月別アーカイブ: 4月 2008

本日の議会日程。「会派代表者会議」「議会運営委員会」「全員協議会」「厚木市議会・議員クラブ(総会)」ほか/青木英二・目黒区長、二期目の当選。

本日は、朝8時45分から、「会派代表者会議」に会派・民主党代表として出席。その後の議会日程は、「議会運営委員会」-「全員協議会」(新任副市長・部長など挨拶ほか)-「厚木市議会議員クラブ(総会)」-「会派代表者会議(再)」となっております。ただ今は、昼休みです。政務調査費平成19年度(後期)収支報告を作成しております。厚木市議会・会派「民主党」では、全ての支出項目に領収証を添付し、領収証添付のないものや支出理由の不明確なものは、政務調査費として一切認めておりません。政務調査費収支報告の提出期限は、今月末までとなっております。全ての支出項目と領収書の添付が終わり、あとは時系列・支出項目ごとにそれぞれを分類し、1枚(or 2枚程度)の表にしたものを作成して終了です。
目黒区長(東京都)20日投開票。青木英二氏(53)が再選。投票率は27.27%でした。青木区長は元民主党都議で、佐藤の大学弁論部の先輩でもあります。今後の活躍に期待します。(確定得票数は次の通り。)
当35515 青木 英二 =無現<2>[自][民][公][社]
 13042 野沢満理子 =無新[共]
  8124 安久美与子 =無新
===============
あとは、27日の衆院山口二区の補欠選挙があります。もうすこし近ければ、応援に入ってビラ撒きくらいの御手伝いは出来るのですが・・・。 お腹も空いたので、これから外へ出て昼食を取ります。その後夕方からは、総支部長のポスター貼りを支持者にお願いするなど外回りに行って参ります。

(19日分の活動報告)「南足柄」「熱海」。アサヒビール神奈川工場。「熱海の花火大会」を見て思うこと。/明日は(20日活動分)「太極拳大会(網代)」「大仁」「戸田名物・深海魚料理」「戸田御浜海岸保護林視察」「戸田造船郷土資料博物館」「駿河湾深海生物館」「大瀬崎」「沼津」等についてご報告します。

昨日今日(と一泊二日で)、妻と二人、南足柄、熱海、伊豆半島を廻ってきました。車でよく走りました。本日は先に昨日(19日分)のご報告を致します。
アサヒビール神奈川工場> 昨日は、午後一時から南足柄市のアサヒビール神奈川工場へ。全国のアサヒビール系列の工場で一番新しい工場施設だけあって、環境への取り組みは、目を見張るものがあります。実は、私はここの工場見学は二回目になります。昨年亡くなられた清水弘文堂書房社主・礒貝浩氏が、(数年前に)「新しく購入したキャンピングカー」をこのアサヒビールの敷地内に持ち込み(勿論、会社の了承済み)、社員の方たちを交えて、BBQを行なったことがあります。(清水弘文堂書房では、アサヒビールの環境関連の本をシリーズで発行されている関係のお付き合いがあります。) その時に、この工場見学をさせて頂きました。今回はじっくり、環境への取り組みについて勉強をさせて頂きました。大変に興味深く、はっきりとした会社の姿勢を見る事が出来ました。
熱海海上花火大会> 昨晩の熱海の海上花火大会は、20分程度のものでしたが、非常に素晴らしかったです。私は花火に関しては素人ですので、間違いや認識の違いなどがありましたらご指摘を頂きたいのですが、昨晩に見た「熱海の海上花火大会の花火」は、「厚木の大花火大会の花火」よりも技術やクオリティーが数段上のように感じられました。私の同級生が中心となって、100万円以上を集めて、厚木大花火大会の一スポンサーとなって、スターマインを打ち上げた時期が(過去)3年間ありました。様々な事情により、昨年は休止しましたが、そのおかげで、厚木の花火の予算がどの程度で、どの程度お金をかければ、花火が上がるのか凡その見当がつく程度にはなりました。
昨晩の花火大会の見物客(メイン会場となる砂浜の公園周辺)は、「あつぎ『北地区』のどんと焼き」の半分程度の人数でした。(正直な感想として人はまばら。) ここにかけられている予算も旅館組合のカンパと少しの補助金で打ち上げられる程度のお金だとすると「あつぎ鮎まつり大花火大会」のあり方も考えなければいけないと思いました。昨晩の花火を見て思ったのは、「打ち上げ花火の技術はこれほど向上していたのか。」という驚きと「それほどお金をかけなくてもこんなに素晴らしい花火が打ち上げられるのか」ということでした。私も毎年、消防団員として警備に当たりつつ、一番間近で「あつぎの花火」を見ていますので、「厚木の花火大会」のことは知っているつもりです。但し、「海上」、「河川敷」と打ち上げ会場の違いも有ると思います。明日以降、熱海市に予算なども含めまして、問い合わせて見るつもりです。あつぎの花火技術を守る為にも厚木の業者を使うことは、必要ですが、改善点も少なくないと感じました。詳細については、一般質問や委員会審査などの場において、あらためて取り扱うこととします。
 
