Monthly Archives: 11月 2006

大根・白菜価格暴落に付き大量破棄。

本日は、地元廻りの後、議会一般質問の原稿作成に取り組んでいます。
厚木では報告を聞いていませんが、全国各地で豊作による「大根」や「白菜」「ピーマン」などの大量破棄(生産調整)が行なわれているようです。ニュースでも「大根が大豊作で、破棄をせざるを得ない(11月30日西日本新聞)」状況にあるという報道がされています。厚木の朝市などでも大根は、「投げ売り状態」でした。先日のこのブログにも載せましたが、葉っぱを入れると両手をひろげるほど立派な大根が、一本90円。3本で200円といった状況でした。(今はもっと安くなっているようです。) 丹精込めて作った作物が、肥料代にもならない値段で投売りされる状況も察して余りある状況ですが、売ることも出来ずに自分の手で破棄をするときの気持ちを思うと本当に心が痛みます。山口県最大の大根生産地・千石台でも昨日(29日)、およそ200トンの大根をトラクターで潰した(破棄した)そうです。安値傾向が続き、生産や運搬コストに見合わないため断腸の思いで、行なわれた「大量破棄」です。私も子どもの頃、キャベツが(生産調整により)トラクターで、つぶされる光景をテレビで見て、ショックを受けた経験があります。
今回、12月議会で、私は「食育」の視点から「学校給食」について、質問をさせて頂くべく通告を致しました。厚木市の給食では、仕入れ値の関係から、殆どが中国など外国産の食材が使われています。地産地消という言葉は飛び交いますが、一朝一夕では出来ないことでもあります。学校給食法では、給食費は、児童(の親)が負担することが原則となっており、原材料の高騰は直接、保護者の家計を圧迫することにつながります。私なりに知恵を絞って、意義のある質問をさせて頂きたいと考えています。
それと、「キャピトル東急ホテル」が、本日、午後のチャックアウトをもって閉館とのことです。11月22日のブログにも載せましたが、22日に使った際には、全く知りませんでした。国会に近いということもあり、私も何度か、先輩代議士と色々な話をお聞かせ頂いたり、思い出も一杯です。残念です。東京ヒルトンホテルとして、オープン以来43年ということですから、仕方ありません。こんなことなら、もう少しキチンと見ておけばよかったかな。

書籍を頂きました。

仕事柄、多くの方々とお会いいたします。その方々が、本を出版したり致しますと頂いたり、家へ御送付頂いたりも致します。先月は、若林秀樹参議院議員より、本を御贈り頂きました。ここ数日で、贈って頂いた本をご紹介いたします。
若宮清先生(早稲田大学)の著した「中国人の面の皮」(祥伝社)という本と 田中甲先生(共著)の「窓 エッセイ集 第14号」(明窓出版編集部 編)です。若宮先生の本は、隣の大国・「中国」についての興味深いお話です。若宮先生には、早稲田の先輩としても本当にかわいがって頂いております。実際に外交の現場にいなければ、知りえない裏話も多数掲載してあり、楽しめます。 田中甲先生(元代議士)の本は、「104ページから123ページ」が田中先生の担当ですが、短くとも私にとっては、本当に心打たれ、「政治の道で生きるには、私もこう在らなければいけない。」と感じました。読み終えたあと、心地よい放心観(?)と共に強い感動が私を襲いました。どちらの本もお薦めです。

本日は、議会初日。

本日は、議会初日です。午前9時から、「議会運営委員会」-「本会議」-「会派代表者会議」の日程で、議案の委員会付託を終えました。その後、自由連合事務局の福沢さんと大和徳州会病院を訪問。その後も、厚木在住で大和市勤務の会社社長と面会させて頂きました。
昨日は、いつもお世話になっている相模原(&厚木)の会社社長と共に お台場の日航ホテル東京で、昼食を取りました。いろいろな意味で、勉強になりました。

12月議会一般質問通告を提出。

本日、12月議会一般質問通告を提出いたしました。第8番目の登壇となります。
 
(1)まちづくりについて
  ア 持続可能な発展と再開発事業について
 (ア)中心市街地において、市の考える課題は何か。また、その解決策は。
 (イ)厚木パルコ撤退における、市の考えは。
 (ウ)本厚木駅南口地区市街地再開発事業の進捗状況は。
  イ 地域再生計画について
 (ア)事業の進捗状況は。
(2)行政改革について
  ア 行政評価の結果の活用について
 (ア)予算編成や事業の点検等に活用され、行政の透明性の向上と市民協働のまちづくりの推進に生かされているか。
  イ 行政評価システムについて
 (ア)課題は何か。
(3)教育行政について
  ア 学校給食について
 (ア)「食育の視点」から見た給食のあり方について、課題はあるか。

