Monthly Archives: 5月 2006

明日から、六月議会。

明日から、6月定例会(六月議会)が始まります。
今議会では、一般質問初日(6月9日第七番目)に登壇する予定となっております。本日も朝から、通告意図の確認などの電話が数件鳴り、明日の本会議後に面会することと致しました。

玉川商栄会総会ほか

本日(30日)は、午前中、六月議会(6月1日~)一般質問通告書作成。午後に「一般質問通告書」提出。第7番目でしたので、一般質問初日の登壇となります。
その後、タウンニュース厚木支社。
午後4時より、七沢・元湯玉川館にて、玉川商栄会総会・懇親会に参加。総会は滞りなく終わり、大変盛り上がった懇親会では、ご指名を受け、中締めのご挨拶と万歳三唱をさせて頂きました。来賓として、市からは、助役、担当次長、経済界からも商工会議所副会頭、商店連合会事務局長などが参加されました。私は一般会員としての参加となりました。多くの方々からのご意見も頂き、行政に関わるものとして、とても勉強になりました。(写真は総会の様子。)

本日は、自宅療養。

足(骨折した箇所)の腫れもだいぶ収まってきたようです。それでも、ドクターの言うことを聞いて、「全快」するまで、(活動を)「全開」とするのは、やめようと思います。ドクターにもおこられてしまったので。
6月1日から、6月議会がはじまるので、通告書を今月末までに提出しなければなりません。
明日は、玉川商栄会総会、及び、懇親会に出席する予定です。(無理しないように致します。)厚木商店会連合会の総会も行われますが、同時刻のため、こちらは欠席とします。

本日、大規模水防演習。

本日は、朝から神奈川県、厚木市、海老名市、綾瀬市、愛川町、清川村の一県三市一町一村合同の大規模水防演習でした。雨の中の開催となりました。
自衛隊や警察、消防隊なども参加し、船やヘリコプターを使った救助の実演なども行いました。

慶大弁論部OB会総会欠席

本日は、「慶応義塾大学弁論部OB会」の総会のはずなのですが、どうも雨のようなので、残念ながら、欠席と致します。政財界の大先輩たちが多くつどう集まりなので、是非とも出席したかったのですが残念です。例え、天気の具合が良くても三田の山(本当は丘)を松葉杖で上るのは、躊躇していた所で、出欠も未定としておりましたが、この雨で、欠席とします。明後日は、「消防団水防訓練」と「交通安全指導員協議会総会」に出席する予定となっています。水防訓練は、雨天決行ですが、河原でやります。大丈夫かな?交通安全協議会の総会は、荻野運動公園の会議室です。その後は、夕方から七沢にいる予定です(明後日)。
 
ーーーー下記は、OBに対しての文章です。ーーーー
(ご迷惑をかけてはいけないので、重ねての記述です。ドタキャンの類となるため、記述をお許し下さい。)
慶応義塾大学弁論部OB(エルゴー会)の佐藤知一です。
野田先輩から、年度幹事などのお話も頂きまして、明日は是非とも出席させて頂きたく思っておりましたが、先日、不覚にも視察先の北九州にて、左足を骨折してしまいまして、松葉杖の生活を余儀なくされております。通常5分の道のりも松葉杖では、なかなか思うように歩みが進まず、文字通りの隔靴掻痒の思いです。(ギブスですが)加えて、明日は雨との予報も出ております。
傘を差しての松葉杖は、非常に危険でもありますので、大変に申し訳ありませんが、明日のエルゴー会総会は、欠席とさせて頂きたく存じます。真に勝手で申し訳ございませんが、上記宜しくお願い致します。用件のみにて、失礼致します。今後とも宜しくお願いします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「ファスト風土」?

近頃、「ファスト風土」と言う言葉を時々耳にするようになった。これは、「ファストフードのように全国均質な大量生産された風土の意味」で、三浦展氏の造語である。私も海外に長い間、滞在した時に、日本でも見慣れた某ハンバーガーショップに立ち寄り、一休みしたことがある。日本中、どこに行っても同じ味という安心感が、ファストフードやコンビニなどのチェーン店には、確かにある。しかしながら、戦後の日本の先進国入りへの猛烈な発展により、日本中の駅前が、同じような顔となってしまったことは、残念だ。
ここで詳細には触れないが、私の住む神奈川県厚木市も典型的な地方都市の一つでもある。もちろん、誇れる文化も人材も豊富ではあるが、「ファスト風土」と言った人に対して、「それは違う」と論破することは(今の私には)出来ない。三浦展氏が、この「ファスト風土」という造語を思いついたきっかけが、神奈川県横須賀市と群馬県前橋市(いずれも著者が住んでいた場所)から東京(の会社)へ通っている中から、とのことでした。私も個性ある街づくりを目指した提案を様々な形で出していますが、一朝一夕には解決しない問題であることは自明です。
今週のR25(フリーペーパー)にこの「ファスト風土」が、取り上げられています。他人事ではない大きな問題です。 論者・三浦氏のショートエッセイは、こちら。(著書のエッセンスが書かれています。)

