本日は雨。本庁舎自室にてお仕事。/「麻生首相所信表明演説」

本日は雨。本庁舎自室にてお仕事をしています。今議会議案のほかにも、来月に提出をする政務調査費の報告書作成とか、党務の対応などもあります。新たに「民主党神奈川県連・青年局長」に就任したので、これに係る色々なことも決めなければなりません。ここには書けませんが、いろいろと面倒なことに時間を取られたりも致しまして、あっという間に午後五時(只今の時間)です。あとは帰ってやることに致します。その前に夕食の買い物にも行かなければいけません。今夜の夕食の献立は何にしようかなっと・・・。
それと、本日、「麻生首相の所信表明演説」が国会でなされました。色々と言われておりますのでここで詳細には触れません。私の書棚にも麻生総理の御著書、「とてつもない日本」(新潮新書)がありますが、もう一度読み返して見ることにします。私の感想は、「御説ごもっともですが・・・。 で、具体には?」といったものです。
(転載) 【麻生首相所信表明演説】(6)地域の再生 「目を、地域に転じます。 ここで目指すべきは、地域の活力を呼び覚ますことです。それぞれの地域が、誇りと活力を持つことが必要です。 しかし、その処方箋(しょほうせん)は、地域によって一つずつ違うのが当たり前。中央で考えた一律の策は、むしろ有害ですらあります。だからこそ、知事や市町村長には、真の意味で地域の経営者となってもらわなければなりません。そのため、権限と責任を持てるようにします。それが、地方分権の意味するところです。 進めるに際して、霞が関の抵抗があるかもしれません。わたしが決断します。 国の出先機関の多くには、二重行政の無駄があります。国民の目も届きません。これを地方自治体に移します。最終的には、地域主権型道州制を目指すと申し上げておきます。 農林水産業については、食料自給の重要さを改めて見直すことが、第1の課題となります。50%の自給率を目指します。農業を直ちに保護の対象ととらえる発想は、この過程で捨てていかねばなりません。攻めの農業へ、農政を転換するのであります。 10月1日に発足の運びとなる観光庁の任務に、観光を通した地域の再生があることを申し添えておきます。沖縄の声に耳を傾け、沖縄の振興に、引き続き取り組みます。 昨今は、集中豪雨や地震など、自然災害が相次いでおります。被災された方に、心よりお見舞いを申し上げます。復旧・復興には、無論、万全を期してまいります。」
 
【写真】: 厚木市本庁舎5階議員控え室(民主党控室)の窓から写した風景はこんな感じです。
 
コメントを投稿するか、トラックバックを送信できます: トラックバック URL

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。