東京農大 世界学生サミット日本班予選/「世界学生サミット」日本班予選の講評者の一人としてお招きを頂きました。

(前述の通り)昨日、東京農大にお招きを頂きました。今年、4回目を迎える「世界学生サミット」の日本班予選の講評者の一人としてお招きを頂きました。この「世界学生サミット」は、毎回、世界十数カ国が参加をし、「新世紀の食と農と環境を考える」ことを目的としております。既に立派な本としても報告書が出版されており、私も過去の報告に目を通して、驚きました。第一回の世界学生サミットにおいて、(今の)私の指導教授でもある原剛・早大教授(環境社会学)が、基調講演をされておりました。(この時の演題は「農から環境を考える」)

半日、学生たちの発表と議論にお付き合いさせて頂き、私自身も本当に勉強になりました。こうした、機会を私に与えて頂いた実行委員会の学生諸氏に感謝いたします。

コメントを投稿するか、トラックバックを送信できます: トラックバック URL

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。