。今日は(私は)ひとりで、何時間話しただろう? 候補者みたいに話させて頂きました。明日は全国区の候補者が厚木入りします。また、頑張ります。

2004年6月29日

本日は午前中は事務所にて作業。お昼過ぎより、鶴巻温泉から民主党候補者の車に同乗して、一日街宣をします。午後5時より6時までは、本厚木駅にての駅頭を行います。

ただ今、佐藤事務所のマドンナ・山口さんが隣にいまして、自分を載せろと言っております。暑い中での佐藤事務所(現・民主党神奈川十六区総支部事務所)での作業は大変です。投票まであと2週間を切りました。頑張ってください。それでは、私は行ってきます。

2004年6月28日

昨日は、議員控え室の空調工事のための(一時)引越し準備がありました。その為に民主党控え室の荷物をダンボール箱3つに押し込み、残りを家に持って帰りました。議員部屋の荷物のほとんどは、資料(紙)なので、一つ一つの荷物が非常に重いものとなりました。(大丈夫かな?) / その後、車にて関内。

2004年6月27日

厚木の舟券売り場の問題が出ています。先週のタウンニュース厚木版がスクープとして取り上げました。私も掲載前から色々と動きましたが、何も決定していないという事実と決定してしまっては全てが遅くなるという状況を考えると先週のタウンニュース厚木版に取り上げて頂き、いち早くアドバルーンを揚げていただいたのは良かったと考えています。先日、タウンニュースよりアンケートが来ましたので、私のお答えを下記に書き出します。字数の制限(200字)があるため、不十分なところもありますが、一応、下記のように答えました。

==========

> タウンニュース厚木編集室 担当者様
> 民主党 厚木市議会議員 佐藤知一です。いつもお世話になります。
> アンケートへの結果をお送りいたします。

> ―以下―
> 場外舟券売り場設置については
> 「反対」します。

> 理由(200文字以内)

> 厚木市内の治安悪化は、早急に解決しなければならない重要課題の一つです。夜の本
> 厚木駅周辺は女性ひとりでは歩くことすらためらわれる状況です。また、市外に住む
> 人の中には、「『厚木に遊びに行く』と言うと意味深にニヤニヤされる。」といった
> 話もあると他の議員から聞きました。こうしたイメージは市民としても恥ずかしいこ
> とです。こうした影響への懸念を払拭できない限り、私たち民主党はボートピア設置
> には賛成できません。 (以上、文字カウント200字)

2004年6月26日(その2)

本日は夕方5時より。本厚木駅前での遊説を行いました。労組の推薦をもらっている市議会議員が厚木市と伊勢原市から計3名、渋谷区議会議員、十六区代表の長田、そして私が応援演説を行いました。私が司会を努めさせて頂き、無事、盛況のまま終了しました。その後、市議会議員3名と私で、今後のことについての選対会議。今回の参議院選挙のことは勿論、近隣市長選挙などへの対応について話し合いました。その後、タウンニュース厚木編集局。 / その後、オリンピックの壮行会(代表・小島一郎市議会議員/厚木ロイヤルパークホテル)に声をかけて頂いたのですが、予定が重なり欠席とさせて頂きました。大和市議会議員の菅原なおとしさんのパーティーがあり、こちらに出席致しました。菅原議員は、私の選挙は勿論、一般質問にも足を運んで頂いた友人ですので、こちらを優先させて頂きました。が、残念ながら予定が重なり、私が会場についた時には、既に撤収の作業中でした。その後の二次会に参加させて頂くも疲れと時間の都合もあり、ビール一杯とジュース一杯で失礼致しました。昨日は、夜中に豚骨ラーメンでしたので、今日はヘルシーに行こうと帰りがけにサティーによって、シリアルと牛乳を買い込み、家での夕食としました。なんて、ヘルシーなんでしょう。でも、もう、お腹が減ってきました(笑)。

いま現在、私の事務所には月曜日から金曜日の九時から五時まで、人が詰めているのですが、今日、マニフェストを取りに来られた方から「先日、マニフェストを取りに貴殿の事務所へ伺うと約束した者です。本日、貴殿宅へ朝・昼・夕と伺ったのですが、不在のようで受け取ることができませんでした。本当は横浜の選対まで取りに行かねばならないのかと思っていたけど、貴殿の所で受け取れるという話を聞いた時は本当にうれしかった。だがその分、今日受け取れなかったことが本当に残念。雨もやみ、片道10kmの道を自転車で、それだけのために行った分、そして横浜まで行かずに済むと期待していた分、ショック大でした。(以下・略)」とのメールを頂きました。今回の参議院選挙に対する期待の大きさと責任の重さを感じています。誠実に対応したいと思います。

2004年6月26日

本日は夕方、5時より、神奈川選挙区の候補者と共に本厚木駅前で遊説の予定があります。今日も蒸し暑いです。がんばりましょう。

2004年6月25日

本日は雨。民主党の比例代表(全国区)の候補者と共に秦野市からお車に同乗し、遊説しました。雨天と言うこともあり、遊説日程も遅れがちとなりましたが、それぞれの駅頭には多くの方々に集まっていただきました。私は持ち分が神奈川十六区ということでしたので、本厚木駅での遊説で車を降ろさせて頂きました。駅前では、いつも朝の駅頭の時に声をかけてくれる中学生やサラリーマンの人からも熱い声援を頂きました。ありがたいことです。今回同行をしました候補者は、40歳と若い方なので、ぜひ国会の場でも力いっぱいご活躍していただきたいと思っております。 / その後、私は海老名へ行き、横浜関内にてミーティングをこなし、夜中に帰宅。夜中、12時頃に食べた「九州・博多豚骨ラーメン」がうまかった。唐辛子の高菜と生にんにくとゴマをたっぷりと入れて、食べる夜中の豚骨ラーメン。絶対に体に悪いと思いながらも誘惑に駆られて、食べてしまいました。しかもひとりで(笑)。もちろん(?)、替え玉(麺だけのおかわり)も頂きました。議会中とか選挙期間中とかは、何と言うか体中のアドレナリンが疼きだして、変な高揚感があります。今回は私の選挙ではないのですが、他の人の選挙でもどうもジッとしては居られません。モチロン、民主党の地元の責任者としては、決して他人ごとではないのですが・・・。 それでは、おやすみなさい。

2004年6月24日

いよいよ参議院選挙の公示がされました。本日は9時半と10時に行われた民主党公認候補者の第一声(出陣式)は欠席させて頂き、今は神奈川十六区総支部の仮の事務所として使用されている私の事務所にて、作業に追われていました。(現場責任者として、何とか初日を終えました。) しかしながら、12時(正午)から行われた横浜駅・西口にて行われた合同の街頭演説には、駆けつけさせて頂きました。 / 少し早めに着いた私は、現場設置のお手伝いをさせて頂きましたが、私たち民主党の前に第一声を行っていた社民党さんの演説会も拝見することができました。社民党の福島党首は、初めてお会いしましたが、思った以上に体の小さな方だなと思いました。土井たか子・前党首も演説しておられました。私も立場があるのでコメントは差し控えますが、新旧社民党党首のカラーの違いを目にすることができて興味深かったです。 / 今日の合同出陣式には、我が民主党党首も来られて力強い演説をされていました。岡田代表は、幹事長時代に数度、お会いしたことがありますが、その時から「この人は本当に生真面目な人だな」との印象がありました。非常に多くの聴衆が集まり、皆のテンションも最高潮でした。頑張っていきます。 / 蛇足ですが、今日の横浜の駅頭で、前・民主党神奈川県連幹事長の花上きよし横浜市議会議員より、「私の名前で検索を掛けると佐藤君のHPが出てくるよ。いろいろと書いてくれているようで、ありがとう。」と声をかけていただきました。また、検索で引っかかるように今日も「花上きよし横浜市議会議員」と書いておきましょうか(笑)。お疲れ様です。

2004年6月23日

明日から参議院選挙の公示がされます。選挙期間中の私のHPの更新についてですが、先ほど厚木市の選挙管理委員会に問い合わせましたところ、止めた方が良いとの回答でしたが、その後、折り返し電話を頂き、候補者ではないので選挙にかかわることを特に強調しない限りにおいては更新も可能であるとの見解を頂きました。ということで、選挙期間中もこのHPの更新は続けることができます。

明日から公示と言うことで、選挙グッズも続々と事務所に届くし、で、ただでさえ雑然とした私の事務所(というより作業場?)もより、メッスィーになってきました。電話も沢山かかってきます。 / ただ今は夜の6時すぎ。これから相模原に行って来ます。それでは、失礼。

2004年6月22日

いよいよ選挙モードに突入した感があります。参議院選挙の公示は明後日です。私の事務所にも毎日のように選挙用のグッズが届いております。頑張りますよ。選挙期間中は、このHPの更新ができなくなる可能性があります。一応、明日、民主党県連に確認を入れてみます。恐らく大丈夫だと思うのですが。どうでしょうか?

2004年6月21日

昨日の原宿にて行われた私の友人で、外務省の官僚のN島君の「結婚を祝う会」は、会費制の結婚式でした。同僚や友人を中心としたとても格式ばらない結婚式でした。彼のお父上が地位のある立派な方なので、どこかできちんとした結婚式を挙げてからのお祝い会だと勝手に解釈しておりました。2次会にも出席をしたかったのですが、一次会途中で呼び出しをうけ、一次会も最後まで出席できませんでしたが、懐かしい顔も見ることができ楽しいひと時でした。

本日は、民主党県連の政連カーに乗り込みましての街宣でした。10時前から出発をし、お昼を挟み午後一時過ぎまで私が一人でマイクを使わせて頂いての街宣でした。県連からウグイスさんも同乗されていましたが、私の乗る時間だけマイクをお譲り頂きました。ルートは、市街地から玉川地域をまわりお昼は七沢にて取りました(旭町→寿町→東町→中町→南毛利→毛利台→小野→七沢→森の里→長谷→船子→市役所)。選挙選挙の毎日ですが、街頭において日に日に手ごたえを感じるようになりました。

2004年6月20日

今日の予定は、この後、午前八時半より荻野運動公園にて、市民体育大会・開会式に参加。その後、原宿にて私の友人(年下の大学の先輩)で、外務省の官僚でもあるN島君の結婚を祝う会に参加することになっています。N島君、おめでとう。

2004年6月19日

本日は予定通り、午前10時前にロイヤルパークホテルの会合に顔を出し、会合を中座して三田(厚木市)にて親戚の法事に出席。のち、三田(港区)の慶応大学・三田演説館にて、早慶新人弁論大会を聴衆。その後、同大会のレセプションに参加させて頂きました。今年の野球の早慶戦は、慶応の2勝0敗でしたが、今年の弁論の早慶戦は1位2位3位を早稲田雄弁会が独占する結果となりました。多少、複雑な気持ちもありますが、その後のレセプションではお互いの健闘を称えあい、結果にこだわらず楽しい時間を過ごせました。(その後、学生たちと飲み夜中に帰宅。)

2004年6月18日(その2)

今日も一日、地元にて活動。夕方は、某テレビの選挙担当記者さんが事務所にひょいとやってきて一時間ほどお話をしました。その後、旭町の同級生宅にて5,6人が集まり茶飲み話。

明日の活動予定は、午前10時前にロイヤルパークホテルの会合。会合を中座して三田(厚木市)にて親戚の法事。のち、三田(港区)の慶応大学・三田演説館にて、早慶新人弁論大会を聴衆。その後、同大会のレセプションに参加。当日は厚木のロイヤルパークホテルにて、早稲田と慶応のOB会総会がありますが、私は早慶新人弁論大会に行くため今回は不参加とさせて頂きました。

2004年6月18日

最近は、参議院選挙の話題しか載りませんので、この辺りで、ちょっとローカルな話題に戻します。ローカルな問題とは言え、私たち地元の人間にとっては非常に重要な問題です。これまでもタウンニュースさんと共に舟券売り場誘致の問題につきまして、探ってきましたが、本日のタウンニュース厚木版の記事になりましたので、以下、記事を部分転載します。

「平成14年2月に閉店した「長崎屋厚木店」。現在、この後施設をめぐる新しい動きが出ている。競艇の『場外舟券売場(ボートピア)』の設置が急浮上しているのだ。所有者側は「集客施設は、地元の発展にも寄与すると思います。競艇のチケットを売る事業も案としてあがっていますが、今後も含め、現在は模索中です」と話すが、地元商店街をはじめ、自治会などに、現在理解を求めている──。株式会社長崎屋では、閉店後、更正計画にもとづき、売却する物件として計画を進めてきた。そして、昨年秋に売却先が決まり、現在では同社の所有ではなく、個人の所有となっている。所有者側では、建物を使用し、観客動員できる集客施設にしたいと話を進めており、施設は、様々な方向で活用法が模索されている。しかし、地元商店街は、この場外舟券売場設置には難色を示しており、具体的な話し合いは、今後行われるとみられている。厚木市市政企画部では「業者から、まだ正式な話しがあった訳ではないが、厚木のまちづくりにとって良いこととは思えない」と話している。市で開発の許可などを行う市開発審査課では「今のところそのような話は聞いていない。都市計画法の開発許可の範ちゅうであるかどうか、今のところはわからない」と話している。また、商業の振興に携わる商業観光課では「正式には聞いていない。長崎屋が所有している時は、テナント誘致の話などをしていたが、所有者が変わってからは、話をしていない」としている。」

今後もこの問題に関しては、その展開を見守っていきたい。

2004年6月17日

竹中ゼミOBのメーリングリスト上での議論も色々とありますが、教え子は皆、竹中先生を慕っています。私は民主党の地元の責任者の一人ですので、応援をすることはできないのが残念でなりません。竹中ゼミMLの管理人をしている先輩が、出馬に至った御事情もご家族の方よりお聞きしております。泣いても笑っても、24日より公示されます、参議院選挙。気合を入れて頑張りましょう!

2004年6月16日(その2)

今日は寝つきが悪いです。「竹中平蔵金融・経済財政担当相(53)は16日夜、小泉純一郎首相から7月の参院選の比例代表に自民党公認で立候補するよう要請され、受諾した。自民党は近く持ち回りの党役員会などを開き、正式に公認を決定する。(毎日新聞2004年6月16日21時09分)」 正直、驚きです。

私は、出来が悪くて名乗るのも憚れるのですが、竹中ゼミ11期生でした。昨年、民主党の公認を頂く際もそれ以降も竹中ゼミ生OBとしての自分と民主党員としての自分との中で、色々と考える所がありました。今日の竹中ゼミOBのメーリングリスト上においても、色々と言葉が飛び交っています。あるOBは、MLの中で、「竹中先生が、参院選への出馬要請を受諾したようです。日中のニュースで、安倍幹事長からの直々の要請に対し先生が『首相に相談して決める』と答えた、という記事を読んだ時点で決まりだとは思っていたのですが…いざ、本当に受諾したという記事を読むとなんとなく複雑です。経済学者であり優れた教育者であった竹中先生が、とうとう政治家の道を歩むんですね。」と発言していますが、私の気持ちもこれに近いものがあります。

私も大学の弁論部などの交流を通じて、自民党など他党に属する先輩とも仲良くお付き合いをさせて頂いておりますので、竹中先生ともお会いする機会があれば、ごく普通に言葉を交わすことが出来るとも思います。が、竹中先生もついに議員になる道を選んだということに少なからぬ複雑な思いがあります。今夜はモヤモヤして、眠れそうにありません。

2004年6月16日

国会も今日で閉会し、いよいよ参議院選挙モードへ完全にシフトしました。私(佐藤)の方も明日が六月議会最終日、いよいよ採決の日です。また明日は本会議の採決に前後し、議会運営委員会と議会全員協議会があります。私のほうも議会が終わり、いよいよ全面的に選挙モードに突入します。地元の責任者として頑張ります!

今日も私の事務所で、こまごまとした事務作業のお手伝いに追われました。浅尾慶一郎参議院議員(神奈川選挙区)と中島章夫参議院議員(全国比例代表選挙区)のそれぞれ、3000枚分の選挙用公選はがき(併せて6000枚)を事務所の山口さんたちと共に作成しました。毎日の細かい作業の影響なのか、今日は事務所のマドンナ山口さんの体調優れず、でしたが、何とか後ちょっとで終わりと言う感じになりました。明日には、私の受け持ち分の6000枚の公選はがきは完成予定です。私の紹介文の入ったはがきが皆様のお手元に届きましたら、是非とも他の方にも宜しくお伝え下さい。(公職選挙法に則るとこういう言い方しかできませんので悪しからず。)

2004年6月15日

内閣支持率が12ポイント減の46%となったそうです。政党支持率は、自民党が32%で前回と同じ、一方、わが民主党は前回より2ポイント増の16%(いずれも毎日新聞調べ)。この状況において、民主党の支持率がいまいち伸びないと言うのは非常につらい所です。私も地元神奈川第十六区総支部の幹事長として、責任ある立場につき初めての選挙となりますが(敵失を活かすとはいいませんが)、何とかもう少し民主党に対する支持率を伸ばすよう働きかけねばならないでしょう。 / 本日は、基本的に早朝より、一日事務所にて作業。途中、厚木市役所・民主党控室にて資料調べ、タウンニュース厚木支社(船子)、支持者廻り(旭町)など。

2004年6月14日

告知の通り、本日は本厚木駅前にて、労働組合の方々や連合推薦候補たちと共に早朝の駅頭活動を行いました。今日は、浅尾慶一郎参議院議員陣営の県下一斉日でした。神奈川県下の主要駅で一斉に早朝の駅頭活動を行う日でした。自民党さんもこの日は、県下一斉日という事で、不覚にも先に北口にてのぼりを立てられてしまいました。朝6時半前に(私の)事務所の山口さんから電話を頂き私も向かいのぼりを立てたのですが、この時期にあまり対立をして頭に血が上るのもどうかという事で、場所を東口に移して駅頭活動を行いました。私個人は、毎朝8時半まで行っているのですが、連合の方々は仕事にもつかねばならないし、私たちも議会運営委員会の会議があるので、少し早めに8時に撤収をしました。議会運営委員会に出席しました為。午前10時からの民主党県連・常任幹事会は欠席しました。その後、事務所にて作業。

2004年6月13日

本日も一日、参議院選に向けての準備が遅れている箇所のサポートをしてました。葉書きも候補者二名分(全国区候補と神奈川県選挙区候補)合わせて、6000枚以上あるので、ラベルで印刷を出し、貼り付け、紹介の文を印刷するという三工程をおこなうと意外と時間もかかるものです。その他、雑用をこなし、一日が終わりました。明日は、労働組合の方々や連合推薦候補たちと共に本厚木駅北口にて早朝の駅頭活動を予定しています。その後、午前9時から(市役所市議会委員会室にて)議会運営委員会に出席予定。午前10時から(横浜の民主党県連事務所にて行われる)民主党県連・常任幹事会には、時間の都合がつけば出席予定ですが、厚木市議会の会議を優先とするつもりです。

2004年6月12日

今日の新聞にも載りましたので、お話します。昨日、市長と山上助役、そして私を含めた、それぞれの会派の代表が市長応接室に呼ばれて、話したお話は、蓑葉助役の引退のことでした。健康上の理由で、(今月付けで)御勇退されるとの事でした。蓑葉助役は、ざっくばらんな方で人望も厚く本当に信頼の出来る方でした。私もこれまで様々なアドバイスを頂きました。まだまだお元気でいらっしゃり、御勇退は万一のことを考えてのことであるとお聞きしております。助役の職を離れてからも私たちに対して変わらぬアドバイスを頂ければと思います。

本日は一日、参議院選に向けての準備が遅れている箇所のサポートをしておりました。平日は山口さんが事務所(作業場)に詰めていてくれますが、雑用も多く予定も遅れがちですので、今日のフォローでその遅れを取り戻しました。

2004年6月11日

今日は9時より、「都市経済常任委員会」にて付託事項を審議。その後、会派代表として市長応接室にて、山口市長より報告事項を受ける。 → その後、支持者の訪問を受け、陳情を受ける。その支持者と共にタウンニュース厚木編集室へ。 → 旭町支持者宅 → 温水のフィナンシャルプランナーをしている支持者宅訪問。 → 市役所議員控え室に戻り執務。 → 事務所(佐藤知一事務所@寿町)にて、参議院選挙対策。

本日のタウンニュースに私の原稿(投稿原稿)と私の議会一般質問の内容について、大きく取り上げて頂きました。大きな問題である為、タウンニュースの編集室長より依頼を受け、原稿を執筆しましたものです。内容につきましては、後程、このHPにも載せる予定です。本日も大きな反響がありました。ご期待に副えるようがんばります。

2004年6月10日

今日は、議会にて環境教育委員会がありました。請願の紹介議員として出席を求められました。「容器包装リサイクル法の見直しを求める意見書を国に提出を求める請願」で、請願の趣旨内容は容器包装リサイクル法を改正し、「収集・分別・保管の費用を製品の価格に含めること」「リデュース、リユース、リサイクルの優先順位で推進するさまざまな手法を盛り込むこと」です。これにつきまして委員会に請願紹介議員として出席をし、およそ30分程度質問を受けました。しかし、残念ながら賛成少数のため否決されました。これと同様の趣旨の請願は近隣自治体においても提出されておりますので、可決されても不思議ではない内容でしたので残念です。私の理解によると「製品に費用が転嫁されることで消費者に負担を求める結果になる」とのことでの否決だったようでした。議会活動はなかなか理屈では動かないということを感じた一日でした。

先ほど、「この活動日誌を毎日楽しみにしている」とのメールを頂きました。(この方とは未だお会いしていませんが)比較的若い女性の方からのメールにて正直、嬉しく思いました。朝の駅頭活動もトータルすると数年、少なくとも3年以上は続けていることになります。(途中、休止期間もありました)この朝の駅頭活動中も老若男女を問わず、声をかけて頂けるようになりました。身近な相談ごとも頂く様になりました。頼りにしていただける事は、非常にありがたいことです。これからもがんばります。取りあえずは、明日の朝も駅頭頑張ります。明日の委員会は、私の属する「都市経済常任委員会」(9時より)です。それでは、おやすみなさい。

2004年6月9日

今日もいつものように午前6時半から8時半までの駅頭演説(本日は本厚木駅北口にて)。お昼より、横浜・関内。その後、金沢区。本日は終日、車で移動しました。ここの所、電車にての移動が多く久しぶりの車を使って廻りました。昨日は電車にて新宿からの帰り、人身事故にて20分ほど、ダイヤに乱れが出て只でさえ混む時間帯の電車に人があふれました。近頃、やたらと電車での人身事故が多く目に付きます。景気が良いとメディアは報道しますが、全く実感が感じられない、このギャップはどう判断すればよいのでしょうか。

2004年6月8日

今日は、早朝5時25分に発生した火事のため出動しました。ボヤですぐ鎮火した為、そのまま帰宅。その後、いつものように午前6時半から8時半までの駅頭演説(本日は火曜日のため本厚木駅東口にて)。本日は、議会にて総務企画委員会があります。それでは、行ってきます。

2004年6月7日

今日から、神奈川十六区総支部の事務所が私の事務所に移りました。私の事務所はとっても「物置」的な感じの漂うところなのですが、現在の十六区総支部の事務所は非常に狭いということで、こちらに移る事となりました。基本的に平日昼間は、Y口さんがおります。宜しくお願いします。

2004年6月6日

今日は、前にこの欄でもご紹介したトレーナーの方に整体をしていただけるとの事で、東京まで行ってきました。さすが東尾理子さんなど有名スポーツ選手も訪れるというほどの腕前でした。とっても楽になりました。

2004年6月5日

今日は、ご依頼を受けた1000字程度のコラムの執筆。その後、午後五時半、出火の為出動。(この四月より消防団として入団しました。)今回が初出動です。幸い、軽い小火(ボヤ)で終わりました。よかったです。六時半ころ帰宅。 / その後、午後七時より、教会に併設している幼稚園・厚木幼稚園のミニコンサートにご招待をいただき行ってきました。厚木幼稚園は私も卒業しました幼稚園で、今日も顔を出すとO先生から、「あら、知一君いらっしゃい!」と言う言葉。朝の駅頭の際にいつも声をかけて頂くO先生ですが、O先生の中ではいつまでも幼稚園生の佐藤知一でした(苦笑)。ミニコンサートの内容は、東京交響楽団の主席チェロ奏者の方のチェロとピアノで、G線上のアリア(バッハ)、アメイジング・グレイス(ジョン・ニュートン)、白鳥(サンサーンス)と言ったメジャーどころ(他にも数曲)を中心に演奏されていました。結構良かったです。特にG線上のアリアの綺麗な旋律は、心が洗われるようです。アメイジング・グレイスも元々は賛美歌として作られた曲なので、チェロ奏者のボーマン・ビアンテ氏も二度演奏をされました。歌の意味にも触れながら、思い入れたっぷりに演奏をされていました。オーケストラのコンサートは、昨年のウイーンフィル交響楽団やカウントベーシーオーケストラ(こちらはジャズ)etc. のように度々足を運びますが、今回のようにチェロとピアノのセッションも良かったです。教会という場所もいい雰囲気でした。お客さんは、厚木幼稚園の園児と保護者が多かったです。今回は一人でしたが、せっかくなので次回はどなたかをお誘いして、また行きたいです。

2004年6月4日

本日は六月定例会一般質問二日目です。今日は7人の議員が登壇しました。6時近くまで、議会部屋にて仕事をした後、タウンニュース厚木支局にて、取材(というより、支店長と編集長と記者の人との雑談)を受けました。その後、七時半から荻野公民館にて、西山採石問題の勉強会に(夜9時半まで)参加。10時すぎ帰宅。その後、夕食。

2004年6月3日

本日は、六月定例会一般質問の初日。私は第八番目に登壇いたしました。持ち時間の50分間、時間を目一杯使って、質問をさせて頂きました。支持者の方々や大和市議会議員の菅原さんも傍聴に駆けつけて頂きました。一般質問の場は、理事者側をやり込めることではなく、より良い市政を提供するためのものです。あまり議論に力を入れすぎて、そこの所を忘れないようにしないといけないと自身に言い聞かせています。本日の議論を基により良い政治の提供を目指していきます。

(本日の答弁の内容は、議会議事録として後ほどアップされます。)

2004年6月2日

今日は、朝から横浜・関内へ行き地元の支持者の方と民主党神奈川県連合会、千葉景子参議院議員事務所、浅尾慶一郎参議院議員事務所、松沢成文神奈川県知事秘書課(神奈川県庁)を廻りました。その後、厚木市役所へ戻り、私は環境課長らと話を詰めました。その後、神奈川16区総支部事務所へ。今は、明日の一般質問と再質問の原稿を詰めています。先ほどは、松沢成文・神奈川県知事より、私の携帯にお電話を頂きました。励ましのお言葉を頂きました。

明日は、第八番目に登壇する予定となっています。時間的には午後5時すぎ位になると思います。市役所本庁舎5階です。ご興味があれば、ぜひ、足をお運び下さい。事前の申し込みは一切必要ありません。

2004年6月1日

今日から六月です。衣替えの日というのに何だか肌寒い陽気です。雨も午前中一杯降り続いていました。会議やら何やでただ今、午後3時。急に陳情のお電話を頂き、馬場へ行く予定を変更しました。これから今夜は、消防団の月一のミーティングがあります。明日は、午前中地元の方を連れて、横浜・関内にある千葉、浅尾 両参議院議員の事務所へ行く予定です。また、佐藤知一選対スタッフとして長い間、努めて頂き、昨年やっとお役御免となった佐藤事務所のマドンナ「Y口譲」が、参議院選に当たり、再び二ヶ月間のワンポイントで神奈川16区の常駐スタッフとして働くことになりました。明日より、厚木の民主党神奈川十六区事務所に詰める事になっております。佐藤共々、宜しくお願いいたします。

2004年5月31日

本日は一日市役所(民主党控室)にて、(午前中よりお昼を挟んで午後6時まで)資料整理。途中、荻野より支持者の方が来庁し、民主党部屋にて会合(およそ一時間半)。夜は、市内支持者と小田原でのイベント打ち合わせと来賓、招待者の相談。

2004年5月30日

今日も暑かったですね。両腕をヒリヒリ言わせながら、街宣おこないましたよ。街宣者の助手席に座り、今日は市街地(厚木北地区と南地区)をきっちりと廻りました。また、途中、厚木南公民館で行われていた「さつき展示会」にも顔を出させていただきました。先日行われた「さつき祭り」で展示されたさつきをより多くの人たちに観賞して頂くために公民館にて再度、展示をしているそうです。また、それに合わせて表彰式も本日執り行われた模様です。明日は、議会の一般質問に備えて、役所に行き資料に目を通し、原稿作成に取り掛かります。民主党控え室にいる予定です。

2004年5月30日

参議院選も近くなってきました日曜日と言うことで、本日は、街宣車に乗り込み、市内を廻ります。マイクから私の声が聞こえましたら、お気軽に声をかけてください。私の乗車予定時間は、午後一時から四時までです。(変更の可能性もあります)今日もいい天気です。 それでは、行って参ります。

2004年5月29日

本日は、早稲田大学雄弁会の連中と一緒に早慶戦(六大学野球)を観戦しに行きました。天気も非常に良く、ひさしの無い神宮球場内野席でしたので、時々、中に入り休みを取らないと観戦がつらいほどでした。結果は、七対二で、慶応大学の勝利。今は早稲田に籍をおく私としては、複雑な思い(笑)ですが、終了後は、エールの交換なども行い勝敗にこだわらず、共に健闘を称えあいました。とっても日に焼けて、両腕と顔がヒリヒリ痛みます。 / 実はこの日は、厚木中学校の体育祭やその他の行事にもご招待を頂いたのですが、先に決まっていた新しい仲間との交流に参加させて頂きました。厚木中学校のOBとしては、中学校の体育祭も非常に観戦したかったのですが、教頭先生にも事前に了承して頂き、来年の観戦を楽しみにすることと致しました。

2004年5月28日

下記の通り、本日は「議会運営委員会」「六月定例議会(初日)」「会派代表者会議」に出席いたしました。その後は、一般質問にあたり、担当職員の方々と質問の意図などについて話し合いを行ないました。共に妥協することなく、議論をより良くして行きたいと考えます。その後は、土地と公共事業にからみまして、市民の方から三件、ご相談を頂き、担当部局に対応を求めました。私、佐藤と面識のない方でも市制について何かお困りごとがありましたら、ご相談いただければ幸いです。出来るか出来ないかはご相談を頂いてからでないとお応えできませんが、なんなりとお話し下さい。法的に判断がつかない場合でも、弁護士の友人に相談役となってもらっていますので、対応も可能です。ともに守秘義務もございますので、秘密も守ります。ご安心を。

2004年5月28日

本日から六月議会が始まります。予算議会(二月議会)の次の議会と言うことで、緊張感の緩い議会となりがちですが、気を引き締めて取り組みます。昨日の日記に記しましたとおり、この議会も民主党を代表しての質問を致します。昨日質問の通告を提出いたしましたが、担当の職員から面会依頼の電話が次々とかかってまいります。私の登壇をより意味のあるものとするために、理事者側としっかり意見を交わして、かみ合う議論を行ってまいります。それでは、行って参ります。

本日の議会予定は、議会期間中審議される議案の承認と議会日程の承認です。このように本日は初日なので、午後の早い時間に終わると思いますが、その後はそれぞれの質問項目について担当職員と私の質問通告に対して一つ一つひざを交えて、話し合いを行います。こうした慣行はともすると予定調和となりやすいですが、本当に意味のある議論を提示すれば、こうした問題はクリアされると考えています。それでは、行って参ります。

2004年5月27日

本日、12時(正午)が、一般質問の通告締め切りでした。9時半ごろ、通告書類の提出を済ませました。今回の登壇は8番目となりました。昼過ぎより、民主党控室(厚木市役所)にて、陳情対応。夕方より、原先生による環境政策指導(環境社会学ゼミ)。

=今回通告した質問内容は以下の通り=

<子どもを健やかに育む環境の提供について>「絶対評価導入による市内中学校の評定格差及び評価基準のばらつきに問題はないか。」「HPV(ヒトパピローマウイルス)蔓延に対する性教育を含む対策について。」「市内保育所の休日受け入れについて。」<ビオトープについて>「自然生態系(オオタカの保護など)に対する政策的アプローチは十分か。」「市内小中学校へのビオトープの導入について。」<循環型バスの導入について>「乗り合い型タクシー導入を含む公共交通空白地域対策について。」

2004年5月26日

今回、「容器包装リサイクル法の見直しを求める意見書を国に提出することを求める請願」の紹介議員の一人となりました。包装容器の収集、分別、保管の費用を製品の価格に含めなければ、ペットボトルなどの容器は無秩序に増え、リサイクルの流れに逆こうすることとなります。リデュース‐リユース‐リサイクルの優先順位で推進していかなければなりません。むかし出回っていた、牛乳瓶やジュースのビンのようなリターナブル(洗って再利用されるタイプのもの)なものこそが環境にやさしいのだと言う原則に立って政策を進めなければいけないと佐藤は考えています。

昼過ぎより、民主党控室(厚木市役所)にて、陳情対応。夕方より、厚木の環境政策勉強会。

2004年5月25日

仕事をしていく中で様々な人との出会いがあります。今回は、一流のスポーツ選手のトレーナーをしている方より、メールを頂きました。その道のプロから、お褒め頂きとても嬉しいです。(私も彼女のHPを拝見いたしましたが、この方はその業界でも有名な方のようです。多くの有名人・スポーツ選手をご指導されています。)名前は伏せさせて頂きますが、メールの内容は以下の通りです。

今大変感動しながら佐藤さんのホームページ見ています。たしか慶應大学在学中に自転車

で選挙活動をされていた方ですね!テレビで拝見してずっと印象に残っていました!そして

御実家のホームページも見ています。パーソナルトレーナーとしてお話しします。幼少時か

ら習慣となった食生活はその方のカラダだけでなく、メンタルまでも左右するとわたし的に

は思っています。私の指導した中でも、一流選手はもちろん、女優、モデル、デザイナー

にいたるまでその傾向は否めません。佐藤さんは完璧に政治家が天職なんじゃないかな?

