月別アーカイブ: 9月 2007

本日は永田町。議会は、環境教育委員会。

本日の議会日程は、環境教育委員会(所管外)。午後からは、地元の支持者の方の車で、永田町へ。地元だけでは手に負えない陳情を先輩議員の所で、解決して頂けるようにお願いをして参りました。大学弁論部の先輩でもある代議士にお願いをし、その場で対応をして頂きました。その後、県内や小沢塾関係の国会議員の先生方の所へお邪魔をし、色々とお話をさせて頂きました。時間の関係で、お世話になった全ての方々の訪問はかなわず、後ほどとさせて頂くことに致しました。夜は、大学弁論部の同期で、現在は、自民党代議士秘書をしているM君と赤坂へ行って、差しで、食事と一杯(呑み)。ただいまは、厚木への帰路で、代々木上原駅のホームです。
明日は、都市経済常任委員会(所管)で、委員長として初の仕切りです。今日はお酒も控えました。
—————–
sent from W-ZERO3

元市長・石井忠重氏市葬

本日の議会日程は、朝9時より、市民福祉常任委員会(所管外)。その後、午後2時より4時まで、厚木市葬に葬儀委員として参列をさせて頂きました。厚木市葬は、厚木市名誉市民条例に基づき行われるものです。石井元市長は、昭和30年8月に市議に初当選し、4年後の34年二人の対立候補を大差で破り、県内最年少の市長として初当選。38歳の若さでした。以降5期20年にわたり市長を務められました。本日は大ホールに溢れるほど、市内外から多くの方々に足をお運び頂きました。葬儀委員の一人としてお礼を申し上げます。故人の御冥福を心よりお祈り致します。

総務企画常任委員会/早稲田大学大隈塾フェローの会。田原総一朗講演。

本日は、午前9時より、総務企画常任委員会(所管外)。その後、七沢を廻り、夜7時より、「ANAインターコンチネンタルホテル東京」(六本木)にて、早稲田大学大隈塾フェローの会主催の勉強会に出席する予定です。塾頭である田原総一朗の講演がメインです。ごくごく少人数での勉強会です。明日も早稲田大学大隈塾の勉強会にOBとして、出席をし、田原総一朗塾頭の講義と塾生のやり取りを聞きに行く予定です。恩師である田原塾頭と会うのも久しぶりです。実は、11月1日に厚木市文化会館に講演(無料)に来られる予定となっておりますが、私は、網走に出張(議員交流)(公務)へと行く予定なので、顔が出せず、非常に残念に思っている所です。

イノシシ肉2キロの「配当」。

本日、敬老の日で三連休の最終日。昨日、京都から帰り、本日も午前中、ふれあいプラザのフェスティバルなど行く予定でしたが、疲れにより寝こけてしまいました。ネットを見ていると下記のような記事がありました。鳥獣被害に苦しむ農家も多くいる厚木市ですが、厚木でも導入できないものでしょうか。少し研究をしてみます。

>【イノシシ捕獲檻の出資者募集 肉2キロを「配当」】
◇京都市のNPO京都SEINEN団(075・344・0037)が、イノシシ捕獲用の檻(おり)を仕掛けるための出資者を募っている。◇団塊世代が京都府福知山
市で約4.5ヘクタールを開墾し農作業に取り組むが、イノシシによる被害が深刻化。1口2万円で今月末まで受け付ける。◇10頭入るほどの巨大檻を仕掛け、捕獲すれば、イノシシ肉2キロの「配当」がある。被害防止と「冬の味覚」を堪能できて「一石二猪(にちょ)」?(9月17日17時22分配信 毎日新聞・久田宏)

(研修旅行)ただ今、京都よりの帰路。柿の葉寿司を堪能中。

本日の予定は、滋賀から京都へ移動し、厚木へ帰宅。ホテルには、日本スポーツマスターズ2007びわこ大会出場の選手の方々が、大勢ご宿泊されていました。朝7時20分にみんな揃って朝食、9時には出発し、比叡山延暦寺へ参りました。鈴木住職のありがたい御説法も頂戴いたしました。昼食は京都で豆腐会席を頂き、嵐山や鹿苑寺金閣寺等を廻り、京都駅へ。京都駅では文化フェスティバルを行っていました。コンサートを聴きながらお茶を楽しみ、現在、新幹線ひかり号の中で、名物「柿の葉寿司」を堪能しています。小田原から、ロマンスカーで本厚木駅着は、午後9時4分の予定です。今回の旅行では、様々な地域での街づくりの実践やイベントを生で見ることが出来、非常に有意義なものでした。(まだ帰り道ですが) 岐阜羽島駅(新幹線車内・次の駅は名古屋)より。

琵琶湖と近江八幡・京都へ研修旅行。

今日明日の予定で、厚木の仲間と研修旅行で、琵琶湖と近江八幡・京都へ来ています。朝5時50分集合で、本厚木ー小田原ー(新幹線ヒカリ)ー滋賀・京都へ。ただ今の時間は、夕食が終わり、自由時間です。初日の本日は、築城400年を迎える彦根城や安土城天守閣(復元)、近江八幡や琵琶湖クルーズなど。特に近江八幡「あきんどの里」は、古い八幡堀や古民家も多く残され、素晴らしく、また、羨ましく思いました。本当に勉強になります。明日は朝九時に出発予定。朝食は7時半です。明日は、比叡山延暦寺のご住職に御説教を頂いたり、嵐山周辺を散策したりする予定です。