熱海は、さかなも美味しいし、イベントの仕掛け方も色々と勉強になります。厚木「夕焼け市」の様な市民「市」も廻らせて頂きました。
今回の旅行は、本当に有意義な旅行でした。20日(本日)は、「熱海」-「市内施設で太極拳大会など視察(網代)」-「大仁」-「戸田(へだ)で名物の深海魚料理を食す」-「戸田御浜海岸保護林視察」「沼津市戸田造船郷土資料博物館」「駿河湾深海生物館」-「大瀬崎」-「沼津」(-「厚木」)と内容も沢山あります。(明日は、議会(会議)日程も朝から沢山ありますので、時間が取れない際は明日以降となります。ご了承下さい。)
 
【写真】:アサヒビール神奈川工場。工場内では、景観を題材としたフォトコンテストなども行なっていました。もちろん、「出来立てのビール」を美味しく頂きました後の運転は妻に換わりました。/夕方に熱海市街で行なわれていた「(熱海版)夕焼け市」。/とにかく魚は美味しかったです。/良く判らない写真は、東海岸町・金色夜叉「寛一お宮」像。/熱海の海上花火大会。
      

これからアサヒビール神奈川工場見学(南足柄市)。今夜は「熱海海上花火大会」。そして熱海泊。

本日は、これから妻とドライブへ行って参ります。お昼過ぎには、南足柄市にある「アサヒビール神奈川工場」の見学を致します。アサヒビール神奈川工場は、環境負荷低減へ様々な取り組みを行なっていることでも全国的に有名な工場です。また、南足柄市と共催で「足柄万葉水源地の森保全活動」なども積極的に行なっております。
南足柄市の後は、熱海市へ。現・熱海市長の斉藤栄氏は、民主党・藤末健三参議院議員の元秘書でもあり、改革派の若手市長として全国でも有名です。(当選された時も62票差) その気になる熱海市に行って参ります。そして今夜は、「華の舞 熱海海上花火大会」。妻と一緒に参りますので、出来れば宿泊をと考えましたら、ビジネスホテル(熱海駅前・ダブルルーム)の空きがありましたので、今夜は宿泊をすることに致しました。それでは、気をつけて行って参ります。