ドクターにしかられました。

本日は、朝一番で、足のレントゲンを取り、ドクターの診察を受けました。骨折した左足(甲)は、痛みはだいぶ治まってきてはいたのですが、腫れがひかないのが気になっていました。本日診察を受けて、担当のドクターに「結構無理をされていたのではないですか?骨折を甘く見ると後で、手術とか大変なことになりますよ。(ドクター談)」と軽く(?)お叱りを受けました。
「来週には、器具をつけますから、それまでに腫れをひかせて下さい。(ドクター)」と私にとっては難しい事をおっしゃり、併せて、「できるだけ、足は上にあげておいて下さい。先生もドリフのコントで、昔見たでしょう? あんな感じで、いてください。(ドクター談)」だそうです。(今も足を机の上に放り投げながら、PCに向かっています。) 診療を受けた後は、市民病院の医事課長と面談。話は、6月議会のことにもおよびました。(が、今の所、私は病院に対しての質問は行う予定はありません。)
昼食後、本庁舎へ行き、議会事務局長にこの話をすると、「そりゃそうでしょう。佐藤議員は、松葉杖を突いて、パレード(の行進)もしてしまうんですから。もっと、摂生してください。」と、ここでもまた、軽くお叱りを受けました。(どこに行っても、おこられる私です。)
さて、6月1日から、6月議会が始まる為、本日、議案書が私の所に届きました。議案書に目を通し、市民の訪問を受け、お話を伺いました。今日は(も?)、夜の飲みのお誘いをいくつか頂きましたが、ドクターからお叱りを受けたため、今日の所は、アルコールはやめておきます。ちなみに(本日)お誘いを受けたのは二件で、一件は、相模原のM県議のご実家(お店です)で、飲みましょうというもの。もう一件は、横浜のM県議秘書とK県議秘書(お二人ともほぼ同年代の先輩後輩です。)のお誘いでした。両方とも、最初は了解したのですが、やはり考え直し、今日の所はお断りしました。

山本周五郎「ながい坂」

2、3ヶ月前に父から、薦められた本が、山本周五郎「ながい坂」(上・下)でした。先日、読み終わりました。上下巻併せて、1100頁超の長編作品です。周五郎、三大長編小説の一つと言われています。
個人的に山本周五郎作品は、はじめて読んだので、ほかの作品と比べてどうと言うことは言えないのですが、読み始めの頃に感じていた違和感も、読み進むうちにすっかり消えて、グングン作品の中に引き込まれていく感じがしました。周五郎自身も若い頃、文壇から無視され続けてきた経歴を持っています。周五郎は、自身の思いを投影することが少ない作家であると言われていますが、この作品は例外のようです。
書評などを見ると、人により「最高傑作」と「一般的な出来」と二極化する傾向があるようですが、今の私の気持ちにはピッタリとシンクロして、個人的には、一生手元に置きたくなる作品となりました。主人公・三浦主水正に感情移入できるかが、評価の別れ目かもしれません。
日々、「世の中の理不尽さ」や「社会の不条理」を感じ、清濁併せ呑まなければいけない仕事に就いている人には、お勧めできます。

本日は、七沢&厚木ロイヤルパークホテル。

本日は、地元廻りをし、夕方からは民主党関係者と共に夕食をロイヤルパークホテルでとりました。
私の家の前のうち(はす向かいの御家)が、家の中を改装されるということで、うちの駐車場を貸して欲しいとの事でした。こんな時はお互い様です。うちを立て替える時にもご迷惑をお掛けしました。職人さんが沢山入られていて、トラックも2、3台入りました。早く綺麗になるといいですね。

昨日のお祭り写真。

昨日は、厚木さつき祭り、小江戸厚木まつり、少年少女フェスティバルが、ありました。昨年に引き続き三つのお祭りを同時開催。開会式とオープニングのパレードにも出席させて頂きました。松葉杖をつきながらもパレードに加えて頂きました。天気も良く、歩行者天国のため、本当に多くの人出がありました。