適職じゃなくて天職!お知り合いになれたのも、何かの縁だと思いますの

で、(埼玉県民ですが)、一個人として、佐藤さんを応援させてください!私の手掛ける

人たちは結構無名からでも一流になっているんですよ!(パーソナルトレーナー界のパピー

ワーカーと呼ばれています!) < 中略 > よろしくお願い致します。

一ファンとして、エールを送らせて頂きます

 

2004年5月24日

午前9時より、民主党神奈川県連合会事務所にて、参議院選挙対策会議。昼過ぎより、民主党控室(厚木市役所)にて、打ち合わせ。夕方より、玉川地域入り。

2004年5月23日

21、22、23日と行われた「厚木さつき祭り」の最終日です。最終日の本日は、厚木中央通りも歩行者天国となり、様々なイベントも執り行われました。10時より、行われた歩行者天国のオープニングにも、議員として参加させて頂きました。綺麗に咲いた「さつき」拝見させていただいた後、横浜関内へ仕事のため向かいました。今日は、朝から少し肌寒く、カキ氷の出店の方は少しお気の毒でした。午後4時すぎより、雨も降り始めてしまいました。私は民主党の仕事のため、閉会時には同席できませんでしたが、滞りなく行われた模様です。

2004年5月22日

本日の午前中は、地元のあいさつ回り。午前11時ころより、早稲田大学雄弁会の早慶新人弁論大会・予選会(高田馬場/早稲田大学 西早稲田キャンパス)(午後六時過ぎまで)/ 午後六時半より、雄弁会のメンバー達と慰労会(飲み会)。午後11時帰宅。

本日、平壌で行われた日朝首脳会談で、拉致被害者家族8人のうち子供5人の即時帰国が決まりました。一方で、被害者の家族会は強い不満を表明しました。核問題においても具体的な進展もなく、大きな落胆の思いを感ぜざるを得ない。現地での話し合いは、およそ一時間半。文字通り、「しゃんしゃん」で結論をだしてしまった。すでに合意の上での今回の結論とするならば、選挙をにらんだ小泉首相の勇み足であろう。もう少し、慎重に事を運んでからでも遅くはなかったのではないか。考えれば考えるほど、納得がいかず、イライラがつのる。

2004年5月21日

昨日、委員会視察より無事帰って参りました。収穫の多かった視察でした。写真も含めまして、詳細につきましては後ほどご報告いたします。本日は、九時より、会派代表者会議、九時半より、厚木市議会全員協議会。十時過ぎより、議員全員にて(厚木市役所地下の)耐震工事状況の視察。その後、同級生の訪問を受け、観光政策課、教職員課へ同行。

先日講演した学校の先生より、下記のようなメールを頂きました。(メールの前と後ろ部分を省略)

先日は、ご講演、ありがとうございました。
後日、生徒が提出したノートには、
「イメージしていた政治家っぽくなかった」
「自分とは遠い『政治』の話かと思ったら、話が身近に感じられた」
などと書かれておりました。
いい意味で生徒の予想を裏切ることができたようです。

自らは、
「私は違うの。皆と一緒にしないで!」
と、個性をこれでもかと表現するのに、
他人に対しては変な固定観念でくくってしまうことの多い年頃の生徒には、
本当によい勉強になったようです。

色々と、お忙しいとは思いますが、
また、時期が来ましたら、お声をかけさせていただこうと思っております。
そのときは、お時間があれば、また、よろしくお願いいたします。

2004年5月19日

次回の更新は、厚木に戻って以降となります。それでは、視察に行ってまいります。

2004年5月18日

本日は、午前九時より厚木市議会・議会運営委員会に出席のため、早朝の駅頭演説(本日は本厚木駅南口)は中止としました。その後、高田馬場。折り返し厚木へ戻り、親戚のお通夜に出席(夕方6時・JA)。本日は、東京にて「民主党大躍進パーティー」が行われました。テレビでもこの様子が放映されておりましたが、私も現職の地方議会議員としてご招待を受けておりました。出席をする予定でしたが、前日の通り、親類の不幸が在りました為、このパーティーは欠席させていただきました。

民主党代表に、岡田克也・前幹事長が就任いたしました。新幹事長には、藤井裕久・前自由党幹事長が就任いたしました。岡田新代表とは、私も選挙応援などで数度お会いしたこともございました。新代表、今夜はテレビに出ずっぱりです。私もテレビのハシゴをしております。 / 小沢一郎・前代表代行が代表に就任手前で辞退されたことは非常に残念ですが、「鳩菅・小沢」世代から、一気に若返ったことは自民党に対峙して行く上では良い事だと思います。気持ちを良い方に切り替えて、頑張っていきましょう。私も民主党の地方議員として、根性入れて前進します。

明日と明後日は、委員会視察(所管事項調査/都市経済委員会)にて、長崎へ向かいます。明日の出発は、午前5時50分です。遅刻しないようにしないといけませんね。台風が向かっているようで、天気が気になるところです。

2004年5月17日

今日の午前中は、ピースウォークの集会を少し覗いてきました。その後のピースウォーク自体には不参加。

午後からは、文化学院高等部での講演の為、御茶ノ水。午後2時40分から一時間半にわたり講演をさせて頂きました。先生方のご配慮で非常に自由な話題でお話をさせて頂きました。学生たちも非常に熱心に私の話を聞いてくれました。通常、このような講演を引き受ける際には、長くて30分なのですが、今回は授業時間を使用しての講演の為、一時間半たっぷり頂きました。

民主党の代表に就任される予定だった小沢一郎代表代行が、突然、代表就任を辞退されました。理由はご自身の年金未納問題。今後の動向を見守ります。明日は、私の親戚のお通夜。その後、委員会視察(長崎)の準備を予定。

2004年5月16日

今日は朝から雨で、心なしか湿っぽい感じがします。もう梅雨の季節も近づいてきました。ただ今は、明日の文化学院高等部での講演の原稿準備をしています。一時間半と言う結構長い時間の講演なので何か準備したいと思いつつなかなかまとまりません。いつも原稿を用意しても当日の様子でかなり変わってしまうので、そういうことを考えるとなかなかまとまりません。まぁ、いつもの通り気取らずにやるとしましょうか。午後は、隣の海老名市で友人と食事。

2004年5月15日

本日は、午前中は友人宅に訪問。午後から、高田馬場にて昼食。帰宅後、月曜日の講演(@お茶の水 文化学院)の原稿準備。

2004年5月14日

昨日のご報告の通り、本日の駅頭活動は愛甲石田駅にて行いました。浅尾慶一郎参議院議員や秘書の方々、厚木や伊勢原の議員の方々と共に駅頭活動を行いました。「小沢さんは、代表になるの?」というご質問も何人もの方々から頂きました。今朝方は、未だ正式に決まっていなかったため、「どうでしょうかねぇ。まだ、正式に決まっていないんですよね。」とお答えするので精一杯でした。

そして、本日、民主党の代表に小沢一郎代表代行が、就任することに決まりました。一致結束して、民主党による二大政党制の確立、そして「政権交代の実現」に向けて進んで行きたいものです。私たち地元の民主党議員も頑張ります。

2004年5月13日

本日の駅頭活動は、本来ならば愛甲石田駅だったのですが、明日の早朝駅頭を浅尾慶一郎参議院議員と共に愛甲石田駅にて行うため、日程をスライドしました。と言うことで、明朝は愛甲石田駅にて朝の駅頭活動を行います。

その後、早稲田大学大学院にて、4時過ぎまで講義と研究活動(原ゼミ)。その後すぐ帰宅して、そのまま厚木市北公民館にて、北公民館関係者の歓送迎会へご招待を受けまして出席させて頂きました。

退任される関係者の方々は、長い間本当にお世話になりました。ありがとうございました。また、これから職に就く新任の方々はこれからお世話になります。宜しくお願いいたします。(帰宅後、政策研究。)

2004年5月12日

本日の駅頭活動は、本厚木北口でした。(朝6時半から8時半) 今朝は、菅代表辞任の翌日ほどの反響はなかったものの、それでも多くの方から「民主党」に対する様々な御意見を頂戴致しました。昨日に比べると暑くもなく非常に晴れわたったすごし易い天気でしたが、国政は非常にどんよりとしています。今後、就任が予想される民主党の代表ですが、誰が就任するにせよ一致協力して、党の総意で支えていく必要があると考えています。年金法案についても必ずしも一致していませんが、政権交代を行い、「しがらみ」を一掃することをこれまでも第一に考えて参りました私たち民主党です。今、何が必要かということを民主党関係者の一人一人が考えていかなければならないと考えます。

本日は、これからお昼過ぎより、地元支持者への御挨拶廻り、その後、自宅にて政策立案研究。

2004年5月11日

民主党と与党の年金改正案(いわゆる三党合意)と年金未納問題を問題として、昨日、菅直人代表が辞任を正式に表明いたしました。私のところにも厚木市民を中心にメールなどを通じ、多くの御意見を頂きました。今朝がたもアウトルックを開くとそれぞれのお立場からの御意見が届いておりました。

本日の駅頭活動は、本厚木南口でした。演説の内容は、「私は民主党厚木市議会議員ですが、県連の常任幹事として民主党の会議にも参加する立場であり、この二月からは16区の幹事長にも就任させて頂きました。今回の問題に対しては私ももどかしい思いで一杯ですが、私の今の立場は皆様方の信頼を損ねてしまったことに対してお詫びをしなければならない立場です。申し訳ありませんでした。」といったことを早朝六時半から八時半まで述べさせて頂きました。市民の方の反応は、優しい言葉をかけて頂くなど励ましの声が多いようにも感じましたが、一方では、厳しい御意見も頂きました。高麗人参の入った栄養ドリンクを手渡して頂き「あんたが頑張んないと民主党も良くならないよ」と声をかけて立ち去った女性の方もいらっしゃいました。中学生から初老の方まで、心強い応援を頂けば頂くほど、申し訳ない気持ちで一杯になります。(この日記をお読みという女性の方からも、励ましのお言葉を頂きました。演説中につき失礼をしましたが、頂きましたお言葉、心に届きました。ありがとうございました。)

本日は、これからお昼過ぎより、浅尾慶一郎参議院議員の街宣車に乗り、街宣活動。夕方からは、前・神奈川県民主党の幹事長で現・横浜市会議員の花上喜代志先生の「在職25周年・出版記念の夕べ」に出席予定です。(会場は横浜ベイシェラトン/発起人代表は、羽田孜 元・内閣総理大臣)

2004年5月10日

本日午前10時より、民主党神奈川県連合会常任幹事会。私は参加の直前に市民の方より、急を要する御相談を受けたため、常任幹事会を欠席させていただきました。(当日のログは、FAXにて先ほど送付していただきました。) その後、私が来週講演を行う予定の文化学院の担当の方とメールでの打ち合わせ。当日の資料送付など準備。/ 民主党の菅代表の辞任問題で揺れています。昨日の同級生の結婚式二次会でも、この話題が複数出ました。私が本日欠席をした常任幹事会でも、話題になったことと思いますが、日々の政治活動もより大きな危機感を持っていかねばなりません。危機こそチャンスと言う言葉もあります。政権交代の流れをつぶしてはなりません。

2004年5月9日

きょうは母の日ですね。全国のお母様方おめでとうございます。さて、本日は、午前8時半より行われた「厚木北地区の地区対抗ソフトボール大会」の開会式にお呼び頂きました。9時からの始球式にも私に御指名を頂き、始球式を務めさせて頂きました。言い訳をすれば、ソフトボールと言うことで、下手投げなので、「大暴投」となりました。職員の方からは、秋の大会でリベンジをお願いしますと、ソフトにダメだしを頂きました。まぁ、ご愛嬌ということでおゆるしを。

その後は、一件ミーティングに参加させて頂き、途中で退席。

午後11時より、小学校と中学校の同級生だった友人の結婚式に参加(海老名市)。式典(結婚式&披露宴)では、あいさつのトリを取らせて頂きました。新婦さんの美しかったこと・・・。新郎の幼馴染として、非常に嬉しく思いお二人の幸せを心より願います。そして、ただ今帰宅しました。これから着替えまして、2次会に参加してまいります。それでは、行って参ります。

2004年5月8日

ただ今、5月8日の午前二時半。こまごまとした仕事が残り、なかなか片付きません。さて、昨日は日にちを一日間違えて、つけていました。修正しました。(斉藤さんご指摘ありがとうございました。)休みボケでしょうか?

本日の予定は、午前中は支持者を廻り、市制についてのご相談をお受けします。午後は、上野にてミート。

2004年5月7日

福田官房長官の辞任が今朝表明されました。官房長官の辞任を受けて、民主党においての次の行動が注目されています。私たち民主党の地方議員も一丸となって、信頼回復に努めなければならないと強く感じています。絶妙のタイミングでの辞任を受けて、小泉政権はまた、立て直してしまいました。政権奪取の道を今一度確かなものとするには、民主党も決断を迫られています。

2004年5月6日

今日は涼しかったですね。ワイシャツ一枚で出かけた私には寒いくらいでした。注目された年金問題もその先行きにおいて自民と民主の合意が取れたようです。民主党側が清廉潔白で無傷なら、もう少し深く強く問題追求が出来たのにとの残念でなりません。今日は研究活動などを行い、午後7時半頃帰宅。その後もパソコンと向き合い資料作成。

2004年5月6日

ゴールデンウイークも終わりました。皆様はいかがお過ごしでしたでしょうか?私は、前回の日記に記したように早稲田大学雄弁会の合宿に行ってまいりました。行きは多少の渋滞はありましたが思ったほどでもなく、帰りは一度も渋滞に巻き込まれることなく「えぇ!もう着いたの?」と言うほどスムーズに着きました。この時期に軽井沢と言うのが良かったのか、昔と違いゴールデンウイークも帰省時期が分散したと言うことなのか理由は良く判りませんが・・・。この時期の軽井沢は未だ寒く、桜も八部咲きほどの感じで残っておりました。とても綺麗でしたよ。雄弁会の合宿に参加した感じとしては、「一昔前の新人研修」の様な感じのものでした。新入生に時として威圧し、極度の緊張を強いて、その後、同じ仲間として溶け込む。うまく説明できませんが、まるまる4日間かけて、こういう状況を作り出していました。丁度、一昔前に様々な会社が取り入れた自己啓発セミナーや新入社員研修のようなものでしょうか。私は他の新入生よりも多少経験があるので、心地よい緊張感でもありましたが、他者から見るとその存在は「前近代的」というか、「今どきこんなものが存在するのか?」と言う感じのものでした。

今日は一日、大学院にて授業と研究、昼は原剛ゼミのメンバーと小さなお誕生会(?)。

2004年5月1日

本日より5月です。新年度が始まってもう一ヶ月が過ぎました。早いものです。今日は、午前中に陳情を一つ受けました。その後、歯医者へ行き、昨日の抜歯後の消毒。午後からは、友人と食事。夜は、消防団の月に一度のミーティング。今月の反省会と今後の日程あわせ。昨日のタウンニュースに載せていただいたため、多くの方から反応を頂きました。「年金問題を何とかしてくれ。しっかりしろ、民主党」とのメールも複数いただきました。市民の皆様からの声は、担当する議員に責任を持って伝えておきます。

―お知らせ―  明日(2日)から、3日、4日、5日と早稲田大学雄弁会の合宿に参加します。場所は、軽井沢セミナーハウス(早稲田大学施設)です。毎日更新を目標としているこのHPですが、次回の更新は6日となる予定です。宜しくお願いします。

2004年4月30日

本日発行の「タウンニュース(厚木版)」に私の活動報告を掲載していただきました。ほぼ全戸配布(厚木市内)に匹敵するほどの発行部数とあって、「今日のタウンニュースに載っていたね。読ませてもらったよ。」との声もいくつか頂きました。本当はもっともっと、市民の皆様に聞いていただきたい事があったのですが、紙面の都合上、文字の制約を受けました。まだお読みでない方は、是非お読み下さい。厚木市にお住まいでない方は、近いうちに記事内容もこのHP上にアップいたしますので、それまでお待ち下さい。

今日は、歯医者さんで抜歯をしました。虫歯になった親不知(おやしらず)です。それにしてもびっくりしたのは、全く痛くなかったことです。まず、塗るタイプの麻酔を注射する箇所に塗り、その後、二箇所に麻酔(注射)、麻酔が効いてから(当然ですね)、抜歯をしました。歯を抜く時はもちろん痛くありませんが、麻酔注射も痛くなかったですし、麻酔が切れる時も全く痛くありませんでした。昔、歯を抜いた時は、麻酔が切れる時はズキズキしてとっても痛かったような記憶があるのですが・・・。麻酔の技術も日々進歩しているのですね。結構覚悟して行った割には、拍子抜けという感もありますが、痛くないにこした事はありませんね。医療の進歩はまさしく、アメイジングです。

2004年4月29日

国会では、連日、「閣僚の年金未払い問題」が取り上げられています。わが党首・菅直人さんの年金未払い期間の発覚によって、与党追及の矛先がぶれた感は否めません。参議院選を前にして、(わが党ながら)・・・。 <この先は言うまい。>(苦) / いずれにせよ、市民の皆さんに対しての政治不信を作り出してしまったことに変わりはありません。民主党の地方議員の一人として、本当に申し訳なく思っております。

今日は気のせいか、体がだるい。心なしか体が重く感じる。(もしかして太りすぎ?) 4月最終日にして「五月病」か? それとも原因は、菅さんの年金未払い問題か? 風邪を引いたか? いずれにせよ、今日からはゴールデンウイーク「黄金週間」(近年では「大型連休」と言うそうな。)。大型連休と言えども、明日から忙しい日々が続く予定なので、今日は外出を最小限にして、家で休むことにします。議員の仕事は、会期中(定例議会)以外は、非常勤なので休みが取りやすい反面、土日に準公務が多いので、思うように休みが取れません。休みも「休みの様でいて、半分は仕事」的な取り方も自然と多くなります。とは、言いつつも民間企業ではリストラにおびえ、無給で休日出勤をこなす人もいる現状では、贅沢も言えません。

2004年4月28日

本日は厚木にて仕事。午後1時30分より、厚木市「遺族会」総会に出席(会派「民主党」の代表として出席)しました。(@厚木福祉センター) その後、原稿のチェックと支持者からの陳情をお受け致しました。来月は、ある御茶ノ水にある私立高校に声をかけていただいて私の講演を行うことになっています。この原稿をそろそろ考えないといけません。さて、相手は高校生。一時間半、何の話をしましょうか。

新年度も始まっておよそ一ヶ月が過ぎました。保育園入園(待機児童)の関係で頂いたご相談もひと段落したようです。面識がないという理由で、私に直接相談するのではなくて私の支持者や同級生を通じて、ご相談を受けることが多いですが、どうぞお気軽にご相談頂ければと思います。ちなみに私の電話番号は、070-5379-7489 です。メールは s@to.office.ne.jp です。

2004年4月27日

今日は風が強かったですね。関東各地では、けが人が続出したそうです。今日は一日、大学院にて授業と研究、夜は原剛ゼミのメンバーにて親睦会。二次会はカラオケ。帰宅は、夜中になりました。ので、本日はこの辺にて失礼します。

2004年4月26日

慶応大学弁論部の先輩でもあり、昨年の民主党神奈川第十六区総支部設立パーティーにも目黒から足を運んでいただいた、青木英二・前東京都議会議員が、目黒区長選挙に立候補し、激戦を制し、見事ご当選されました。低投票率の中、本当に粘り腰で勝ち抜かれました。東京都議としては、途中8年間の浪人生活を耐え忍び見事復活当選された信念の人です。東京都では調布市長の長友よしきさんも弁論部OBとして親しくさせて頂いておりますが、今後も地方自治体のリーダーとしての活躍を強くご期待しています。

=(部分転載/毎日新聞)=  目黒区長選:東京都 前都議の青木英二氏が初当選

目黒区長(東京都)25日投開票。前都議の青木英二氏(49)が初当選。元松下政経塾職員の桜井雅彦氏(45)▽環境ジャーナリストの中村正子氏(60)を破る。投票率は31.75%。 確定得票数次の通り。

当27114 青木 英二 =無新<1>[民]

23217 桜井 雅彦 =無新[自][公]

13826 中村 正子 =無新[共]         (毎日新聞 2004年4月26日 2時16分)

(以下は、Yahoo! ニュースより部分転載記事)
薬師寺克一区長の死去に伴う目黒区長選は18日告示され、新人候補者3人が三つどもえの選挙戦を展開している。区長の自殺、区庁舎清掃業務に絡む収賄事件が続き、失われた区民の信頼をどう取り戻すのか。3候補の横顔を紹介する。【山本浩資】
………………………………………………………………………………………………………
◇30年間の「役人区政」変えたい--青木英二(49)無新
「役人に負けない」。選挙ポスターにこれまでの区政を刷新する意気込みを書いたという。「30年間、助役が区長になる『役人区政』が続き、黒いうわさや怪文書が乱れ飛ぶ現状を作り出した」と指摘。「目黒に生まれ育ち、20年間政治活動をしてきた。愛する目黒が駄目になる」と、都議を辞して立候補した。区議を2期務めた後、都議に当選。しかし、2回連続落選し、8年間の「浪人生活」を送った。「壁に突き当たったのはいい経験だった。人の話をよく聞くようになった」と振り返る。公約の一番に掲げるのは「任期4年の区長職を3年で辞職」。区長と区議の選挙を統一させるためで、「7000万円の経費削減ができる」と胸を張る。「区長多選禁止の条例化」「区長交際費の100%公開」を挙げ、自ら役所の構造改革の姿勢を示すという。都議時代から続けている朝や土日の街頭演説は、「区長になっても続けたい」と話す。趣味は、朝のウオーキングで、ラジオ体操に飛び入り参加することも。妻と息子3人の5人家族。
………………………………………………………………………………………………………

2004年4月25日

ただ今、世界遺産というテレビ番組で、ニュージーランドの自然を特集しています。私も18歳からの一年半をニュージーランドで過ごしたので、非常に懐かしく見ています。ミルフォードトラック(サウンド)と言われる山道は、一日に入る人の数を制限することで守られています。私もトラッキングに参加し、強い感動を覚えました。しばらく、NZに行く機会もなく現地の友人たちや私の住んでいた農場の家族たちとも会っていませんが、この映像を見ていると飛んで行きたくなります。

美しいNZのフィヨルドは、確かに美しいですが、私たちの住む丹沢の森や里山もそれに負けないくらいの魅力を持っています。「灯台下暗し」と言いますが、まずは自分の足元から見直して行きたいものです。

2004年4月25日

衆院統一補欠選挙は、3選挙区とも自民党に負けてしまいました。参議院選挙に向けて戦略の練り直しを迫られています。きわどい選挙戦でしたので、結果が注目されましたが、私も民主党の地方議員として非常に悔しい思いです。

(以下、記事転載)「7月の参院選の前しょう戦となる衆院統一補欠選挙は25日、埼玉8区、広島5区、鹿児島5区の3選挙区で投票が行われ、即日開票の結果、いずれも自民党公認候補(公明党推薦)が民主、共産両党の公認候補を抑えて当選した。年金改革、イラクへの自衛隊派遣、「政治とカネ」が主な争点だったが、与党は参院選に向けて自信を深め、民主党は戦略の練り直しを迫られる結果となった。与党は、3閣僚の国民年金保険料未納問題の影響は少ないと判断、年金制度改革関連法案の採決をはじめ、強気の国会運営で終盤国会に臨むとみられる。(毎日新聞 2004年4月25日 22時36分)」

2004年4月24日

今日明日と、荻野運動公園で「緑のまつり」が開催されます。開会式は本日、午前10時。これから出かけて参ります。午後は、早稲田大学雄弁会の討論会(@高田馬場)に参加する予定です。昨日の夜は、少々寒いくらいでしたが、今日はどうでしょうか。それでは行って参ります。

2004年4月23日

早稲田での大学院もいよいよ本格的になって来ました。皆、いい奴ばかりでこの先とても楽しみです。週のうち、早稲田に行くのは、二日か三日になります。出来得る限り、地元の皆様にはご迷惑をかけないようにいたします。その分、仕事で返すつもりでまい進して参ります。早朝の駅頭活動をしていても、勉強と仕事の両立がんばれとの声も頂きました。ありがとうございます。

本日、東京のある私立高校から、講演のご依頼を頂きました。満足していただけるお話が出来るかどうか判りませんが、お引き受けいたしました。皆様にも追ってご報告いたします。

2004年4月21日

本日の日程- 9時より、「議会運営員会会議」、「定例全員協議会」、「市議会議員クラブ総会」、「議会運営委員会(継続)」に出席。本日は、会議の準備のため、朝の駅頭活動は順延(日程スライド)。 その後、健康診断、歯科治療。

なお、本日は議会開始前(朝)に市民の方より励ましのお電話を頂きました。「選挙が近くなってきたけれども、佐藤さんには民主党の責任者としてがんばってもらいたい。既成の出来レースのような選挙からの開放のためには、民主党や佐藤さんの力が必要です。本当に応援している。」という旨のお電話でした。ご期待に沿うことの出来るよう前進してまいります。

2004年4月19日(お知らせ)

本日、大学のサークルの先輩であり、度々、議員宿舎(東京・高輪議員宿舎)に呼んでいただき酒を酌み交わすお付き合いをさせて頂いている民主党愛知県の前田雄吉代議士が、本日のテレビ朝日の番組「たけしのTVタックル」に出演されるという情報を頂きました。ぜひ、ご覧下さい。

2004年4月18日

本日午前中、(七沢神社にての)お祭り。午後、ヘアーサロン小糸(中学時代の同級生)にて散髪。その後、(先日申しました)愛知県の方が佐藤を訪ねて来厚。夕方まで、(ファミレスにて)厚木市政や政治、選挙などについてのお話をする。その後、原稿作成。

2004年4月17日

本日は自宅にて過去の議会資料整理と都市政策についての自主勉強。また、午後はこのホームページをご覧になられている愛知県の方より電話を頂きました。大阪にいる支持者の方が、私の選挙にも応援に駆けつけて頂いたり、既に一人の友人として応援して頂いていることは、この日記にも度々記しておりますが、このように遠い所に住む方より頂く応援も非常に嬉しいものです。

不明の二人の日本人がバグダッドで無事保護されたそうです。ご家族の方も安心されたと思います。良かったですね。

2004年4月16日

イラクの人質事件の3名は開放され16日午後(日本時間同日夜)、日本政府のチャーター機でバグダッドを出発し、経由地であるアラブ首長国連邦(UAE)のドバイに到着したそうです。帰国は18日ということです。今回のこの事件は私の周りでも、(この日記にも書きました通り)「早く助けてあげてくれ」とか「佐藤議員はこの事件に関してどう思う?」とか、様々の声を頂きました。アフリカ・アラブ大使団団長で、99年からは外交団長として駆け回った、ジブチ大使のラシャド・ファラ大使のご子息と大学の同級生だった私は、ファラ閣下と友人を含めたご家族とUAEなど中東各国を(プライベートで)廻ったのが、一昨年でした。中東独自の価値観と人と人とのつながりは、簡単には理解しがたいものではありましたが、現地で見た中東のアラビア人は日本人を信頼してくれていると肌で感じた記憶があります。イラクには2名の行方不明者がいるようですので、問題はまだ解決していません。見守っていきたいと思います。

本日は、午後より歯科医院。その後、早稲田大学雄弁会、研究会出席。その後、7時から雄弁会新歓コンパ出席。若い学生達と酒を飲み、議論し、笑い、歌った(高田馬場駅前で「都の西北」熱唱)一日でした。先ほど、帰宅。

2004年4月15日

本日は早朝より外出のため、早朝の駅頭活動はお休みしました。会合出席ののち、午後、渋谷―東京・大田区。予定変更のため、西早稲田での研究会(原ゼミ)は、急遽、欠席。先生及び出席者の皆さんごめんなさい。帰宅は午後11時。本日は、移動、移動で少々疲れ気味です。風呂に入って就寝します。おやすみなさい。

2004年4月14日

毎日行っている佐藤の早朝駅頭活動ですが、本日は、千葉景子参議院議員と共に行いました。いつもは6時半から8時半まで一人で行っている朝の駅頭活動ですが、本日は、千葉議員の議会(国会)の予定もあり、8時頃にマイクを収めました。やはり、知名度のある議員と一緒だと自然と注目も集まります。(秘書やボランティアの人たちと一緒に行いました。)年金やイラク拘束事件などもあり、多くの方たちからの反応も頂きました。

その後、秘書の方と一緒に数件挨拶廻りを行い、コーヒーを飲みながらミーティングを行ったあと、先ほど帰宅しました。これからお昼ご飯を食べてから、再び出かけます。それでは、行ってきます。

2004年4月13日

本日より、大学院の授業が始まりました。週に2、3日通うようになります。原ゼミの同期、いい人ばかりで楽しみです。日本人学生ばかりでないので、授業になかなかついていけない留学生もいたりして、そんな時は共に助け合いチームワークも良い感じです。(私はあまり力になれていませんが・・・。)MBAの授業もいくつか取りました。どうなのでしょうか?楽しみでもあります。

先日、歯科医に行って詰めて貰った「仮の詰め物」が取れてしまったので、修復をしてもらいに急遽、歯医者へ。すぐに治りました。先日、この日記を読まれていた方より、「歯は大丈夫ですか?」と心配の言葉を頂きました。大丈夫です。痛いほどの虫歯はないのですが、ひどくならないうちに完治しようとして、通い始めました。明日の早朝の駅頭は、参議院議員の千葉景子さんが来てくれます。寝坊できません。

2004年4月12日

民主党神奈川県連事務所(横浜・関内)にて、午前10時より、常任幹事会。(佐藤 は常任幹事として参加。)4月5日に行われた「民主党中小企業セミナー」報告、参議院選挙への取り組みなど協議事項を議案として行いました。議員・幹事・事務職員の一人一人が大きな期待を背中に感じています。がんばります。

午後は、ホームページダウンしたことに対する対応。その後、藤沢(慶大・湘南藤沢 キャンパス)。

2004年4月12日

※ 4月11日午後8時頃より、ホームページダウンしました。 先ほど(翌12日)無事、復旧いたしました。一安心しました。

2004年4月11日

本日は、朝から厚木市消防団の新入団員・講習会に出席してきました。昨日も申し上 げましたとおり、ゲストではなく、「いち新入団員」としての出席です。色々とハードだと言われていましたが、何とかこなせました。(午後一時過ぎに)予定通りに終了後は、消防小屋に戻ってから、団員の方と訓練の復習を30分ほどこなして、少々遅い昼食を取りました。 (午後からは、公務。)

2004年4月10日

本日は、第15回削ろう会 厚木大会の式典に参加しました。全国より匠が集まる職 人の祭典です。(http://www2.odn.ne.jp/oak/1-atsugi.htm) 夕方より厚木ロイヤルパークホテルにて行われる懇親会には、残念ながら欠席させていただきました。

「削ろう会」の式典が終了後、とんぼ返りで電車に飛び乗り、桜木町にて行われた 「県政を語る会」の幹部会に出席させていただきました。その後、東横線、JR南部線、小田急線、JR山手線と乗り 継いで、高田馬場の大学院のウエルカムパーティーに出席しました。どの様な人たちが私の入学した大学院にいるのだろうと興味深々で出席しました。感想?まぁ、仲良くやっていけそうです。学部とは違い、年齢も私と比較的近いので、楽しみです。 明日は、消防団の新入団員講習会に出席します。(ゲストではなく、新入団員としての出席です。)

2004年4月9日

本日は(金曜日なので)、本厚木駅東口にての駅頭活動(月刊佐藤4月号の配布)を午前6時半から8時半まで行いました。いつものように中学の同級生や恩師、地元支持者の方も数人通り、声をかけられながらの駅頭活動でした。お一人(会社員風・50歳代くらいの方)から、「イラクの 拉致された人、助けてあげてよ。頼むから。」と声をかけられました。少々、困惑しましたが、「私は地方議員なので、出来ることは限られますが、民主党もベストな選択を示すよう努力します。」とお答えしました。私もスリランカで、モバイルクリニック(移動診療)などの活動を行ってまいりましたので、いても たってもいられず、現地に飛び込んだ若者の気持ちは痛いほどわかります。タミル人ゲリラのいるスリランカは、イラクほど危険ではありませんが、当時は現地政府の役人とも協議をし、活動をしていたことが思い出されます。今回のイラクの拉致問題は、明確な解決策のない状況で、政府の決断が注目されます。午後か らは、夜の会合に出席するため、東京へ向かうことになっています。

2004年4月8日

本日、午後より、はかりや圭宏・代議士(神奈川第10区総支部代表)の主宰するパーティーのご招待を受けて、武蔵小杉(川崎市)に行ってきました。島田晴雄・慶応大学教授、鳩山由紀夫代議士(前代表)、田中慶秋代議士、河村たかし代議士・・・等々、多くのゲストの講演もあり、非常に有益な時間を楽しみ帰宅しました。そのま ま、テレビをつけて非常に驚きました。邦人3名が人質に取られているとのニュース。恐れていた事態が、起きてしまった。小泉首相の手腕が問われる数日となりそうだ。3名の無事を祈るばかりである。

本当は、もっと言いたいこともあるのですが、非常に疲れていて、明日以降に記します。(不用意な書き込みは宜しくないので。)

― ニュース詳細は以下の通り。(毎日新聞速報より)―

= カ タールの衛星テレビ「アルジャジーラ」は8日午後3時(日本時間午後9時)ごろ、イラク国内で日本人3人がイラク人グループによって拘束されたと伝えた。グループは、同テレビに送付した手紙の中で「日本軍(自衛隊)が3日以内に撤退しなければ殺害する」と解放の条件を伝えている。同テレビは、犯行グループ から送られてきた拘束中の男性2人と女性1人の映像を収めたビデオを放送した。この報道を受け、日本政府は協議しているが、自衛隊の撤退という選択肢は取れないとみられ厳しい対応を迫られそうだ。【バグダッド小倉孝保】アルジャジーラはまず3人が目隠しをされてひざまずかされた様子を映し出した。その後、 目隠しを解かれた様子や、3人のパスポートなどが映し出された。3人の背後には銃を持ち覆面をした5人が立っていた。ビデオに映し出されたパスポートによると、拘束されている3人はジャーナリスト、郡山総一郎さん(32)=宮崎県出身▽市民団体代表の今井紀明さん(18)=北海道出身▽ボランティア活動 家、高遠菜穂子さん(34)=同。同テレビによると、テープは「サラヤ・ムジャヒディン(イスラム聖戦士)」と名乗る犯人グループから送られてきた。同テレビはこのグループの言葉を引用し、「3人は我々の手に落ちた。あなたたち(日本)には二つの選択肢がある。軍隊(自衛隊)を撤退させるか、そうでなければ彼らを生きながらにして焼くだろう。このテープが放送された日から3日の猶予を与える」と述べた。バグダッド外交筋によると、このグループは国際テロ組織アルカイダとの関連も指摘されているが、実態は不明という。 (毎日新聞 2004年4月8日 20時56分) =

2004年4月7日

本日は(木曜日なので)、本厚木駅北口にての駅頭活動(月刊佐藤4月号の配布)を午前6時半から8時半まで行った後、自宅へ戻り、すぐ役所に出所。その後、歯医者に行き歯の治療。お昼からは、大学院事務局に行き奨学金関係の諸手続き。閑話休題。早稲田大学の図書館前で、乙武洋匡さんを見かけました。図書館前の緩やかな坂道の両脇には桜の木があり、桜吹雪の青空の下、女性(おそらく奥様?)と歩いていました。乙武さんの長袖の先を奥様(?)がつかみ、ほのぼのとしていて、声をかけるのもためらわれるような雰囲気を醸し出していました。もちろん、声をかけるなんて無粋な真似はしませ んでした。今後、機会があったら、乙武さんとも話してみたいです。その後、すぐ、とんぼ返りで厚木に(三時くらい)に戻りました。その後、雑用をこなし、本日終了。

2004年4月6日

午後からは、1時から一部事務組合の委員選出方法及び、選出の話し合いを一部の会 派代表にて話し合い。その前に、(時間まで)市制相談を控え室にて受ける。いつもの事ですが、世の中は、本当に理不尽なことも多いなと感じる。プライバシーの事もあるので、いつもの様に詳細には触れられないですが・・・。その後の時間がつかず、午後からは、歯医者に行く予定を明日に延ばす。きちんと歯は 磨いているのですが、ストレスのせいか歯がボロボロになっている気がします。(そういえば、しばらく歯医者に行っていません)

2004年4月6日

本日、火曜日の早朝駅頭は、本厚木駅南口でした。午前6時35分から9時45分頃 まで、「月刊佐藤4月号」を配布しました。演説の時よりもビラ配布の時の方が、話しかけやすいのか、色々な方から声をかけられ、陳情も受けました。一人目は、「年金のことで相談をしたいが民主党では窓口はどうしているのか?」とのことで、「事前にご連絡をいただければ、市役所5階の民主党の部屋で私(佐 藤)が、相談を受けます。」と答えました。二人目は、看板のことでした。「放置自転車を撤去したのはいいが、このように違法看板・のぼりの類が、一つ増え、二つ増えてくるとまた、街が雑然としてくる。何とかしてくれ。」「それと、南口から右に向かって伸びる道路のところのゴミ収集場所なのだが、いっつも 違う曜日にゴミが出されている。カラスや猫や鳩などが、ゴミを漁って散らかって汚らしい。」とのことでした。「道路管理課や、ごみ収集課に対策を当たってみます」とお答えいたしました。

