2010/02/23のエントリー「厚木市立病院視察(特別委員会現場意見聴取報告)」について。市内在住の方が読みやすく仕分けしてくれました。

2010/02/23のエントリーで、「厚木市立病院視察(特別委員会現場意見聴取報告)」について御報告をいたしました所、厚木市内(みはる野)在住の岩崎正昭さんが、私のメモを仕分けし、読みやすいようにグラフに加工して頂きました。もともと「あつぎ地域SNS」に公開されていたものですが、岩崎さんの許可を得て、このブログにも引用・転載をさせて頂きます。この記事は、市立病院の関係者のみならず、市内にある他の病院関係者の方からも「関心を持って読みました」との感想を頂いております。
岩崎さんには、私の雑ぱくなメモをきちんと仕分けし読みやすくして頂きました。非常に感謝しております。
下記は、あくまでも岩崎さんの視点で仕分けし、補足して頂いたものでありますが、私も参考にさせて頂いております。
 
~(以下、引用)~
【日刊】 厚木市議会議員 さとう知一さんの記事にあった意見交換の39項目にわたるメモを私(岩崎)なりにまとめてみました。下記の4つにくくれそうです。

1.建物・環境に関するもの。
2.運営に関するもの。
3.人材に関するもの。
4.情報システムに関するもの。

グラフにするとこんな感じです。
この意見は院内関係者の意見ですが、建物・環境に関するもの以外は
2.運営、3、人材、4情報システムに関してはすぐにでも改善に取り組むことが出来そうであることがわかります。

患者には癒しが大事で、十分に広いスペースが必要と思われることから
現在の位置に建てることは必ずしも得策とはいえない気がします。



下記はくくった内容です。
【】はメモだけでは分類できないので、私(岩崎正昭)なりの解釈を加えたました。
  建物・環境

1.車椅子不便【通路が狭い】
2.一般病棟がICU化している【ICUと一般病棟の分離】
3.患者に説明をするための部屋(相談室)がない
4.緑で癒す環境が全くない。やすらぐスペースがない
5.動線の確保。
  廊下には機械・医療機器が出しっぱなしの状況【収納】
6. 収納スペースを作って欲しい
7.  物の置き場が全くない状況か【収納】
8. 手術の間、ご家族が待機しているスペースがない
9. 現病院の水道管はさび付いていて、水道水がそのまま使用できない。
   清潔な水道水があれば助かる
10.今の空調は全ての部屋が統一ですが
       部屋ごとに空調の温度調節ができるようにして欲しい
11.仮眠室の確保(現状はカンファレンス室に簡易ソファーベッド)
12.リハビリの際にも現状では、散歩する所もない
13.今の本館の廊下は完全なフラットではなく波打っている
14.じゅくそう対策・エアマット等の収納スペースもない
15.スタッフの休息は患者や家族と離れた場所で過ごすべき
16.職員専用のトイレも欲しい

  運営

1. 機能的な病院にして欲しい【科の連携】
2. 東海大学病院では入院時のオリエンテーションで退院までの工程を説明し
   退院調整まで行っている
3. 子育てとの両立が出来なくて辞めていく看護師も多くいる
4. 子育てで離れた看護師もすぐに仕事に戻れない
   フレックスタイムや病時保育の導入
5. 職員定数の弾力的運用が必要
6. 今の病院整備計画にある「現状建替え案」できちんと作ってもらえるか心配
   コメディカルな部分の充実が必要
7. 一次医療と二次医療の(さらなる)すみ分けが必要
8. 今は市民に対する公開講座が全くない
9. 老人医療や成人病などの公開講座を行い啓発をして欲しい
10.病人でない人も講座等を目的に病院に来れる環境必要
11.認定看護師・緩和ケアの活躍する場もない
12.労働環境が良くない。女性技師もこれからは増えてくるので
   女性の働ける環境作りをお願いします
13.仲間の医師は、公的病院で働くことをためらっている。
   採用の形態をもう少し柔軟にして頂けると彼も働ける
14.病院なのにアピールが足りないと思う。病院の取り組みが市民に浸透して
   いない。地域とのリンクが必要

 

  人材

1. 早急なマンパワー・働き手の確保必要
2. 看護師20名を採用するために5回の試験を行わなければならない。
   人の確保が非常に困難。
3. 言語療法士がいない(摂食嚥下等の対応が出来ない)
4. 現状は日勤でも帰りは(午後の)8時9時
   家庭との両立が難しく辞めていくナースも多い
5. 現在は(80歳以上)高齢者の手術も多く対応するには人員が圧倒的に
   少ない
6. 放射線治療は本柱のうちの一つなのに
   その柱の一つ(放射線治療)が非常勤医師しかいない(しかも週一回)
7. がん治療に力を入れるとあるが現状は、
   専門医が非常勤のみでマンモグラフィーを取るのにも苦労をしている

 

  情報システム

1. 電子カルテもない現状(現状はオーダリングシステム)
2. 医療機器の管理システムSPD【院内物流管理システム】

関連記事
 厚木市立病院の整備・運営に関する調査特別委員会」現場意見聴取・交換

コメントを投稿するか、トラックバックを送信できます: トラックバック URL

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。