朝の愛甲石田駅灰皿「吸殻の山」。これでいいのか?

本日も朝の駅頭活動は、朝6時半から8時半まで。愛甲石田駅でした。選挙期間中ということもあり、ほかにも2陣営が来られました。写真は、愛甲石田駅ロータリー前案内板のところにある灰皿。昨日一日と一晩で、この吸殻の山です。もし「風の強い日にこの吸殻の山に火がついたら」と考えると消防団員としても黙って見てはいられません。以前もこの写真をアップした記憶がありますが、益々ひどい状況になっています。早速明日にでも担当者と協議して見ます。ただし、公共空間においての喫煙事情なども考慮しなければならず、一概に灰皿を増やすわけにもいきませんし、取り外しても愛煙家の方々にとっては厳しいものがあるかもしれません。私は喫煙をしないので、何ともよくわからないのですが、担当者と協議する中で解決して参ります。
コメントを投稿するか、トラックバックを送信できます: トラックバック URL

コメント

  • 95  On 2007/07/26 at 1:29 PM

    灰皿のないところへポイ捨てするよりはマシなのかもしれませんが、やはり何とかしてもらいたいものですね。
    そういえば、最近は良くなってるのかもしれませんが高速道路SAのゴミ箱もひどい時期がありましたね。
     
    我が家も道路に面しているのですが、今朝掃除したところへタバコのポイ捨てが有りガッカリしてたところです。
    禁煙してから20年。喫煙時にやっていた何気ない行動が多くの方々に迷惑をかけていたことに気づきます。 

  • さとうともかず  On 2007/07/26 at 4:44 PM

     本日の駅頭は、本厚木駅の東口でしたが、東口には灰皿がない分、ポイ捨ても多かったような気がします。何とかしないといけません。これから、夕方の駅頭活動に行ってきます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。