議員となってから、特定の地域だけではなく、全市的にご相談を受けることが多くなりました。ぜひとも、電話でも携帯でもFAXでも電子メールでも、地域を問わず、お気軽にご相談下さい。市制だけ でなく、県政・国政などへの相談につきましても、民主党県連常任幹事として、お話を伺い、担当の議員と協議し対応をいたします。時には「佐藤さんとは面識がないから、申し訳なくて相談できない」と言ったような声も聞こえますが、全く気になされなくて結構です。それが私の仕事ですので・・・。

2004年4月5日

今日は、午前中は市民の方の陳情を(2件) お聞きして、午後から早稲田(高田馬場)に行って来ました。前半は、必須のコンピュータの講習。(これを受けなければ、早稲田のコンピュータ環境は使えないという。)その後、早稲田雄弁会の説明会に足を運ぶ。慶大弁論部と早稲田雄弁会の考え方の違いを肌で感じた。問題意識という言葉は使うが、意味するもの は全く違うようにも思えた。やはり、若い学生達と「青臭い」と言われようとも議論をするのは、とても楽しい。厚木中学の入学式に出席できなかったのは、少しばかり残念だった。高田馬場は、学生が一杯で活気に満ちていて、結構好きです。でも、半年もすると飽きるかも・・・。

2004年4月4日

昨日は「飯山の桜祭り」、今日は「厚木の桜 祭り」昨日の桜祭りは、とっても好い天気で桜も満開。適度な風もあり、桜吹雪の中開催されました。

一方、今日の厚木の桜祭りは、(雨のため、 通常の相模川河川敷ではなく)会場も公民館だったので、桜も窓の外に遠く見えるだけでした。本当に屋根の向こうにみえるだけ・・・。ちょっとだけ寂しかったですが、実行委員会の人たちが一生懸命に開いていただいており、楽しもうという感じは伝わってまいりました。まぁ、こんな時もあるでしょう。明日は、厚 木中学の入学式によんで頂いておりますが、他の用事と重なってしまい、出席は適いそうにありません。せっかく、お呼び頂いたのに、とっても残念です。

2004年4月3日

「バイリンガルは、けっこう大変。」 (<月 刊佐藤 4月号より記事転載>)

(「月刊佐藤」最近、アップできなくてスミマセン。)

今年度から、早稲田大学大学院の原剛教授(環境 社会学)の下、厚木市の環境政策を研究していくことになりました。(今年入学した)私の研究科の外国人留学生は、全体の47%。講義科目も半分が英語です。 4月2日、入学式、及び、ガイダンス(各種説明)がありましたが、これが相当大変でした。挨拶も説明も質疑応答も、全て、まず日本語で説明をして、 同じ内容で英語でも話す。挨拶も含めて全て両方で行なうため、時間は単純に二倍かかります。説明だけでも、午後5時過ぎまで行なわれまして、その後、担当教授とのマッチングで、数時間・・・。配布された説明書など資料もすべて日本語と英語の両方で書かれていますので、「重さ」も二倍・・・。同じ事を2度聞 くので、確実に理解できますが、「バイリンガルの社会は大変だなぁ」と単純に感じました。 (さ)

2004年4月3日

「インフォメーション」: (<月刊佐藤 4月号より記 事転載>)

(「月刊佐藤」最近、アップできなくてスミマセン。)

皆様には、大変ご心配をおかけ致しましたが、この 3月を持ちまして、佐藤は無事、大学を卒業致しました。昨年7月に学生議員(最年少)として当選させていただき、公約通り、学生や教授・研究者と共に厚木の政策に関わってまいりました。九・十二・二月議会と民主党を代表して、登壇させて頂いた際にも学生と共に質問内容を創り上げました。多くの学生たちも傍 聴に駆けつけてくれました。特に12月議会において取り上げた性同一性障害に関わる問題については、市長より早急に(翌月)、意を汲んだ見直しをいただき、実現を見ました。(大学卒業後も)これからも彼らと共に厚木市の政策に関わっていくことは変わりません。/ その後、後援会や指導教諭の加藤秀樹教授 (慶大)にご相談した結果、早稲田大学大学院への進学を決めました。「佐藤が厚木市の環境政策をより深く求めるには、もっとも良い環境」であるという加藤先生のご推薦をいただいてのことでした。私の進学した研究科(大学院)は、47%が外国人留学生で、講義の半分も英語で行なわれます。こうした環境の下、 知恵を結集し、厚木市の様々な問題の解決に取り組みます。応援して下さい。 (さ)

2004年4月1日

<月刊佐藤 3月号より記事転載>

民主党の不祥事が続き、佐藤をはじめ地方の民主党 議員も時折、(支持者に対して)申し訳ない気持ちになります。そんな中、先日、一通のメールを頂きました。下記がその内容です。 「昨日、私は名古屋に遊びに行ったんです。中心部(栄)を友だちと歩いていると名古屋テレビの人に『佐藤前民主党衆院議員の秘書給与搾取事件で捕まったことについてどう思いますか?』と質問されました。この質問は友だちが答えてくれましたが、私への質問は、民主党をどう思いますかと・・・。『私は、(佐藤知一さんの支持者なの で)一人の人がつかまると、皆、全体がそうだと思われてしまって、まじめに頑張っている議員さんはかわいそう。』と答えました。そして、『政治は、そんなにお金がかかるんですかね。』と・・・。昨年の佐藤さんの選挙活動、そんなにお金かかっているようには、思えませんでしたし・・・。 選挙に当選しないと、タダの人と言いますが、給与をだましとってまでして選挙に勝って、議員でありつづけなくてはいけないのかと思いました。」-佐藤も民主党の地方議員のひとりとして、責任を感じています。懸命に議員として働くことが、こうしたご期待に応えること につながると考えています。 (事務局)

 

2004年3月30日

しばらくぶりの日記です。ごめんなさい。二月議会も3月19日に採決が行なわれ無事に予算が通りました。今回も多くの方々に私の登壇(一般質問)の傍聴に足を運んでいただきました。ありがとうございました。今月の23日、無事、慶応義塾大学総合政策学部を終了(卒業)することができました。加藤ゼ ミ、八木ゼミ、弁論部、弁論部OB会、SFC,などから、それぞれに卒業を祝っていただきました。(俗に言う「追 い出しコンパ」) 特に弁論部と加藤ゼミの学生からは、涙モノの送別会を開いていただきました。写真は追ってアップしようと思います。議会の仕事をしながらも卒業できたことはひとえに彼ら学生のサポートと市民の皆様のご協力があってのものです。ありがとうございました。この日記の中でも申し上げました通り、4月からは、早稲田大学大学院に進学致します。これまでのように若い学生達の発想とパワーを吸収しつつ、厚木の政策立案に活かしていければと考えております。大学院では、主に厚木の都市農業と丹沢(玉川地区)の環境政策をより深く研究いたします。早稲田大学院に進学するからには、このホームページも「慶応SFC日記」と言う名前を変えねばなりません。(当たり前ですね。)HPの移転も含めて考えておりますが、少し落ち着いてからになりそうです。

今後とも「佐藤知一」を宜しくお願いいたします。

2004年2月2日

一月も過ぎ去り、もう2月となりました。早いものです。私は、卒業に向けて少々忙しくなっておりますが、学部学生たちと共に厚木の教育を考えるべく、実際に小学校に学生たちと共に入り、フィールドワークを行ったり、現場の教員や管理職である校長・教頭先生方と学生を交えて意見交換を行ったりと活動を続けさせていただいております。

また、先日(1月30日)、も慶大弁論部の一員として学生たちと一緒に「朝まで生テレビ」(テレビ朝日)を観覧してまいりました。日本国憲法についての「生討論」でした。私が、観覧席に移っているのを見た厚木市民の方からも「テレビ見たよ」「よく映っていたじゃない」「佐藤さんに似た人が映っていた けど、あれは佐藤さん?」といった、メールを頂きました。夜中の放送なので、あまり反応がないのではと思っておりましたが、反応が思いのほか多かったです。

2004年1月14日

年も明けまして、賀詞交換会や新年会、成人式や出初式などたくさんの式典に声をかけていだいております。1月12日は、私の34回目の誕生日でした。同年の支持者の友人たちが、誕生会を開いてくれました。最初はただの新年会と聞いての出席だったのですが、誕生会ということでした。

私の30歳から4年間の大学生活はそろそろ、終わりです。来年度からは、早稲田大学(大学院・修士課程)に移り、厚木市における地方政策をより深く考えていくことになりますが、この「慶応SFC日記」は、ひとまず、移さなければなりません。

今のところの(仮の)移転先は

http://sato.chan.nu

を予定しております。今は、広告のバナーがついておりますが、3月までには外すつもりです。突然、移転してしまうことはありませんが、宜しくお願いします。

2004年1月8日

現職の議員として迎える初めての新年です。 毎日、賀詞交換会など多くの集まりに出席させていただき、大学のレポートに埋もれているうちに体(お腹)が悲鳴を上げてしまいました。表面上は元気なのですが、(知り合いの医師の薦めもあって)一応、病院に行ってきました。結果は未だで すが、おそらく大丈夫です。昨日は、厚木北地区の自治会長さんやらの集まる「新春の集い」に呼んでいただき楽しいひと時を過ごしました。私は、次に予定がありましたので、最後のほうで少し早めに失礼しましたが、最年少の議員ということで思い切り働いてくださいという声を多くいただきました。今年は、「厚木市議会議員 都市経済常任委員」と「民主党神奈川県第十六区総支部 副代表」の二つの大役を授かっております。また、

また、私の指導教諭でもある加藤秀樹・慶大教授のご推薦を頂き、「700人委員会・道路公団民営化問題小委員会委員」としても働かせていただくことになりました。道路公団民営化に対するご意見も承ります。

今年は、参議院議員の選挙もあり、再び、多くの皆様にご協力をいただくことになります。厚木市の将来を第一に考えて、精一杯、がんばります。

2004年1月1日

新年、明けましておめでとうございます。本年も初心を変えることなく、志を貫いて邁進していく所存です。宜しくお願いいたします。

 

総合政策学部四年 佐藤知一

民主党神奈川県第十六区総支部 副代表

厚木市議会議員  都市経済常任委員

700人委員会・道路公団民営化問題小委員会委員

(学生議員)(早稲田大学大学院進学予定)

070-5379-7489

 

2003年12月22日

 

「今年一年、ありがとうございました。」

私にとっては長かった「今年一年」が終わろうとしております。春にチャレンジした県議会議員選挙では今一歩及ばず時点に泣きましたが、その後、多くの方々のご支援ご支持を頂きまして、厚木市議会議員選挙に上位で当選させていただきまし た。私の応援に菅直人代表・鳩山由紀夫前代表にも厚木入りしていただいての絶対に落とせない選挙でした。11月の解散総選挙では、神奈川16区代表・長田英知の当選には及びませんでしたが、多くの方々に私たち民主党のご支持をいただきました。行政についてのご注文などにつきましても、これまで通り、お気軽 にご連絡ください。これからも、がんばってまいります。

民主党神奈川第16区総支部 副代表  厚木市議会議員<都市経済常任委員会>  佐藤知一。

2003年12月22日

 

本当に更新が遅れておりまして申し訳ございません。19日間の日程で行われた12月議会も、先週(19日)に無事終了いたしました。未だなれないことの連続でこれまで通りの政治活動を行うことができずにおります。このホームページも、 自宅からのマウントができず、更新もままなりません。場所も新たに作り変えようと考えております。リニューアルも今年中にはままなりませんが、できるだけ早く行ってまいります。大学のほうも本日で、今年最後となりました。この大学での学生生活も、(実質)あと残すところⅠヶ月と少し。いま、この4年間を振 り返っています。

2003年10月1日

本当 に久しぶりの更新で、恐縮しております。9月議会も10月3日まで、33日間の日程で行われております。現在は、愛川町議会議員選挙が、9月30日に告示され、民主党神奈川県 第16区総支部副代表として、厚木市議会議員として、お手伝いをいたしております。本日は、午後4時半より、前自由党幹事長の藤井裕久議員が、民主党推薦候補の応援にかけつける予定です。
近くなりました、総選挙においても、私たちは、長田英知を公認予定候補といたしました。事務所も、 本厚木駅バスセンター前に構えております。
アクセスが複雑で読みにくいと不評だった、このホームページも近く改装したいと考えているうちに時間だけが、経ってしまっております。 更新が行われていないので、ご心配のメールもいただきましたが、元気に活動をいたしております。

地元 の方には、7万世帯に配布されております「タウンニュース厚木版」などにより、私の議会活動や政治活動の詳細(特集)を載せていただいております。今週金曜日(10月4日号)においても、 一般質問の感想などを取り上げていただけるようですので、ご覧ください。駅頭活動も、再開しております。他の地域の選挙活動・政治活動の応援のため、毎日では、ございませんが、 責任を持って、続けてまいります。なお、月刊「佐藤」の9月号も発刊し、駅頭などにて配布いたしております。閲覧ご希望の方は、お申し出ください。

佐藤 知一

2003年7月28日

慶大 の「SFC-CLIP」の取材を受けました。
以下は、記事転載。
———————————————————————-
[03] 佐藤知一氏(総4)厚木市議会議員選挙に当選
●佐藤知一氏のWEBサイト http://web.sfc.keio.ac.jp/~s00452ts/
●関連記事 http://compress.sfc.keio.ac.jp/clip/news03041804.html
http://compress.sfc.keio.ac.jp/clip/series02052401.html
———————————————————————-
13日(日)に投票が行われた厚木市議会議員選挙で、佐藤知一氏(総4)が当選し
た。定数28名の立候補者39名で、佐藤氏は、2474票の得票を得て当選者中10位
の得票率だった。
SFC CLIP 編集部の取材に対して佐藤氏は、「町を歩いていても多くの人に声
をかけてもらい、期待の大きさを感じる。議会が8月に始まるので、物理的な実
感はないが、そうした期待に応えられるようにがんばりたい。また、多くの学
生に協力をしてもらい大変感謝している。これからは、SFC生、教授と一緒に政
策を議論し、作り上げていきたい」とコメントを寄せた。
———————————————————————-
以上。

2003年7月25日

お祝 いのメールを送信して頂きました方々へ。

お返事遅れまして、申し訳ありませんでした。
おめでとうのメッセージ、とても嬉しく感じています。
県議選、市議選と続けてのチャレンジで、市議選後は、
少し体調を崩して、メールチェックをしておりませんでした。
ただいま、メールを拝見し、返信を致しました。
返信が遅れましたこと、おわびします。
これからは、仕事に精を出して、がんばりますので、
引き続き、応援して下さい。

厚木 市議会議員
民主 党神奈川第16区総支部 副代表
佐藤 知一拝

2003年7月25日

メー リングリストに載りました。
以下、転載記事
Subject: ☆★☆ぴかぴかキャンパス Mail Magazine Vol. 001☆★☆
◆33歳現役大学生?!厚木市議会議員当選!献血回数138回の熱血男に注目!!◆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆★☆ぴかぴかキャンパス Mail Magazine Vol.001☆★☆
http://www.tre21.com/pika
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━2003.7.21━━━━━
★★★
Buongiorno☆齊藤美絵です。
メルマガ登録ありがとうございます☆
ぴかぴかキャンパスパーソナリティ

慶應義塾大学SFC(湘南藤沢キャンパス)に通う
私が出逢った魅力的な人・モノ・事を
配信していくぴかキャンメルマガ☆

ぴかぴかキャンパスの最新情報はもちろんの事、
番組以外での情報、齊藤美絵が出逢った魅力的な大学生、
大学での思わぬ発見等々・・・
“きっかけ”と出逢うメルマガを貴方だけにお届けします☆

◆33歳現役大学生?!厚木市議会議員当選!
献血回数138回の熱血男に注目!!◆
魅力的な人、情熱的な人、個性的な人・・・☆
貴方の周りにも色々な人がいるように、
大学にも十人十色、いえ“一人十色”な人が
たくさんいるんですよね。
SFCというキャンパスの中で夢を追って
“ぴかり”と輝いている大学人☆
魅力的で、情熱的で、個性的な大学人を貴方だけにご紹介☆
※大学人とは・・・大学に関係している人。
ex)大学生,教授,OB・OG生,大学職員の方等

■□■検索キーワード:大学生・33歳・政治・・・
Hit No.001
Name:佐藤 知一(さとう ともかず)
慶應義塾大学総合政策学部4年
Birth Place:神奈川県 厚木市
URL:http://web.sfc.keio.ac.jp/~s00452ts/
出没場所:早朝の本厚木駅・愛甲石田駅・ゼミ
座右の銘:KISS approach

*現在33歳で慶應義塾大学総合政策学部4年生の佐藤知一さん
≪Tomokazu’s own way1:高校卒業後≫
*実家の家業でもある板前を目指していたが、
高校卒業後にこのまま働くよりも
「何かやりたい!」と言うことで、
高校時代にやっていた少林寺拳法の先生の紹介され
ニュージーランドに行き、少林寺拳法指導員を!
その傍らステイ先の農場で牛の乳搾りをしたり、
キウイやアスパラガスの収穫をする。

*帰国時、留学で出逢ったアジア留学生達の実家を訪ね、
半年かけて再会の旅をしながら色々な世界を見る。

≪Tomokazu’s own way2:板前修業しながら・・・≫
*帰国後、板前を10年務め、伊豆の旅館で修行をした時は、
空いた時間を使って翻訳ボランティアをしたり、
地元厚木で板前をしていた時は、
近くの東海大や神奈川大の留学生と交流を深めていた。
そして、そんな留学生達と一緒に
物資を海外に送るボランティアを始め、
新聞や雑誌で取り上げられる。
それをきっかけに色々なところから声がかかるようになる。

*その1つとしてスリランカ国会議員の方を紹介され、
現地に行ったことをきっかけに、
現地に職業訓練校を設立させる。
しかし、活動に対する周りのフォローが
あまりにも少ないことや、
厚木の地域・商店街のイベントで
新しい考えが受け入れられない
保守的なところに疑問を抱き、
「このままの体制ではダメだ。
空気の入れ替えをしなければ!」と思う。
これが、政治家を目指したきっかけ。

≪Tomokazu’s own way3:市議会議員に落選し大学へ・・・≫
*前回の厚木の市議選に出馬したが惜しくも落選・・・。
この時、支持者の方から、
「政治家を目指すなら大学で政治を勉強した方が良いよ」
とアドバイスを頂き、30歳にして大学を目指し受験する。
2000年大学生(慶應義塾大学総合政策学部)になる。

*大学生になっても、
スリランカの職業訓練校を地方自治と絡めて研究し、
現地で活動していたことが認められ、
2000年度SFCアワードを受賞。
翌年、慶應義塾大学塾長奨励賞を受賞する。

*政治家を目指す佐藤知一さんは現在、月~金朝6時半~8時半まで
本厚木駅と愛甲石田駅に交互に立ち、
駅頭演説を行っている。
毎日継続して演説を行うことで
出逢う人との交流がまた新たな刺激となっている。

*そして・・・7月13日に行われた厚木市議会議員選挙で
見事当選!ついに、市議会議員としての彼の道が始まる。

◇こんな行動派の佐藤知一さん、
どうしてこんなに色々チャレンジしているの?
挫折するコトってないの?失敗とかって??
次回、もっと深く佐藤知一さんに迫っていきます☆

◆◆◆ぴかぴかキャンパスが動画で!!◆◆◆
so-netとの連動企画により
“ぴかぴかキャンパス”がブロードバンド放送で楽しめます☆
詳しくはココをクリック↓↓↓
http://www.so-net.ne.jp/campusnavi/
動画を見るには登録が必要なのですが、
ラジオ収録の雰囲気がよく分かりますよ☆
是非、チェックしてみて下さいっ☆

以上

2003年7月17日

およ そ、一ヶ月ぶりの更新となります。申し訳ございません。選挙直前から、更新の時間もなくなり、選挙の告示を迎えてしまいました。(選挙期間中は、ホームページの更新が公職選挙法に則ってできません。)
おかげさまをもちまして、多くの票を頂き、厚木市議会議員として働くこととなりました。皆様の多くのご期待に沿うことのできるよう、一生懸命に働きます。 今後とも宜しくお願いいたします。
追伸、落ち着きましたら、ホームページの大改装を行うつもりです。今は、議員となり、バタバタしておりまして、なかなか、時間もつくれませんが。

2003年6月17日

私 は、昨晩、駅頭に立つ仲間の「松本こかげ」さんと夜の駅頭立ちを終えた後、二人で缶コーヒーをすすり、本厚木名物のタンメンを食べ、朝の3時半を過ぎるまで、本厚木駅の北口にて 立ち話をしていました。松本さんとは、会派も出所も異なりますが、「今の厚木を何とかしなくては」と真剣に考えている点においては、 同士だと思っています。
私も松本さんも毎朝6時から、駅頭活動を行い、昼間は、支持者を 一件一件まわり、夜も駅に立つという毎日で、疲れきっている 頭と体で、一分でも多く睡眠をとりたい状況にも関わらず、雨も混じる中、午前3時半過ぎまで、立ち話をしたのです。
話の内容は、「今の方たちにこのまま任せておけない。」ということと、 我々の世代で責任を持ち、新しい流れを作り出さねばならないということ でした。本当に青臭い議論をアホみたいに朝まで、話し続けました。次の日、うちのボランティアスタッフに怒られたことは、言うまでもありません。松本君も怒られたのでしょうか。
私の恩師でもあり、今回はライバルでもあるM前先生とも、一度、ゆっくりお話してみたいものです。
そう、言いつつも今宵も深けてきたので、本日はこの辺にて失礼します。更新が、遅くて御迷惑をおかけします。

2003年6月7日

本日 は、母校・日大藤沢高校にて、「(OB会の)総会ならびに懇親会」があります。これから、行ってまいります。
また、本日は、佐藤知一(16区支部副代表)事務所と長田英知(16区支部代表・衆議院予定候補者)との 合同のポスティングデーです。多くのボランティアの方々に支えられて、私の政治活動は、成り立っております。感謝。

2003年6月5日

「知 事室訪問」
6月4日、県庁知事室に松沢成文知事を訪ねました。 松沢知事と佐藤は、先輩後輩の関係でもあり、 「刷新の会」、「しがらみ一掃キャンペーン」(賛同発起人:中田宏横浜市長他)などを通じ、これまでも行動を共にして参りました。
松沢知事からは、「佐藤君には、厚木力の復活に全力を尽くしてもらいたいし、期待している。」 との一言も改めて頂きました。会談時間は、およそ25分。予定をかなりオーバーする程、お話も盛り上がりました。

2003年6月2日
「ラジオ出演@東京FM」

6月 1日、半蔵門の東京FMに ラジオ番組の収録に行って来ました。 友人がパーソナリティーをつとめる番組にゲストとして呼ばれました。 「全国の中高生リスナーに向けて易しく政治の話をしてほしい」と頼まれ、「民主党神奈川16区副代表(兼)現役大学生」の肩書きで出演させて頂きました。本厚木駅周辺の諸問題や東丹沢の里山を再生する運動など、厚木の抱える政治課題や厚木の魅力についても深く触れました。話はとても盛り上がり、あっと言う 間の1時間でした。 また、当日、ソネットのインターネット放送局の撮影隊も現場に入りました。 (今回の収録の模様は、ソネットのWEB上でも動画配信される予定です。動画配信されましたら、佐藤HPよりアクセスできるようにいたします。また、今回の放送を(音声にて、ノーカットで)試聴なさりたい方は、佐藤事務所まで御連絡を。)

 

2003年5月29日
一昨日は、刷新の会の会合(第9回)でした。(横浜・国際ホテル)
私も松沢成文さんを「神奈川県知事」に推した刷新の会のメンバーの一人として、参加して参りました。テレビカメラも含め、新聞・雑誌などのメディアも、多 く見えました。私の仲間も多くが、首長や県議、市町村議となっており、今後に期待をもっております。私たちの代弁者として頑張っていただきたいと考えています。久しぶりにゆっくり、松沢さんのお話を聞いたり、聞いていただいたりすることができました。楽しい2時間半でした。

本日も、挨拶回りの毎日です。道を歩いていても、多くの方に声をかけていただき、感謝しています。本来ならば、きちんと背広を着なければならない所です が、いつもの「赤ジャンパー」のおかげで、安心して(?)声をかけていただけるようです。

2003年5月28日
(事務連絡)
5月31日に予定している「バーべキューパーティー」の案内です。
http://web.sfc.keio.ac.jp/~s00452ts/bbq.jpg「バーべキューパーティー」の案内 (地図)

2003年5月25日
本日は、事務所に東海大学の留学生がやってきました。事務所の1階を使っての自主学習です。 その後、民主党第16総支部 副代表として、民主党の総会に出席(代議員として)してまいりました。
また、本日は、弁論部の早慶新人弁論大会の予選もあり、審査には加われませんでしたが、共に 議論をいたしました。

2003年5月23日
どうも、マックが、OSXになってから使いづらくてしょうがありません。もっときちんと更新したいのですが、どうしたものでしょう。
本日は、久しぶりに慶大 弁論部の定例会に出席してきました。若いフレッシュな発想と意見には、大きな刺激を受けます。大切な仲間です。
5月31日には、相模川河川敷で、バーベキューパーティーを行う予定です。慶大の弁論部や東海大学の留学生たちや私の中学の同窓生、支援者など多くの方達 と行う予定です。夜は、アーバンホテルにてのパーティーを行います。参加希望の方は、ふるって御参加下さい。私まで、お電話下さい。(PHS:070- 5379-7489)

2003年5月17日
ここのところずっと、地域を「原チャリ」、ご挨拶まわりをしております。皆様のところへ、お伺いしました際には、宜しくお願いいたします。

c しばらくぶりの更新にて、ご心配のメールもいただきました。申し訳ありませんでした。実は、大学のネット環境が大幅に変わったため、少々、厄介な思いをしておりました。私は、マックを使うのですが、マックのOSが、「X(テン)」にバージョンアップしたら、日本語のファイル名が全て文字化けしてしまいまし た。
この更新の作業は、なれないWINにて、行っています。
本当は、月間佐藤5月号も早々にアップしたいのですが、そうもいかないようです。しかし、できる限り、早めにアップしたいと思います

2003年4月25日
本日の早朝の駅頭立ちは、本厚木駅東口でした。雨が降ったり止んだりの天気でしたが、少なからぬ人たちから、声をかけていただきました。夜は、弁論部の 仲間と定例会です。今年の新入部員は、どのような学生達でしょうか。愉しみです。

2003年4月24日
本日は、加藤秀樹教授のゼミの新歓飲みでした。加藤ゼミは、人数も多く、活きのいい学生も沢山おります。今期が愉しみです。

2003年4月21日
4月19日のSFCーCLIPに引き続き、
本日(先ほど)、慶應大学 生協の「YOU」という季刊誌(?)の取材を受けました。学内に広く、配付される結構メジャーな雑誌です。
誌面は、2ページのようで、どこまで書かれるか判りませんが、2時間弱、喋りました。

それと、今回、初の試みとして、
私「佐藤知一」の「座右の銘を書いたサイン色紙」を
読者プレゼントとするそうです。
色紙にサインしましたよー。(笑)
冒険ですねー。「落選した候補者のサイン色紙なんて、
欲しがる人いるんでしょうか?」と言いましたら、
「佐藤マニアも学内には、いるんじゃないでしょうか?」
といったようなことを真顔で言われました。
出てこい、出てきてくれ、「佐藤知一マニア」!

2003年4月21日
昨日は、厚木中学の同級生が中心となって、バスを借り切り、屋形船に行ってきました。(もちろん、屋形船も貸し切り)。60名ほどが集い、楽しいひととき を過ごしました。
今後も続けて行いますので、同窓生で希望者は、佐藤まで。

2003年4月20日
慶応大学SFC-CLIP の取材を受けました。 以下、記事転載。
http://compress.sfc.keio.ac.jp/clip/news03041804.html
佐藤知一氏(総4)神奈川県議選約1300票差で落選
-2003年4月18日

●佐藤知一氏WEBサイト http://web.sfc.keio.ac.jp/~s00452ts/
●関連記事 http://compress.sfc.keio.ac.jp/clip/news03040402.html
13日(日)に投開票された、神奈川県議会議員選挙で、佐藤知一氏(総4)が、民主党候補として出馬したが、落選した。当選は、得票順に堀江則之氏(自 民)、小林常良氏(自民)、山本裕子氏(神奈川ネット)の3氏。佐藤氏の得票は、山本裕子氏に続き、4番目。
また、県議選の投票率は48.65%(男47.1%、女50.24%)で過去最低だった前回(46.41%)よりも2.24%上回った。

SFC CLIP編集部の取材に対し佐藤氏は以下のようにコメントを寄せた。

「今回の統一地方選挙県議会議員選挙は、本当に多くの人々の助けを借りて、乗り切ることができました。他の陣営から比べれば、「おままごと」の様な選対で したが、対等に戦うことができました。結果は、8325票(得票率12.5%)をいただきましたが、3位当選の山本ゆう子候補(神奈川ネットワーク運動) の9678票(得票率14.5%)に1300票程届かず、次点に終わりました」。

今回、選挙に臨み感じたことは?
私たちのような若い世代が、これからの社会に責任を持っていかなければならないという大きな期待を感じました。多くの学生たちも主体的に政治にコミット して、共にこれからの社会を考えていってもらえるようになるともっと、うれしいのですが。

結果について
数日前に出た予備調査では、まさに当落線上で、追い上げていた感じだったのですが、思うように票が出ませんでした。厚木地区の投票率が40.82%と神 奈川県下で最悪だったことも悔やまれます。社会全体に政治に対しての諦め感が漂っているのではないかと、少し残念です。塾内外でも、SFCCLIPのように応援していただける人もいれば、(私から見れば)つまらないことにこだわって、若者のやる気を削ぐ様な大人もたくさん存在しています。私のように物事に 挑戦しようとするとそういった人たちが、出てきますが、塾生たちには、こうした声に負けないで、果敢にチャレンジしていってほしいと思います。

今後について
今後につきましては、支援者や民主党16区、県連の方達と良く話し合いながら、決めていくつもりです。水曜日より、これまで1年8ヶ月毎日続けてきた、 朝の駅頭立ちも再開しました。駅やキャンパスなどで見かけられましたら、お気軽に声をかけて下さい。

厚木市の選挙結果(定数3)
当 21,598 堀江則之 自民 現
当 17,131 小林常良 自民 新
当 9,678  山本裕子 神ネ 新
8,325  佐藤知一 民主 新
6,220  内海光雄 無所 新
3,597  半田竹美 共産 新
(確定得票)

【佐藤知一(さとう・ともかず)氏】
1970年厚木市生まれ。高校卒業後、ニュージーランドへ渡航し、少林寺拳法指導員として1年半過ごし、調理師 (板前さん)となり10年間を過ごす。厚木市議会議員選挙に出馬、2000年総合政策学部入学。2000年度SFCAWARD受賞、2001年度塾長奨励賞受賞。

2003年4月17日
(事務連絡)

統一地方選挙県議会議員選挙が終わりました。本当に多くの人々の助けを借りて、乗り切ることができました。他の陣営から比べれば、「おままごと」の様な選 対でしたが、対等に戦うことができました。
これもみなさまのおかげです。
結果は、御承知の通り、8325票(得票率12.5%)をいただきましたが、神奈川ネットワーク運動の山本ゆう子候補の9678票(得票率14.5%)に 1300票程届かず、次点に終わりました。
今後につきましては、支援者や民主党16区、県連の方達と良く話し合いながら、決めていくつもりです。水曜日より、朝の駅頭立ちも再開しました。駅などで 見かけられましたら、お気軽に声をかけて下さい。今後ともよろしくお願いいたします。
追伸: 本日、慶大日吉校地に健康診断にいって参りました。特に問題はありませんでした。

2003年4月3日
いよいよ、明日は、統一地方選挙県議会議員選挙告示です。多いとは言えないボランティアの方々には、本当に頭が下がります。私は「がんばる」としか言えま せんが、期待に応える様にしたいです。
本日は、本厚木駅北口にて、夕方より、松沢成文さんとともに駅頭演説を行いました。ともに力をあわせて県政を変えていきたいです。
実は、公職選挙法上、告示後のHP更新ができないので、次の更新は、選挙が終わった後になります。ご了承ください。
ー先日、お手紙をくれた方へー
私は、いろいろな方より、メールやお手紙での励ましをいただきます。先日、匿名の方より、お葉書を頂きました。内容については「私は20代で、朝の駅頭で 佐藤さんを見ると元気が出て、今日も一日がんばるぞといった思いになる」と言う感じで始まるものでした。しかしながら、「父親と佐藤さんの話になり、父親は『市議に落ちて、何が県議だ。ただ、議員になりたいだけなんだろう』といい、私は納得いきませんので、それについての反論を書いてほしい」と続いていま した。
なぜ県議なのか、と言う疑問につきましては、僭越ながら、潰れる寸前の神奈川県政を私が「この人なら安心して任せられる」と思える人がいないからです。民 主党のある人から、お誘いを受けたことが直接的なきっかけですが、このままでは、私の投票したい人がいないし、事実上の出来レース、事実上の無投票ということは避けなければならないとも思いました。私も共に行動(しがらみ一掃キャンペーン)を起こしている、横浜市長の中田宏さんは、きちんとした候補者が責 任をもって立つことにより、民主主義が担保させるとの主旨の発言をされていました。私達のような若い世代が、もっと、積極的に責任を持たなかればならないとも考えました。中田市長は、自らを「責任世代」と言いましたが、私達、20代、30代もやはり「責任世代」です。
私に手紙をくれた方は、「佐藤さんを父親からこのように言われて悔しい」と書いてくれました。そして、「このままじゃ、悔しいのでホームページ上で書いて 下さい」との主旨で書かれていました。しかしながら、私がいくら弁明をしたり、理由付けをしても、あなたのお父さんに対しては、おそらく説得力を持ちません。いま、必要なのは、私達、ひとりひとりが、「独りよがりだ」「パフォーマンスだ」と言われても、勇気を振り絞ってチャレンジしていくことです。時に は、私達若い世代が、上の世代や下の世代の見本と成るべき行動を起こすことも必要です。
もう一度言います。今の私が出来ることは、この場で弁明することではなくて、結果を残すことだと思っています。そして、お手紙をくれた方も、政治に限ら ず、何かに挑戦して下さい。そうすれば、あなたのお父さんの考えもかわることでしょう。
前述の理由(公職選挙法)により、書いている時間がなくなってきました。他に何かありましたら、非通知でも、構いませんから、お電話いただければ幸いで す。非通知のかけ方は、「184-070-5379-7489」で、かければ私の電話に番号は表示されません。それでは、また、お手紙か、メールをいただければ思います。

2003年3月28日
先日26日は、本厚木駅頭にて早朝の6時半から、午後5時まで本厚木駅北口にて東海大学と慶応大学、筑波大学などの学生達と一緒に駅頭キャンペーンを行い ました。献血車と一緒になり、お邪魔かなと思いつつの駅頭でしたが、午後4時半頃、私とボランティアの学生数人で献血に向かうと中では、とても暖かく迎えて頂き気分よく献血を行いました。
ちなみに私の献血回数は、この日で128回目となりました。
いよいよ、統一地方選挙も始まりました。がんばりますよー。応援して下さい。