地元イベント、夜は飲み会。

昨日は、地元イベントに出席させて頂いた後、夜は、小沢一郎政治塾先輩の浦田さんと居酒屋で語り合いました。同じ政治の道で生きている先輩からの助言は本当にためになるものでした。本日午後からの日程は、三田祭へ行って、後輩たちを激励の後、全日空ホテルにて、人と会うことになっております。

タウンニュース掲載。

本日の地元のタウン誌「タウンニュース厚木・愛川・清川版」に私の記事を載せて頂きました。多くの方々にもこのブログにアクセスして頂いております。
とりあえず、デジカメで取りました写真をアップします。これでは、内容がわからないので、内容については、後ほど、アップします。
これから、東京駅(八重洲)へ行って、人と会って参ります。夜は、丸の内に勤めている妻と待ち合わせて夕飯でも食べて帰ることにしましょうか。それとも先に厚木に帰ろうか。と迷っているところです。それでは行ってきます。

慶大弁論部「管理社会-自由であるための私たちの作法-」

学園祭シーズンです。23日の夕方のニュースでも「『ミス慶應』が決定した。副賞は高級外車。」などと報じておりましたが、こうしたイベント以外にも真面目に研究発表する学生も沢山います。かわいい私の後輩たちも研究の成果を発表します。毎年、有名人を招いての派手な企画が多いのですが、今年は、シブイ人選となっています。しかしながら、半年以上も前から、真面目な議論を重ねてきての超真面目な発表です。子ども達の自殺が多発している中にあって、はからずもタイムリーな企画内容となりました。私は、見に行けるか今の所、判りませんが、26日(日)、慶応大学学園祭(三田祭)にお越しの際は、是非とも覗いてやって下さい。http://www.geocities.jp/keio_benron_bu/
 
企画概要:現代日本で次々と発生・進行しつつある精神障害者による犯罪、経済格差問題、自殺、及びそれらの現象への社会の諸対応は、「現代日本がいかに生きにくい社会に向かっているか」ということを如実に示す表層であると我々は考えています。本企画ではそれらの表層の分析を手がかりとして、「われわれ自身による『生きにくい社会』」の構造把握を紹介した上で、その中で生きていかざるを得ない現代の個々人がどう生きていくことができるのかという点から提言を行い、講評者の方々からご講評を頂きたいと考えています。(弁論部HPより)

第37回厚木市農業まつり収穫祭ほか

本日は、第37回厚木市農業まつり収穫祭ほか、イベントに出席しました。ちょうど、アメリカでは、サンクスギビングデー(収穫祭Thanksgiving Day・11月の第4木曜日)ですね。本日は、妻が、義姉宅で夕飯を食べるということで、(海老名の図書館で、借りていた本を返した後、)海老名のラーメン屋さんで、 ニンニクげんこつラーメンと半ライス&半餃子セットを食べました。本日は、夜の予定がなかったので、生のニンニクと辛子ニラをたっぷりと入れて、楽しみました。

厚木市保育文化発表会ほか。午後は赤坂。

本日は、第21回厚木市保育文化発表会に出席させて頂きました。午前9時と午後1時の開会式に市民福祉常任委員会副委員長として出席させて頂きました。議会からは、議長、委員長と私の3人が来賓としてお招きを受けました。午後からは、溜池山王のJTR事務所にて会議。その後、キャピトル東急ホテルにて、ミーティング。夕飯は、赤坂の韓国料理屋さんで、(ヘルシーに)ソルロンタン定食を食べました。小田急線で先ほど、赤坂から帰宅しました。

教育委員会についてのアンケートのお願い。

教育委員会についてのアンケートご協力のお願いです。私の大学時代の恩師に加藤秀樹教授がおりますが、加藤先生の主宰する政策シンクタンク「構想日本」のホームページで、アンケートを行なっています。大学卒業後も、加藤秀樹慶大教授には、私の早稲田大学修士論文の副査をお願いし、快くお引き受け頂きました。私の尊敬できる先生は、必ずしも多くはありませんが、文句なく尊敬のできる方です。私の結婚式に大学時代の指導教授として、御出席頂いた際も心に響くスピーチを賜りました。(これは蛇足です。)私のブログには、政治に対して一家言ある方が多く訪れて頂いておりますので、ぜひともご協力ください。
 
>  *構想日本ホームページで「ワンクリックアンケート」開催中。
>    「Q:教育委員会、必置?廃止?選択?」にお答えください。〔アンケート期間:2006/11/13(月) ~2006/11/23(木)〕  http://www.kosonippon.org/enquete/index.php?m_enquete_cd=33