副議長(議長代理)として「全国自治体病院経営都市議会協議会・第5回地域医療セミナー(都市センターホテル・東京永田町)」へ出席。

本日は、午前中から東京へ出張(公用車・局長随行)。副議長(議長代理)として「全国自治体病院経営都市議会協議会・第5回地域医療セミナー(都市センターホテル・東京永田町)」への出席を致しました。今回のセミナーは、全国各地から正副市議会議長、議員、(医師など)医療関係者など多くの方が集いました。
主催者代表挨拶に続いて、講演を聴講しました。今回のセミナーの講師は、お二人でした。唐澤剛・厚生労働省大臣官房審議官と「闘う勤務医」の異名をとる本田宏・済生会栗橋病院副院長(NPO法人・医療制度研究会副理事長)のお二人です。これまで厚生労働(地域医療行政)に深く携わってこられた官僚の方のお話と現場で地域医療の再生を説くお医者さんという、非常に「対照的なお立場」の「対照的な方々」のお話をそれぞれ100分ずつお聞きすることが出来たのは、非常に勉強になりました。医療行政の抱える根本的な問題を浮き彫りにして理解することが出来ました。本田医師のお話は、過日、一新塾で聴講した村上智彦医師(医療法人財団夕張希望の杜理事長)の主張される所と共通するものがありました。本田医師も村上医師も(医師不足など)日本の医療政策の問題点を訴える講演活動で知られる有名な方です。
-----
【全国自治体病院経営都市議会協議会・第5回地域医療セミナー講演】:
(1)「今後における地域医療政策の課題」: 唐澤剛・厚生労働省大臣官房審議官
(2)「地域医療の再生」: 本田宏・済生会栗橋病院副院長(NPO法人・医療制度研究会副理事長)
-----
【写真】: 全国自治体病院経営都市議会協議会・第5回地域医療セミナーの様子。
      
コメントを投稿するか、トラックバックを送信できます: トラックバック URL

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。