「厚木市の学校給食における事故米を使用した卵焼きの使用について」 厚木の給食でも事故米使用。62,181食を小・中学校(22小学校・13中学校)にて提供。/本日の議会予定は「決算特別委員会」

本日(9月24日)、平井教育長の名前で1通の文書が届きました。「厚木市の学校給食における事故米を使用した卵焼きの使用について」というタイトルで、平成15年10月から20年2月までの間、62,181食を小・中学校(22小学校・13中学校)にて提供していた事実が明らかになりました。ちなみに平成20年3月以降について当該食品は厚木市学校給食用物資選定委員会にて選定をされておりません。事故米の使用については、「日本製でんぷん・米粉」という表示をを信用して被害にあった業者も少なくないため、ここでは業者の名前は控えますが、厚木市の学校給食においては、私も(一般質問などにおいて)何度も何度も何度も・・・、その安全性について、問うてきました。また、同僚の名切議員の援護射撃(議会質問)などもあり、厚木市の学校給食も手作りの価値を見直しつつありますが、私や名切議員の質問がなければ、今年2月以降も使用し続けた可能性が高いと考えて差し支えないと思います。手柄にするわけではありませんが、行政の側ももう少し「食の安全」について真剣に取り組んで頂きたいと考えています。厚木市の学校給食は、まだまだ改善の余地があります。
/本日の議会予定は「決算特別委員会」です。私も朝9時から傍聴をしています。並行して、政務調査費などの報告書作成などを行っております。
コメントを投稿するか、トラックバックを送信できます: トラックバック URL

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。