2003年3月26日
←(タウンニュース3月21日号記事転載)

2003年3月23日
ー告知ー
本日、午後一時より、本厚木駅北口にて駅頭を行う予定です。 学生達と松沢しげふみさんを応援するボランティアとの合同です。

2003年3月22日

佐藤知一事務所できました。ーアクセスMAPー

ここ数日は、厚木中をまわり、ボランティアの人たちにポスティングをしていただいている間、辻立ちを数カ所で繰り返し行っています。明日も駅立ちの後で、 行う予定です。事務所もやっと、選挙事務所らしくなってきました。

2003年3月14日

タウン ニュース(厚木版)3月14日号より、記事転載。

タウンニュー ス(厚木版)3月7日号より、記事転載。

2003年3月14日
前回記述の松沢さんとの朝の駅頭は、タウンニュースでの告知もあって、盛況でした。朝の6時半から8時30分までの予定でしたが、15分程、よけいに行 いました。私と松沢さんに栄養ドリンクを持って応援に駆け付けてくれた S藤さんをはじめ、皆さんありがとうございました。

2003年3月6日
来週の水曜日の早朝駅頭は、松沢成文さんと一緒に行います。(明日のタウンニュースでも、告知してあります。)駅頭で、「来週は松沢成文さんと一緒に駅頭 をしまーす。」というと、心無しか反応が良いような気がしました。松沢さんと一緒に県政改革にがんばります。

2003年3月5日

おまけ写真@本厚木駅北口 (クリックで拡大/弁論部の内藤君が撮影)

 

2003年2月26日
NEW 松沢成文さんと一緒の写真報告:
民主党は、勝手連的に松沢さんを応援することになっています。佐藤知一も松沢さんと一緒にタッグを組んで、神奈川県政の建て直しにがんばります。

2003年2月26日
23日のイベントなどがあり、しばらく更新できませんでした。御心配をおかけいたしました。23日のパーティーも、たくさんの人にお越しいただきまして無 事に終えることができました。ありがとうございました。今回のパーティーの運営の一切は、慶大弁論部の部員にになっていただきました。本当に感謝しています。来賓として、お越しいただいた羽田孜議員(民主党最高顧問/元・内閣総理大臣)、斉藤勁 参院議員、田中慶秋 衆院議員、浅尾慶一郎 参院議員、ツル ネンマルテイ参院議院ほか、遠いところ、足を運んでいただきました。弁論部の青木先輩(東京都議)の挨拶は、勇気づけられました。
他にも、慶応大学の他の学生や東海大学、女子美術大学の学生など多くの人に感謝しています。他にも、ツルネン議員の秘書の真島さんをお使い立てしたり、失 礼も色々ありましたが、無事に終了しました。2次回も盛り上がりました。
下は、月刊佐藤3月号に載せるように書いたモノの下書きです。お見せできるようなモノではないですが、ちょっとだけ、公開します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
感謝の言葉とメッセージ
(いっしょに良い社会を創りましょう!)
・若い仲間たちへ
世の中、本当に理不尽なことばかりです。でも、だからと言って「不可能と思うことにはチャレンジしない。」「始める前から諦めてばかり。」こうした誘惑 に屈しないで下さい。私たちと一緒に、チャレンジを続けましょう。

・お年寄りの方たちへ「私たちに戦争の真実を語って下さい。」
今は亡き私の祖父は、過酷な戦闘地域だったトラック島からの帰還兵でした。「おじいちゃん子」の私でしたが、ひとつ心残りがあります。それは、祖父から 戦争の話を聞くことができなかったことです。きっと悲惨すぎて語れなかったのだと思いますが、残念です。かつての湾岸戦争のように、戦争は私たちにとって全く実感のないものとなりました。今だからこそ、歴史の証人として、私たちに平和の大切さと戦争の悲惨さを語ってほしいのです。

・未来に夢を持てない子ども達へ
私は小さい頃、将来は父親のような職人(調理師)になると決めていました。小学校の卒業文集にも担任から「立派に稼業を継いでね」と記されたほどです。 高校卒業後、十年以上調理師をつとめましたが、世の不条理に我慢できず政治家になろうと思いました。(今でも調理師への憧れはあります。)その後、「基礎から政治を学びたい」と考え、独学で受験し、30歳で大学生となりました。自ら命を絶つ子たちの記事を目にする度、やりきれなくなることも多いですが「失 敗しても何度でもやり直しのきく社会」を創っていくことを約束します。疲れたら立ち止まって休んでもいい。でも人生のリセットは無しですよ。

・障害を抱えた方たちへ
これまで私は障害を持つ人々から、多くの勇気をもらいました。
幼少時、私の家族は職人さんを合わせると10人以上の大所帯でした。みんなが仕事で忙しい時に私を見てくれたのは、知的障害を負った叔母でした。私は彼 女にオムツも替えてもらったそうです。障害を抱えた人にオムツを替えてもらった経験を持つ人間は、私以外にそうはいないはずです。亡き叔母は、私の大きな誇りです。いつも笑顔を絶やさず、前向きな彼女から私は多くのことを教えてもらいました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2003年2月13日
新しく、写真をアップしました。

本厚木駅での早朝演説の写真: http://web.sfc.keio.ac.jp/~s00452ts/ekitou-higashiguchi/ekitou-poto.html

ツルネン議員、田中康夫知事との写真: http://web.sfc.keio.ac.jp/~s00452ts/with-tsuru/with-tsuru.html

「神奈川県PFI事業」視察写真報告: http://web.sfc.keio.ac.jp/~s00452ts/pfi/pfi.html

2003年2月13日
しばらくぶりの更新で、申し訳ありませんでした。2月11日に行われました 民主党 神奈川第16区総支部総会において、佐藤知一は、「民主党 神奈川県  第16区総支部 副代表」に選出され承認を受けました。
ー ただいま、厚木市は厚木市長選挙の真最中です。次の日曜日(16日)に投開票されます。選挙の告示から投票日までは、公職選挙法の制限があるため、続 けて参りました早朝駅頭活動を休んでおります。17日より再開いたします。

2003年2月3日
本日の早朝駅頭は、愛甲石田駅前でした。次の日曜日から市長選があるため、その前哨戦で毎日たいへんです。本当は、私の駅頭は休んでも(休んだ方 が???)良いのかも知れませんけど、一年半を過ぎて、声をかけてくれる人も徐々に増え始めてきた矢先なので、止める訳にはいきませんね。表紙の「2月の予定」にも記してある通り、水曜日は加藤ゼミの発表のためお休みさせて頂きます。場所が伊豆高原なんですよねー。朝4時起きで出かけなきゃ。でも、よりに よって冬の伊豆高原なんて、しかも日帰り。トホホ。

2003年2月2日
夜中に学校に来て、最後のレポートの提出を終えました。実は、終わっていたと思っていた曾根ゼミのレポート提出が終わっていませんでした。理由は情報の 欠落により、私のところにレポートの知らせが伝わっていなかったということでしたが、何とか終了。先日も田中康夫知事とのお昼御飯を優先して、ティースマイヤ教授の試験を受けなかったことは、ここでも記しましたが、その後、先生からメールで呼び出しを受けまして追試を受けさせて頂くことになりました。こち らも無事に終了しました。単位取得については、入学以来好調を維持し続けています。この勢いを次の選挙につなげたいですねー。

2003年2月1日
今日からは、もう2月ですね。時間が経つのは本当に光よりも早いですね。
昨日は、新横浜プリンスホテルにて、ツルネンマルテイ議員の新春の集いがありました。ので、出席をして参りました。ツルネンさんは、羽織に袴というスタイ ルでした。私はというといつものスタイル。カジュアルなズボンにワイシャツにネクタイ、そして赤ジャンバー。。。。 ツルネン議員の第一秘書をやっている真島さんに「遅れそうなんで、いつもの格好で大丈夫かな???」と聞くと全く問題ないとの答えだったので、安心していったら、チョッピリ浮いていました、 慌てて赤ジャンバーを脱いだのは、言うまでもありません。議員になる迄のツルネンさんのパーティーはもう少しカジュアルだった気もしますが、やはり、現職となると集まる人も違うのでしょうか?
奥様の幸子さんや娘さんのアイリちゃんや息子さんのタピオ君も来ていました。タピオ君は、カメラマンとして頼もしく動き回っていたし、始めてあった頃のやんちゃな感じは消えていました。アイリちゃんは、ドレスアップしてとっても綺麗でした。
先ほどの真島さんは、私のホームページを毎日チェックしているとのことで、持参した『慶應キャンパス新聞』の記事のことも知っておられました。真島さんと は、歳も同じで仲良くしてもらっています。でも、私のホームページのチェックを毎日してくれているとは驚きです。ちょっと、プレッシャーだったりでして…。 「真島さーん、見てるー??? ちゃんと仕事もしてくださいねー。」
それと、この前日の30日には、慶応大学弁論部の政治家のOB達が10人程が日本橋に集まって、今後のことについて語り合いました。私も偉い先輩方のテー ブルの端の方に加えて頂きました。今月の23日に予定されているパーティーにも来て頂けるとのお返事を諸先輩がたから頂きました。「調布の奇跡」と呼ばれた長友貴樹・長府市長や松下政経塾出身で、いつも私を弟のように可愛がって頂いている前田雄吉衆議院議員などです。ただ、非常に残念ながら、民主党16区 設立のパーティーと言うことで、自民党の先輩にはお誘いづらかったです(笑)。でも、きちんとお誘いしておきましたが、どうでしょう??? 私は一向に構わないと思いますが、他の方は構うのでしょうか。

2003年1月28日
インターネットでも『慶應キャンパス新聞』の佐藤の記事は、御覧になれます。
『慶應キャンパス新聞』
『慶應キャ ンパス新聞』佐藤の特集記事

2003年1月28日
以前、早朝の駅頭活動を取材していただいた『慶應キャンパス新聞』に私の記事が出た様です。 実は、未だに読んでいないのですが、後輩より以下のようなメールが来ましたので、氏名の部分を変えて、転載しました。TM君、ありがとう。
ーーー以下、メール転載ーーー
> Subject: [benron-bu] 慶應キャンパス新聞

> 佐藤さんへ 弁論部の皆さんへ
>  TMです。お久しぶりです。テスト中のお忙しい時に失礼します。
>  もうどなたかが確保してくださっているのかもしれませんが、今日日吉キャンパス
> で『慶應キャンパス』を見つけました。佐藤さんの記事は裏一面を半分ほど割いて掲
> 載されており、写真はカラーで映りも非常に良かったです(決して写真写りは良いっ
> て意味ではありませんので笑)。冗談でなく、本当にかっこよかったです。心配され
> ておられた弁論部についての記載ですが、「弁論部で鍛えた演説力だが…」「弁論部
> の後輩やゼミのメンバーとの議論が佐藤君の視野を広げ、相手を思う謙虚さを育て
> た。」とあり、宣伝の方もばっちりのようです笑。一応、私の方で20部ほど確保して
> おきましたので、後日お渡しいたします。
>  記事の最後は「SFC創設から十年余、ついに塾生から、政策の実践者たる人材が
> 現れるか。」と締められていました。頑張ってください!!!
>  あと、3面には先日の慶應義塾演説大会の模様が掲載されていました。まさに弁論
> 部づくしの慶キャンでした。
>  テスト頑張ります。皆さんも頑張ってください。それでは、失礼しました。
>                    慶應義塾大学弁論部  TM

2003年1月24日
ただいま、二つ目の試験が終わりました。ITを使ったマーケティングで有名な桑原武夫先生の「マーケティング」と私の師匠とも言うべき地方政府の政策イノ ベーション研究の片岡正昭先生の「地方政府論」です。勉強不足でしたが、無事にこなせました。これから(2時40分からの)、地球設計論を残すのみです。
今日も通常通り、6時半から9時まで早朝の駅頭(本厚木駅東口)をこなしてきましたが、今朝は本当に寒くて風が冷たかったですね。途中で倒れるかと思いま した(笑)。 また、8時半頃から「台風か?」と思うくらい風も強くなりホント大変でした。

2003年1月23日
今日、明日と試験があります。本日(先ほど)終わりました試験は、「予算編成論」でした。いつも可愛がっていただいている加藤秀樹教授の教科ですが、実の 所、あまり授業に出席は出来ませんでした。出席率がめちゃめちゃ低かったです。(夕方からの加藤研究会(ゼミ)の出席率は高かったのですが。)。 一応(笑)、政治家ですので、「予算編成論」の試験は何も勉強しなくても大丈夫だろうとタカをくくっていたのですが、国政の予算編成に関してのものだったの で、実は少々手こずりました。あまりにヒドイと「あいつも口ばっかりだったなぁ」と加藤先生に言われそうで、ちょっぴり恐かったです(苦笑)。一時間制限のテストで、時間一杯かかりましたが、きちんとこなせました。古い記憶を脳みそから絞り出しつつの解答(解凍?)でした。でも、「A評価」でしょう、きっ と。(脳天気ですねー。)
明日は、早朝の駅頭(本厚木駅東口)をこなした後、学校へいって三教科のテストが待っています。レポートも総べて挙がったし、明日のテスト3つが終れば、 あとは政治活動だー!。

2003年1月21日
本日は、本厚木駅南口での駅頭でした。他の方(市長選)もいらっしゃいましたが、私が6時半から9時まで、マイクを使わせていただきました。選挙戦も近付 き盛り上がってきているようで、本日も「頑張れよ」とか「頑張ってね、応援しているわ」とか、小声でささやいて私の前を通り過ぎていかれた方も4、5人、いらっしゃいました。大きな声での応援も嬉しいですが、こういうのも悪くないですね。

2003年1月17日
田中康夫さんの名刺アップしました。3枚いただきました。
上から「(スキー王国NaGano 編)長野県知事の名刺」「(「脱ダム」宣言 編)長野県知事の名刺」「プライベートの田中康夫さんの名刺」となっております。(事故防止のためプライベートの名刺は、住所、電話や携帯番号など連絡先を隠してあります。)田中康夫さんの名刺
田中知事との写真は、のち程、アップします。

「慶応義塾大学 公式季刊誌『塾』 2003年冬号 no.237」
に佐藤知一が大きく取り上げられました。 仮にアップしておきます。

2003年1月16日
本日は、長野県知事の田中康夫さんが、うちの授業にゲストスピーカーとしていらっしゃいました。加藤秀樹教授が、気を利かせていただきまして、私のボロ車 で、田中知事の送迎をしました。田中知事は、小田急線を使って湘南台まで、一人でいらっしゃいました。車の中は、私と『天下の(?)田中康夫知事』。
う~ん。
講議を終えた後、加藤秀樹教授と私を含めた加藤ゼミのメンバー数人で、昼食を食べ、コーヒーを飲みました。うわさの名刺も3種類もいただきましたので、今 度、アップします。
先程、湘南台駅まで送って参りました。
でも、そのおかげで、ティースマイヤ教授の「開発とローカリズム」の期末テストを受けられませんでした。言い訳きかないですよね。まー、しょうがない。

 

2002年3月30日

28日、29日と「竹中平蔵研究会」の箱根での合宿に参加してきました。「きのくにや」という由緒のある旅館で、竹中研究会は毎年、ここで合宿を行っている様です。もちろん、今年は竹中先生はいらっしゃいませんでした。しかしながら、研究会(ゼミ)の学生は私の想像以上に優秀で、経済についての基本をきちんとマスターしており、芯の通った議論を行っていました。既に卒業後は、エコノミストの職や金融関係への就職が が決まっている学生もいました。皆、エコノミストの卵といったところでしょうか。私が一人で、この議論をかき回していたような気もします(笑)。私もゼミ生の一人として、精進しますよ。

 

2002年3月27日

近ごろは、また寒さがぶり返してきましたね。本日の早朝の駅頭立ちもコート無しで行いましたが、六時半に開始した時には止んでいた雨が途中から降り出してきまして、ちょっと寒かったです。途中からは、傘をさしながらのスピーチとなりましたが、8時を過ぎまして「乾電池」のパワーが無くなりはじめ、集中がちょっとだけ途切れました。それにしても今日の朝は、日能研のカバンを背負った小学生がとても多かったです。模擬試験でもあったのでしょうか? みんな賢そうでした(冷汗)。それと、ジャージを着た中学生の男女も多かったです。バスケかバレーの試合(大会?)でもあったのでしょうか? 傘を持たずに歩いている児童や生徒も少なからずいましたが、帰りは大丈夫だったのでしょうか? 心配です。
本日は、この駅頭の後、10時半から厚木の「グループホーム たすけあい・ひまわり」の総会に出席しました。厳密にいうとメンバーではないのですが、ここ五、六年程、ミーティングや行事等に呼ばれて参加させて頂いております。介護保険も始まり、問題も山積みです。この後、大学に来て、今に至っています。大学では「片岡研究会」のメンバーが、慶應義塾・塾長奨励賞の受賞祝いをしてくれました。本当は桜を見ながら酒を飲むはずでしたが、雨のため池の横にあるラウンジで行いました。みんな、優しく良い仲間です。竹中平蔵研究会の箱根での合宿です。経済は苦手なので、ちょっと心配です。ちなみに以前、説明致しました通り、竹中先生は、現在、大臣の職にあるため研究会は、学生と先生とOBの力により、運営が継続されています。竹中先生は大学から給料などは一切、支給されていません。

 

2002年3月26日

先週の土曜日(23日)に慶応義塾・塾長奨励賞の授賞式とレセプションがありました。塾長賞二名、塾長奨励賞四名の計六名でした。医学関連での世界初の発見などと交じっての表彰ということで、非常に嬉しく思っています。また、当日は私を推薦人として強く推して頂き、私の研究やフィールドワークを高く評価して頂いている片岡正昭先生もわざわざ私の為に足を運んで頂きました。明日には片岡研究会の皆と共に受賞祝いをして頂けるとの事で非常に嬉しく思っています。
詳細な御報告や写真につきましては、のち程アップします。

 

2002年3月21日

3月18・19・20日と3日間にわたって行われた弁論部合宿に参加してきました。例によって、朝から晩まで議論しっぱなしという非常に「アツイ」3日間でした。彼らと議論・討論していると日本の若者もまだまだ捨てたモノではないと強く思います。今年は、例年以上にサクラの開花時期が早いそうですが、陽気の暖かさにつられて、景気も暖まってくれれば良いのですが…。来週は、竹中平蔵研究会の合宿が28・29日の二日間にわたって行われます。どちらかというと経済が苦手な私は、少しだけ不安になってます。合宿中は、朝の駅頭演説を休むことになりますが、どうぞ御理解ください。
佐藤の履修する研究会(ゼミ)シラバス  本日UP

 

2002年3月17日

明日から、3日間、弁論部合宿に出かけます。朝から晩まで若い世代(18から22歳の学生)と共に青臭い議論を行うことになります。これも非常に新鮮で愉しみです。なお、月刊佐藤3月号にもお知らせしましたが、来週は竹中平蔵研究会の合宿があります。お忙しいので、大臣自らの参加は無いでしょうが、こちらも愉しみにしています。(でも、経済分析とかは、あまり得意でないので、ちょっとだけ不安です<笑>)

 

2002年3月10日

何となく、昼間は既に春の陽気となりましたが、朝晩が冷えますね。ただ今、午前0時をまわりました。実は今、大学にいます。そろそろ、帰ります。春休みのど真ん中で、しかも真夜中なのに うちのキャンパスにはチラホラと学生がうろついています。以前もお話いたしましたとおり、うちの学校は24時間OPENとなっているので、時間の制約を受けることなく研究に打ち込める環境となっています。休日の夜中のキャンパスは静かで集中できるので結構好きです。それにインターネットのアクセスも早くて快適です。 しかしながら、現在の私は、平日の毎日、朝の五時に起床をして六時半から駅頭に立っているので、いつもなら、そろそろ寝る時間です。明日(既に今日)は、朝の駅頭が無いので、つい長くいてしまいました。さて、それでは、そろそろ家に帰るとしましょうか。おやすみなさい。

 

2002年3月9日

昨日の駅頭の早朝スピーチは辛かったです。急に寒くなったからか、花粉のせいなのかは不明ですが、マイク片手に話していても鼻水は出てくるは、同時に鼻は詰まる(しかも両方の鼻)は、でハンカチを片手に2時間話しました。自分で聞いていても見事に鼻声でした。ちょっと情けなかった…(泣)。8時を過ぎて、女性の方が「月刊佐藤」を受け取りに私のところへ来られた時も握手するのを ちょっとためらいました。鼻水が止まらないのですから…(笑)。私は、花粉症ではないと思っていたのですが、花粉症になってしまったとしたら、どうしましょう。また、あの酷い鼻声でスピーチをすることになるのでしょうか?困ったモノです。

 

2002年3月6日

受賞が決まりましてから、どのような活動を行っていたのかの詳細を問うメールなどを多く頂きましたので、私が提出した「平成13年度 塾長賞 推薦事由書」を添付しました。

佐藤知一・平成13年度 塾長賞 推薦事由書
ココをクリック(2002年3月6日UP)

 

2002年3月4日

慶応義塾の関係者の方々のお力添えがあり、塾長奨励賞を受賞することが出来ました。
ここに御礼を申し上げます。
昨年頂いた「SFC賞」に続いての慶應義塾からの受賞となりますが、今回の塾長奨励賞のほうが、数段上と聞き少々戸惑っています。この知らせは、本日(先程)、郵送にて知りました。塾長賞は、何かの発見など「特大一発」の功績に贈られるのに対して、塾長奨励賞は、昨年この賞を受賞した「SFC★MODE」のように長く地道な活動に対しての表彰であると伺っています。それだけに とても嬉しく感じています。
受賞理由は、スリランカにおけるNGO活動ですが、大学関係者の皆様の御指導のもとに行った自治体レベルでの政策イノベーション研究が、私の現地でのNGO(現地では、既にNPO)活動方針に影響を与えたことは、論を待ちません。 また、現地での活動の為に研究会活動(ゼミ)に穴をあけるなど皆様にも御迷惑もお掛け致しました。今回の受賞は、佐藤知一の名前で行われますが、皆様の御協力なしに、この受賞は有り得なかったと考えています。
以下は、今回、私を塾長賞へ強く推薦して頂いた片岡先生からのメールです。(私を含めた研究会(ゼミ)の学生やOBに対して送付されたメールです。)先生に喜んで頂くことが出来、私も嬉しいです。

> From: Masaaki Kataoka
> Subject: 佐藤知一君 塾長奨励賞受賞決定!!
> Cc: kataoka-×××-obg@sfc.keio.ac.jp

> 皆さん:
> 特大ニュースです!!!
> 研究プロジェクト1の佐藤知一君に栄えある塾長奨励賞の受賞が決定
> しました。受賞理由は、スリランカにおけるNGO活動です。研究プロ
> ジェクト1の人は、春学期にスリランカのヨーグルトを食べたと思い
> ますが、その時の活動が認められたものです。

> 佐藤君には心からお祝いを申し上げます。
> 今年は春から縁起がいいぞ!!

> 皆さん、早速お祝いのパーティーを盛大にやりましょう!!
> 3年生の人は就職活動できついかも知れませんが、夜なら大丈夫です
> よね? 高濱君はパーティーを企画できますか?

> 佐藤知一君、万歳! 万歳! 万歳!

 

2002年3月4日

本日、項目が増えて見にくくなった表紙を整理統合してみました。しかしながら、センスの悪さが目立ちますねぇ。一度、じっくりと腰を据えて作り直しますので、それまで勘弁して下さい。

 

2002年3月1日

月初めの金曜日ということで今日の駅頭は、本厚木駅東口での「月刊佐藤」配付をしました。通常は、朝6:30から8時半迄なのですが、受け取りの反応も何となく良かったので、9時迄延長しておこないました。 日に日に暖かくなってきますね。もうすでにコートを着ている人の方が、少ない感じがしました。一方、気候が緩みはじめると”花粉”の量も増えるのか、花粉症予防のマスクをしている人も非常に多かったですね。凍えるような寒さが去っても、花粉症の人にとっては辛い時期の到来の様です。御用心を。
明日は、弁論部のOBの方々と我々現役部員とで昼食会を開きます。 場所は、東京・八重洲と少しばかり遠いですが、普段よりお世話をかけている手前、喜んで参加させていただくことにしました。愉しみです。

 

2002年2月25日

3月31日投開票の横浜市長選に、神奈川8区選出の中田宏代議士(37)=無所属の会=が24日、立候補の意思を明らかにしました。今週中にも正式に立候補表明するということで、ホームページ上でも正式な出馬表明は今のところしていません。しかしながら、24日、横浜市内で記者会見した中田氏は「政党相乗りで市民の選択肢を奪うことは許されない。声なき声を信じて訴えかけたい」と非政党の立場で戦う決意を語ったということから、出馬は濃厚の様です。慶応大学弁論部OBで私をとても可愛がって下さる方が、昨年まで中田代議士の秘書をされていた関係で、中田氏とは何度かお会いしお話をお伺いしたことがあります。私と中田氏とは直接的な関係は何もないですが、中田氏も朝の駅頭活動を毎日のように行ってきたと言います。また、政策においても非常に共感できるもので、陰ながら応援しています。
ただ今、過去の書き込みを頁をわけて表示する形式にしました。長い間、見づらくて済みませんでした。今後ももっと見やすいページにするように努力していきます。

 

2002年2月21日

近頃、朝の駅頭立ちの日程を変更してしまっています。昨日は、熱っぽかったので本厚木駅北口の駅頭立ちを休み、その分を本日行いました。もともと木曜日は、「予備日」としておいてあるので問題は無いのですが、先週の火曜日(南口の日)も休み木曜日にスライドしたところ、先日の火曜日に(きれいめな)女性の方より「先週、休んだでしょ?どうしたの?」と声をかけていただきました。昨年夏より毎日続けている朝の駅頭立ちですが、みなさんからも声をかけていただくことも多くなり、嬉しい限りです。 そうそう、朝の駅頭立ちでは、バレンタインのチョコ(もちろん、義理チョコですが…)を3つ程頂きました。曜日で立つところが違いますので、あまったチョコを頂いたという感じが強いのですが、とっても嬉しかったです。ありがとうございました。

先日の師団弁論大会写真報告できました

 

山本季司氏からの御手紙 UPしました

 

 

2002年2月17日

本日は、慶大弁論部の総会があるためキャンパスに来ています。若い学生とともに熱~い議論を交わすことができるのも、学生となったからこそできる醍醐味です。

 

2002年2月15日

昨日はバレンタインデーでしたが、みなさんの生活に「ドラマ」はあったでしょうか?(笑)。私は、昨日の2月14日、自衛隊 第一師団より声をかけていただき師団弁論大会に特別審査員として参加させていただきました。(毎年、慶應義塾弁論部から若干名が招待を受け、審査をさせていただいております。ちなみに第一師団とは、関東全域をカバーする非常に大きな組織だそうです。)昨日は、総勢21人の19歳から25歳の若い自衛官が熱弁を振るいました。通常の活動による熱い思いや自らの仕事に対する率直な不安などを直に聞くことができました。私も審査員の一人として1000人もの自衛官を前にコメントをさせていただきました。詳細につきましては、後ほど写真とともにお知らせいたします。

昨年の師団弁論大会体験記(中島君)

 

 

2002年2月12日

近頃、月曜日に祝日が集中しているので、本日は本厚木駅南口の予定を変更して愛甲石田駅にて朝の駅頭活動を行いました。予告なしの変更で申し訳ありません。明日は、予定通りに本厚木駅北口にて行います。本日の埋め合わせは、明後日の木曜日に(本厚木駅南口にて)行います。
いよいよ、冬期オリンピックも始まりました。まぁ、メダルの数は大いに越したことは無いですが、自国の選手をオンタイムで応援できる楽しさは、何ものにも代えられませんね。

 

2002年2月7日

「月刊佐藤ver.2.0」2002年2月号について、メールにて以下のような、ご指摘がございました。愛甲石田駅にて受け取られた方の様です。私どもの発行したフリーペーパー(「月刊佐藤ver.2.0」)に対してメールを打って頂くことは、編集部にとりましても、非常に嬉いものとなっています。ありがとうございました。
—–以下、メール内容———————–
Subject: 愛甲石田駅
はじめまして

月刊佐藤拝見しています。1点ご提案です。Ver.2.0 裏面右下に「啓蒙」とあります。聞いた話ですが、「蒙」は「蒙古」を指し、「啓蒙」とは「蒙古に教えてやる」が語源だそうです。人種偏見的な感じがありますので、私たちは「啓発」という語を使用しています。

(筆者注:メールでは、氏名を載せておられましたが、ここでは、氏名を伏せさせていただきます。)
—–以上、メール内容———————–

このメールに対し、佐藤は、以下のようにお答えしました。
(××○○)様
ご指摘ありがとうございます。
また、お返事が遅れまして申し訳ありませんでした。
ご指摘いただきました部分につきましては、
文中にもございます通り、他者から配信され
私のところに届いた文章を引用した上で転載いたしました。
しかしながら、私自身もこの「啓蒙」という
言葉を度々使用しておりますので、(××○○)様の
ご指摘の通り、今後、意識をして「啓発」と言う
言葉に置き換えて使用していくつもりでいます。

今後も何かございましたら、バシバシと指摘をして下さい。
ありがとうございました。
佐藤知一

※今月号の「月刊佐藤ver.2.0」では、“The Global Village”「100人の村」「100人の小泉村」を部分転載してありまして、ご指摘を受けたのは、「100人の小泉村」のところでしたので、(修正しても意味するところが変わらないと判断し)修正させていただきました。

 

2002年2月2日

昨日は、厚木三田会の新年最初の総会(?)に呼ばれて参加致しました。当日は、現職の議員の方達も出席されていました。三田会と言うのは、慶応大学のOB会のことですが、私は、現役の学生であるにも関わらず、年齢がいっていると言うことで、特別に厚木三田会に入れていただきました。(慶應義塾弁論部のOB会組織であるエルゴー会にも昨年から特別に入れて頂いておりまして、とっても親切にして頂いております。)学生でありながら、OBのような存在でも、皆さんは非常に暖かく接してくれていました。有り難いことです。

 

2002年2月1日

早いモノで、もう2002年2月です。時間が経つのは、光の速さより速いのかも知れません。
ホームページの大幅な更新とか、支持者まわりとか、やらなくちゃいけないことが沢山あるのですが、忙しさにかまけて中々、実行できません。それでも、毎月、配付している「月刊佐藤ver.2.0」だけは、しっかりと作成して皆さんに見てもらわなくてはと思っています。昨日、一生懸命に「月刊佐藤ver.2.0」の版を作成し、昨日の深夜、印刷しました。内容は、ホームページにも1月28日にアップした”The Global Village”「100人の村」「100人の小泉村」の特集です。ふだん何気なく、漠然と考えていることも数字で言われると説得力もあり、「はっ」とさせられるものです。「100人の村」については、(このサイトにアクセスされている方は特に)MLなどで、何度もまわってきて閉口されている方もいると思いますが、いろんな方に伺うとまだまだ、御存じでない人もいらっしゃるようなので、特集しました。来月号は、慶大弁論部の大先輩から頂いたお手紙を「投稿」の形で載せるつもりです。非常に良いと思える内容ですので、御期待下さい。本日は、本厚木駅東口での配付でした。毎月、内容を変えて月刊で配付しているのですが、「ありがとう。でも、先月もらったから」と言われた方が、ひとりいらっしゃいました。配布中で、説明が出来ませんでした。ちょっとだけ、もどかしかった。でも、受け取ってくれる方も何となく固定してきて、お顔も覚えてきました。また、本日は、わざわざ戻ってきて受け取ってくれる方もいらっしゃいました。非常に気分が良かったです。昨年8月に、駅頭活動を再開した時は、毎朝起きるのがちょっと辛い日もありましたが、最近では、気分よく起きられます。「さぁ、やるぞ!」って感じです。(笑) 次回(月曜日)は、愛甲石田駅です。よろしくお願いいたします。

 

2002年1月28日

ひさしぶりの書き込みとなりました。試験期間中です。学生の身分ということで、お許しください。さて、本日は愛甲石田駅にて駅頭を行いました。試験期間中でも朝の駅頭はできるだけ続けています。ただし、先週の水曜日は試験時間の都合上、20分程度早めに切り上げましたが…。昨日、海老名市の海老名国際交流の会の主催する新年会に出席しました。とはいっても、ひとり一品づつ持ち寄るスタイルの手づくりのパーティーです。毎年、お声をかけて頂き出席をしていますが、今年も様々な外国の人とそれをサポートする方々とお話でき、非常に有意義でした。

“The Global Village”「100人の村」「100人の小泉村」 UPしました。
http://www.sfc.keio.ac.jp/~s00452ts/global-village.html

 

2002年1月23日

いよいよ試験週間も本格的に始まって大学の校舎内も閑散として参りました。本日の早朝駅頭活動も試験があるため、8時20分までと通常より10分間、早く切り上げさせて頂きました。さて、試験勉強を少し、がんばるか。

 

2002年1月22日

私が大学生になって良かったと思うことの一つに下記にも記したような講演を無料で聴講できることがあります。(実際は授業料を払っているので完全に無料とは言えませんが…) 昨日は、大学にも講師として来られている青島健太さんでした。彼は大学の先輩で、社会人野球を経て27歳でプロ野球に入団しました。決してレギュラー定着はしませんでしたが、インパクトのある選手であったと記憶しています。(プロ野球史上22人目の初打席初本塁打を記録) しかしながら、五年でプロ野球を退団し御苦労をされた話は、私にとっても他人事とは思えず、非常に感激しました。本日は、八木研究会の秋学期最終日と言うことで、この後でレセプションがあります。ちょっとだけ、愉しみです。

 

2002年1月20日

今日は、試験中ということで日曜日にも関わらず、人がけっこういます。ということで、ただ今、学校にいます。社会人を経て大学に入ると得するなと思うことは、たくさんありますが、一つは、幅広い世代の人たちと青くさい議論ができることと学内にくる有名人の講議を無料で受けることが可能なことです。昨年の暮れから新年にかけても「ユニクロの社長(柳井正さん)」「宮沢喜一元首相」「YAHOO!の孫正義さん」「自民党 麻生太郎さん」とか非常に多才です。2日前の金曜日には、ジャーナリストの野中ともよさんのお話を聞くことができました。特におとといの場合は、試験中のため聴衆が非常に少なく講議時間が終わっても野中さんとひざを交えるような格好で、お話を伺うことができました。野中さんは非常に気さくな方で、思っていた以上に魅力的な女性でした。現在の肩書きは、ジャーナリストと日興フィナンシャル・インテリジェンス株式会社 理事長だそうですが、私としては、テレビ東京のWBS(ワールドビジネスサテライト)のキャスターのイメージが非常に強いです。当時、調理師をしていた私が、仕事が終わって帰宅すると11時から始まるWBSを愉しみに見ていたものでした。当時は野中さんがキャスターで、現在の竹中教授がコメンテーターで出演されていました。非常に懐かしい。
お話の最後に野中さんは、新しく金融知識普及のためのNPOを立ち上げるので学生の皆も協力してほしいとおっしゃっていました。ペイオフ解禁などを考えると受講についても非常にお勧めです。詳細は以下。
毎日新聞1月19日記事

金曜日のこの日は、6時から厚木市七沢の玉川商栄会の新年会があったため、本当は大学を5時には出なければならなかったのですが、(4時20分までの予定で行われた講演でしたが)野中ともよさんのお話が止まらず(笑)、時間を過ぎても残った学生達を前に金融と経済の必要性に熱弁を振るわれました。結果、お話は5時20分頃まで続き、私は30分の遅刻となりました。しかしながら、非常に大きな収穫となり感謝しています。その後の新年会も非常に楽しかったことも補足しておきます。

 

2002年1月17日

まずは、訂正から。
昨日の書き込みで、「高校入試があった様です」としましたが、良く考えてみるとこれは間違いで、恐らく「願書の出願」ですよね。リラックスしているのは、当たり前です(笑)。失礼しました。
そして、本題。7年前の本日(1995年1月17日 5時46分)阪神淡路大震災が起きました。マグニテュード7.2。 震災後、私もアフリカ向けの物資を急きょ目的変更し、クルマに積めるだけ積み込んで現地に向かいましたが、あの現状を思い出す度に胸が痛くなります。この話題については、項を改めますが、阪神淡路大震災の詳細なデータベースは、以下のとおり。(総務省消防庁)
阪神淡路大震災データベース

 

2002年1月16日

本日の早朝駅頭は、本厚木駅北口(正面口)でした。先週の水曜日は、横断歩道手前の場所で行いましたので、本日は、正面入口の右側にて行いました。本日は、比較的暖かかったせいか、受け取りも非常に良くて、4人の方に話し掛けられました。ミロードにお勤めで、いつも職場に「月刊佐藤」を置いて応援してくれているSさん。知的障害を負いながらも、毎日早くからペンキ屋さんの仕事に出かけるI君。彼の指先の爪は、落としきれなかったペンキで汚れていますが、彼の勲章です。そして同じく、知的障害を負いながらも休むことなく、毎日、学校に通うNさん。彼女は、いつも大きな声で「佐藤さん、がんばってね。」と声をかけてくれています。そして、いつもお見かけするのですが、今朝はじめて、声をかけて頂いた男性の方の4人でした。最後に記した男性の方は、大分県別府市出身のホームレスの方でした。普段の生活でも、自分自身の気持ちをぶつける所がないのか、私に対して、御自分の生い立ちから年齢や今の気持ちまで、全て話してくれました。不景気の波は、社会的に弱い人から順に安定した生活を奪ってゆきます。地方の政治家こそが、しっかりとした政策で活動して行かねばなりません。

そして、今日は高校入試があった様です。非常に多くの中学生たちとチェックする名簿を手にした先生方が、8時頃をピークに本厚木駅前に集合していました。先生は、遅刻している生徒の携帯や実家に電話をかけまくっていて、とっても大変そうでした。反対に生徒の方は、まるで人ごとのようにリラックスして見えました。私達の頃は、もう少しピリピリして受験会場に向かったような記憶がありますが…。今の時代の学校の先生は、ホントに大変そうです。

 

2002年1月15日

本日の早朝駅頭は、本厚木駅南口でした。駅に向かって左端のいつもの場所ではなくて、反対側にて「月刊佐藤ver.2.0 」1月号の配付を致しました。はじめは、はしっこの方で、配付していましたが、既に顔なじみとなったバス停の切符売りの方から大きな声で「そんな端っこで、やっていないで、もっと真ん中にきてやりなさいよ!」とはっぱをかけられました。お言葉に甘えて(?)、すぐさま真ん中に場所を移しました。こうした一言は、本当に身にしみて嬉しいモノです。

 

2002年1月14日

今日は、休日だと言うのにたくさんの学生が、7時近くになっても学校にいます。そろそろレポートや試験が気になるシーズンとなりました。私もがんばらねば…。
ーーー今年は、皆様からたくさんの年賀状を頂きました。お返事は出させて頂きましたが、遅れてしまった方には、この場をかりてお詫びします。さて、私の大学の同級生から「月刊佐藤」に写っている私の笑顔が良いと書いてありました。そういえば、愛甲石田駅前にいて、いつも切符を売っているWさんからも「佐藤君は、いつも笑顔で疲れないの?」と言われたことがありました。
そこで、少しばかり、笑顔の効用について書いてみます。私は、弁論大会や演説、プレゼンテーションなど人前で話をする前には必ず、かがみの前で、何度も意図的に笑顔をつくります。笑顔をつくると口の周りの筋肉の緊張が取れて体全体もリラックスするという話を聞いたからです。 昨年の暮れにもメジャーリーガーの長谷川滋利 投手がNHKの「ようこそ先輩」という番組に出ていましたが、その時、子ども達に「笑った顔」と「怒った顔」で二度走らせてタイムを計っていました。やはり、「笑った顔」で走った方が、はやかったんです。
みなさん、笑顔で暮らしましょう!