商業振興について思うこと。「七沢産・竹の子づくし」「浅野史郎教授とのツーショット写真」その他。

いつものことですが、本日も地元を廻っていると様々な方々から、事業(や生活)の厳しさを強く訴えられます。そのうちのお一人は、私の幼馴染みのお父様ですが、地元でお米屋さんを営まれています。市内でも米屋を廃業される事業主の方が今年に入り、数箇所目に付いています。お米屋さんに限らず、酒屋さん、本屋さん、飲食関係のお店など挙げればきりがありませんが、非常に厳しい中で努力をされ営業を続けています。商業振興については、私が委員長を務める都市経済常任委員会の所管でもありますので、引き続き努力して参りたいと思います。しかしながら、商業振興については、小手先の努力では結果が出ないことも明白で、目指す所(あるべき街の姿)をきちんと明確に定めて、再開発と平行しつつ行なわなければなりません。市長に期待をしつつ、私たちも自分の立場で、がんばって参ります。
<七沢産竹の子>
本日、市内(七沢)で採れた「竹の子」をたくさん頂戴しました。午前中の掘りたての筍です。 と、いうことで、本日の我が家の夕食は、「竹の子づくし」です。「竹の子の炊き込み御飯」、「竹の子と若布の味噌汁」、「竹の子と烏賊(イカ)の煮物」、「竹の子と馬鈴薯の土佐煮風」(以上)。(烏賊も日本海で取れたスルメイカ、馬鈴薯も厚木産です。) 妻と共に美味しく頂きました。地産地消、身土不二 と言われますが、竹の子のように「掘ってから数時間が勝負」という農産物はやはり地のものが一番です。前日に取れた(最高級)京都産・竹の子よりも(朝)掘れたての地元の竹の子の方が美味しいのは自明です。
 
【写真】: 今夜の「竹の子づくし」(竹の子御飯、竹の子と若布の味噌汁、竹の子と烏賊の煮物、竹の子と馬鈴薯の土佐煮風)。 / 過日の浅野史郎・慶大教授(前宮城県知事)とのツーショット写真(慶応市議会議連)。
 

後期高齢者医療制度について。「死亡者からも天引き/後期高齢者医療制度の保険料」

後期高齢者医療制度が、4月から施行され全国で混乱が起きています。厚木市においても例外ではなく、私の携帯にも市民の方からの「苦情」「問合せ」の電話が届いています。この「後期高齢者医療制度」は、「増大する後期高齢者の医療を安定的に賄うため」に制定された新しい制度です。これまでの医療制度では、主に次の2点が問題として挙げられていました。「保険料の決定主体(医療保険者)と給付主体(市町村)が別であり、財政運営の責任が明確でない。」、「拠出金の中で現役世代と高齢者の保険料は区分されておらず、両者の費用負担関係が明確でない」。つまり、今までの「医療制度を続けると破綻する」ということでした。そこで、「後期高齢者医療制度」は、都道府県ごとに広域連合を組んで運営をされることとなります。
私たち民主党会派は、「後期高齢者医療制度広域連合にかかわる議案」に対しては、全て賛成の立場を取りました。県内他市町の各民主党会派も私の知る限りにおいては同様の立場です。非常に判りにくくて恐縮なのですが、市町村で扱う後期高齢者医療制度関係の議案は、厚木市において通らないと制度そのものが成り立たず、他の市町村、結果として市民・県民の方々に迷惑をかけることになります。「悪い制度なのだから、身体をはってでも阻止するべき」論は、理解できますが、その様に出来ないことを私自身も非常に歯痒く思います。極論すれば、厚木市議会で通らなければ、県内市町村に住む75歳以上のお年寄りに対して、(この4月以降)「無保険状態」を作ることになりかねなかったからです。
現在、衆院山口2区補選が行なわれていますが、このような「問題」のある制度そのものを修正すべきは、やはり国会でなければなりません。例えば過去において、消費税が導入された際、「消費税撤廃」を公約に掲げた地方議員がいたようですが、国の大きな制度・枠組みには、私たち市議会議員の立場では関与し得ません。「いや、そうではないのだ」という考えも存在し得ることは認めますが、私たちはその様な立場をとっておりません。私たち地方議員の仕事は、市民に一番近い行政体議員として、セーフティーネット的なサポートを進めて行くべきであると考えています。非常に複雑で問題も多岐にわたるシステムですので、、問題点を明らかにしつつ、案件に当たりたいと思います。私はこれまで、「県や国の事であってもお困りごとがあれば、ご連絡下さい。県庁や国会に出向いて、民主党の仲間・先輩諸氏に相談をし、解決に向けてのアクションを起こします。」といい続けてきましたが、今回も同様です。 まずは市の担当課(医療政策課)に当たりますが、必要ならば、後期連合に出向く事も致します。ただ今の時点で、頂戴しております案件(ご相談事)に付きましては、未だ(新制度導入による)混乱が収まっておりませんので、少し時間的な猶予を頂いておりますが、可及的速やかに対処をさせて頂きます。また、平行して、私も民主党青年局に属する一議員として、自分なりの意見・思うところを(民主党を通じて)国にあげてまいります。
 
