「『日中環境ジャーナリスト・NGOシンポジウム』~持続可能な社会を求めて~」のシンポジウムに出かけて参りました。

本日は、午後1時半から、「『日中環境ジャーナリスト・NGOシンポジウム』~持続可能な社会を求めて~」のシンポジウムに出かけて参りました。元ジャーナリストで鎌倉市長を務められた竹内謙氏も「環境ジャーナリストの会」会員として出席されておりました。恩師の原剛・早稲田大学環境塾塾頭(元早大教授)やゼミの先輩方にもご挨拶をさせて頂きました。
中国から、多くのジャーナリストも出席されていました。中国には、民主化を求める多くの人々がいて、チベット問題などに関しては、私自身も迫害を受けている人々の側に立ってものを見てしまいがちです。しかしながら、一方で、(中国では)民主化を模索して行動している人々もいて、彼ら彼女らの発する意見にも積極的に耳を傾けていかなければならないとも感じています。過日参加した国連大学においての中国の環境問題に関してのシンポジウムの時にも感じましたが、中国自身が自らの大きな身体を持て余しながらも民主化に向けて、努力をしている姿が見て取れます。勿論、中国の中にも様々な意見と対立が存在していることも承知しております。「政治(の世界)」には「答えが存在しないかもしれない問題」を解くような難しさがあります。中国の民主化の問題もこれに近いものがあるようにも思われます。ここでは書ききれませんが、多くのことを学ばせて頂く事の出来た一日でした。
会場は、早稲田大学国際会議場で、主催は「早稲田大学WISPJ」「早稲田大学環境総合センター」「日本環境ジャーナリストの会」。
 
【写真】: 「『日中環境ジャーナリスト・NGOシンポジウム』~持続可能な社会を求めて~」

     

コメントを投稿するか、トラックバックを送信できます: トラックバック URL

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。