 

2002年1月14日

1月12日、慶應義塾演説大会が開催されました。
慶大弁論部公式ホームページには
「慶應義塾演説大会、開催される(平成13年1月13日掲示)
この度、慶應義塾大学弁論部は、昨年12月31日の世紀送迎大演説会を引き継ぎ、「演説」の作法に則り義塾社中の「意見交換の場」として、慶應義塾演説大会を開催致しました。 演説は、一般公募した5名の方々(塾生2名、塾員2名、教職員1名)により行われ、一人10分間の持ち時間と15分間の質疑応答時間で、伝統的な「演説」という「作法」に則って登壇して頂きました。また当日は、我が国演説発祥の地である会場の三田演説館に、70人を超える観覧のお客様を迎えることができました。
大会に参加された皆様、大変おつかれさまでした。また、当日はお忙しい中多数のお客様にご観覧頂き、誠にありがとうございました。」とあります。

当日の写真は、以下の通りです。
慶應義塾演説大会写真報告
佐藤も部員の一人として参加致しましたが(関係者一同の努力のかいあって)、来場者も当初の予想を上回り、盛況に終わりました。OBも多数参加頂き、逆に私が「佐藤君、がんばっているか?」励まされるという声もかけて頂きました。

 

2002年1月11日

本日は、本厚木駅東口での「月刊佐藤ver.2.0 」1月号の配付でした。本厚木駅の東口、北口(おもて)、南口と愛甲石田駅の歩道橋上とバス停前の五ケ所で、配付しているんですけど、ビラの受け取りが、非常に異なります。反応と受け取り率が一番いいのは、本厚木駅では、南口の受け取りが非常に良くて嬉しくなるのにくらべ、一番人の通る北口(おもて)は、なかなか受け取ってもらえない。愛甲石田駅は、歩道橋上とバス停前の双方共に受け取ってくれます。おそらく、人の流れが余りにも多いので「取る気になれない」ということでしょう。
それでも、どこの場所でも、声をかけて励ましてくれる方も少なからず居るわけで、本当に心強く感じています。自らが、失業されて非常に困っていた初老の男性が、スピーチの終わる8時半まで待ってて頂いて、暖かいコーヒーを差し入れて頂いたことも有りました。その後、彼から身の上のお話を伺っていても、やはり「このままじゃいけないんだ」との思いを強くいたしました。他にも、たくさんの方から、毎日、声をかけ、励まされています。本当に有り難いことです。私のスピーチの最中であっても、なにかございましたらためらわずに ぜひ、声をかけて下さい。

本日(1月11日)  月刊佐藤 ver.2.0 <テキスト版> 新春1月号 UPしました。

 

2002年1月8日

今日は、風が強いですね。早朝は、そんなに意識しませんでしたけど、校舎の窓から外を見るとタローツリー(南京なんとかという木です)が、風になびいて吹き飛ばされそうです。
さて、本日早朝は本厚木駅南口にて「月刊佐藤ver.2.0 」1月号の配付を致しました。昨日と同様、多くの人々に受け取って頂けました。昨日、お手伝いに来て頂いた弁論部の先輩は、「佐藤君の新聞は、比較的若い女性も受け取ってくれているね。そういうのって珍しいんじゃないの?」といっていました(彼はいくつかの選挙の手伝いもしているそうです。)。普段はあまり、性別や年齢は気にしないで配付しているのですが、(そういうこともあって)本日は、少し意識をしながら配付しました。本厚木駅南口は、北口や東口よりも多く受け取ってくれる所なので、いつも気分よく活動をするのですが、本日はみなさんの反応もとても良く、非常に気分良く出来ました。
先程、「性別や年齢は気にしないで配付している」と記しましたが、身体、知的を問わずハンディキャップを負っている方に対しては、足を止めて確実に受け取って頂けるように出来るだけ意識をしています。本日もなかなか思い通りにはならない手足を使って一生懸命に毎日通っている女性の方から、振り絞るような声で、でもハッキリと「佐藤さん、がんばって下さい。」と声をかけてもらいました。その後、ちょっとだけ目がウルウルときてしまいまして、恥ずかしかったです。最近、涙腺もゆるくなってきました。もうすぐ(今月12日の誕生日で)32歳の佐藤です。(笑)

 

2002年1月7日

本日から授業が始まりました。そして、朝の駅頭立ちも再開しました。青学をはじめ厚木の大学は、もう2、3日休みが続いているようで、学生は少なかったですが、天気もよく、慶大弁論部の先輩も(年下の先輩<笑>)応援に駆け付けてくれました。とはいえ、本日は、「月刊佐藤ver.2.0 」1月号の配付日でしたので、彼の演説の出番はありませんでしたケド…。彼はスーツで、私は青いカジュアルなコートという、いつものスタイルでしたので、間違いなく「間違われてしまう」ので、遠慮しました。(笑)大学の方も、短い正月休みでしたが懐かしい顔がそろって気分がいいです。
「月刊佐藤ver.2.0 」1月号は、近日中にアップ致します。

 

2002年1月4日

本日から、世間では「仕事始め」となりました。大学の授業は、7日からですが、グループワークのレポート提出日が近いことから、本日も学校に集まり学生たちと侃々諤々しています。課題は「今後の藤沢市の電子自治体」について分析をこれまでの電子自治体に於いての取り組みの分析をおこなうというものです。締め切り間近なので、少々焦りぎみですが、良いレポートを作成しようとメンバー全員でがんばっています。
駅頭での早朝活動は、来週月曜日から始める予定です。

 

2002年1月1日

明けましておめでとうございます。
21世紀最初の年がおわり、新しい年が始まりました。ニューヨークの同時多発テロそして狂牛病問題と想像さえしえなかったことがおこった昨年でした。現実は小説よりも不可思議です。私の地元でも知り合いの商店や企業が年越しを待たずに看板をおろしました。正月番組を見ていても目出たさもあまり感じられません。このままで良いはずもなく、我々若い世代にかかる期待と責任を感じずにはいられません。
本年も心新たにがんばりますので、皆様も何とぞ宜しくお願いいたします。

2003年1月14日
本日は、駅頭(本厚木駅南口)で「市民の党」の方たちと一緒になりました。市民の党の人たちは、いっぱい来ていたなぁ。混同するので、少しだけ、やりにくかったですね。民主党の場合は、私が「今まで、ずっと一人でやってきたので、朝の駅頭は一人で続けたい」といっているので、早朝は、恐らくバラバラにやります。(が、夕立ちとかは、他の候補者たちと一緒にやります。)これから選挙が近づくと皆さん大勢が、駅に立ちはじめますので、何となくやりにくくなります。これまでの様に自由にできないでしょう。でも、ダメでも何とかやり繰りして、続けますので応援して下さい。
いつも早朝から駅に立っていると、たまに缶コーヒーとか、飴とか、チョコレートとか頂いたりしますが、本日は、「リポビタンD」でした。「気合いを入れていけ!」と言う意味なのか「もっと、元気だしていけ!」と言う意味なのか? どうなんでしょう? それと「応援している」と言う電話も2件ありました。最近は、メールが多いのですけど、電話の方が(ちょっとだけ)、うれしいかも。
最近、学校をさぼりぎみなので、久しぶりに顔を出しました。八木ゼミと曽根ゼミでしたが、曽根ゼミの(1)の方では、「民主党に政策を作り売り付けるためには、どのようにすることが効果的か?」ということを時間を大幅にオーバーする程、熱心に議論していました。私がとっているのは(2)の方なので具体的な議論には加われませんでしたが、民主党と言うのは、やはり、そう言う存在なのでしょうね。ちなみに本日の曽根ゼミは、曽根先生がお休みで、彼の元教え子(ゼミ生)で、現在は上智大学で教鞭を取っている方が、代わりの指導教官としてお見えでした。バークレーか何処かのアメリカの大学院卒で、怒らせたら恐そうな、でも頭のキレそうな美しい女性の先生でした。でも、あの先生、いきなりゼミを始めて、名前も名乗らなかった(苦笑) 。なんて御名前なのか、気にかかります。

2003年1月13日
本日は、成人の日ですね。私は、通常よりも12年遅れて大学に来ましたので、私の年下のクラスメート達の多くが、本日、成人式を迎えています。おめでとうございます。これからは今まで以上に、社会人としての責任が問われて参ります。志を高く持って、一緒に日本を良くしていきましょう。
ちなみに私は、昨日をもって33歳となりました。プロフィールの年齢も先程、書き換えておきました。私の成人式(実は式は出ずに高校時代の同級生とともにディズニーランドに行っていた)もつい先日の様です。年月の経つのは、本当に早いモノです。

==

「月刊佐藤」<インターネット版> 2002年1月号 UP
==

2月23日開催「民主党神奈川16区総支部」設立パーティー案内  ゲスト:羽田孜議員(民主党最高顧問/元・内閣総理大臣)ほか

2003年1月11日
——————————————————————————————-
・1/8 玉川大学 曽野洋教授のゼミにてゲストスピーカーとして御呼びいただく。
・1/10 慶応キャンパス新聞会の取材を受ける。
——————————————————————————————-
1/8 曽野洋教授ゼミ(玉川大学)にてゲストスピーカーとしてお呼びいただきました。曽野ゼミは、「教育」について研究を続けているゼミです。佐藤のために1時限たっぷりと時間をお取り頂き、曽野教授をはじめ、ゼミの学生とともに非常に有意義な議論を交わすことが出来ました。
1/10 早朝の駅頭活動より、慶応キャンパス新聞会の記者の取材を受けました。その後、場所を本厚木駅東口より南口に移し、演説を行った後、取材を受けました。佐藤の記事は次号の慶応キャンパス新聞に載る予定です。また、以前、取材を受けました慶應義塾の季刊誌「塾」2002年冬号も今月中旬には発行される予定となっております。ここにも佐藤のインタヴュー記事が掲載されています。
乞う御期待!。

2003年1月10日
以前も告知いたしました「民主党神奈川県第16区総支部設立記念パーティー」(2月23日(日)15:00から開催予定)に羽田孜・民主党最高顧問がお見えになることとなりました。
当日の会費は2000円にて行います。どなたもお気軽に御参加くださいます様お願いいたします。なお当日は、斉藤勁参院議員、浅尾慶一郎参院議員、ツルネンマルテイ参院議員ほか、多くのゲストがおみえになります予定です。お気軽にご参加ください。

2003年1月7日
昨日、今日と早朝の駅頭立ちを再開しました。実は、半年程前から朝6時半から8時半で終わらずに9時過ぎまで、行っていました。本日は午後一時より、大学での発表があったので、9時30分に駅頭より帰り、10時半から12時過ぎまで地元商店を廻りました。昨日に引き続いてのものです。色々と励ましをいただき非常に感謝しております。今後とも宜しくお願いいたします。

2003年1月4日
あけましておめでとうございます。今年は、メールでの年賀状も増えてきて、返信が大変です。大阪など県外からも激励のメールをいただいております。直接的な面識もないまま、ホームページを通じて佐藤知一を理解していただき、応援をしていただけるということも珍しくなくなりました。(ナミさん、大阪からありがとう。ナミさんは、HP上からいつも応援していただいております。他のみなさんもありがとうございました。今年も宜しくお願いします。)
2月の厚木市長選挙、4月の県議会議員選挙(統一地方選挙)、7月の厚木市議会議員選挙、(そして恐らく衆議院議員選挙)と、今年の厚木市はオモイッキリ選挙YEARとなります。
特に専門分野も無く、得意分野は「選挙」と「特定の企業との癒着」というのでは、本当に問題です。地方議員も国会議員も選挙の時には、「きれいな街づくり」「行き届いた福祉」「お年寄りをいたわる社会」「バリアフリーの街づくり」と叫びまわります。しかし、イメージだけでなく 、財政や具体性に裏打ちされたモノでなければ「政策」になりませんし、実現も不可能です。がんばっていきましょう!

「政治を正すのは、志ある政治家と、良識ある有権者の共同作業である!」(故松下幸之助)

<インフォメーション>2月23日  午後3時から、 厚木アーバンホテル(小田急線本厚木駅より徒歩3分)2Fにて、神奈川16区設立パーティーを行います。(会費は2000円となっております。)ゲストには、斉藤つよし参議院議員、ツルネンマルテイ参議院議員を始め多数の方を予定いたしております。ふるって御参加ください。
※最後に 年末年始と大学のパソコンが使用できませんでしたため、ホームページの更新がおくれましたことをおわびいたします。

2002年12月24日
クリスマス・イブですね。本日は、厚木幼稚園の厚木教会にて行われるクリスマスイブのミサに出席してこようかと思います。クリスチャンでもなければ、何でもない私(ただの厚木幼稚園のOB)ですが、次回、御報告します。
皆様にとりまして、楽しいクリスマスとなりますように。

2002年12月24日
民主党の公認にて、来年の県議会議員選挙に出馬することが、新聞などに載り、多くの方々より、お声をいただいております。皆様に感謝いたしております。本当に嬉しいですが、より健全な政治を求めた戦いはこれからなので、喜びは後にとっておくことにします。
友人のUサンから、いつもながら面白いメールをいただきました。文面の通り何か(何?)あるといけませんので、仮名とします。

以下、メール転載文
佐藤くんへ
大変お久しぶりです

情報誌「タウンニュース」拝見しました

民主推薦とは意外!
また県議とは意外や意外!
まっ!もともとあった話ですよね。
————–
私事ですが今年やっと自分の会社を設立しました。
今も大手やら外圧やら固定観念やら既存の商慣習やらと戦っています
見えない敵と戦うって疲れますね!
でもいだいぶ慣れっこになりましたよ。
もともとこんな戦いは好きな方かな(笑)

でもこの辺の戦いは、私より佐藤くんの方が上手ですね。

自分の会社を設立して実感したことは、
後継者育成とか、2代目とか、後継ぎとかこんな言葉を感じている時点では
その事業はあまり良いとは思えません。
収益を上げる事業として、「後継ぎ」で成り立つほど甘く無いと言うことです。
大きな意味で「一事業一代」って感じかな。
——————–
このメールもいずれ「佐藤先生へ」となる日を楽しみにしています。
駅立ちも寒い時季になってきましたがあともう少しでしょうか?
が、佐藤くんのことですからもしかして一生のライフワークかな

では、では
キャッシュフローゲームやりましょうね
merry christmas with love and peace

2002年12月22日
2002/12/20発行の慶應義塾湘南藤沢キャンパスの機関誌「SFC-CLIP」に私の記事が、トップニュースで取りあげられました。内容は、以下の通りです。

◆◆◆NEWS/ニュース
———————————————————————-
[01] 佐藤知一氏(総3)県議会選挙に出馬 -次回衆議院選挙に折田氏も
●佐藤和一氏 http://web.sfc.keio.ac.jp/~s00452ts/
●おりた明子氏 http://www.akiko-orita.net/
●関連記事 http://compress.sfc.keio.ac.jp/clip/news02102801.html
http://compress.sfc.keio.ac.jp/clip/series02052401.html
———————————————————————-

2003年の4月に行われる統一地方選挙の神奈川県議会議員選挙に民主党公認候補として総合政策学部3年生の佐藤知一氏が出馬することが明らかになった。佐藤氏は1999年に厚木市議会議員選挙に出馬するも落選している。佐藤氏はSFC CLIPの取材に対し、「前回の選挙に落選して、政策を学ぶためにSFCに入学した。SFCで学んだ政策を県政に生かしたいと思っている。2001年の8月から毎朝駅前に立ち、市民に自分の考えを訴えることもしてきた。今度の選挙がそれらの集大成となる。もし、当選すると、大学4年生で議員となるので、SFC生と一緒に政策を作っていこうと考えている」とコメントを寄せた。
また、佐藤氏は選挙時のボランティア、ポスター、イラスト作成者の募集も行っている。

【佐藤知一(さとう・ともかず)氏】
1970年厚木市生まれ。高校卒業後、ニュージーランドへ渡航し、少林寺拳法指導員として1年半過ごし、調理師 (板前さん)となり10年間を過ごす。厚木市議会議員選挙に出馬、2000年総合政策学部入学。2000年度SFCAWARD受賞、スリランカにおけるNGO活動(学校設立、運営)で2001年度塾長奨励賞受賞。
———————————————————————-

2002年12月20日
本日も本厚木駅東口にて、朝6時半から9時まで駅頭スピーチを2時間半行いました。16日に民主党公認をいただいたわけですが、急に「民主党公認県議候補」と述べるのも照れくさく、この一言は本日も言えず終いでした。昨年8月から毎日ずっと続けている駅頭は、しばらくこのまま続けるつもりです。急に政党色を出してもちょっとおかしい気もしますし…。でも、小さな旗くらいはつけるかも知れません。実は、本日のタウンニュースにも出馬決定の記事が出ていましたが、それについて聞いてくれたかたも少なからずおりました。目線も心無しか、いつもと違うような。(これは気のせいかも)/ 他の議員および候補者達と夕方とか立つ場合には、当然、民主党の旗のもとでおこないます。これからも宜しくお願いいたします。
明日は、弁論部の演説大会とその後のレセプションとツルネン議員夫妻も来られるクリスマスパーティーとシンクタンク・構想日本代表で慶大教授の加藤秀樹先生のゼミ(佐藤も所属)のクリスマスパーティーが、見事にバッティングしています。時間もほぼ同一。困ってしまいますが、佐藤は、慶大弁論部主催の演説大会にいく予定です。時間は午後1時より。学生でなくとも参加は自由ですので、宜しければお越しください。(http://benronbu.hp.infoseek.co.jp/speech.htm)慶大三田キャンパスの演説館にて行われます。(その後のレセプションは、1000円程かかります。)

民主党神奈川のホームページに公認候補として佐藤が載っています。(写真はイマイチです。)
http://www.gpn.co.jp/dpjr/event/2002_5/kouhosya_8.htm
でも、写真が良くないかも。(笑)
いかがでしょうか?

2002年12月19日
ーー御報告ーー
皆様に御報告することがあります。先の16日に民主党から正式に公認をいただきました。これで、佐藤知一は来年4月の統一地方選挙時に、神奈川県議会議員選挙に民主党公認候補として出馬することになりました。
民主党にとっては逆風の中、厳しい戦いとなります。
佐藤事務所は事務所と言える程、たいしたモノはないのですが、小田急線本厚木駅から徒歩6分の所にあります。お近くにいらしたら、ぜひ遊びにきて下さい。事務所開きもしていませんし、専従スタッフもおりませんので、お越しの際は、事前に電話などで、御連絡を頂ければ幸いです。
御報告の通り、先日も弁論部の学生10人程が、集まり事務所で会費制で鍋パーティーをしました。なにか集まりなどございます際は、事務所を自由にお使い下さい。
蛇足ながら、ボランティアも募集しています。

佐藤PHS 070ー5379ー7489
佐藤電話&FAX 046ー221ー5544

取急ぎ、御報告まで

2002年12月15日
金曜日は弁論部のメンバー達が集まり、事務所で鍋パーティーを行い無事に終了しました。うち何名かは、泊まり込み、朝まで私達の生活はどうあるべきかを(文字通り)語り明かしました。10歳も違う年齢の彼等とともに語る「青臭い議論」の中からチラリと見える真実が、現実の在り方と対比させると私には、とてももどかしく感じられます。飲んでいて、写真を撮ることを忘れていました。次回は、きちんと撮り御報告します。

2002年12月13日
本日の駅頭は、本厚木駅東口でしたが、昨日の書き込みのもありました座間の井上さんが、再びいらして30分程でしたが、お仕事の始まる前まで、お手伝い頂きました。感謝。ここのところ、毎朝、非常に冷え込んでいます。先日も同様に朝から手伝いにきてくれた弁論部の学生の一人も風邪を引いてしまいました。申し訳ないです。次からは、夕立ちをお手伝いを願いましょう。
本日は、午後7時半位より、弁論部の10名程度が集まり、事務所で鍋パーティーを行います。いつも、恒例となっている鍋パーティーですが、今回は新顔ばかりです。のち程、御報告します。

2002年12月12日
本日の駅頭は、愛甲石田駅陸橋上でしたが、昨日の本厚木駅北口のことを少し書きます。私が「月刊佐藤12月号」を配付していると座間から来ている井上さんと言う人が、やおら、上着を脱ぎ出してチラシ配付を手伝い始めてくれました。非常に嬉しかったです。井上さんは、私と同い年で、とっても丁寧なおじぎと「佐藤を宜しく」という声で、私も刺激を受けました。昨日今日と、とても寒い朝の中、非常に感謝しています。

2002年12月10日
昨日の雪は、大変でした。夜には七沢で「観光森の祭り」の実行委員会の解散式&慰労会が行われましたが、夜の大雪を心配しつつ、楽しんでおりましたところ、夜の雪は降りませんでした。(一安心)。「道産子」や「みちのく」の人には、笑われてしまいそうな位、雪に弱い私達の生活です。
また、今日はわざわざ湘南台から朝一番の電車に乗って、今日の朝の駅頭立ち(本厚木駅東口)に御手伝いに来てくれた学生がおりました。二時間半(6時半から9時まで)と言う長い間の駅頭立ちでしたので、凍えてしまいそうな彼でした。彼は「佐藤さんは、毎日これをやってから学校にくるんですね。見直しました。尊敬します。授業中に寝ていても仕方ないですね。」といってくれました。ありがとう。でも、私は、講義中は寝ていません。(笑)

2002年12月8日
週末なのに土日とも雨にやられてしまった感じです。珍しく、風邪をひいたようで、今日は一日自宅で、レポートなども仕上げつつ、ゆっくりと過ごしておりました。 おー、風も冷たい。

2002年12月6日
そろそろ、学内では、レポート/中間テストのシーズンとなって参りました。何となく、学内の人口密度も高くなってきている様にも、見受けられます。文字どおり、学生も先生も走る「師走」ですね。

2002年12月5日
「PFI事業」の視察は、非常に有意義でした。後日、この結果をまとめて、今後の政策に活かしていくつもりです。
なお、弁論部員より、下記のようなメールが届きました。
> At 11:45 PM +0900 02.12.3, ×××××wrote:
> 部員各位
>
>      山本一太議員のホームページ内『国政リポート』に…
>
> 法学部政治学科2年の×××××です。
>
> 山本一太議員のホームページ内『国政リポート』に、
> 三田祭についての記事がありましたので転送します。
>
> —–
> No.0361 「三田祭、発見参!」 2002年11月23日(※)
>
> (※掲載順が前後します。)
>
>  昼。文化祭(三田祭)で賑わう慶応大学三田キャンパスへ。慶大弁論部主催の「パ
> ネル・ディスカッション」に参加した。テーマは、TVポリティクスの時代における
> 政治とメディアの役割について。ゲストとして招かれたメンバーは、フジTV「報道
> 2001」の黒岩キャスター、民主党の原口衆院議員、そして山本一太の3名だった。
>
>  「政治とメディアのパネル、○○時から始まります!」「山本さんや原口さんが来
> ます!」「無料でーす!」会場の外で叫んでいた学生スタッフの苦労が実ったのか、
> 予想を超える数の参加者が集まった。政治とメディアの歴史、諸外国のシステム等に
> 関する学生達の問題提起も、しっかりしていた。ちょっと時間が足りなかったが、有
> 意義な議論だった。弁論部の皆さん、セミナーの成功、おめでとう!ご苦労様でした。
>
>  いいか悪いかは別として、マスコミ、特にTVの影響力は絶大だ。この時代、映像
> メディアの前で分かりやすく自説を展開出来ない政治家は、けしてリーダーになれな
> い。メディアを活用する戦略を持たない国会議員は、だいたい選挙を勝ち抜けないだ
> ろう。反面、過度のTVメディア依存は避けねばならない。TVポリティクス時代の
> メディアと政治家の望ましいあり方は、ひとことで言うと、メディアの中で政治家が
> その能力を鍛えられ、ふるいにかけられる状態だと思う。
>
>  パネル終了後、4名の学生スタッフを誘ってキャンパス近くのケンタッキー・フラ
> イドチキンに行く。トリと紅茶をツマミに30分ほど話をした。彼等がパネルの中で
> 行った具体的な提言には賛同出来る部分が多かった。特に、現行の放送法が規定する
> メディアの「政治的中立」という原則(いわゆるフェアネス・ドクトリン)を撤廃す
> ることは大賛成だ。今度、改めてゆっくり議論しましょう。
>
>  それにしても、こんなに真面目に政治問題に取り組んでいる(こんなカタイ話を文
> 化祭のイベントに乗せようとする)サークルがあるなんて、(母校ではないが)さす
> が慶応大学。大学祭と言えば、東大の5月祭にも「日韓関係のシンポジウム」に参加
> させてもらった。こっちもいい企画だったなあ。昨年11月から半年間続いたセミ
> ナー「新世代総理宣言」でも、20名以上の大学生や大学院生にボランティアスタッ
> フとして企画を支えてもらった。漫画「ワンピース」の存在も教えてもらったし、打
> ち上げでは「クラブ」にも連れて行ってもらった。知的だし、礼儀正しいし、明るい
> し...。日本の若者も捨てたもんじゃあない!
>
>  いつの日か(人生のもっと後半で)、自分の政治家としての経験や哲学といったも
> のを次世代(学生達)に伝える仕事が出来たらと考えている。ケンタッキーの前の道
> 路でタクシーを拾った。「教える」という4つ目の夢は、しっかり胸の「ドリーム・
> ポケット」にしまっておこう
> —–
>
>

2002年12月3日
早いもので、もう師走です。本日の駅頭は、本厚木駅の北口でした。本日は、月刊佐藤の受け取りも非常に多く、私のテンションも高く9時までおりました。
本日、これから八木欣之介・慶大教授と佐藤知一を含むゼミ生5名は、県庁を訪れます。/ 佐藤知一は、これまでも自治体政策に対し、多くの提言を行って参りましたが、今回は、「PFI事業」の導入を図っている神奈川県に対し、担当者と直接、意見交換を行います。「PFI」は、「行政評価システム」と並び、新しい行政運営の手法として注目されています。 / 本日は、三浦市にて合宿を行い、明日には、現地施設(湘南海岸公園海洋総合文化ゾーン施設 ほか)の視察に訪れる予定です。

2002年11月29日
いつもより、少し早めですが、
「月刊佐藤」<インターネット版> 2002年12月号 UPしました。

2002年11月28日
三田祭の写真も出来上がってきました。熱気ムンムンの様子が伝わるように良く写っています。早めにアップするように致します。
以下のアドレスには、弁論部員の写した写真が載っております。仮のページです。
http://web.sfc.keio.ac.jp/~s02926yy/mita-pic
http://web.sfc.keio.ac.jp/~s02926yy/mita-pic2
http://web.sfc.keio.ac.jp/~s02926yy/mita-pic3
http://web.sfc.keio.ac.jp/~s02926yy/mita-pic4
http://web.sfc.keio.ac.jp/~s02926yy/mita-pic5
http://web.sfc.keio.ac.jp/~s02926yy/mita-pic6
http://web.sfc.keio.ac.jp/~s02926yy/mita-pic7
http://web.sfc.keio.ac.jp/~s02926yy/mita-pic8 (←集合写真)

また、30日には、厚木中学の同窓会があります。旧3年9組が中心ですが、学年が同じなら出席が可能なようです。希望者は、私まで御連絡ください。(佐藤PHS 070ー5379ー7489/午後7時から本厚木にて)
それでは、これから試験がありますので、これにて失礼します。

2002年11月25日
黒岩祐治氏 (報道2001・キャスター)
原口一博氏 (民主党・衆議院議員)
山本一太氏 (自民党・参議院議員)
をお呼びして、11月23日(土) 会場は、慶大三田キャンパス 西校舎 519にて行われました企画も無事に終了致しました。会場が遠いにも関わらず、厚木市からこられた方もいらっしゃいました。有難うございました。写真などにつきましては、のち程、御報告致します。本日は、雨の中でしたが、愛甲石田駅下での駅立ちの際に缶コーヒーの差し入れを頂きました。がんばって、そして皆様に支えられて、毎日、訴えています。

2002年11月18日
本日の駅立ちは、愛甲石田駅下です。
いつも、いつも駅前にいる私の所に駆け寄って来てくれる女の子がいます。きれいなお母さんと手をつないでやってきて、その手をふりほどきながら、大きな声で、私の名前を呼んで、駆けて来てくれます。本厚木駅南口と愛甲石田駅の下側です。嬉しい反面、恥ずかしくもあります。でも、やっぱり嬉しいですね。
それに終了時間の午前9時(6時半から)少し前に話し掛けてきて頂いた男の方がおりました。N産に勤めておられるその方(S沼さん)は、青山学院の大学院(ビジネススクール)にて研究もされているとのことでした。しかも、私の大学と私の母校・日大藤沢のすぐ近くにお住いでした。御専門は、「経営」ということでしたが、日本と自治体の経営について、しばらく議論をさせて頂きました。楽しかったです。

2002年11月16日
千葉景子参議院議員をゲストスピーカーとして、行いました講演は、盛況のうちに無事終了致しました。来週は、三田祭です。三田祭企画については、
黒岩祐治氏 (報道2001・キャスター)
原口一博氏 (民主党・衆議院議員)
山本一太氏 (自民党・参議院議員)
と、3名のゲストが決定し、企画を行うことになっております。
11月23日(土) 会場は、慶大三田キャンパス 西校舎 519です。時間は、12:30からです。 こちらもふるってお越しください。

2002年11月15日
明日は、慶応大学湘南藤沢キャンパスの学園祭です。来週は、慶応大学全体の学園祭「三田祭」です。明日(SFC秋祭/学園祭)は、「男女共同参画社会を考える」ということで、千葉景子参議院議員をゲストスピーカーとして講演を行います。皆様、ふるってお越しください。
来週は、三田祭です。弁論部の発表は、土曜日(23日)です。

2002年11月14日
本日の駅頭は、火曜日にできなかったので、代わりに本厚木駅南口で行いました。今日は、缶コーヒーをおじさんから頂いたり、手をつかんで、飴玉を握らせてくれた「お母さん」もいました。本当に嬉しくて、ありがたいですね。「月刊佐藤 」 <ホームページ版> 2002年11月号もアップしました。

2002年11月14日

 

2002年11月8日
今日は、午後から風が強くなってきました。なんだか風も生温いです。本日は、神奈川8区補選の仲間とともに反省会と言うか懇親会があります。選挙を共に戦った仲間達と久しぶりに会えるので、愉しみです。

2002年11月5日
昨日は、東海大学の元留学生たちの招待を受けて、東海大学の学園祭(建学祭)にいってきました。人数も2万人と学生数も規模も大きい大学なので、盛大に行われておりました。その後は、伊勢原にすむバングラデッシュ人の御夫婦(新婚さん/東海大学の元留学生)の所にみんなで押し掛け、楽しく過ごしました。写真は、のち程、アップします。
本日は、慶応大学看護医療学部の一時試験の合格発表でした。私が少しばかり、見てあげていたアツギの厚高生が、合格しておりました。高い競争率によくがんばりました。問題は次に控える2次試験(面接)です。彼女には、がんばって結果を残してほしいです。