ーーーーーーー
(神奈川新聞)(2008/04/014) 「死亡者からも天引き/後期高齢者医療制度の保険料」: 七十五歳以上の約千三百万人が加入し四月からスタートした後期高齢者医療制度(長寿医療制度)で、旧制度だった時期に亡くなったり転出したりしたお年寄りからも、保険料が天引きされる可能性のあることが分かった。天引きは十五日の年金支給日に合わせて始まるが、「混乱に拍車が掛かるのではないか」と関係者は心配している。保険料の天引きは、年金額が年十八万円以上で、介護保険料と合わせた保険料額が年金額の半分以下の人が対象。運営主体の県後期高齢者医療広域連合によると、年金支給日の十五日、県内では徴収システム整備が間に合わなかった横浜市を除く三十二市町村の約二十九万人が保険料を天引きされる。各市町村は一月十八日までに、保険料の天引き予定者のデータを社会保険庁に提供した。「それ以降に亡くなったり、県外へ転居したりした場合は追加情報があれば天引きを取りやめるが、間に合わない場合も出てくる」と同連合の担当者。徴収した保険料は、後日返還されるという。プログラム処理のミスなどが原因で、十五日には対象者以外の人の保険料がいったん天引きされるケースが、県内でも小田原市で生じる見通し。一方、保険証を間違って捨てたり紛失したりした被保険者に対する保険証の再発行も相次いでいる。横須賀市は百九十二枚、相模原市も約百枚を再発行したという。同市の担当者は「今でも一日約四百件の問い合わせがある。特に、最近は徴収料の通知を受け取った人から『どうしてこの金額なのか』といった問い合わせがほとんど」と困惑している。天引きされる額は、都道府県や所得によって異なる。年金は偶数月に支給されるため、二カ月分が同時に引かれる。全国平均は、平均的な厚生年金受給者で約一万二千円、国民年金だけの人で約二千円。次回は六月十三日。
ーーーーーーー

本日の「慶応義塾・市議会議員連盟」総会にて、佐藤知一が副会長に選出されました。

本日は、朝から大学弁論部の先輩でもある青木英二・目黒区長の選挙戦の応援に行って参りました前回は自民対民主の枠組みで辛勝した青木英二区長(元民主党都議会議員)でしたが、今回は、民主・自民・公明・社民の四党推薦を得た万全の体制で臨む、二期目の挑戦であります。良い結果を期待しています。
 
午後からは、慶応義塾大学・三田キャンパス(東京・三田)にて行なわれた「慶応義塾市議会議員連盟」の通常総会に出席しました。慶応義塾大学を卒業した市議会議員(含・政令指定都市議員、区議会議員)が全国から集まりました。浜松市議会・田口議員からは、「夜のお菓子・うなぎパイ」を一人2、3枚、お土産に頂戴しました。浜松のセールスマン、どこかの知事さんばりです。(田口議員、有難うございました。)

慶応義塾大学からも大下亨治・塾員センター部長にも、ご出席頂きご挨拶を頂戴致しました。今年は、ゲストとして浅野史郎・慶大教授(前宮城県知事)をお迎えし、「行政と議会~自治体議員に期待すること」~宮城県知事時代の経験から~ と題した基調講演も行なわれました。
全国から集まった老獪な議員たちの集まりということもあり、講演後の質疑応答も非常に盛り上がりました。講演終了後も、浅野史郎教授を交えての記念撮影。私もツーショット写真を撮らせて頂きました。

