本日、明日と一般質問通告と質問の骨子を作成。/記念QSLカードに助成金は必要か否か?

おはようございます。本日、明日と一般質問通告と質問の骨子を作成しなければならず、早起きをしてキーボードを叩いております。
さて、下記のような市政相談を頂戴しました。
ーーーーー
> 実は××○○アマチュア無線クラブでは昨年に続き、今年も「あつぎ鮎まつり」記念QSLカードを発行予定です。
がしかし「厚木市制50周年記念」QSLカードの時は市から助成金を頂けたのですが、「あつぎ鮎まつり」については残念ながら助成金を頂けませんで各人が自腹で製作して発行しました。
今年こそは各人に負担をかけることなく製作したいと思いますが何か良い方法はありませんか?
ーーーーー
私の返したお答えは次のとおり。
「(略) さて、「あつぎ鮎まつり」記念QSLカード助成金の件ですが、予算付けが決まっている為、残念ながら今年の助成は難しいと思います。
私自身、無線はやらないので、QSLカードについての知識は、ググって5分ほど説明に目を通した程度しかない為、何ともいえませんが、費用対効果が見込めれば、来年度以降、つけて頂けるような要望はしてみます。ところで、「厚木市制50周年記念」QSLカードは一枚あたりいくらくらいで作成し、何枚ほど作成したのかお教え頂ければ幸いです。この場で明らかに出来なければ、私のメールにでも投げて頂きたく思います。皆さんの市民活動により、厚木の良いイメージが世界中に広めて頂けるような活動だとすれば、助成する価値もあると考えています。いずれにしてももう少し、調べてみることにします。 」
私は、少しの助成金を出したとしても、日本各地(時には外国)へ厚木市のインフォメーションが届くということは、費用対効果を見越しても良いことだと思っています。これは、私の経験を基にした推測でしかありません。ですから、肝心の助成費用について未だ調べていない為、今のところ推測でしかお答えは出来ません。(上述のとおり)今日、明日にでも担当に直接聞いてみて、検討してみることとします。
 
民主党青年局 「地域を変えるブログ」に佐藤のブログもリンクが張られています。
コメントを投稿するか、トラックバックを送信できます: トラックバック URL

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。