2002年10月31日

2002年10月31日
原則、隔日更新のはずが、こんなに遅れてしまいました。選挙のため、すべてをほっぽっておいたための後始末や何やらで、遅れました。ごめんなさい。
さて、神奈川8区(横浜市青葉区/川崎市宮前区)での補欠選挙ですが、負けました。江田けんじさんの当選となりました。しかしながら、気になるのが全国7選挙区の補欠選挙の投票率の低さです。千葉県では、24%ー4人に3人以上は投票にいかなかった。 神奈川8区では、33.66%でした。有権者1000人のうちのキッチリ666人は、投票を拒否しました。この結果は、地方を含めた政治家全体が反省するべきだと私は考えています。もう誰も政治家なんて信用していませんし、期待もしていない証です。政治家バッシングから政治家パッシングへの転換です。中央も地方も政治家は、すでに叩かれる存在から無視される存在になりました。シカトです。「政治家になんて期待するだけ無駄じゃないの?」そんな声が、今にも聞こえてくる様です。鈴木宗男さんは、刑務所や国会や北海道にいるだけではなくて、小さな鈴木宗男が、私達の周りにいることをみんな知っています。今回の投票率の低さは、そう言うことだと私は理解しています。

2002年10月17日
神奈川8区(横浜市青葉区/川崎市宮前区)での補欠選挙のため、横浜入りしています。応援して下さい。

2002年10月15日
私の友人の折田明子さんが出馬する予定の神奈川8区(横浜市青葉区/川崎市宮前区)での補欠選挙が今日から始まります(始まりました)。勝手連にもならない私の応援ですが、友人としてがんばってほしいです。良い結果を信じています。
http://www.akiko-orita.net/photo/
写真日記には、私と菅直人さんと折田さんの3ショットの写真が載っています。これは、どうなのでしょうか?(微笑)

2002年10月11日
昨日は、加藤秀樹研究会のゲストスピーカーとして、東宝芸能の水野真紀さんがいらっしゃいました。事前の告知を知らなかったので、私にとっては驚きでした。(もっとも他の学生達は知っていた様ですが…。始まる前の雰囲気がいつもと違っていました。)加藤ゼミのゲストスピーカーは、通常、他大学の名物教授や政治家などが多いので、加藤先生の趣味で声をかけておられるとしか思えません。(笑)話の内容は、「働くということ」ということでした。様々な意見が出てきて、いつもとは違って変化を楽しめました。
前回の火曜日の駅頭を休んだため、その代わりに昨日(木曜予備日)の朝、行いました。「あれっ、今日は木曜日なのになんで?」と聞かれまして、「皆さんに見られてる」ことを再度意識しました。がんばりますよー。でも、来週からは、大学の先輩が出馬する神奈川8区の補欠選挙が始まるので、急きょ、休んでしまうこともあるかもしれません。その際は、お許しください。
本日は、夜7時より、青葉区市が尾の青葉区役所別館にて公開討論会が行われます。私の友人の折田明子さん(民主党公認候補)も出席するので、お時間など許される方は、ぜひ、いらして下さい。

2002年10月7日
後援会名称が「佐藤知一と厚木トンカツの会」に変更内定
私の後援会の名前をこれまでの「佐藤知一と厚木未来派」から、「佐藤知一と厚木トンカツの会」に改めようと何となく内定しました(笑)。イラストなどを担当してくれているボランティア(女子美術大学学生)からのアイデアです。慶応の学生だとスマートだけど佐藤さんの暖かいイメージとはあわないということで、「トモカズ」と「トンカツ」をかけてのネーミングだそうです。トンカツは、ビタミンBも豊富で、私も大好きなので、ほぼ決定です。県の選挙管理委員会に変更を届けるか、通称の形で行うかは、未定です。

今朝の駅頭は、愛甲石田駅にて行いましたが、あいにくの雨でしたので、「月刊 佐藤」10月号の配付は出来ませんでした。少しばかり、激しい雨のため開始が6時45分頃と遅れてしまいました。6時半まで、マイクを使い演説を行っておりましたが、授業開始期間ということもあり、青山学院大学の学生の列で目の前が塞がれてしまったため、6時半でマイクを止めました。
朝方はあれ程、雨が激しく降っていたにもかかわらず、帰宅する9時半頃になると「台風一過」を思わせる程、きれいに雨はあがっておりました。「雨男さとう」の面目躍如か?
本日は、これから日本橋に出かけて、弁論部のOB会に出席して参ります。

2002年10月3日
本日は、木曜の予備日を使って、愛甲石田駅(陸橋上)にて「月刊 佐藤」10月号の配付をいたしました。夏休みも終わり、青山学院大学の学生も沢山いました。この学生達が来年は厚木市から離れてしまうのかと思うと寂しい限りです。

2002年10月1日
いやー、凄い台風ですね。本日の第6限は、休講になりました。雨も風もとても強くなりました。
みなさん、お気をつけ下さい。

2002年10月1日
竹中平蔵教授の大臣兼務に私達、竹中ゼミ生および竹中ゼミOB一同、驚きをもっています。竹中ゼミカンファレンス(研究発表)やその後の飲み会、OB会(パーティー)で、竹中先生は、二言目には「小泉首相は本気ですよ。」とおっしゃっておりましたが、図らずもこうなりました。
以下は、竹中ゼミOBのお一人から届いた文面の一部です。私は、このように喜んでいると同時にあまりに重責なことで、いらぬ心配も致しているというのが、ホントのところです。でも、日本のためにがんばって頂きたいです。
—–竹中ゼミOBからの引用—-
カンファレンス、OB会で立て続けに先生にお会いした際に印象に残っている言葉があります。「小泉首相は本気だ」。
確かにそれからの小泉首相は、それまでの低迷ムードが嘘のように信念のまま突っ走るようになったと思います。道路公団、税制改革、記憶に新しい北朝鮮訪問…
そして今回の内閣改造。本気だったのは小泉首相だけではなく、我らが竹中先生もその一人でした。多分小泉首相の「熱い部分」に共鳴して、「最後までついていく」と腹を決めたんじゃないかと思います。今日の記者会見での、先生の表情にはそういう固い意思が伺えました。「何が何でも信念を貫く。最後は私が責任をとる」と。
小泉内閣、竹中大臣が取り組んできたこれまでの政策、これからやろうとしていることについて、批評することはそんな知識も無ければ資格もありません。私は評論家ではありませんので。
ただ、二人の目には「男」を感じます。背水の陣といいますか、自分を極限まで追い詰めて、やるべきことをやるのだと。
そんな姿に何か心動かされるものがあります。私も何かやらないといけないのではないかと。私にできることは何なのだろうかと?
—–竹中ゼミOBからの引用ここまで—-

2002年9月27日
今日は雨ですね。ここのところ、週末になると雨というサイクルが続いています。/電車・バスにて通学してくる学生は大変そうです。私は車にて慶応湘南藤沢キャンパス(SFC)まで通学していますが、年間3万円という一番安い駐車場を契約しているため、駐車場から10分程歩かねばなりません。運動不足で少々太りぎみになってきた昨今、そんなこといっていられませんが…。ちなみに藤沢キャンパス(SFC)まで、電車・バスにて通学すると1時間かかりますが、車なら自宅から30分でついてしまいます。

2002年9月26日
本日から大学の秋学期が始まります。のち程、コメントかきます。

秋学期の履修時間割りアップしました。(http://web.sfc.keio.ac.jp/~s00452ts/rishuu2002-b.html)

2002年9月20日
告知いたしました通り、「9月16日(月)~18日(水)」の3日間、慶大弁論部の合宿に参加して参りました。その間、本厚木駅・愛甲石田駅での駅頭活動を休ませて頂きました。昨日は、テンダー会議という現在を憂う方達が定期的に集まり、議論をされている集会にも参加させて頂きました。
弁論部合宿の方は、文字どおりに「朝から晩まで侃々諤々を3日間」行いました。いつも通り、非常に刺激的な時間となりました。その3日間は、テレビなどを見る時間も限られていたため、小泉首相の北朝鮮訪問をリアルタイムに知ることはできませんでしたが、昨日の「テンダー会議」でもこの話題でもちきりでした。
友人から、以下のようなメールが届きました。御興味がございましたら、いらして下さい。
> 北朝鮮の拉致問題に対する政治家の発言録を一覧してみました。
> http://www.hirake.org/politic/listup/index.html

2002年9月13日
本日の駅頭は、本厚木駅東口でした。今日は、ちょっとばっかり、ビックリがありました。厚木幼稚園の先生に声をかけていただきました。私を指導してくれていた「O谷先生」です。非常にお若くて、あまり変わっていらっしゃらないように感じました。20数年ぶりくらいでしょうか? とても嬉しかったです。

2002年9月10日
本日の駅頭は、本厚木駅南口です。心無しか、人が少なかったような…。でも、バスは遅れて非常に混雑していました。故障か何かあったのでしょうか?
さて、ただ今、お手伝いしている「8区補選」のおりた明子さんが、ホームページでリンクを張ってくれました。しかも、結構、目立つ感じで。ぜひ、アツギの人もいってみて下さい。

おりた明子リンク

2002年9月4日
今日の駅頭は、本厚木駅北口でした。
いつものようにメールをチェックしていると、厳しい御指摘のメールと激励のメールが届いておりました。厳しい御指摘ものは「大学が前面に出過ぎている。餓鬼っぽいやり方はよした方がよい。」とのもので、後者の激励のものは、「是非一度、会いたい」というものでした。大学を前面に出すやり方は、諸刃の剣だと感じています。しかしながら、地盤も看板もお金も何もない私が、すれ違う人たちに少しでも、ちょっとだけでも印象に残って欲しいと考えた場合、「32歳の大学生」というフレーズを使わざるを得ないと考えていました。しかしながら、御指摘の点は、至極ごもっともです。そろそろ、方針の転換を図っても良い時期かも知れません。後者の方とは、既にアポを取りました。

「月刊佐藤」<テキスト版> 2002年9月号 UP

2002年8月31日
明日から9月ですね。早いものです。昨日も早朝の駅頭を本厚木駅東口にて8時50分までおこなった後、たまプラーザ駅(東急田園都市線)にいって、折田さんの駅頭の応援に行ってきました。何でも、民主党の鳩山さんが、 横浜方面に来られるということでのお手伝いです。
明日(30日)、鳩山代表が、私の応援のため参ります。明日の具体的なスケジュールを書きます。お誘いあわせの上、お越しください。14時~:たまプラーザにて鳩山代表と/15時~:鷺沼駅にて鳩山代表と/17時~:桜木町駅にて鳩山代表と。 と言うスケジュールで、動いてきました。勝手連の応援なのに。(笑) いろいろと言われております、鳩山さんですが、やはり、そこは野党第一党の代表(党首?)です。人が、たーくさん集まりました。(特にたまプラーザと鷺沼駅)もちろん、SPや地元のお巡りさん方も駆り出されていました。竹中さんのSPの方々よりもスリムでスマートな感じでした。竹中先生のSPは、もっとゴツイ感じ(?)。

2002年8月28日
本日も神奈川ネットの方々と少しだけ、かち合いました。私は、(毎週水曜日は)本厚木駅の北口にて、朝の6時半から8時半頃まで駅頭の早朝スピーチを行っているのですが、今朝は、8時頃にネットの皆さんがやってこられて、9時半までの予定ということで、私はマイクをお譲りし、9時まで肉声にての御挨拶をしておりました。明日は、川崎市の宮崎台駅(東急)に朝6時半頃から、(前述の)折田さんの駅頭の応援に行く予定です。厚木の方とは、まず、御会いすることはないと思いますが、もし、万一、お会いしましたら、声をかけて下さい。(でも、先週の火曜日は、青葉台の駅で、大学の友人とあいました。)

2002年8月27日
隔日更新とうたいながらも、滞りがちになってしまいまして「広告に偽りあり」ですね。申し訳ありません。実は、自宅にインターネットを引いてくるとついつい寝不足になってしまうので、昨年から(思いきって)自宅に引いていないため、更新をするためには学校にこないといけないと言う状況にあります。通常の授業がある時は良いのですが、現在は「夏休み」なので、なかなかマメに学校に来れません。御理解と御協力をお願いします。
本日は、本厚木駅の南口でした。色んな人から(気軽に)声をかけてもらえるようになりました。本当に感謝しています。昨日は、(愛甲石田駅でしたが)神奈川ネットの方々とバッティングしてしまいました。立場は違えど、先輩としてM氏には○長選挙、がんばって頂きたいと考えているので、応援の気持ちを込めてネットの方々の演説の終わる8時を待って、マイクを握りました。

2002年8月22日
結局、今週の20~23日(火曜日から金曜日)は、本厚木駅にての「早朝駅頭立ち」をキャンセルしました。
理由は、神奈川8区の衆議院選挙補選に出馬することになった、年下の先輩、折田明子さん(27歳)の早朝駅頭立ちを応援するためです。来週からの私の「早朝駅頭立ち」は、通常に戻ります。ただし、衆議院選挙補選本番は、恐らく、あちらを応援することになりそうです。
明日は、田園都市線の藤が丘駅に朝立ちに行きます。

おりた明子さんのホームページ はコチラ!

おりた明子さんとの駅頭での写真報告
朝の4時起きで、がんばりましたよ。現地でも朝の6時半から8時半までやっています。写真は、田園都市線の田奈駅にて。 撮影は、ツルネンさん秘書のまじまさん

2002年8月19日
平成14年度「春学期」近況・写真報告 ー平成14年7月6日 竹中平蔵研究会発表ほかー UP しました。遅くなりましてすみません。

2002年8月19日
台風が近付いてきました。この辺りの”ヤマ”は、今夜8時(?)ころだそうです。今日の早朝の駅立ちは、愛甲石田駅でしたが、気のせいか、いつもより人が少なく感じました。学生がいないというのが第一の要因ですが、それをさっ引いても少ないような。おそらく、台風襲来ということで、みなさん、早めに家を出られたのでしょうか? ちなみに私は、15分程遅刻をして6時45分頃からマイクを持ってのスピーチをスタートさせました。
明日は、本厚木駅南口にて行う予定ですが、実は、私の先輩(年下だけど)が、神奈川8区の衆議院選挙補選に民主党から出馬することになりまして、その早朝の駅頭立ちのお手伝いにいくことになりました。新聞などで御存じかとも思いますが、折田明子さんという27歳の女性(ちなみに既婚)で、私の通う慶大総合政策学部を卒業して、現在は、同じキャンパスの政策メディア研究科の大学院生です。ちなみにこれまでの接触は、あまりありませんでした。Mr.インターネットこと村井教授の授業で見かけたかも知れませんが。
取りあえず、大学の先輩で、同じ政治の世界(国政と地方とで違うけど)を目指しているし、同じキャンパスに現在も所属しているし、彼女にとっての駅頭立ちの初日なので、お手伝いにいくということです。私なんぞは、何の役にも立たないと思いますが、一応心配なのでいってきます。その後につきましては、わかりませんが、できるだけ私の早朝駅頭立ちの方も続けますよ。(でも、補選の本番中は、多分休みます)  以上

2002年8月16日
その3
先日、参議院議員のツルネンマルテイさんと御家族、を含めて8名程で集まり、お食事会をした時に知り合った方が、キャッチフレーズを書いて送信してくれました。(頭だけを取って読むと「さとう知一」となります) 今までは、キャッチフレーズなんて考えても見なかったので、とても嬉しく思っています。 みなさんなら、どちらを選びます???
(案1)
さあ
とほうに暮れる今の時代
うんと
知恵を出し合って
一目置かれる厚木をつくろう!

(案2)
さあ
とほうに暮れる今の時代
うんと
知恵を出し合って
一緒につくろう!未来の厚木

2002年8月16日
その2
大学のお盆休み(?)の関係で、更新が遅くなりまして申し訳ありませんでした。
お盆休み中も朝の駅頭立ちは、続けていました。今週は、6時半から9時まで実行しました。以下、御報告
12日(愛甲石田駅陸橋上)ー この日は、人数事体は3割程度でしたが、お仕事へ行かれる方(スーツ姿の方)からの反応は非常に良く、気分よく駅頭立ちができました。
13日(本厚木駅南口)ー 連休中はバスが休日ダイヤの為、出かける人の列。普段、バスを使っていない人は戸惑っているようだった。
14日(本厚木駅北口)ー 北口向かって右端の細い方に陣取り行っていたが、普段は、背広姿で出かけていられる方が、御家族連れで現れ、大きな声で、がんばれと励ましてくれました。○○さん、ありがとう。
16日(本厚木駅東口)ー 本日の朝の駅頭立ちは、他に比べて一番割り合いが少なく感じました。7時を廻るまでは、人がまばらで、どうしようかと思いましたが、8時近くになると人も増え、一安心。
その後、本厚木駅東口近くにある赤十字献血センターに行って、献血しました。プロフィールにもありますように私は高校時代から献血を続けていますので、今回で「献血回数=137回」 となりました。献血は、回数ではないですが、まぁ、参考までに。
以上。

2002年8月16日
その1
以下は、佐藤知一が、御指導をしていただいている加藤秀樹教授が主催している「シンクタンク・構想日本」の企画しているフォーラムです。私は直接、参加しておりませんので、問い合わせなどにつきましては、ホームページなどより、行って下さい。
ー 以下、案内 ー

第62回「J.I. フォーラム」のご案内
http://www.kosonippon.org/
文化は政治や経済の基礎体力
-見えないものの値打ちを探す-
——————————————————————-
狂言という伝統芸能を単に引き継ぐのではなく、現代における文化の再編集という視点で「長野パラリンピック冬季競技大会閉会式」「真伎楽」など様々なジャンルの総合プロデュースを手がけ、その成果を世の中に発信しつづけている野村氏。新しいテクノロジーを企業化、産業化するベンチャーキャピタリストとして、資本主義経済の真っただ中で活躍しているが故に、「経済的な繁栄」「数字で示せるもの」の限界を強く感じ、経済指標を越えた価値の重要性を説く原氏。「見えないものの価値」をいわば対極の立場から議論して戴きます。
——————————————————————
日 時 :平成14年8月28日(水)
会 場 :銀座ソニービル8階 ソミドホール
開 演 :午後6時30分(開場:午後6時00分)
討論者 :野村万之丞(TMDネットワーク代表・総合芸術家・狂言師)
原 丈人 (デフタパートナーズ・マネジングパートナー)

主 催 :構想日本
定 員 :160名
参加費 :2,000円
—————————————————————–
参加希望の方は、下記のメールアドレスにお申し込み下さい。
forum@kosonippon.org
—————————————————————–
参加ご希望の方は、誠に恐縮ですが8月27日までに出欠の是非をお知らせ願います。
* J.I.のホームページのURLは http://www.kosonippon.org です。
現在はJ.I.の紹介がご覧になれます。

2002年8月8日

私の前回の選挙でも、(私が無所属であるにも関わらず)応援に駆け付けていただいたツルネン・マルテイさん。御存じの通り、現在は、参議院議員ですが、当選後も全く偉ぶらずにいらっしゃいます。
現在は、御盆だからかどうかは知りませんが、故郷フィンランドに帰郷しています。「IT大国」フィンランドらしく、毎日、現地から日本の国会事務所に報告が届いている様です。現地でも、人気者で、ツルネンさんの生涯を追った映画も作成されるそうです。個人的には、リポートの随所に出てくる現地の写真が、興味深いです。特にフィンランド・ヨエンス市の「廃棄物リサイクルセンター」やゴミの分別の写真は、フィンランドっぽかった(?)です。以下は、「事務所発・日刊ツルネン」
http://homepage2.nifty.com/yugatsuru/diary/diary020801.htm#8

2002年8月5日

更新が遅れました。
先月は、テストとレポート提出が重なり、そのうえ、合宿もという、オンパレードでした。
7月の29日に片岡ゼミの最終発表を行った後、すぐその足で、箱根に向かい、八木欣之介ゼミにて、29ー30日と合宿を行い、1日おいて、8月1日ー2日と加藤秀樹ゼミの合宿でした。
と、言うことで、朝の駅頭立ちも遅刻、早退(及びお休み)が続き、本日の朝の駅頭立ちでは、「しばらくぶりだね。」との嬉しい(?)一言を数人より頂きました。今後もがんばります。
これから、慶應義塾弁論部OB会の集まりがあります。先月、調布市長選挙で見事当選された長友先輩の祝勝会です。いつも党派を越えて、集まり、語り合うため、とても愉しみにしております。

2002年8月1日

==☆8月 佐藤の主な活動予定 ==

※ 8月は、お盆中も早朝の駅頭続けます。

・8月 6日(火) 渋谷にて、曽根泰教ゼミ お疲れ会
・8月12日(月) ツルネンマルテイ参議院議員・食事会
・8月20日(火)~23日(金) 友人の駅頭活動手伝いの為、本厚木駅での駅頭休み
=======================

2002年7月31日

もう、夜中の0時をまわったので、31日となっていますが、29・30日は、箱根で八木研究会の合宿があり、30日の夜時からは、湘南台で竹中研究会の慰労会がありました。(竹中先生は今回こられませんでした。)/ 1日・2日は、加藤秀樹ゼミの合宿が伊豆高原にて行われます。政策発表の準備に、みんなが苦しんでいます。大学に入って良かったと思うことは、ひとまわりも違う若い世代と対等な立場で、議論できることと尊敬できる教授陣とも意見を交わすことのできることです。非常に贅沢なひとときです。/ 私のいる慶応大学総合政策学部の卒業生で、同じキャンパスの大学院生(政策メディア研究科・博士過程)の折田明子さんが、神奈川8区補選の民主党公認候補に内定したとのニュースが、昨日(30日)流れました。同じキャンパスの学生として、折田さんには、精一杯がんばって頂きたいです。(直接は良く知らない方ですが、もしかしたら、村井教授の授業か何かでお目にかかっているかも知れません。)これからは、大学と政治のコラボレートは絶対に必要となります。

2002年7月26日

「月刊佐藤」<テキスト版> 2002年7月号 UP
「月刊佐藤」7月号 アップしました。 スキャナかけていませんので、仮という形ですが、内容はテキストにて読むことはできます。アップするのが、だいぶ遅くなってしまい、申し訳ありませんでした。

2002年7月25日

雨が降ったり止んだり、天気予報も見る度に変わるような不安定な天気が続いています。暑くて、蒸し蒸しする日本の夏は、本当に堪えます。特にクーラーのない我が家では、日本の夏は大変です。(笑)ちなみに日本では既にクーラーの普及率は90%程度ということですが、うちでは入れる予定は当分ありません。うちに遊びにくる学生もこの時期は、敬遠している様です。試験期間中でもありますしね。

2002年7月23日

現在、大学は試験期間中です。みんな、目の色が少しばかり、いつもと違う様です。

2002年7月22日

昨日(21日)、長谷(船子交差点から森の里方面に向かった所)にある「レストラン森の家」にて行われた、交流会に出席してきました。この交流会は、厚木市を中心にしたタウン紙「(旧)県央ホームジャーナル」のコラム「人・クローズアップ」に取り上げられた人たちの交流会です。現在は、編集からは退かれ、インターネットを利用した英語教育に身を投じている、内田登美雄さんを中心にした集まりとなっています。踊りの先生やクラフト、書家、マッサージの先生、園芸、企画、などなど多才で、パワフルな方たちばかりで、私も毎回、負けそうになりつつ、パワーをもらっています。
この企画は、半年に一度くらいの頻度で行われています。

2002年7月18日

八木欣之介教授の御自宅に八木ゼミのメンバーと共にお邪魔して参りました。奥様御自慢のお料理をたらふく頂きました。車でしたので、(非常に残念ながら)お酒は飲めませんでしたが、夜が深けるまで熱く語りました。地方自治のあり方について、一番熱弁をふるわれていたのは、言う迄もなく八木先生でした。ゼミ生一同、感謝しています。

2002年7月16日

台風一過、現在、晴れています。今日の朝立ちは、風が強くて大変でした。台風が来るということで、1時間程度早めに家を出られた方も多かったように思えます。6時30分の時点では、青空だったのですが、7時をまわると雲行きが怪しくなり、8時前には、「台風来厚」って感じになりました。雨と風の中での早朝駅頭スピーチでしたが、皆さん、台風のさなかでも声をかけて下さる方もいらして、心強かったです。
本日は、これから、八木ゼミのメンバーで、八木欣之介教授の御自宅にお邪魔する予定です。

2002年7月15日

昨日は、ある集まりで「今井一(いまい はじめ)」さんとお会いしました。住民投票を追っているジャーナリストで、「朝まで生テレビ」などに良く出演されている方です。
別れ際には、わざわざ、筆(筆ペン?)で「佐藤知一さんへ」とサインを入れてある本をプレゼントして頂きました。私は彼に「それでは、代わりにこれをどうぞ。」と手許にあった「月刊佐藤」2001年9月号と2002年6月号と7月号をお渡ししました。厚顔無恥も良いところですが、それでも今井さんは喜んでいただけた様でした。ミーハーな私としては、ちょっと(すごく)嬉しかったです。
先週末と今週末の2度にわたって、竹中ゼミの集まりがありました。先週は、私達、現役生の政策発表(@湘南藤沢キャンパス)で、今週は、天王洲でした。大臣という重責にあり、時間の制約があるにも関わらず、2度とも竹中先生の参加がありました。ゼミ生とは言っても、竹中先生は、お忙しく、時間の制約もあり、じっくりとお話はできないのですが、皆で撮った写真などありますので、近いうちに公開いたします。

2002年7月12日

時間の経つのは本当に早いですね。ついこの間、大学の春学期が始まったと思ったら、そろそろ、試験期間に入ります。レポートの締め切りに追われています。なかなか、HPの更新ができなくて、申し訳ありません。
花火大会の季節にもなりました。ということで、下記は花火大会情報です。
http://www.navida.ne.jp/kanagawa/event/hanabi/cont.html

2002年7月6日

今日は、竹中研究会(ゼミ)の政策発表会がありました。当然、竹中平蔵教授(大臣)もSPを引き連れて大学にこられました。直接、国政に関してのお話を伺うことができ、ハッピーでした。その後に行われた飲みにも前半だけですが、御出席下さりました。詳細につきましては、次の機会に…。

2002年7月5日

 JavaScriptリアルタイム財政赤字カウンターを設置しました。私たちが抱えている現在の借金が一目でわかります。
あまり、見たくないですが

2002年7月4日

衆議院議員宿舎に行って参りました。早稲田の雄弁会からは、3人、慶応弁論部からは10人くらいが(文字通り)お邪魔しました。写真報告をすることになっておりましたが、写真を撮ってくることを忘れていることに帰りの電車内にて気付きました。(カメラは持参したのですが…)

<SFCーKLIPより記事転載> 藤沢慶応前郵便局、ATM・ガラス破壊される -3日未明-
●現場写真 http://compress.sfc.keio.ac.jp/clip/news02070301.html
———————————————————————-
「3日(水)未明、SFCに隣接する藤沢慶応前郵便局で強盗未遂事件が発生した。郵便局は、ユンボ(ショベルカーに似た土木工事用機械)によりガラス張りの壁と局内に設置してあったATMを破壊されており、発見された時、ユンボは現場に放置してあった。郵便局職員などの話によると、事件発生推定時刻は午前2:30から5:00の間で、現金被害はなかった。郵便局ではこの被害のため、ATMはしばらく使用不可能となり、復旧の見通しは未定としている。その他、窓口による業務は通常どおり行われている。」

2002年7月2日

本日早朝は、本厚木駅東口にての駅頭活動でした。月初めには必ず、月刊佐藤を受け取ってくれて、毎週、励まして下さる御夫人がいるのですが、 障害を負われたこの御夫人が、ここしばらく見えませんでした。とても、心配でしたが、本日は元気にいらっしゃって本当に安心しました。
明日は先月に引き続き、うちのOB(慶大弁論部OB)の衆議院議員宿舎を訪ねて行くことになっております。今回は、早稲田の雄弁会の学生も何名か参加します。写真報告はのち程の予定。

2002年7月1日

今日から7月です。はやいですね。7月6日は、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスにて「七夕祭」が行われます。ぜひ、おこしください。私は当日に大学院棟にて竹中研究会の政策発表が朝9時半から18時まで行われる為、今年は案内ができません。しかしながら、当日は11時10分から12時40分まで竹中教授(大臣)の講演がθ(シータ)館で予定されています。こちらは一般参加もOKです。
月刊佐藤7月号できました。はやめにアップするようにいたします。

2002年6月28日

=御案内=
竹中先生が(大臣になるまで)発起人・代表をしていた「政策分析ネットワーク」の教育カンファレンスで、7月20日(土・祝)に千葉商科大学で行われます。加藤 寛(千葉商科大学 学長)や私の所属ゼミの片岡先生、厚木幼稚園、厚木小・中学校の大先輩である曽根 泰教 (慶應義塾大学政策・メディア研究科教授)先生などが政策ワークショップを行います。
ホームページは、http://www.cuc.ac.jp/~tama/policy2002/です。

2002年6月27日

本日は、加藤秀樹先生の政策デザイン論Bの講議にゲストスピーカーとして法政大学の田中優子教授が見えられました。本日の特別講議は「江戸が現代に問いかけるもの」でした。田中優子教授は、いわゆる「カリスマ教授」ともいわれている位、その道の方(どの道?)には評価の高い先生です。実は法政大学に授業にもぐりに行こうかと考えていた程でしたので、うれしかったです。
ホームページは、http://lian.webup.co.jp/tanaka/です。先生の写真が「極妻」みたいです。御覧下さい。

2002年6月26日

毎日、雨が続きますね。試験やレポートの時期に入り、学生達も慌ただしい感じです。ホームページの更新も中々出来ず、申し訳なく思っています。

伊藤さんという アメリカに住む高校生(女の子)からメールをいただきました。
> ホームページを見て「すごい人だなぁ。」
> と思い、ちょっくらメールしてみることにしました!
> (中は略)
> いきなりこんなメールをすみません。これからもがんばってください!!
月刊佐藤を受け取ってくれた方などから、メールやお手紙をいただくことはあっても、外国から励ましのメールを頂いたことはなかったので、ちょっと嬉しかったです。

2002年6月21日

明日は「三田演説館」(慶應義塾大学三田キャンパス)にて 「慶早新人弁論大会」が行われます。慶応の弁論部と早稲田の雄弁会との新人交流戦です。
10時頃から始まり夕方過ぎまでやります。「三田演説館」は、重要文化財のため通常は施錠しておりますが、この日は中を見ることができます。よろしかったらお越しください。(入場無料)
私はこの日の昼、行われる厚木三田会/厚木稲門会合同総会&懇親会に出席してからの参加となります。夕方には合流する予定で、今から愉しみです。

2002年6月20日

ただいま、竹中研究会のK君と共に大学に残り研究をしています。来月の6日には竹中平蔵先生に私達の研究を見ていただく予定となっていますが、来月末まで国会の会期延長が決定したことで、それもちょっと微妙なものとなりました。国会も大変な時です。果たして、どうなるのでしょうか。
昨日は本厚木駅北口にて、早朝駅頭でした。この時に以前タバコを注意し反抗してきた高校生が通りがけに「おはよう」というと「おはようございます」とかえしてくれました。ちょっと、朝から気分が良くなりました。
ー喫煙を注意した時の事情は以下のような感じでしたー
いつもできるだけ、制服のままタバコを吸っている中学・高校生をみると近付いて注意するようにしているのですが、2週間程前にグループで座りながら喫煙している高校生達に注意をしたところ、(いつもは大体素直に聞くのですが)ひとり、とっても反抗してきた子がいました。彼にとっては大きなお世話なのでしょうが、私としても目の前で、そんなに堂々とやられていたのでは、注意しないわけにはいかないだろうというようなことを彼には言いました。この時は結局、そのままどこかへいってしまいました。

2002年6月18日

日本vsトルコ  試合終了 0対1で、日本は残念ながら負けました。悔しいですね。コメントも少なめです。
実は今日、試合時間に研究会(ゼミ)があったので観戦は諦めていました。ところが教室にいくと八木研究会の時間なのに誰も来ない、誰もいない。ワールドカップなので臨時休講ということらしい。(未だ報告はナシ)/そこで、試合開始時間にキャンパスを歩いていると教室内で皆でワールドカップを見ている 曽根教授のゼミ生たちの姿が見えました。私の聴講しているクラスではないにも関わらず、潜り込んで皆と一緒にTV観戦していました。結局負けて、一同テンションが低かったです。
得点者: ウミト・ダバラ(前半12分)
日本選手交代: 稲本 潤一→市川 大祐(後半0分)/三都主 アレサンドロ→鈴木 隆行(後半0分)/市川 大祐→森島 寛晃(後半41分)
トルコ選手交代 : ウミト・ダバラ→ニハト・カフベチ(後半29分)/ハサン・シャシュ→タイフル・ハブトゥジュ(後半40分)/イルディライ・バシュトゥルク→イルハン・マンシズ(後半45分)
警告(イエローカード): 戸田和幸(前半45分)/アルパイ・オザラン(前半21分)/エルギュン・ペンベ(前半44分)/ハカン・シュキュル(後半46分)

2002年6月18日

昨日は、七沢で七沢観光協会の総会&懇親会がありました。今期は幹事会が大幅に若返り、今後に期待です。ここでもまた例によって楽しい語らいとなりました。七沢の人たちは皆暖かい。
本日の早朝駅立ちは、本厚木駅の南口でした。雨の中の駅頭スピーチは、皆に励まして頂けるから好きです。早朝の駅頭を再開し11ヶ月が過ぎまして、最近は色んな方に声をかけていただくようになりました。昨日の愛甲石田駅でも同様でしたが、嬉しいことです。自分なりに分析してみると中年から熟年世代のサラリーマンのお父さん世代から声をかけていただくことが多いです。もちろん、女性の方や高校生などからも声をかけて頂きますが、お父さん世代が多いのです。チラシを多めに取っていって頂き、御家族やお知り合いの方たちに配って頂くと、とっても嬉しいです。何にせよ、雨の日の駅頭は好きです。(でも、霧雨とか雨が降りそうで降らない天気とかは嫌いです。)

2002年6月16日

慶応大学湘南藤沢キャンパス最寄りの小田急線湘南台駅でもありました。
パワーショベルを使って現金自動支払い機(CD)ごとさらっていくという新手の(というか荒手の)窃盗です(14日午前4時45分ごろ)。840万円の現金と鉄製のCDコーナーボックスにあった現金自動支払い機(CD)や建物の一部損壊など 被害は大きい様です。
厚木でも、今年のはじめ頃に同様の事件がありました。船子のパチンコ屋さんの敷地にあったCDごとパワーショベルで持っていかれたという全く同様の手口です。ただし今回は、駅周辺でおこりました。早朝5時近くとは言いましても建物を壊し持ち去るとは、信じられませんね。日本に於いても近ごろは、本当に物騒です。各自治体は、治安についても本気で取り組んでいかねばならない時代です。
ちなみに使用されたパワーショベルは約2キロ離れた土木会社の駐車場で13日夜に盗まれていたものだそうです。

2002年6月14日

6日振りの更新です。遅くなりました。
今日はいよいよ、W杯「日本×チュニジア戦」ですね。前回同様、大学のθ館に千人近くがあつまり、大きなスクリーンの前で、応援する様です。時間を同じくして、我が片岡研究会のゼミがあるのですが、果たして参加者は??? 昨日は、新入生を交えて飲み会(ちょっと遅い懇親会)を開いたのですが、その際、「ゼミの時間を遅らせませんか?」の問いに、片岡先生はうまくはぐらかしておられました。(笑)

本日、 「月刊佐藤」<テキスト版> 2002年6月号 UP

2002年6月8日

母校・日大藤沢高校の同窓会(会場:日大藤沢高校/六会)に行って参りました。残念ながら、若いOBより前の方達がメインで63年卒業は私だけでした。しかしながら、恩師や先輩・後輩達と楽しく語ることができ、非常に良かったです。30歳になって大学にくるなど、出色が違うので、先輩方からも可愛がってもらえました。写真などにつきましては、のち程、アップします。(今回、フイルムが残り少なかったので、写真はあまり撮れませんでした。)