「厚木大勝軒」「環境センター」@厚木市金田

本日、午後、決算特別委員会委員長と面談し、通告項目についての整理などについてお話。午後2時過ぎ、金田の環境センター近くで、市政相談をお受けしたので 現地確認。ついでに「環境センター」へ。今回の決算特別委員会においても「ごみ減量運動推進事業の実施内容と成果について」「ふれあいプラザ維持補修事業の実施内容について」等、通告しておりますので、現地視察も兼ねて(ついでにゴミ捨ても)行って来ました。常に「現場主義」がモットーです。金田に来て、昼食もまだだったので、旨い特性もりそばを求めて「厚木大勝軒」へ。(ここでも見事な現場主義ぶり)。ここの若いご主人とは、御友達で、未だに私の選挙結果を載せたビラをカウンターの正面、一番目立つところに貼ってくれています。ありがたいことです。大勝軒もそこここに沢山増えてまいりましたが、本店がお店を閉めて以降、厚木大勝軒が一番旨いです。他のラーメンとは種類が違うので、一概には比べられませんが。
このあとは、図書館へ行って7時まで資料収集。その後、愛甲公民館で踊りの御稽古でも見に参りましょうか。明日から、研修旅行(一泊二日)で、滋賀・京都へ出かけます。(もちろん、政務調査費などは使わず自費で行きます)。朝5時50分に集合で、私が幹事です。全員分の小田急線や新幹線のチケット、弁当などを買うための現金なども預かっています。私が寝坊すれば、誰も旅立てない・・・。妻や家族は、「あんた(佐藤知一)に幹事を任せるなんて、みんな何も判っちゃいない。あとで後悔することになる。」と言っています。私もそう思います。今日は早く寝ます。

厚木市敬老会(三沢あけみ歌謡ショーほか)出席。稲刈り。朝はもちろん、駅頭で市政報告。

本日の朝の駅頭活動(市政報告)は、本厚木駅北口にて、朝6時半から8時半まで行いました。朝6時半から7時までは、スクランブル交差点近くにて、マイクを使用して行い、7時から8時半までは、駅舎北口入口付近にて行いました。やはり、多くの方々に声をかけて頂き、本当に心強く思います。
その後、午前10時から、厚木市文化会館大ホールにて、厚木市敬老会式典に来賓として出席させて頂きました。厚木の人口は、およそ22万4500人ですが、その内、75歳以上の方が、1万2277名。90歳以上が、1128名。100歳以上が39名となっており、最高齢の方が、105歳(女性二名)だそうです。敬老会は、式典の後、第一部「ハンドベルミニコンサート(ティンカーベルの皆さん)」、第二部「
三沢あけみ歌謡ショー」となっております。昨年のゲストは、水前寺清子さん。今年は、三沢あけみさんです。招待させて頂いたのは、75歳以上の市民の皆さんです。皆さん、楽しみに足をお運びになられていらっしゃるようで、今年は例年以上に沢山お越し頂きました(大ホール二階席も一杯です)。
敬老会に出席した後、七沢を廻らせて頂くと、たわわに実った「
キヌヒカリ」の刈り取りが行われていました。今年は早い実りと思っていましたが、稲刈りは例年通りだそうです。うちでも既に厚木産の新米「キヌヒカリ」を食べています。美味しいです。

朝の駅頭(市政報告)は東口。

本日の朝の駅頭活動(市政報告)は、 本厚木駅東口でした。朝6時半から8時半まで、しっかりと二時間お話をさせて頂きました。昨日の安部総理の辞任劇もあってか、多くの方に話しかけて頂きました。それと、それと、若い女性の方から、写真を撮られました。(その後、熱い握手) 正直、照れました。
千葉県浦安市議会議員の西川(さいかわ)議員のブログに「都市経済常任委員会」の採決について書かれていました。斎場運営の指定管理者への移行については、厚木市に取りましても同様の問題があります。新たに古沢にできる市民斎場の運営形態は、これから審議されることとなりますが、指定管理者によるものになる可能性もあります。一般的に指定管理者制度と言うものが、時として、「錦の御旗」のように語られることもあります。指定管理者制度に、良い面が沢山あることもまた事実です。無条件に賛成するのではなくて、しっかりとチェックして参ります。当たり前のことですが・・・。

安倍総理大臣・辞任。

安倍総理大臣が、突如、辞任を表明しました。昼ころ、小山伊勢原市議会議員(民主党)から電話があり、初めて知り、車のラジオとテレビを見てビックリ。本日、夜7時からの民主党神奈川第16区総支部の総会(私は副代表に留任)でも、話題となりました。政権発足から1年足らずの辞任表明です。写真は、週刊新潮の中吊り広告です。大見出しには「安倍内閣『総辞職は11月10日』」とあります。結果的には新潮さんの予想より少し早まってしまいました。このような中吊りが出るほど突然の辞任劇でした。