また、今年度の総会では、新たに会長、副会長が選出(幹事長は留任)されました。 (会長には、根室市議会・壷田重夫議員、副会長には、私、佐藤知一 と 香取市議会(副議長)・伊藤友則議員。) 未だ議員二期目の私ではありますが、今回、諸先輩方からも、議連・副会長に推して頂きました。先輩諸氏・会員各位から頂きました御期待に副えますよう、頑張って参りますので宜しくお願い致します。

 
【写真】: 平成20年「慶応義塾市議会議員連盟」通常総会・浅野史郎教授基調講演。机の上には、資料と「夜のお菓子・うなぎパイ」。外の写真は、重要文化財・慶応義塾図書館(旧館)前。
  
 
【写真】: 目黒区長選挙ポスター掲示板
※ 目黒区長選挙・期間中につき、(公職選挙法の趣旨に則り)目黒区長選挙関係の(上記以外の)写真掲載を自粛しています。また、浅野教授とのツーショット写真は、明日以降にアップします。

少林寺拳法のトレーニング。/明日は、目黒区長選挙応援。午後は、慶応義塾市議会議員連盟総会・懇親会。&浅野史郎・前宮城県知事基調講演。

本日は、「月刊さとう5月号」の印刷や地元廻りなど。夜は、少林寺拳法のトレーニングがありました。皆と一緒に声を出し、身体を動かし汗を流すのは、気持ちのいいものです。本当は週二回のトレーニングも休まずに出たいのですが、仕事の都合上休みがちになります。が、そんな私でも先生をはじめとした仲間たちは、いつも暖かく迎えて頂いています。私がニュージーランドで、少林寺拳法の指導員をしていた頃に比べると(私の)身体も体型も変わり、だいぶ、鈍くなりましたが、先生や先輩諸氏にほめられながら、(お世辞と思いながらも嬉しく思い)楽しみつつ再開・継続をしております。仲間の皆に感謝しています。
明日は、朝から大学弁論部の先輩でもある
青木英二・目黒区長の選挙戦の応援に行って参ります。お世話になっていたにもかかわらず、前回の区長選では応援に行くことが叶わなかったので、今回は必ず参ります。
午後からは「慶応義塾市議会議員連盟」の通常総会・懇親会に
慶応義塾大学・三田キャンパス(東京・三田)まで出掛けます。ゲストとして浅野史郎・慶大教授(前宮城県知事)をお迎えし、「行政と議会~自治体議員に期待すること」~宮城県知事時代の経験から~と題した基調講演も予定されています。その後の懇親会も含めて非常に楽しみです。
昼食は、久しぶりに「山食」(学食)のカレーでも食べましょうか、それとも、「二郎」にしてみようか。これもまた、楽しみです。
【写真】: 私の黒帯です。(新しくしました。)

本日は神奈川県庁(横浜)で勉強会。笠浩史・新県連代表とも面会。「ロースクール(政策法務学校)」

本日は、朝から神奈川県庁(横浜)(新庁舎8階・大会議室)にて、行なわれた勉強会に出席致しました。民主党かながわクラブ県議団の勉強会「Law School(政策法務学校)」で、民主党の県議会議員のほか、私を含む市議会議員も3名が出席致しました。本日の講師は、地方分権と政策法務のスペシャリスト、関東学院大学法学部教授・出石稔先生です。民主党県議団は、政策形成全般に対して、専門的知見から助言を得る為に(大学教授と)政策顧問委託契約(コーディネーター)を結んでいます。
講義終了後は、幹事の方たちに出石先生を交えた懇談の場も頂戴致しました。私は、大学時代、八木欣乃介慶大教授(当時/元内閣法制局/自治省・現帝京大学教授)のゼミ生として、「地方自治体の政策法務」について学びました。学術的にも興味を満たすことのできる内容・通常の議会活動では知りえない専門性に富んだ内容でした。私は大学院では主に「環境社会学的アプローチの環境政策」を専攻した為、政策法務については、久しぶりに充実した中身の濃いお話しを伺うことが出来たと喜んで厚木に帰りました。
ちなみに出石先生は、松沢成文・神奈川県知事の「マニフェスト進捗評価委員会委員」でもあり、厚木市がこれから目指す(含市長公約)、自治基本条例など新条例制定に向けてアドバイザーをされている方でもあります。本日が第3回目の勉強会で、ほぼ毎月行なわれます。この勉強会「Law School(政策法務学校)」は、民主党かながわクラブ神奈川県議団の政務調査費より支出されております。
次回からも引き続き、私もメンバーの一員として、出席させて頂きます。ここで学んだことは、厚木市に持ち帰り、今後の市議会活動に活かして参ります。
横浜から厚木に帰ってからは、市役所本庁舎(民主党控室)で、事務整理をしております。
 
