Monthly Archives: 11月 2005

議会初日&厚木テレコム再生法申請

本日、12月議会初日でした。9時より、「議会運営委員会」-「本会議」-「会派代表者会議」の流れで進みました。本日は、議会初日のため、いくつかの採決と議案の提案説明を一通り行い、各常任委員会への付託承認を行い第一日目は終了。私はこの後、厚木の支持者の方と共に東京でのパーティーへ出席。
本日の新聞で、厚木テレコム民事再生法適用申請が載っていました。昨日のブログでも触れましたが、懸念されていた第三セクター・厚木テレコムが、民事再生法の適用申請を求めることに決まり、既に手続きも行われました。今後は司直の手に委ねられる事になります。私としてもしっかりと今後の推移を見守って参ります。

明日から12月議会はじまる。

明日から、12月議会はじまるということで、本日の正午をもって、一般質問の通告書提出締め切りでした。私は議員になって、これまで、毎回、一般質問に登壇してきたので、もちろん今回も準備しておりました。しかし、今回は危なく提出をし損なうところでした。
実は、最近忙しくて、昨晩は徹夜でした。1月上旬までに「修士論文」を完成させ提出しなければなりません。その前に12月1日に私の担当教授にじっくりと時間を取っていただいてのレクチャーがあるので、私の論文も「そこそこ出来ていなければならない」と言った事情があるのです。ここ数日の「集中作成大作戦」が実を結び、何とか「道(完成への道のり)」が見えてきました。
と言うことで、申し訳ありませんが、朝の駅頭立ちはもう暫くお休みさせて頂きます。申し訳ありません。但し、皆様からの陳情・要望などは、仕事ですのでしっかりとお受けいたしますので、お気軽にメール、電話など頂ければと存じます。
閑話休題。
今回は危なく「一般質問通告書」を提出し損なうところでした。実は、朝方、ウトウトと寝てしまい。携帯(実はPHS)もバイブにしてありまして気がつかず、家の電話がジリジリジリ・・・。寝ぼけたまま、電話に出ると議会事務局長から「会派代表者の呼び出しで、至急市長室に集まってほしい」と言う旨の呼び出しがありました。(要件は、市長から厚木テレコムの事に関しての報告でした。詳しくは明日の新聞でご確認下さい。これから記者会見をするそうですので。) 電話をもらって急遽、庁舎に駆け付けた訳ですが、これがなければ、完全に寝過ごしていた所です。あぶないあぶない。

構造計算書の改ざん

構造計算書の改ざんが指摘され、営業を休止しているパークイン平塚のことがニュースとなり、厚木にも関連ホテルがあると心配されていた件ですが、この会社の運営する厚木の物件は、姉歯建築設計事務所とは関係が無い旨の報告が出ております。先日も私のブログホームページにこの問題を載せましたので、ここにご報告致します。

森の里ホームズさん。

厚木の情報発信サイトとして、地元では有名な「森の里ホームズ」さんから、リンクのお知らせがありました。これまでも主に政治関連のサイトをはじめいくつかのサイトから「リンクを張らせてください」という趣旨のメールを頂きましたが、その度毎に「リンクはご自由にお張りください。ありがとうございます。」とお返事をするに留まりましたが、今回は、相互リンクと致しました。(ブログのページ左下の箇所) 本来はメインサイト(http://sato.chan.nu)にリンクのページを置きたい所ですが、リンクを張り出すと際限が無くなるので、掲載場所につきましてはご理解頂きたいと存じます。また、これからも少しずつ、リンクを増やしていくことも考えております。
kobsapさんのようにこのブログにマメにコメントを書き込んで頂いたり、自身のHPにリンクを張って頂いている方には、失礼を致しますが、他意はございませんので、お許しください。

「この程度の自民党幹事長」に言われると・・・。

自民党の武部幹事長は北海道で講演し、来年秋の党総裁選挙について、「全国で予備選挙をやりたい」と述べ、世論の支持を反映させる考えを示しました。鼻息荒いですね。

しかし、 自民党武部幹事長:「次の選挙も勝ちますから。今の民主党には負けませんから。あの程度の民主党には」

こういう言い方をされてしまうとカチンときますね。「この程度の自民党幹事長」に言われると・・・。ここまでは、苦笑いで済みますが、次の発言はどうなのか。
 自民党武部幹事長:「BSEの時もそうだったんですけど、対応に気をつけなくちゃいけませんよ。悪者捜しに終始しますと、マンション業界がバタバタと潰れますよ。不動産業界もまいってきます。景気がおかしくなるほどの大きい問題です。大変だ大変だ、心配で寝られない寝られない。寝られないでしょう、自分のマンションが大きい地震が来たらつぶれるというような話ばかりされると」

