「『陳情』から『要望』へ」(細野豪志組織委員長)/朝9時より東京・新宿の京王プラザホテルにて行われた民主党「地方自治体議員フォーラム全国研修会(第二日目)」「総会」に出席/本日も事業仕分け視察/「お札と切手の博物館(独立行政法人・国立印刷局)」

本日も、朝9時より東京・新宿の京王プラザホテルにて行われた民主党「2009年・地方自治体議員フォーラム全国研修会(第二日目)」「総会」に出席をさせて頂きました。
本日開催される分科会は、「議会改革と議会基本条例」と「分権型陳情への改革」の二つ。
第一分科会の「議会改革と議会基本条例」は、三谷哲央・三重県議会議長と千葉茂明・月刊ガバナンス編集長による事例発表と対談。第二分科会の「分権型陳情への改革」は、各県連の政策活動報告と細野豪志組織委員長、中塚一宏組織委員長代理による「陳情(要望)の一元化」についての説明と質疑応答。
/議会改革と議会基本条例の制定を視野に入れ、厚木市でも「議会の在り方検討会」が発足し、議論が密に行われています。私も副議長として第一分科会も非常に興味があったのですが、本日選択したのは、第二分科会でした。
ニュースなどでも大きく報道がなされていますが、民主党では「陳情(要望)の一元化」を大胆に進め、システムを大幅に変更することに致しました。党本部で所管をするのが、組織委員会(細野豪志委員長)です。党神奈川県連では、私は、組織委員長(正式には組織・県民運動委員長)。今回のシステム改正においての(県連での)所管は決まっていませんが、私も党県連の役員としてお話をお聞かせ頂く事としました。
 
-「『陳情』から『要望』へ」(細野豪志組織委員長)-
これまでは、知事や市町村長、団体の役員の方々が、上京して中央省庁に陳情して来た。(これからは)これを地方からのものは、民主党の都道府県連で、団体のものは組織委員会で受け、幹事長室で一元的に扱うこととなる。
この新システムを導入する主な理由は4つ。
 1、政官業の癒着からの脱却をめざす。陳情に付きまとってきた胡散臭さを排し、透明で公正なシステムをつくるべき時期である。
 2、地方の負担軽減。知事や市町村長、議会の方々には、地域の行政や議会という重要な役割がある。頻繁に上京することは、その重要な役割を妨げることになる。
 3、民主党の地方組織の強化。陳情をしっかりと受け止めるためには、都道府県連の役員や地方議員、そして現職の国会議員、総支部長が草の根運動を展開しなければならない。
 4、政務三役の負担軽減。各団体からの個別の陳情を政務三役が直接受けるのは、現状を考えると不可能である。一元化することで負担の軽減をはかる。
※「陳情」という言葉には、国と地方の関係、あたかもそこに上下関係があるようなニュアンスがあるので、組織委員会では、「要望」という言葉を用いたい。
また、細野豪志委員長は、今回の政権交代による大きな制度改革は、これまでにない大きなものと前置きした上で、2011年の統一地方選挙を視野に入れながら、民主党の政策をともに実現できる議員や首長を増やし、国と地方の「ねじれ解消」 に力を貸してほしいと発言をされました。我々地方自治体議員も頑張って参ります。
---
 
/2009年度「総会」終了後、市ヶ谷にて行われている「事業仕分け」の視察に参りました。本日はいつも以上に傍聴者が多く、(もちろんマスコミもいつもの通りに多く)来場されていました。一般傍聴者の方は、入場規制がかかったようで、入場待ちの列も数百メートルに達したとの事です。非常に注目を集めている事業仕分けですが、「事業仕分けの結果が最終結果ではない。」という大前提を御理解されていないマスコミの論調が目立ちます。仕分け結果が「予算要求通り」となった事務事業も多かったのですが、こちらの報道はなされません。 /今回一番注目した仕分け作業は、「商店街・中心市街地活性化支援(中小商業活性化支援事業、中小商業活力向上施設整備事業、戦略的中心市街地商業等活性化支援事業費補助金)」でした。商店街の空き店舗活用や、中心市街地空洞化防止に向けての民間の取り組みを支援する3事業。概算要求額は計80億円。「補助金では地方の現場の使い勝手が悪い」として、予算を20%削減した上で11年度から地方に移管するよう求めました。全国商店街振興組合連合会などが積み立てている3基金(計241億円)は必要額を除き国庫返納を返納するべきと要求しました。
/(市ヶ谷の)「事業仕分け」が行われている建物(独立行政法人・国立印刷局)に併設されている「お札と切手の博物館」も本日、休み時間に見学(入場無料)させて頂きました。仕分けの視察に来るたびに気になっていたこの博物館ですが、「この施設こそ、仕分けされるべき」という御意見には激しく賛同します。
 
【写真】: 民主党「2009年・地方自治体議員フォーラム全国研修会(第二日目)」「総会」(@京王プラザホテル)の様子。
   
 
【写真】: 2009年度「総会」終了後、市ヶ谷にて行われている「事業仕分け」の視察に参りました。
     
【写真】: 事業仕分けの行われている建物に併設されている「お札と切手の博物館(独立行政法人・国立印刷局)」。「この施設こそ仕分けされるべきだ」という御意見に賛同します。テレビカメラの中継車も各局勢揃いです。
  
コメントを投稿するか、トラックバックを送信できます: トラックバック URL

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。