【写真】: 「Law School(政策法務学校)」 昨日の県連大会で、県連代表に選出された笠浩史・新代表(衆議院議員)と出石教授。
  
 

民主党神奈川県連大会・新代表に「笠浩史(りゅう・ひろふみ)」代議士を選出。/「第13回あつぎ大潮展」ほか。

本日は、朝から地元の式典に来賓として参加。その後、市民ギャラリーにて行なわれている「第13回・あつぎ大潮展」へ。「大潮会」は、「昭和11年に創設され、毎年12月に東京都美術館にて、大潮展を開催するなど実績と歴史のある、写実派を代表する美術団体」です。 「第13回・あつぎ大潮展」は、「大潮会・厚木支部」の方々の作品の展覧会です。素晴らしい作品ばかりで、楽しませて頂きました。 その後、厚木幼稚園に行っていた妻と合流し、横浜へ。横浜の「札幌スープカレー・アナンダ」にて昼食を取りました。一時期流行った「札幌スープカレー」のお店で、ご飯の盛りが多く、お得な感じです。
昼食後、珈琲を飲み一休み。その後、私だけ、ホテル(キャメロット・ジャパン)にて行なわれる「民主党神奈川県連合会定期大会」に代議員として出席しました。来賓には、松沢成文・神奈川県知事などにもお越し頂きました。本日の定期大会は、県連代表選挙があるということで、TVK(テレビ神奈川)も入っていました。
民主党神奈川県連合会初の代表選挙の結果は、「浅尾慶一郎候補(県連代表・参議院議員)138票」「笠浩史候補(県連副代表・衆議院議員)139票」(白票3、疑義票ナシ。)で、笠浩史 新代表が誕生致しました。その差「1票」と言う僅差となりましたが、同じ「民主党」、「選挙が終われば、ノーサイド(笠浩史代表)」ということで、本日から新代表の下、民主党県連は、一致結束して政権交代に向けて頑張って参ります。
ーーーーー
神奈川新聞 2008/04/13) 「一票差で笠氏が浅尾氏破る/民主党神奈川県連代表選挙」-民主党神奈川県連初の県連代表選挙が十三日行われ、現副代表の笠浩史氏(43)=衆院比例南関東=が現代表の浅尾慶一郎氏(44)=参院神奈川選挙区=を百三十九票対百三十八票の一票差で破り、新代表に就いた。有効投票は二百八十票で、白票は三票だった。
ーーーーー
 
【写真】: 「民主党神奈川県連合会・2008年定期大会」  一枚はTVK(テレビ神奈川)ニュース。(我々代議員も映っていました。)
     
 
【写真】: 「第13回・あつぎ大潮展」 と 横浜の札幌スープカレー屋さん「アナンダ」
   
 

佐藤からのお願い。 - 2008年度 党員・サポーター募集中!-

- 2008年度 党員・サポーター募集中!-
        
 
民主党の運営と活動を支え、ともに行動する党員・サポーターを募集しています(5月末締め切り)。
党員・サポーターは、2008年9月末に行われる民主党代表選挙に参加・投票ができます。
お問い合わせ・お申し込みは、佐藤知一(sfc310@hotmail.com)まで。 お気軽にお問い合わせ下さい。