「地方自治経営学会」の平成21年度「春の研究大会」が無事終了/東京・新宿の沖縄料理屋さん

昨日で、私も学会員として所属する「地方自治経営学会」の平成21年度「春の研究大会」が無事に終了しました。今年は、学会創立25周年の年にもあたります。今年の学会研究大会テーマは、「明日に向けて地方分権は果たして進むか『官の強い抵抗』と『地方側のまだ弱い問題認識』」でした。
二日間で登壇された発表者・講演者・発言者は、「穂坂邦夫(地方自治経営学会会長)」「丹羽宇一郎(地方分権改革推進委員会委員長、伊藤忠商事会長)」「猪瀬直樹(東京都副知事)」「中田宏(横浜市長)」「浅野史郎(慶応義塾大学教授)」「増田寛也(前総務大臣・前岩手県知事)」「片山善博(慶応義塾大学教授)」「福岡政行(白鴎大学教授)」「市川宏雄(明治大学専門職大学院長兼ガバナンス研究科長)」「飯尾潤(政策研究大学院大学教授)」「松行康夫(東洋大学名誉教授)」「加藤均(堺市議会議員)」「坂田期雄(西九州大学客員教授)」「坪井ゆづる(朝日新聞編集委員)」「松行康夫(東洋大学名誉教授)」「山下茂(明治大学大学院教授)」「森田良民(㈱オプティマ代表取締役会長)」「間島正秀(法政大学教授)」「香山充弘(元総務事務次官)」「青山彰久(読売新聞編集委員)」「中山弘子(新宿区長)」「山田 啓二(京都府知事)」「山内道雄(島根県海士町長)」(敬称略・順不同) と、そうそうたる顔ぶれで、どの方のお話・研究発表も非常に参考となるものでした。公務等の関係で、一部聴講が叶わず残念でした。
特に平素より、お世話になっている浅野史郎教授の講演を聞き逃したのは残念でありますが、公務ゆえお許し頂きたいと思います。浅野教授には、昨年、私を授業(地方自治論)のゲストスピーカーとしてお声かけ頂き、100人を超える学生を前にお話をさせて頂きました。また、来月(6月上旬)には、今度は、浅野研究会(ゼミ)のゲストスピーカーとしてお招き頂く事になりました。お会いした際にお詫びしたいと思います。
また、興味深かったのは、 中山弘子新宿区長による歌舞伎町再生のお話と山内道雄・島根県海士町長による「ブランド戦略」に成功したお話です。「歓楽街再生」「ブランド戦略」の問題は、厚木市も共通して抱える行政課題です。今後の議会・委員会活動の参考とさせて頂きます。
/私も会員として(初日の大会終了後に行われた)「総会」にはきちんと出席させて頂きました。研究大会は、会員でなくとも所定の会費を納入することによって、参加することが出来ます。出席者全体の中で、会員の割合は非常に少ないのですが、今回、25周年を迎え今後も学会の維持継続に向けた活発な話し合いが行われました。財政的な問題はありません。「地方自治経営学会」の名前にあるように(学会の運営も)健全経営です。
 
【写真】: 「地方自治経営学会」の平成21年度「春の研究大会」(写真は第二日目)
      
 
また昨晩は、学会終了後、(丸の内に勤める)妻と待ち合わせして、新宿にて食事を取りました。実は少し嬉しいことがありまして、ささやかなお祝いです。
新宿駅に程近い沖縄料理屋さんでしたが、このお店は実は、(結婚前)妻と初めて食事をしたお店でした。訪れたのはその時以来となります。「まだ、あるかなー?」なんて言いながら行くと見つかりました。カウンターと「小あがり(6畳位?)」だけの小さなお店です。 オリオンビールで乾杯をして、〆はやっぱり「沖縄そば」。(デザートまで含めて)お腹いっぱい食べて、二人で「3800円」也。新宿のど真ん中でありながらの「沖縄価格」です。
【写真】: 新宿にある某沖縄料理屋さん。(WEBサイトは存在しません)
  
コメントを投稿するか、トラックバックを送信できます: トラックバック URL

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。