2002年6月7日

今日は「月刊佐藤6月号」の配付日でした。(本厚木駅東口/AM6:30 ~ AM8:40)
只今、夜中の11時、竹中ゼミの越くんと共に大学のMacintosh部屋にて残留中。
明日は、午後2時より、母校・日大藤沢高校の同窓会があります(会場:日大藤沢高校/六会)。全体の同窓会なので、私の年代のOBはあまりこないので、同級生と会える確率は低く寂しいですが、それでも、ちょっとだけ、愉しみです。

2002年6月4日

サッカーW杯で日本は、初戦のベルギー戦(4日、埼玉)を2-2で引き分け、W杯で初めての勝ち点1を挙げました。キャンパス内の大画面のあるθ館は、めちゃくちゃ人で一杯でした。私は、ゼミが終了してから駆け付けたのですが、会場は熱気がこもり、歓声が響き、「ニッポン」コールが鳴り響き、今でも外では、笛がなっています。まぁ、大変なお祭りです。

2002年6月4日

今日は、いよいよ、日本代表のW杯初戦です。キャンパス内にも青いユニフォームのレプリカを着た学生がちらほら目にできます。今日は、θ館(シアター)を借り切って大画面にて日本×ベルギー戦を観戦するそうです。ゼミが終わったら、みんなで行きましょう!
※ 昨日、今日と朝の駅頭立ちができませんでした。木曜日の予備日を使って埋め合わせます。月刊佐藤6月号の配付を予定しています。近々にネット上でもアップする予定です。

2002年6月2日

平成14年度「弁論部春合宿」写真報告 UP

2002年6月1日

もう、6月ですね。つい最近まで、ワールドカップなぞ、まだまだ先に思えていたのに、もう始まってしまいました。
本日、SFCクリップの編集部より、「写真載りました。遅れてすみません」というメールをいただきました。はじめは『???』という感じだったのですが、実は、このページをチェックしていたのですね。恐縮です。あまり、考えずに「写真が載っていないのはなぜ?」と書いていたので、自分でも忘れていました。実際に出てみると写真は、ちょっと恥ずかしいかな。インターネットで公開しているにも関わらず、読まれていることを全く意識していませんでした。(笑)ごめんなさい。
先週から、今週にかけて、様々な会合の総会や懇親会があります。先週も「厚木市観光協会」とか、地元の商店会の総会があり、出席を致しました。ごぶさたをしていて、こちらでも恐縮を致しております。今週は、母校、日大藤沢高校の同窓会があります。

2002年6月1日

=下記は、SFCーCLIPからの速報の転載です。=
1日(土)の慶早戦第1戦、慶應は、初回に青木(早稲田)の犠牲フライで先制を許し、その後も加点され、0-3で敗れた。この結果、早稲田は6季ぶり33回目の六大学リーグでの優勝を果たした。
慶應打線は、早稲田エース和田の前に2安打無得点に終わり、先発の長田(総4)の好投に応えられなかった。
この結果、2日(日)の第2戦で塾野球部が勝利した場合、3日(月)に第3戦が行われるため、SFCの授業は1限から休講となる。ただし、研究プロジェクトによっては通常通り授業を行う場合があるため、注意が必要である。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 計
慶應義塾 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 || 0
————————————————-
早稲田  | 1 | 2 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | X || 3

2002年5月27日

今日は、凄い雨です。今も外で、ゴロゴロいってます。
今日の天気予報では、午後から雨が降り始めるといっていたので、安心して朝のスピーチに出かけましたが、(愛甲石田駅で、)始まって30分もすると雨が落ちはじめ、7時を廻るころには、だんだんと本降りになってしまいました。いつも、雨の日はカッパ(=レインコート。カッパは死語?)を着ているのですが、今日は降る予定ではなかったので、駅の入り口の軒下を借りて演説をしていました。帰りは、9時頃まで待って、雨の弱まったところを見計らって、ずらかりました。
また、先週の土曜日は、清水浩文堂書房 社主の御自宅にてのホームパーティーにお邪魔しました。ほとんどが学生でしたが、上智大学の教授お二人も参加され、非常に楽しく過ごしました。私は、うちの学生と院生(慶応SFC)の四人で、朝までアカデミックな会話を楽しんで、眠い目を擦りつつ、次の日のお昼近くに帰宅しました。その際の写真は、のち程、掲載します。ので、お楽しみに。

ーーーーーーー
先日、SFCクリップの取材を受けまして、記事になりました。

SFCーCLIPホームページ
http://compress.sfc.keio.ac.jp/clip/series02052401.html
でも、私の回だけ写真も載っていないのは、どういうこと? 取材にきた時は、写真を撮って、その写真も別けてくれたのに…。謎です。

2002年5月24日

ひさしぶりの書き込みです。五日間も経ってしまいました。18日にも記しました通り、サーバー環境が変わったのですが、これにより文字化けなどが起こってしまっていることが、確認されました。御迷惑をおかけしますが、近々に対処したいと思います。

2002年5月19日

スリランカの写真のサイトが判りづらかったので、移動しました。

2002年5月18日

-インフォメーション-
私のサーバーのある慶大湘南藤沢ITCは、15日(水)より個人ホームページ用の新WWWサーバーの運用を正式に開始したと発表しました。新サーバー環境は、プラットフォームとなるOSが従来のSolarisからRed Hat Linuxに変更されました。これによりホームページ内に設置しているSSIやCGIの設定を変更しないとページが参照できない状態が発生する場合もあるそうです。何か不都合などがございましたら、s00452ts@sfc.keio.ac.jp もしくは、 s@to.office.ne.jp までメールを頂ければ助かります。

2002年5月18日

本日は、竹中平蔵研究会の中間発表でした。日銀に勤める方を始め、エコノミストのOBたちもたくさん来ました。無事(?)終了。
先日もここで告知した通り、15日(水)「グレートジャーニー」の関野吉晴氏の講演があり好評でした。

以下は、関野氏の言葉です。 -フジテレビ広報部資料よりー
関野氏は、人から「冒険家」という肩書きで呼ばれることに抵抗を感じている。それは、関野氏の次のような考え方による。
「植村直巳氏や堀江謙一氏、三浦雄一郎氏のような優れた冒険家は何人もいる。彼らは命を賭けて危険に立ち向かい、人類の成し遂げたことのない冒険をやってのけた。それに比べれば私は、たいした冒険をしてこなかった。また、私なりに冒険と探検は違うものだと理解している。例えば、Aというところに冒険家がいたとしよう。彼はBに行きたいと思う。彼はBに着くことが目的だ。そこに着いてしまったらそれでよい。もしも誰かが既にBに着いてしまっていたとしたら、冒険家は、より困難なルートでアプローチをする。あるいは、山であるなら無酸素で行く。そして、Bに着いてしまったなら、それで彼の行為は完了する。
一方、探検家もAからBに行きたいと思う。その間に危険や困難が山積みしていても行きたいと思う。そこが普通の旅行者とは違うところだ。しかし、冒険家がより困難な方法でBに行こうとするのに対して、探検家は、より安全で、効率の良いコースを選ぶ。そして、冒険家との違いはBに着いて探検が終了するわけではない。重要なことはBで何かをする、何かを見る、何かを探ることだ。理想的にはBで人類にとって普遍的なことを見つけだすことだ」

私は、人生の探検家を目指します。

2002年5月17日

今日は、昼間、ひどい雨でしたね。でも、早朝の駅頭演説の間は、雨は落ちてきませんで助かりました。今は、夜10時半、学校にいます。
明日は、竹中平蔵研究会の中間発表です。エコノミストのOBたちも来るそうです。果たして、大丈夫でしょうか? ちょっと、心配です。

2002年5月16日

毎週木曜日は、朝の早朝駅頭スピーチの予備日ということで、代替がなければ、朝スピーチはお休みです。今週の朝のスピーチをお聞きになられた方は、(ガラついた声なので)お気付きかもしれませんが、私は、ここ2、3日、風邪ぎみです。のどが痛くて、たまりません。鼻水も止まらず、ずるずるやって、咳も出ます。頭もちょっとだけ、ぼーっとしていますが、寝込む程ではないようです。私がうつしたのか、うつされたのか分かりませんが、私の周りにも同様の症状のある人が広がっている様です。皆様も『要注意』です。お気をつけてお過ごしください。

2002年5月14日

本日は、東口にていつものように早朝のスピーチを行ったのですが、「若い世代(次世代)への責任を私達はもっと考えて、そのことに責任を持つべきだ」と言う内容だったのですが、その際、金髪の高校生のカップルが自転車を降りて、「がんばって下さい」と小さく声をかけてくれました。少しだけ、目がウルウルしてしまいました。スピーチも途中で止まってしまいました。最近、涙腺が緩みっぱなしです。明日もがんばろ。
でも、ただ今、大学の竹中研究室の学生とともに大学に残り、エグエグしています。大丈夫でしょうか?

2002年5月13日

今日は、時折、小雨の混じる中の駅頭立ちとなりました。演説をする私の横で、朝のお忙しい時間であるにも関わらず、足を止めて「月刊さとう」を取っていってくれる方には、とても感謝いたします。
先週の土曜日(2日前)は、実弟が親友の結婚式に参列をするということで、急きょ、私が弟の代わりに板場に立ちました。しばらくぶりに包丁を握りまして、勝手を忘れてしまいましたが、出刃包丁で「カンパチ」をおろしたり、天麩羅を揚げたりと(久しぶりの立ち仕事でしんどいながらも)結構、楽しく仕事ができました。実は、この日は、竹中平蔵研究会(ゼミ)の中間発表会で同じグループのS君とK君には、欠席して迷惑をかけました。彼らは二人で前日から学校に泊まり込んで(徹夜)、発表に臨んだそうです。御迷惑をかけました。
下記は、SFC-CLIPからのインフォメーション

「グレートジャーニー」の関野吉晴氏の慶應義塾湘南藤沢キャンパスでの講演

「グレートジャーニー」を行ったことで有名な関野吉晴氏が、15日(水)13:00からΩ21で「グレートジャーニー:人類400万年の旅の足跡をたどって」という演題で講演会を行うことがわかった。2月に南米最南端よりアラスカ、シベリアを経由して東アフリカに至る、7年間の旅を終えたばかりの関野氏。著書に「南米大陸」、「ギアナ高地」、「グレートジャーニー 1~8」などがある。なお、今回の講演会は故小泉信三記念講座のひとつで、聴講は自由。

 

2002年5月9日

本日、2時45分頃、大学のキャンパス近くでぼや騒ぎがありました。下はSFCクリップの号外記事からの部分転載です。

[号外] SFC近辺で小火(ぼや)-バスの遅延などの影響が出るも、現在は鎮火-  9日(木)14時45分ごろ、SFC近くのレストラン「まるたか」付近の倉庫で小火(ぼや)があった。火事により発生した黒煙はSFCからも確認できるほどの高さまで立ち上り、一時学生食堂付近は騒然となった。デザインスタジオB棟ドコモハウスにいた、大学院生(政・メ2)は、「事務室から内線で、『デザインスタジオ棟の屋根から煙が出ている』という連絡が入り、外に駆けつけて確認したら、『まるたか』の裏から煙が出ていた」と述べ、「工事現場近くの倉庫から火が出ていた」と現場の様子を語った。出火直後に、消防車が10台ほど駆けつけ、15分ほどで鎮火されたが、SFC発のバスが遅延したため、バス停では一時混雑が生じた。

写真:http://compress.sfc.keio.ac.jp/clip/0509/

2002年5月7日

5日に各大学の弁論部の幹事が一同に集まって行われた親睦会ですが、とっても楽しく有意義でした。中央大・明大・法大・東大・拓大・東京農大・東洋大・大東大・中央学院大・学習院大など(ぬけている学校があったらゴメンなさい)皆、とても好い奴ばかりでした。とくに幹事を務めてくれた中央大学の古瀬さんは、風邪で熱のある中でも気を配って頂きました。拓大&東京農大の女性陣もゴールデンウイーク最終日を使ってまで、良く参加してくれました(意味深) 。今日は、キャンパスでもみんな、何となく休みボケぎみでした。弁論部の川上君は、教室を間違って入ってきたし…。

2002年5月5日

ゴールデンウイークも終盤で、今日から帰りのラッシュが始まるとの予想でした。今日は、朝から竹中研究会のメンバーと一緒にグループワークを行っています。皆、「こんなに良い天気なのに研究室で一日過ごすなんて…」とこぼしています。それなのに、キャンパスには休日とは思えない程、人が来ています。若者は、もっと外に出よう!(自戒を込めて)
明日は、中央大学・明治大学・法政大学・東京大学・拓殖大学・立教大学・東京農業大学・東洋大学・大東文化大学・中央学院大学などの弁論部の幹事が、一同に集まって親交を深めるそうです。私は、幹事ではありませんが、幹事代行として参加してきます。愉しみです。

※ SFCCLIP編集部の方より、合宿時に新人と写って頂いた写真が届きましたので、先ほど表紙の写真としました。

2002年5月1日

先程、慶応SFCクリップの編集部の記者の方よりメールを頂きました。御名前を伏せた上ですが、ここに載せます。

> 佐藤知一様

> SFCCLIP編集部の○○××です。
> 先日の取材では、お忙しい中お時間を作っていただき、
> 本当にありがとうございました。また、駅までの送り迎え
> までして頂き、ご迷惑をおかけしました。

> こちらから、先にお礼を申し上げるべきなのに、先を越
> されてしまいました。^^;) 失礼しました。

> 弁論部のことも記事で記述します。OBの方も参加されて
> いる件、付け加えるようにしてみます。弁論部の皆様にも、
> お礼をお伝え下さい。外者の参加にイヤな顔せず受け入
> れて下さり、感謝しております。

> 夢を実現する過程において、実現に近づく程、精神的に
> キツイものだと思います。応援しています。また、佐藤さんを
> 応援する人が増えるような記事を書きたいと思っています。

> それでは、また学校などでお会いした際はよろしくお願い
> 致します。失礼します。

2002年4月30日

29日~30日と弁論部の合宿がありました。今回の合宿は新入部員が初めて弁論を行う登竜門的なものでした。文字通り朝から晩まで、言葉のやり取りが続くものとなりました。また、先日の慶応キャンパス新聞や「塾」(慶応季刊誌)の取材に続き、慶応SFCクリップの取材を受けました。編集部の記者の方には、わざわざ、川崎の合宿所にまで来ていただき、私の取材をされました。非常に笑顔の素敵な記者の質問に少々話すぎてしまった感もありましたが、楽しく取材を受けることができました。私の写真と弁論部新入部員との写真を撮影していただき、お昼も塾弁論部の部員達と一緒に取られて帰られました。今回の合宿には、今年外務省に入省した(法学部卒 中島君)と産経新聞の現役の記者(共に塾弁論部OB)をはじめ大学院生などのOBも様子を見にやってきました。写真での報告は、のち程。

2002年4月26日

今日は、月に一度の竹中平蔵先生の講議の日です。(竹中平蔵ゼミ事体は、毎週2時間きっちりとやっています。)竹中先生は、現職の大臣なので、キャンパスに来ることが難しいため、私達ゼミ生が、東京に行きまして指導を受けることになります。それでは、一度、自宅に戻りますので、本日はこの辺で。

2002年4月24日

以前、取材を受けました
「慶応キャンパス新聞」平成14年(2002年)4月10日 (第2面) がでました。

2002年4月19日

最近、コンパの話ばかりで本当に恐縮です。昨日は、竹中平蔵研究会(ゼミ)の飲み会がありました。勿論、みっちり研究活動を行った後で親ぼくを深めました。しかしながら、場所が狭く、あまり幅広い人と話すことのできなかったことが少し残念です。四月に新学期が始まって、私の方も文献(輪読や研究)に追われる生活となり、思うように動けない(、というか思うようにこなせない)感にかられています。「飲んでばかりだからダメなんだ」ということも言えるかも知れませんが、ひとまわりも若い世代と楽しく飲みながら、時に熱い議論をしながら飲むお酒も悪くありません。来週は、月に一度の竹中平蔵先生による研究会が予定されています。(研究会自体は毎週行っています)
※ 表紙を一時の気の迷いで変更しました。でも悪趣味なので、すぐに変える予定です。

2002年4月16日

この時期は、新歓コンパが多く、楽しい反面出費も多くてコマリモノです。でも、新しい人と知り合いになれたりするので悪いことばかりではありません。これから八木ゼミの新歓コンパに出かけてきます。短いですが、今日はここまで

2002年4月12日

大学の授業も始まりました。時間割りに示しました通り、昨日は春学期最初の竹中平蔵研究会(ゼミ)がありました。当然、大臣である竹中先生がこられるわけもなく、学生同士の研究会となったわけですが、計量分析を加えた非常にレベルの高い研究会でした。毎年、この中から多くの学生がエコノミストとして巣立っていくわけですが、経済の計量分析が苦手な落ちこぼれ竹中ゼミ生(=佐藤)としましては、ちっとばかり、頭痛のタネとなりました。夢でうなされない様にしなければ。

2002年4月10日

春学期も始まり、新入生が入学し、授業開始4日目にしてもキャンパスは未だ落ち着きませんが、私の今学期の履修は何とか決まりました。履修は15日にWEBにて履修受付が完了してはじめて決定となります。うちのキャンパスは、セメスター制といって前期後期の2つに別けて講議を行うシステムです。慶応では一年を通して評価を受ける履修方法が一般的ですが、他の大学ではこのセメスター制がメジャーになりつつあるそうです。
佐藤の履修予定のゼミや授業の予定です。シラバスも見ることができます。

佐藤の時間割り(仮)

 

2002年4月8日

昨日は、前日とは別の弁論部の新入生とともに、新入生のアパートに乗り込んで、夜中の3時過ぎまで議論をしていました。大学生にならないとこうした経験は出来ません。政治や経済の話から恋愛の話まで、幅広く且つ取り留めもなく続きました。
また、本日は愛甲石田駅の陸橋上での早朝駅頭でしたが、新入生が保護者と一緒に登校する姿が多く見られました。愛甲石田駅は厚木側入り口も陸橋の上も「月刊佐藤」の受け取りが良く、声をかけてくれる人も多くいるので、けっこう好きです。

2002年4月6日

昨日は新入生と弁論部の学生とともに、夜中の1時過ぎまで湘南台のデニーズで議論をしていました。近ごろの若者は頼り無く何を考えているのか解らないと言ったことを言われますが、若い学生との付き合いを通じて、まだまだ捨てたモノではないと強く感じます。

2002年4月5日

本日、駅頭スピーチを本厚木駅東口にておこなっていると酒井さんという女性の方から声をかけられました。私のスピーチが終わるのを待って、声をかけて頂いたので非常に恐縮致しましたが、長い間福祉に携わっておられた方で駅頭での立ち話も盛り上がりました。私にも知的障害をもった 家族がおりましたので、酒井さんの行政への不満や注文など痛い程良く分かります。私の話が、堅くて若々しくないといった御指摘も受けましたので、今後の反省材料とし、若々しいスピーチを心掛けますので、乞う御期待!
大学に新入生が入ってきました。慶大弁論部にも入部希望者が多くやってきました。今日は新入生を交えての食事会があります。湘南藤沢キャンパスは、湘南台駅の有隣堂前に6時半集合です。日吉キャンパスは横浜にて行います。慶応大学の学生で弁論部への入部希望者は、090-5496-0576(川上)まで(日吉は、090-3697-4094(古屋)まで)お願いします。2年生以上の入部希望者も可です。
研究会にも新入のゼミ生が来るでしょう。今からとても愉しみです。

2002年4月4日

昨日から大学が始まりました。昨日は新入生の入学式で、本日からオリエンテーションや身体測定などが始まりました。サークルの勧誘なども行っています。今日は風が非常に強く、コンタクトをしている友人などは非常に辛そうです。今日は環境の専門家で電気自動車で有名な清水浩教授に呼び止められて、塾長奨励賞受賞のことについてお祝の一言を頂きました。清水先生の環境政策は非常に説得力もあり、個人的にも幾度かアドバイスを頂いたことがあります。

2002年4月1日

今日から新年度が始まりました。本日の朝の駅頭立ちは「愛甲石田駅」でしたが、ピカピカのスーツを身にまとった”新社会人”が目につきました。駅前に立ってバスの切符を販売している W辺さんと話していても「新入社員はすぐ分かる」との意見で一致しました。昨日の晩は、小野地区の桜の花見に参加させて頂きました。玉川にかかる小野橋付近で「お花見」をしたのですが、始まってから30分もすると雨が落ちはじめ、結局、1時間か2時間程で雨のために「早じまい」となりました。せっかく、みなさんが準備をして炭で魚や肉を焼いたりして楽しんでいたのに残念です。私は何も準備のお手伝いが出来なかったので、少しだけ片付けを手伝い、昨日の花見(おそらく今年最後の花見)は、終わりました。

 

2001年12月26日

いやはや、今年も残すところ、あと数日となりました。
ー12月25日には、弁論部の定期総会と忘年会が行われました。新しい幹事会によって運営されていくことになりました。
ーそれと、事実上、実家を継いで頑張っている私の弟に二人目の子どもが産まれました。(12月23日)。名前は「達(いたる)」君。独身の私を後目に俗に言う「一姫二太郎」(長女は千穂(ちほ))で着実に家族を増やしています。何はともあれ、おめでたい。達君は、天皇誕生日(12月23日)に生まれてしまったが為に、これから一生涯、誕生日プレゼントとクリスマスプレゼントをまとめてもらうこととなるでしょう。これから、ずーっと、まとめてお祝いされる「いたる」。ちょっと可哀想カナ…(笑)。

 

2001年12月22日

「月刊 佐藤ver.2.0」12月号 でも告知しました、「日本-韓国4大学サッカー交流戦」<慶應義塾大学・延世大学(韓国) VS 早稲田大学・高麗大学(韓国)>の結果を見られるようにしました。毎日新聞のコピーです。私も観戦にいきましたが、残念ながら慶應義塾大学・延世大学(韓国)混合チームの惨敗に終わりました。

日本-韓国4大学サッカー交流戦結果

 

 

2001年12月22日

今年の大学の授業も終了し、正月休みに突入しましたが、課題が山積みのため、本日も大学に出てきています。(只今、大学)
忘年会も無事に終わり、そのうちの一つの忘年会を佐藤事務所で行ったため、大掃除も既に終わりました。昨日は、八木欣之助教授に提出するレポートも昨晩クリアし、本日、早朝に郵送しました。刻一刻と2001年終了へと時が刻まれてゆく…。さて、レポート作成に取り組むか。

蛇足:ただ今、佐藤の母校/日大藤沢高校 へ文中(index)からのリンクが完了しました。現在、学校長の半谷芳道 先生には私の在学時よりお世話になっています。
蛇足その2:ただ今、佐藤の実家「和風料理おかめ」へのリンクが完了しました。お近くにお寄りの際は、ぜひ、いらして下さい。

 

2001年12月20日

下記に加えまして、折角だからと言うことで、ついでに佐藤の献血検査結果も見られるようにしました。他人の検査結果など、興味もないとは思いますが、健康でがんばっていると言うことで、これも公開します。

献血検査結果

 

 

2001年12月17日

本日、献血カードを公開しました。
献血回数:136回(平成13年12月17日現在)
献血活動は、私のライフワークのようなモノで、高校時代より続けています。飽きっぽい私にしては珍しく長く続いている、ほとんど唯一の習慣です。体の丈夫さだけが取り柄の私ですので。(近ごろでは、早朝の駅頭立ちも習慣化しつつありますが…)
献血回数136回というと「眉唾」と言われかねませんので、(ちょっと悔しいので?)公開に踏み切りました<笑>。 ちなみに、「成分献血」という方法もありますが、私の体質には合わないらしくお医者さんにも止められました。私の場合は、軽い薬との不一致ということでして、一般の方には「成分献血」の方が体への負担は軽いそうですので、お時間のある方は、一度「成分献血」をお試しになることをお薦めします。こちらですと500円分の金券ももらえます。(私は貰ったことが無いので、ちょっと不公平感)

近頃、忘年会のシーズンと言うことで、私も毎日のように声がかかりますが、今度、私の事務所で鍋パーティーをやることになってしまいました。わざわざ学生が遊びにきてくれると言うのも嬉しいものですが、学生がうちに遊びにくると朝まで騒ぐので、御近所の方には、いつも御迷惑をお掛けしてしまい、非常に恐縮です。先日は、家のカギをなくした学生がうちにやってきて泊まっていきましたが、その時もかなり散らかっていたので、片づけておかないといけません。でも、こういう時でないと片付けられないというのも困りモノです。さぁ、片付け片付け…。

 

2001年12月14日

先の水曜日に慶大・弁論部の先輩(年下の先輩)とお会いしてきました。彼は、現在、国政に打って出る準備の最中でとても忙しい様子でした。彼は、私のこのHPを非常に誉めてくれました。また、お金を殆ど使わない「政治活動」に対しても非常に興味深げでした。(笑)「佐藤君のホームページは、自分の失敗談とかも平気で載せていて非常に楽しいし、好感が持てるよねぇ。普通、政治家のホームページって、カッコつけていてカタメの物ばっかりだもの。」
車が壊れた話とか、七沢の下草刈りの話とかを彼は、「自分の失敗談とか」とくくっている様ですが、私にはそのような自覚は全くありませんので、あしからず。(笑)Hさん、共にがんばりましょう!
ちなみに、本日の駅頭の早朝スピーチは、本厚木駅東口で「厚木市の公共施設に防火管理責任者を(3割の施設で)置いていなかった」ということを取り上げました。私の立場から無責任な批判ばかりを繰り返すというようなスピーチを早朝からは、あまり、やりたくなかったのですが、数カ月前の新宿歌舞伎町のビル火災の事もありますし、率直に私の意見を述べさせていただきました。この記事の詳細につきましては、後程アップします。

片岡研究会の皆へ:来週木曜日の忘年会は、エプシロン23教室(五限)に集合。研究会2の人で湘南台に直接行く人は連絡ください。(幹事より/佐藤知一 PHS:070-5379-7489)

 

2001年12月11日

近頃、忘年会が続いていますが、昨日の忘年会はとても楽しい集まりでした。
県央ホームジャーナルというタウン紙は厚木でもお馴染みですが、ここの「人・クローズアップ」という面白い活動を行っている人物を紹介するコラムがあります。 ここに登場した人たちの集まりが定期的に行われていて、昨日は、このメンバーが集っての忘年会でした。ピアノの弾語りやプレゼント交換などの企画もあり、気分的には、忘年会というよりもクリスマスパーティーのノリでした。また、参加者のお一人と話していくうちに私の同級生のお母さんであることが発覚したり、実家(七沢の和風料理おかめ)のお客さんだったりと非常に盛り上がりました。9時頃閉会という予定時間も大幅に過ぎてしまい(11時近く)お店にも御迷惑をおかけしました。
例によって、この時の写真は、のち程掲載します。

 

2001年12月10日

近頃、寒くなってきました。今日の早朝の駅頭立ちは、愛甲石田駅前の陸橋の上でしたので、横から吹き抜ける風があり、非常に寒かったです。でも、朝6時30分から立っていると陸橋の上から朝焼けが見えてとっても美しかったです。「月刊佐藤」を配付しながらも遠くに見える朝焼けに思わず見とれてしまいました。陸橋の上から丁度、駅を正面にして左側に見える厚木アクストビル(?)を背にしての朝焼けは、一見の価値ありカモ。でも、毎日の通勤で通っている人にとっては、見落としがちな風景なのでしょうね。

 

2001年12月9日

今日は日曜日ですが、登校し、PCと向き合っています。研究用の発表原稿がなかなかまとまらないので、学校にきて作業を行っています。昨日は、宮が瀬湖のクリスマスイベント(ツリー点灯式)に行ってきました。何でも天然木を使用したツリーでは日本一の大きさであるとか…。人も車も「すっごく」多く来ていました。
宮が瀬湖のクリスマスイベントも回数を重ね、もう既に人々に定着したイベントとなったようです。東京や首都圏からも多くの方が来ている様でした。写真は、後ほどUPします。25日までコンサートや甘酒配付などイベントも目白押です。一度、お出かけになることをお勧めします。
また、七沢の県立森林公園のジャンボ・クリスマスリースも是非、御覧ください。今回、私は私用と重なり備え付け作業には参加できませんでしたが、厚木玉川地区の方たちが毎年、架けている「ジャンボ・クリスマスリース」です。

詳細は「清川村HP」にて

 

「七沢のクリスマスリース」写真

それと…。
HPの表紙をちょっとだけ「クリスマスバージョン」にしてみました。年内にはもう少し、見やすいページに作り替える予定ですので、もうしばらくお待ちください。(さとう)

 

2001年12月6日

ひさしぶりの更新となりました。(大学のサーバーの調子が悪いらしく、先日、マックからのマウント接続が出来ませんでした。)
さて、先日の「八木研究会のゼミ合宿」。とっても楽しかったです。逗子市役所にて担当してくれていた職員の方も非常に優秀で、私達の疑問に対して明瞭なお答えをいただくなど、有意義な時間となりました。詳細については、写真入りで後日公開予定となっていますので、お楽しみに。さて、これからアラビヤ語の授業に行って参ります。

 

2001年11月30日

本日から、八木研究会のゼミ合宿を三浦市にて行います。今回は、私・佐藤が八木教授より直接、幹事を仰せつかりました。集合時間まで、あと数分しかないので詳しくは書けませんが、これから研究会(ゼミ)の皆で逗子市役所を訪問し、行政評価への取り組みについてレクチャーを受けることになっています。その後、皆で三浦市へ向かいます。報告をお待ちください。それにしても天気で良かった。

 

2001年11月27日

今年の三田祭が無事に終わりました。おかげさまで、弁論部の発表も一年生主体の実行委員の努力のおかげで成功しました。四日間(前夜祭を入れて五日間)に渡る長い学園祭も終わりました。関係者のみなさん、お疲れ様でした。

三田祭・写真及び報告はコチラ

只今、午後5時30分。アラビア語の授業を休んで(ずる休み)、松本研究会の授業を聴講しました。ユニクロ(ファーストリテイリング)社長の柳井正さんの講演でした。柳井社長は、大学では滅多に講演などをしないと言うことで、日大や玉川大学など他の学校からも聴講にきている程でした。間近に見た柳井社長は、小さかったです。しかしながら、声調はパワフルで、圧倒されるような存在感がありました。気に入った言葉も幾つかありました。時期を見て御紹介していきます。

 

2001年11月20日

今日は、1、2時限以降は、三田祭の準備のために休講となります。気のせいか、技術政策論の受講者もいつもよりも少ない感じがしました。学校は、平日とは思えない程、スカスカです。
さて、いよいよ「三田祭」が始まります。部員のみんなも気合いが入っていますので、ぜひ、講演会を見にいらして下さい。(詳細については、下(11/16の広報文)を御覧下さい。)

 

2001年11月19日

昨日は「神奈川県下中学校・高等学校弁論大会」が、私の母校である日大藤沢高校にて行われ、見て参りました。前半が中学校弁論大会、後半が高等学校弁論大会という構成で、私の後輩も高校の部に出場し、見事、最優秀賞を受賞。弁士として出場した生徒は、中学生も高校生も非常にレベルが高く本当に感心しました。六大学弁論大会や早慶新人弁論大会にスグにでも、出場出来そうなレベルの高校生もいました。高いレベルの弁論を聞くことが出来、先生方にも久しぶりにお会いすることも出来、気分の良い一日でした。

 

2001年11月16日

私の所属する、慶大・弁論部の三田祭企画の広報文です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
来たる11月25日(日)、慶應義塾大学の学園祭「三田祭」におきまして、慶應義塾大学弁論部主催の講演会企画『国際テロと日本』が行われますのでお知らせします。9月11日の米同時テロ攻撃事件は21世紀の国際政治の方向性、そして我が国外交のあり方に根本的な見直しを迫りつつありますが、それにどう対処すべきかということにつきましては、アフガニスタン情勢が流動的なこともあって、未だ明らかではありません。そこで本企画では、これまでの日本外交の軌跡やアフガンスタンの歴史をわかりやすく解説しながら、今後の日本外交のあり方を探って行きたいと考えております。 なお、本企画の講評者に、外交評論家で「岡本アソシエイツ」代表・内閣参与の岡本行夫先生、及び国際政治学者で民主党代表安保問題アドバイザーの長島昭久先生をお招きしており、当日はフロアと先生方との質疑応答も予定しております。 皆様の御来場を心よりお待ち申し上げております。
■1、企画名称
『国際テロと日本』
■2、日時・場所
平成13年11月25日(日)(三田祭最終日) 午後1時~午後4時30分(予定) 慶應義塾大学三田校地・519番教室
■3、企画目的・内容
日本国憲法前文には、以下のようなくだりがある。「われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永久に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ」と。
戦後56年間、日本は国民の不断の努力で、戦争で叩きのめされた三流国から、世界第二位の経済大国にまでのし上がった。経済的には確かに、『名誉ある地位』に上り詰める事が出来たと言える。
戦後日本が関わってきた戦争を三つ挙げるとすれば、それは朝鮮戦争、ベトナム戦争、そして湾岸戦争だ。経済発展の途上にあった日本は、朝鮮戦争、ベトナム戦争では基地を提供する程度の負担で、莫大な『特需』の恩恵をこうむった。 しかしながら、湾岸戦争では勝手が違った。大国となった日本にも相応の負担が求められる事になった。このとき、国論を二分する議論の果てに出た結論が、多国籍軍へのおよそ一兆円の供出、そして戦争終結後の掃海艇の派遣だった。しかし、国際社会ではこれが評価されるどころか、戦勝広告には”JAPAN”の文字が無く、また”too little, too late”と批判すら招いた。このときの『敗北』は日本外交のあり方を問い直すものであった。
『名誉ある地位』とは何なのか。その答えを出せぬまま、政治は混迷を深め、強かったはずの経済も低落している。 あれから10年。突如としてアメリカを襲った卑劣なテロは、再び日本人に湾岸戦争の悪夢を思い出させ、日本に答えを迫っているかのようにも見える。 今回の企画では、日本外交が湾岸戦争の失敗から何を学び、今回の米国同時テロ攻撃事件に対してどのような理念で何を貢献するべきかを、アフガニスタン情勢にも言及しつつ、ゲスト講演者である岡本行夫先生及び長島昭久先生と共に考えていきたい。
■4、企画形式
・ 第1部 プレゼンテーション「国際テロと日本」(約40分間)
・ 第2部 長島昭久先生講演(約50分間)
・ 第3部 岡本行夫先生講演(約50分間)
・ 第4部 パネルディスカッション、質疑応答
■5、講評者
●岡本 行夫(おかもと・ゆきお)先生
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
外交評論家・株式会社 岡本アソシエイツ 代表
1945年神奈川県生まれ。
1968年一橋大学経済学部卒業、外務省入省。OECD日本政府代表部(パリ)、経済局国際機関第一課・首席事務官(貿易交渉担当)、北米局北米第一課・首席事務官(総括担当)、カイロ日本大使館・一等書記官(中東和平交渉担当)、ワシントン日本大使館・参事官(アメリカ内政担当)、北米局安全保障課・課長、同局北米第一課課長等を経て、1991年外務省退官。
ホームページ:http://www.yukio-okamoto.com/ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●長島 昭久(ながしま・あきひさ)先生
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1962年(昭和37年)2月17日神奈川県横浜市生まれ。39歳。
慶應義塾大学大学院博士課程(憲法学専攻)、東京文化短期大学講師(憲法学)、石原伸晃衆議院議員公設第一秘書を経て、1993年米ヴァンダービルト大学客員研究員。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■6、主催
慶應義塾大学弁論部
http://www.geocities.com/benronbu/