問題が表に出る直前(二日前)、「友人が困っている」とヒューザーの小嶋社長を国土交通省の幹部に引き合わせた伊藤公介代議士のことがニュースになっている最中の発言としては、適切だったのでしょうか。どういうロジックで、この発言に到ったのかは不明ですが、いま最も優先しなければならないのは、マンション業界や不動産業界が潰れることを心配するのではなく、今にでも崩れる恐れのあるマンションを全て明らかにして、死傷者を出さないことなのではないのでしょうか。景気がおかしくなるほどの大きい問題であることも事実でしょう。しかしながら、自民党幹事長が、こうした発言をすることによって、追求の手が緩むことも懸念されます。犠牲者が出てからでは遅いのですよ。もっと、スピーディーに対応するべきです。「膿(うみ)」を出し切らないまま、今回の問題を収束させては、将来、泣きを見る「正直に生きている、まっとうな市民」が出ないとも限りません。

本厚木ホテル(工事停止)。

強度偽造見逃し、本厚木ホテル(工事停止)を含む6軒を新たに確認したとのことです。次から次へと出てきます。
 
-(JNNニュース転載)-
耐震データ偽造問題で、国交省は新たに6軒のホテルについて指定確認検査機関「イーホームズ」が偽造を見逃していたことを確認したと発表しました。新たに確認されたのは、姉歯建築士が耐震強度を計算しイーホームズが審査をした、建設中を含むホテル6軒です。いずれのホテルの耐震力も基準より大幅に低いとみられ、26日までに全てのホテルが営業や工事を停止しています。
 25日まで国交省の立入検査を受けていたイーホームズは、「建築士が偽造するとは想像もしなかった。大臣認定のプログラムを使用すれば間違えないと考えていた」と釈明しているということです。しかし、審査の方法そのものに問題があったことから、国交省では国の指定の取り消しも視野に、今後も調査を続ける方針です。(26日02:51)

本日は、地元廻り。

本日は地元、挨拶回りをさせて頂きました。タウンニュース(厚木支社)で、コーヒーをご馳走になって、お話をしていると湘南厚木病院の渉外担当の方々がお越しになり、少しばかり談笑。支社長を交え、色々と楽しいお話も聞かせて頂きました。その後、七沢。
明日は、民主党の先輩たちに会いに東京へ行く予定となっています。

耐震強度偽装問題。

このブログでも触れたが、先日のイベント(厚木お魚食道)に慶応義塾市議会議員連盟の先輩でもある壷田・根室市議と面会した時も市長(厚木市長)は、現在、厚木は、ホテルやマンションの建設ラッシュであると説明されていました。
 
そうした中、今回、平塚市のホテルが、構造計算書の数値が改ざんされている可能性が高いとして、営業の休止を決めた。隣の自治体からもこの問題が表面化し、現在、ホテルやマンションの建設ラッシュである我が厚木市においても非常に心配であります。ちなみにこのホテル系列のホテルもこの秋、厚木にできたばかりである。平塚市の疑いの事例も「問題なし」との検査結果が出るように祈るばかりだが、今回の問題は決して人事では済まされない。我が家においても、今年、小さいマンションを新築したばかりである。私も素人である以上、「欠陥は絶対にありません」と言い切れないところに不安もある。それぞれが、自分の人生をかけて購入を決め、愛着のある建物が、もし、欠陥品であったならと考えるだけでも恐ろしいことです。今回の問題については、我々、行政にかかわる人間も他人事と考えずに対処していかねばなりません。
 
-(時事通信) – 11月25日0時0分-
耐震強度偽装問題で、千葉県は24日、姉歯建築設計事務所(同県市川市)が1996年以降設計にかかわった22都府県の物件194件のうち、ホテルは15都府県に46件あったと発表したとのこと。神奈川県平塚市は、姉歯事務所が関与したホテルのうち、同市明石町の「パークイン平塚」(11階建て、155室)について構造計算書の数値が改ざんされている可能性が高いとして、ホテル管理者のアサヒプランナーズに営業休止を要請。同ホテルは24日から営業を休止した。このホテルは同市が建築確認した物件で、自治体が建築確認した建物で強度偽装の疑いが明らかになったのは初めて。この問題では既に東京、愛知、静岡、三重、長野各都県の計7ホテルが営業休止を決めている。 

産能大学の広報誌に載りました。

産能大学短期大学部の広報誌に私が載ったようです。内容は判りません。???
私の後援会の方が、民主党の政治活動について投稿してくれたようです。(現物は未確認のため、悪しからず。)ちなみに佐藤知一は、民主党の厚木市議会議員として載せて頂いたようです。現物を見て見たい気もします。
早速、その記事を携帯で撮影したものを送って頂きました。ちなみに下の段の写真の真ん中(下段左から二番目)が、佐藤です。(周りはその仲間たち?)それでは。

鎌倉中央公園。

鎌倉中央公園に行ってきました。市民と行政が協力して、緑を残す活動をさせ、成功している一つの事例として、視察をさせて頂きました。管理事務所の方にもお手数をおかけ致しました。また、会員の方にも時間をお取り頂き、事務所にて、対応をして頂きました。