慶大弁論部「管理社会-自由であるための私たちの作法-」

学園祭シーズンです。23日の夕方のニュースでも「『ミス慶應』が決定した。副賞は高級外車。」などと報じておりましたが、こうしたイベント以外にも真面目に研究発表する学生も沢山います。かわいい私の後輩たちも研究の成果を発表します。毎年、有名人を招いての派手な企画が多いのですが、今年は、シブイ人選となっています。しかしながら、半年以上も前から、真面目な議論を重ねてきての超真面目な発表です。子ども達の自殺が多発している中にあって、はからずもタイムリーな企画内容となりました。私は、見に行けるか今の所、判りませんが、26日(日)、慶応大学学園祭(三田祭)にお越しの際は、是非とも覗いてやって下さい。http://www.geocities.jp/keio_benron_bu/
 
企画概要:現代日本で次々と発生・進行しつつある精神障害者による犯罪、経済格差問題、自殺、及びそれらの現象への社会の諸対応は、「現代日本がいかに生きにくい社会に向かっているか」ということを如実に示す表層であると我々は考えています。本企画ではそれらの表層の分析を手がかりとして、「われわれ自身による『生きにくい社会』」の構造把握を紹介した上で、その中で生きていかざるを得ない現代の個々人がどう生きていくことができるのかという点から提言を行い、講評者の方々からご講評を頂きたいと考えています。(弁論部HPより)
コメントを投稿するか、トラックバックを送信できます: トラックバック URL

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。