 

2001年11月12日

本日(朝)は、愛甲石田駅にての月刊佐藤ver.2.0(11月号)の配付をしました。先週は、階段前(入口下)での配付をしましたので、本日は陸橋上にて配付しました。少なくない人に「がんばれよ」という声をかけて頂き、非常に気分の良い2時間でした。終了時間の8時30分頃から雨が降り始めたので、その意味でも良かったです。

 

2001年11月11日

昨日は、中学校の時の同窓会を行いました。もう既に卒業から17年程経っていますので、クラス40人の内、13人が転居先不明となっている中での呼び掛けでした。(私も呼び掛け人の一人となりました)人数的には、10人程でしたが、みんな元気で本当に楽しいひとときを過ごしました。やはり、同窓生は本当に良いモノです。私は朝の3時半まで付き合いましたが、二次会(三次回?)までは、ついていけませんでした。みんな、32歳(私はまだ、31歳)なのに非常にタフです。(笑)
本日は、弁論部のミーティングがありました。三田祭の準備もいよいよ本格的になってきました。ゲストも大物が来るそうです。愉しみにしていて下さい。

 

2001年11月9日

私の所属する八木研究会の合宿が、11月下旬に予定されています。今年の合宿は、三浦で行うことになりました。行政評価の実体を知るべく、ただ今これに取り組んでいる逗子市を訪れて職員の話を伺おうと依頼の手紙を市長室宛にファックス入れたら、30秒で本人から、直接電話がありました。(笑)(ホントの話)
長島市長とは、ほんのちょっとだけ面識があったとは言え、フットワークの軽さには驚き!議会がオール野党に近いので色々と批判やトラブルが言われていますが、私は、非常に評価しています。12月議会があるので、市長本人が会えるかどうかの確約は取れないそうですが、「市長室に顔を出して下さい。居れば、会えますので。」と言っていました。今から楽しみです。
ちなみに八木研究会の八木欣之助教授は、元自治官僚(内閣法制局審議官)で、元自治大学校の副校長だった人です。官僚上がりとは思えないフレンドリーさが、好きです。

 

2001年11月6日

本日、本厚木駅南口にて配付する予定でした「月刊 佐藤ver.2.0」11月号は、雨のため、延期致しました。木曜日に入れ替えて、配付する予定です。

 

2001年11月5日

書き忘れていましたが、私の自動車が無事、完治致しまして、今日は、車にて学校に来ました。じてんしゃも魅力があり捨てきれませんが、やはり、自動車は非常に便利です。(笑)
朝方は、愛甲石田駅にての駅頭活動でしたが、声をかけて下さる人も多くいて非常に気持ちよく出来ました。非常に感謝致しております。
お知らせ:・11月17日(土)にSFCにて学生ベンチャーフォーラムが開催されます。

 

2001年11月4日

「月刊 佐藤ver.2.0」11月号にも載せていたので、一部の人にはお知らせいたしておりました「七沢 森のまつり」が昨日、無事に終わりました。
私は、スタッフの一員として参加しておりまして、抽選会場の担当でした。天気予報では、午前中からも雨が降るかも知れないとなっていましたが、少し遅れて、一時過ぎから降り出しました。しかしながら、地元以外からも沢山の人々がやってきてくれて、非常に盛況の内に無事、終了いたしました。スタッフでの全体反省会は、後程のようですが、昨日、終了後、片付け・集計を兼ねての集まりの中でも「途中から雨は降ってしまったが、出店各店鋪も売り上げは上々のようだったし、来客も多く来たので、大成功としましょう。」ということを話していました。びしょ濡れになってしまわれた方も多くいられたと思いますが、参加者、関係者ともにお疲れ様でした。

 

2001年11月1日

ちょっとばっかり休みが続くと、隔日更新とはいきませんね。(慶応大学では、東京六大学野球「慶大×早大」戦の最中は、大学の授業が全て休講になります。)
さて、今日も天気が良かったので自転車で大学まできました。初めての時とは違って、気分的にはすっきりとこれました。(でも、時間的には、40分かかり、ほとんど変化無しでした。)
「月刊 佐藤ver.2.0」11月号本日、発行しました。お読みでない方は、速めにアップしますので、お許しを。明日は、本厚木駅東口にて朝6:30から8:30まで、配付予定です。

 

 

2001年10月24日

この日は、本厚木駅北口で、いつものように駅頭での早朝ライブをやろうとやってきますと、先客がいらっしゃいまして、私は挨拶のみを先方が終わるまで行い、その後に時間をずらして行いました。
すると、10月11日(↓)の日記にも書いてあります、いつも、大きい声で挨拶を返してくれる高校生(?)のN藤さんがトコトコとやってきて、私の前で、おもむろにお菓子が一杯つまった鞄をあけると手帳から「プリクラ」を2枚プレゼントしてくれました。先日のお礼だそうです。(笑)嬉しかったです。

 

2001年10月22日

今日は、月曜日なので愛甲石田駅にての朝の駅立ちでした。
朝6時30分から8時30分までなのですが、今日は、いつもの下ではなく陸橋上で「月刊佐藤10月号」を配付してきました。ので、ひょっとしたら、気が付かれなかった方もいらっしるかも知れません。(見上げれば、下からも陸橋上に見えるのですが…。)
蛇足ですが、最近、私の愛車、ホンダの軽ワゴンの調子が悪くて困ります。信号待ちの時にアイドリングしているとエンジンが、止まってしまったり、エンジンがかかりにくくなってしまっています。寿命でしょうか?五月に車検を通したばかりだったのに…。ショックです。経済的にも非常に痛い。(ホントの蛇足でした。)

 

2001年10月18日

実は、今週の月曜日(愛甲石田)と水曜日・木曜日(本厚木駅北口)と駅頭立ちを行っていません。
ちょっと、風邪ぎみになってしまいまして、大事をとって休んでいます。ここのところ、学校の方もいろいろと用事が立て込んでおりまして、私が寝込むと仲間にも非常に迷惑をかける可能性があるので、ということです。先週、雨の中、雨カッパを着て行ったのが、良くなかったのかも知れません。
また、来週月曜日から、行ないますので、見かけましたら、声をかけてやって下さい。もちろん、これからも雨の中でもやるつもりでおりますので、宜しくお願いします。さとう

 

2001年10月16日

10月13日(土)ー 先週末は、久々にアクティブでした。13日は、前述の通り、大学のサークル「ペピン結構設計」主催の「地獄」というお芝居を観てきました。題名が題名だけにどうかとも思いましたが、非常に楽しみました。「麻布die pratze」という場所も初めてで、始まる前は「こんな狭い場所で演劇なんかできるのかな?」と思っていましたら、とんでもない間違いで、あの狭さが見事に劇の演出に奥行きを加え、途中から劇に引きずり込まれました。これ迄、あまり、こうしたインディーズ系(?)の演劇を見る機会がありませんでしたが、今回で癖になりそうです。(笑)
10月14日(日)ー この日は、慶応大学のOB達の文化祭「連合三田会」があり、私は弁論部員としてOBのお手伝いに参加してきました。しかし、すごいですね。人数も凄いですが、アトラクションとして行われる福引き(?)が、また凄かった。福引き券は10枚で1シート(バラ売りも可)で、売り値は「1万円」。そして景品は、車やノートパソコン、海外旅行とかイロイロたーっくさん。車もピッカピカのアウディーとか、アルファロメオとか、トヨタとか4-5台はありました。私も弁論部OBの方から、福引き券を4枚程頂きまして、「あのトヨタが欲しいな」とか考えていたのですが、当たりませんでした。得てしてこういうモノは、貧乏人には当たらないもんです。嗚呼、残念。また、来年だ!
AND…。
そうです。この日、6大学野球にて慶応の優勝が決まりました。全勝で決めたそうですが、私は仲間と28日の最終戦(慶応×早稲田)に行く予定なのに楽しみ半減。(ちょっと贅沢ですか…)以下は、政治システム論15班メンバーからのメーリングリストの抜粋です。

> 慶応開幕から八連勝ぐらいで優勝したらしいね。
> 待て待て待て。。。
> あの春の弱かった慶応はどこへいったーーー???
> 意味わからんわ。
>
強くなった理由のひとつが、俺の志木高野球部時代のエース清見くんです。
2年生ながら今期すでに4勝をあげました。
ホントすごいよ。
防御率がなんと6大学の全ての投手中トップで0.90です。
登板はいつも第二戦なので、今度の日曜にも登板すると思います。
前の早慶戦は散々な結果だったので、今回はやってくれるでしょう!!

僕の顔に免じて、応援してあげてください。」
ということでした。

 

2001年10月11日

昨日、今日と本厚木駅の北口にてのストリートライブ(街頭演説)でした。昨日は雨と風が凄くて閉口しましたが、今日は風もなく良い天気となりました。朝はちょっと冷え込みましたが、今日は半袖で十分な程、暖かくなりそうです。今朝は、ちょっと、ドタバタしました。(笑)。いつも、小中学校時代の同窓生には声をかけられる事も多くありますが、今日は、日大藤沢高校・少林寺拳法部の同窓生にN村君に声をかけられました。懐かしい再開でした。それに、いつも、大きい声で挨拶を返してくれる高校生(?)のN藤さんからは、新しい革靴なので靴ズレをおこしたので、絆創膏が欲しいとのヘルプ…。(笑)。小田急線の特急券の窓口の方にお話して、絆創膏を頂きました。突然、「絆創膏ください」とやってきたので驚かれていましたが、とても親切な対応でした。(ありがとうございました。無理を言いましてすみませんでした。(^^;…. )彼女は軽い知的障害を負っているようですが、早朝でも、いつも私を励ましてくれる本当に力強い応援団の一人です。「今日は寒くて気分がのらないなぁ。」という時でも彼女の元気のいい「おはよう」の一言は、私の元気のモトです。来週の水曜日・木曜日もよろしくね。(明日は、本厚木駅東口です)

 

2001年10月9日

本日も、本厚木駅南口にて朝6時30分から8時30分まで、ストリートライブ(街頭演説)をしていました所、慶応OBの方より声をかけていただきました。最近は、厚木市在住でない方より「月刊佐藤」を手に取ったことでメールを頂く機会も増えて参りました。非常に有り難く、勇気も出ます。
先週の金曜日には、本厚木駅東口にて、慶應義塾の警備員としてずっと働いていられて数年前に引退された方より、「あんたがガンバンないと厚木は、ちっとも良くならん!」と叱咤激励を受けました。

さて、ここで、ちょっと仲間の宣伝です。私の友人達がライブ(演劇)をします。10月の12日から14日までで、場所は「麻布die pratze」で 主催は、「ペピン結構設計」大学のサークルです。演題は「地獄」。お値段は、1500円。(当日は1800円)(^^;
どうなんでしょうか?(笑) 私も見に行く予定ですので、感想ものち程、ここにアップいたします。 会場が慶応の本校舎のある三田の近くですので、厚木の方には少しばかり遠いかも知れませんが、ぜひ、いらして下さい。
詳細は、ホームーページ http://pepin.on.to まで

 

2001年10月4日

語学教育で有名な、慶応SFCにせっかくいるので、今年度は、ひと味違った語学を学ぼうと思い立ち、アラビア語を履修しました。昨年9月には、某国大使に同行し、中東諸国を廻る貴重な経験をしたことが、そのきっかけとなっていますが、もう一つの理由には、御推察の通り、全米同時テロの影響もありました。
私の親しい学生仲間にも、先のNYテロで仕事中の父親が襲われ階段を降りて逃げ延びたという者がいたり、うちの教授3人が 実際にNYにて、体験したりといったことがありましたので、テロは身近に思えて非常に恐いですが、こんな時こそ理性的にふるまうべきであると考えています。そこで、少しでも彼らの気持ちを知る努力も必要であろうと考え、アラビア語を履修しました。(でも、アラビア語は難しいです。)

 

2001年10月2日

大学の秋学期の授業が始まり、一週間が経ちました。もう少しすると、バタバタも落ち着くのでしょうか?
さて、昨日(10月1日)「月刊佐藤 ver.2.0」10月号が刷り上がりました。本日から、9月号と合わせて、本厚木駅で配付を始めました。(本日は北口)明日は、6時30分から8時30分まで、本厚木駅南口にて配付致します。9月から始めました、駅頭での街頭演説(通称:ストリートライブ)ですが、曜日のほうも、そろそろ固定していきます。「月曜日ー愛甲石田駅、火曜日ー本厚木駅南口、水曜日ー本厚木駅北口(正面口)、木曜日ー本厚木駅北口(正面口)、金曜日ー本厚木駅東口」を 基本としますが、他の方との競合や祝祭日により、入れ替えることがあります。(例えば、月曜日の愛甲石田駅は、台風と祝日で先月は二回しかできませんでした。また来週も祝日ですので、明日(水曜日)を本厚木駅南口として、明後日(木曜日)に愛甲石田駅にて「月刊佐藤 ver.2.0」10月号の配付を行います。)
時間は基本的には、6時30分から8時30分までですが、他の方との競合した場合は、9時30分まで行うこともありますので、見かけることがありましたら、声をおかけください。
※ 「月刊佐藤 ver.2.0」10月号ームページへのアップも近々に行います。

 

2001年9月28日

今週から授業が始まりました。どれも魅力的な授業で、履修に困ってしまいます。今学期は、地方自治の専門家である八木先生と片岡先生のもとに御世話になり、鍛えなおしてもらうつもりです。2つの研究会(ゼミナール)の掛け持ちと言うことになりますが、非常に楽しみです。
昨日は、朝まで生テレビやサンデープロジェクトなどに良く出ている衆議院議員・中田ひろしさんのお話を聞いてきました。 (http://www.nakada.net/)
慶応大学弁論部の”O”先輩が先日まで、中田議員のもとで秘書をされていて、ずっと会いたいと思っていました。 “O”先輩には、非常に可愛がって頂いていますが、中田議員は、お話で聞いていた通り、良い意味でイメージ通りの方でした。また時間を見つけて、お会い出来たらと思っています。

 

2001年9月21日

本日から大学の秋学期が始まりました。とは言っても授業は来週からで、本日は9月入学生のための入学式が行われているようです。
さて、19日に県の基準地価が発表されました。住宅地で11年連続、商業地で10年連続の下落となりました。重ねて、非常にショッキングだったのが、厚木市の商業地価の下落ぶりです。下落率ワースト10のうちの上位3位までを厚木市(本厚木駅周辺)が”独占”してしまったからです。前回の厚木市議選挙で、私が落ちて事実上、本厚木駅を地元とする議員はいなくなってしまいました。少なからずも責任を感じています。二重の意味で、本当にショッキングでした。
どこもかしこも景気が悪くて、「厚木だけじゃないよ」という言葉も少し寂しく感じられます。東京が元気がなければ、日本の元気はあり得ないと言った人もいますが、本厚木駅周辺の元気がなければ、厚木市全体の元気もあり得ないでしょう。地元への利益誘導の政治からの脱却を真剣に行わなくてはいけません。

 

2001年9月15日

私の友人が複数人、アメリカに行って帰ってこられません。
連絡つかず、というか連絡先知らない学生の知人もいます。その友人の一人の渡航先というのは、アメリカで、彼はユナイテッド航空の周遊券を買ったそうなのですが、サンフランシスコに着いた翌日か翌々日に例の事件で空港が閉鎖され、サンフランシスコから動けない状況となっているそうで す。休みの度に御家族のいるニューヨークに行っている、O.N.君は、やっぱりNYに行っているのでしょうか。ちょっと心配です。春にはエアメールをくれて、今回はそれがないので、もしかしたら行っていないのかも知れませんが…。

さて、本日は本厚木駅の東口にて街頭演説を行いました。現在は、他の方々が議会のため来られない様なので暫定的ですが、月曜日から金曜日の毎日、本厚木駅の南口、北口、東口、および愛甲石田駅にて 曜日を決めて、朝の6時半から8時半まで2時間話しています。 勿論、声帯が強いことだけが取り柄の私ですので、2時間は、休みなく喋りっぱなしです。
地元でない友人からも「街頭演説、聞きたい」とか「どんなことはなしているの?」というような質問のメールを受けましたので、どんなことを喋くっているのか、下に紹介いたします。(毎朝2時間も話しているので、トピックは色々ありますが、今日話したことの一部だけ紹介…。)
「少々、不謹慎かもしれませんが、経済についての影響について語ります。東証株式市場が5%下がると20兆円の損害が出ます。昨年までのバブルでの損害が、600兆円だから、とても大きな被害です。これで来週、NY株式市場が開くと、ほとんど確実に下落してこの時もまた、東京も影響を少なからず受けるでしょう。この不況時に2度の大幅な下落は、私達の生活に取っても深刻です。やはり、足腰の強い地方自治体を作らねばなりません。中央の予算のおよそ8割は、3300ある地方自治体で使われるのですから、構造改革も中央と地方の両方で進めていかなければなりません。」っと 言う感じです。また、報告します。

 

2001年9月12日

今日、夜10時頃帰宅してびっくり。
ニューヨークの世界貿易センターや米国国防総省が、火の海となっています。まるで映画か何かの様で、現実のものとは思えない。阪神大震災をテレビで見た時のことを瞬間的に思い出しました。あの時は実際に物資を持って現地に駆け付け、テレビ以上の悲惨さに二度驚きましたが、おそらく今回のマンハッタンの惨状もテレビ画面の比ではないのでしょう。現在、午前3時。火の手は消えません。私の慶応の学生達数人は、この夏休みをニューヨークで過ごしているはずだったような気がする。(慶応にはNY校があり、親がNY在住と言うのも珍しくないが、)まさかとは思うけど大丈夫だろうか? 心配だ。
また、景気も心配。ドイツ・ダックス(証券市場)は、このニュースを受けて6%も下げたそうだ。日本でもこの影響を受けることになると思うが、その後、きちんと立ち上がれることができるだろうか?

 

2001年9月9日

台風直撃の可能性あり。さて、明日の駅頭は出来るのか?

 

2001年9月5日

9月に入って、朝の駅頭での演説を始めました。
ひさしぶりなので、弁説滑らかとはいきませんが、中には、覚えていてくれた人もいてくれて、とっても嬉しいです。同級生のs井君も、肩を叩いて、応援してくれました。
他の方々も、定期的(もしくは不定期)に朝の駅頭演説を行っているようで、曜日と場所を決めて行うことは、今のところ、難しいようです。(既に月~金まで、埋まっていて、私の入り込む隙間がない!<笑>)でも、できるだけ曜日を固定し、時間も朝の6:30から8:30までと決めて、朝の挨拶を行っていくつもりですので、小田急線本厚木駅、もしくは、小田急線愛甲石田駅にて見かけたら、声をかけて下さい。
今月には、学校が始まりますが、早朝に駅頭でマイクを持って御挨拶した後に登校という事を習慣にしようと、決意しています。サボらないように応援して下さい。曜日や時間など決まり次第、このページでお知らせいたします。

 

2001年9月1日

早いモノで、今日から9月です。
大学の夏休みは、今月一杯まであるので、海外からのメールが、わんさと届いてきています。非常にうらやましい。私は、地道にアツギ市内をまわっています。声をかけていただいたり、覚えていて下さる人と出会った時は、有り難さに震えてしまいます。
P.S.: K星さん、わざわざ、マンションの階段を降りてきて声をかけて下さり有り難うございました。

 

2001年8月30日

今日は、同級生のK君のやっている床屋さんにいって来ました。久しぶりだったので、「こんな時にしか、お前はこない」とイヤミも言われましたが、やはり、地元の同級生は、温かかった。「こうしたらいい、ああしたらいい」と、率直な意見をぶつけてくれる。
でも、きちんと地に足をつけて生活をしている同級生の前に出ると「奴には、かなわないな」と思えてしまいます。そんな彼も、31歳、髪こそ、黄色く染めてはいても、もう立派な床屋のおやじです。

 

2001年8月27日

さきほど、トップページからの「01/8/23UP ー佐藤知一・思い出のアルバム2」へのリンクミスが分かりましたので、修正いたしました。メールで教えてくれた、旭町のMさん、ありがとうございます。

 

2001年8月26日

慶応大学弁論部OB会の集まりに出席してきました。
これは日本橋の会員制「ユニコン倶楽部」というところで 月に一回、行われる集まりなのですが、今回は、7月の東京都議会議員選挙に出馬し、当選された青木議員(民主党)と秋田議員(自民党)の当選祝いも兼ねての集まりでした。佐藤は31歳と年齢的にもOBでも通用するということでOBの皆さんから、今回から特別に月一回の会合への出席を許されました。メンバーは、各界からの政治家や財界人など、蒼々たるメンバーでした。会費の7000円を支払うのもやっとという佐藤は、非常に「場違い」な雰囲気。学生達との居酒屋での討論からも得るモノは大きいですが、こうした方々のお話からも多くを学びました。慶応OBの小泉首相の裏話など、いろいろ聞けて楽しかったです。今から次回の出席が楽しみです。

 

2001年8月23日

暫く、更新をさぼっていたので、書き込み多いですが、気にしないで下さい。(笑)
日本大学第三高等学校が、甲子園で優勝しました。見事な勝利です。打線が素晴らしい
優勝が我が母校、日大藤沢高校でないのは残念ですが、私も進学を考えた日大三校の優勝は、ちょっと嬉しい。確か、慶應義塾の応援団長(?)の出身が、日大三校だったし、我が慶大弁論部のI・Kさんも日大三校出身だった。(でも彼女は、以前、私との「日大付属」話をした時に「日大三校は嫌いだ」と言っていた気がする)何はともあれ、関東勢が勝ってよかった。次は、日藤だ!

 

2001年8月23日

大型で速度の遅い台風が、ようやく関東を過ぎ去りました。今日は、台風一過で非常に良い天気です。このまま、週末まで晴れた日が続くことを希望します。明日は、横浜スタジアムへ横浜ーヤクルト戦(当然、プロ野球)を観戦しにいきます。25日は、弁論部のOB会の祝賀会があって、26日は、また、横浜ーヤクルト戦を見に行く予定です。ちなみに「横浜ーヤクルト戦」にチケットは、知り合いから貰ったものです。25日の祝賀会は、会費が7000円と貧乏学生としては、非常に痛い出費ですが、先輩達の当選祝いですから仕方ありません。でも、先輩方とお話しするのは、愉しみです。

 

2001年8月23日

昨日の台風で、厚木のIさんが、お亡くなりになりました。
川で流され亡くなられたのが、厚木市寿町の男性という報道が流れ、心配した学生から数本電話がありました。彼らは、うちに泊まりに来る学生達で、春には、近くを流れる相模川で花見をしたりもした為、気に留めていた様です。亡くなられたIさんは、私の近所の方です。慎んで御冥福をお祈り致します。

 

2001年8月23日

ちょっと、飛んで、本日は、8月23日です。
現在、配布中の「月刊 佐藤 ver.2」9月号には「佐藤知一の独り言・一を言って十を知リたい」は、隔日更新と(うっかり!?)載せてしまいました。色々とありまして、更新出来ませんでした。この場を借りましてお詫びします。できるだけ、更新しますが、意気込みだけ空回りしないようにしたいモノです。物理的に無理な場合は、毎週更新にします。(笑)許して下さい。

 

2001年8月15日

これまで、休んでいた新聞づくりを再開しました。
前回の 「佐藤知一とあつぎ未来派!新聞」という名前も改めました。新しい名前は、「月刊 佐藤 ver.2」です。月刊××というのは、私の前回の選挙落選の折にも声をかけて頂いた長島一由・逗子市長の「月刊長島」から頂きました。本人からの了承は取っていません。(やはり、取るべき???) 「ver.2」というのは、新しくなって、「よりグレードアップした佐藤を知ってもらうため」のものです。我がSFCでも、SFC バージョン2という言い方をしています(おそらく佐藤マサピコ教授のアイデアでしょう)が、これは、偶然の一致です。(笑)
「月刊 佐藤 ver.2」9月号は、現在、厚木市内に於いて配付しておりますが、メールを頂ければ御希望の方には、郵便で送付いたします。近いうちにHPにもアップ致しますが…。待切れないと言う、奇特な方は、是非、御連絡を下さい。

 

2001年8月12日

慶応大学弁論部の合宿に行ってきました。
弁論部の合宿とあって、まぁ、喋る喋る…。2日間、丸々話し(&議論)ていました。初日は、夜が深けて、朝になっても議論し続けました。こういう体力勝負的な議論も、青臭くて非常に良いモノです。2日目の夜は、近くに住むOBの方々が、我々を「夕食&飲み」に招待してくれました。皆様、それぞれに代議士秘書であったり、色々と立場はお有りのようでしたが、この場だけは、与野党を超えて先輩と後輩の立場に戻る様です。
25日にも、先日の東京と議会議員選挙に出馬し、当選されたOBの方達との会合があります。心構えなどをじっくりと伺って参りましょうか…。

 

2001年8月7日

明後日(8月9日・10日)から、弁論部の合宿があります。学生でもある大仁田厚・参議院議員は「若い世代の率直な本当の意見を聞くには、同じ目線に立たないと全く伝わらない。ある種の周波数があるんですよ。」と言っていましたが、全くその通りだと思います。やはり、教員としてではなく、「同じ学生」として真摯に付き合うことで彼らから学ぶことは多いです。創立から127年の歴史を持つ慶応大学弁論部の合宿は、今でも朝から晩まで主張と議論が続きます。それは時として非常に青臭い議論ともなりますが、正しいことが正しいと主張しかねる現代に於いて、ここは非常に魅力的で貴重な場であるとも言えるでしょう。楽しんできます。

2001年8月6日

佐藤知一の通う大学(慶應義塾大学 湘南藤沢キャンパス<SFC>)について:

私の歳で大学に通うと刺激も多くとっても楽しく面白いですが、違う意味でも、この大学(慶應義塾湘南藤沢キャンパス)は、とっても面白いところです。
ココは通称、SFCと呼ばれており、総合政策学部と環境情報学部、看護医療学部、そして大学院からなっています。慶應義塾大学の学部の一つなのですが、現・千葉商科大学長の加藤寛先生が中心となり12年前に出来た新しいキャンパスです。
ココの学生は、外国語とコンピュータに強いと評判の様ですが、入学すると直ぐにパソコンのプログラミングを一人一人叩き込まれ、英語はもちろん、それ以外の言語も、最低一つはモノにするように叩き込まれます。(いわゆる「3年生までは一般教養」という常識はないようです。)
常識から言えば、ココは、かなり他の大学とは異なります。
通常3年生になってから入る研究会(ゼミ)にも一年生から入会することができ、大学院生と共に最先端の専門研究をする事も許されます。(佐藤も地方自治政策で有名な片岡先生に師事しています。)また、学生には、キャンパスも24時間開放していて休日や真夜中であっても大学にいって研究を続けることも出来ます。(女学生もいるので安全は十分考慮されています。)そして、(話すと一様に驚かれるのが)慶應の藤沢キャンパスでは、授業中に飲食が許されている点です。たとえ教授の目の前で授業を受けていても弁当を広げて食べながら聞いていて良いとなっています。実は、昼休みの時間を十分に取っていないので、アメリカの大学に習ってこれを取り入れたそうです。私は、はじめでこそ「教室を抜け出して弁当を食べていましたが、その間、授業を受けられない事は私にとって大きな損失である」という理由と「急いで食べると体にも悪い」という理由で、時間が取れない時は、遠慮しつつ、授業中に弁当を食べています。
しかしながら、別項でも述べていますが日本の食文化を思うとこれは、あまり良い事であると私は思っていません。

・慶應SFCの教授陣:
学生に限らず教員たちも非常に多彩です。講演での観客動員記録でビル・ゲイツを抜いたという、ミスターインターネットこと村井純教授、TV朝日サンデープロジェクト出演の草野厚教授、慶應幼稚舎の校長先生でもある金子郁容教授、ゲノム研究の冨田勝教授、電気自動車の清水浩教授、「団子三兄弟」の佐藤雅彦教授、精神医学の小此木啓吾教授など数え切れませんが、今回の参議院選挙に東京から出馬し見事に当選された鈴木寛議員も4月までは、助教授をされていました。

また先の組閣で大臣となられた竹中平蔵先生も大臣就任前までは、佐藤のいる総合政策学部の教授でした。ちなみに竹中先生は現在も無給の講師として大学へ来られて学生の指導をされています。

==<PFI(プライベート・ファイナンス・イニシアティブ)について>=========
近頃、PFIという言葉が、流行っているけど、私はちょっとインチキだと思う。
今、これだけ地方財政の足を引っ張っている「『第3セクター』と何が違うの?」と聞きたいです。80年代に「民間活力の導入」という言葉が飛び交って、あちこちに「第3セクター」が現れ、ことごとく失敗してしまった事を忘れてしまったのでしょうか?この頃も「シルバータウン」とかいう言葉も飛び交っていました。今、政府がうたっている「PFI」と「第3セクター」の明確な違いを解り易く説明して頂きたいです。後輩として、そして教え子として過去のように失敗をしないという理由を聞いてみたい。もう少し、勉強して、教授や学生たちの意見も聞いてから意見をまとめるつもりですが、今のところの私のスタンスは、新しい事へのチャレンジは良い事だけど、中央が無責任に囃し立てて、地方議員がそれに乗って地方の借金をこれ以上、増やさないようにと祈るばかりです。
先日も英国のPFIの成功例として「学校を民間に任せる」ことをテレビでやっていましたが、私は「問題になっている私立学校への助成金は何? これに近い事は既にやっているじゃん」と考えています。民間の資金とノウハウを活用し、公共サービスの提供を民間主導で行うことで、効率的かつ効果的な公共サービスの提供を図るという考え方だそうです。
日本PFI協会によると、「サッチャー政権以降の英国で「小さな政府」への取り組みの中から、公共サービスの提供に民間の資金やノウハウを活用しようとする考え方として、PFIは1992年に導入されました。PFIの考え方は英国で生まれた構想でありますが、これに類似した公共事業分野への民間参画の取組は世界各国においても行われており、PFIは「小さな政府」や「民営化」等行政財政改革の流れの一つとして捉えられるものです。 VFM(ヴァリュー・フォー・マネー)はPFIの基本原則です。 PFIは過去に日本国内では、ほとんど例のなかった本格的なプロジェクトファイナンス導入へもつながるものと期待されています。ただし、PFI事業は幅広い分野で検討されるべきものであり、PFIの手法の適用しやすい分野から導入を進めて行くのがのぞましいでしょう。」とのことです。
===========================================

2001年8月6日

「七沢『もみじの里』下草刈り体験記」

8月4日(土)、5日(日)と七沢「もみじの里」の下草刈りに参加しました。
七沢「もみじの里」とは、七沢観光協会が中心となっている「七沢里山づくりの会」が、「七沢にもハイキングの合間にでも休むことができる場所を作りましょう」というアイデアから生まれました。(厚木の木=もみじ)。
とは言え、実際はとっても大変です。もみじがたくさん植えてあるのですが、山野ですので、きちんと邪魔になる雑草や弦草を払ってやらないとすぐに雑草で埋まってしまう。

昨年の下草狩りは、参加できなかったので「今年こそは」と張り切って参加したのですが、やはり、暑くて暑くて死にそうでした。特に4日(土)は、本当に凄かった…。(5日は、ちょっと涼しかったけどね。)
と、偉そうに書いてはいるが、実際の佐藤は、かなり足手纏いだったかも知れません。参加者は地元の七沢観光協会の人だったのですが、私が最年少。一目で分かります(笑)。あの辺の人たちは皆、兼業農家といってもいい程、畑を持っているし、山も持っている様な人ばかりの所謂「農のプロフェッショナル」です。爺さんと言えども精鋭ぞろい。私は、酷暑と運動不足と慣れない鎌で、開始30分で、足下はフラフラで腰が抜けそうで膝はガクガクになるし、服は汗でビショビショだし…大変でした。一番若い私が一番早くばててしまうという情けなさでした。
でも、仕事が終わった後、皆で飲んだビールとつまみと弁当は旨かった。
そして、働きの悪い佐藤にも、皆さんは優しかったです。
「やるじゃねーか。見直したゼ。」と声をかけてくれた○○旅館の旦那さん、ありがとう!
来年もがんばります。でも、その前にも色々と行事はあるでしょうけど…

2001年8月4日

前回の厚木市議会議員選挙(1999年7月)に出馬し落選してから、早いもので既に2年が経ちました。落選からは本当に多くのことを学びました。
落選後すぐに私のサポーターの一人である金子さんが「英語のできる佐藤君なら必ず大丈夫だから大学を受けなおした方が良い。受験料くらいなら私が都合してあげるからとにかく受けなさい。行くか行かないかは、それから考えてもいいから」といって、私の両親や兄弟まで説得して廻ってくれました。
「大学なんていっても仕様がないし、私には不要なものだ。」と考え、大学に行かなかった私も大学に来てみて、多くの年下の仲間と共に政策について研究をしていくうちに、学ぶことの素晴らしさを実感しています。
ここの大学は、私にとって本当のワンダーランドです。知り合ってから一年近く経って友達になった学生が、実は自民党大物代議士の跡取りだったりすることも今では珍しくなく、竹中平蔵大臣(前総合政策学部教授)や村井純教授、草野厚教授をはじめとする人々と話す機会にも恵まれています。
この歳で大学で学べる私は、本当に幸せ者です。(学費は全て奨学金で、その大部分は卒業後に返済義務のある物で、生活は金銭的には非常に厳しいですが、「世の中には金で換えられない事がある」というのは、きっとこういった事なのでしょう。)
参議院選挙について一言:私に選挙のやり方を教えてくれて二年前の私の選挙も手伝ってくれた「ツルネン=マルテイ」さんが四度目の国政選挙に挑戦し、破れました。今回も本当に僅差で手が届きませんでした。四度挑戦した国政選挙は全て次点で、特に私も選対に入り共に戦った前回の参議院選挙は、途中で一度出た当選確実が消えてしまう程の接戦でしたが、今回も最後の最後で入る事ができませんでした。今回はあまり手伝う事の出来なかった私にはかける言葉もありませんが、次の道が見えるまで、取りあえずはゆっくり休んで下さい。
しかしながら、私も一票を投じた斉藤つよし氏(神奈川選挙区)や去年まで、私の学部の先生だった鈴木寛氏(東京都選挙区)が受かりました。非常に期待致しております。
また、私は一票を投じませんでしたが、当選された大仁田厚氏も学生議員として活躍されることを同じ社会人学生として期待しています。

この写真は昨年9月、駐日ジプチ大使(息子が友達)のプライベート旅行に御一緒させて頂き、中東にいった時のものです。→
ここは、気温が50度を超えることも珍しくない砂漠のど真ん中
近年の暑さもここに比べれば、何ということはない。でも、せめて「クーラー」は欲しいかな? 実は、佐藤家には、これまでも「クーラー」という物がない(見たこともない)ので、夏には、さすがの学生たちも寄り付きません。(笑)
でも、地球にはとっても優しい。

 

ここは、国の重要文化財「三田演説館」です。→
慶應義塾三田キャンパス内にある「三田演説館」は、通常、施錠してありその扉も年間数度しか開きません。慶應義塾の教員(教授)であっても、この場に立って話をすることが許される機会は、(定年までいられる人でも) なかなか無いそうです。幸運なことに私は慶應義塾大学弁論部の代表の一人として、この時、演壇に立つことを許されました。
明治8年に建立された日本最初の演説会堂。英語の”スピーチ”を”演説”と訳し、弁論という言葉を創りだしたのは福沢諭吉先生です。