月別アーカイブ: 3月 2010

逗子市議会議員選挙は昨日告示。千葉景子法務大臣・笠浩史県連代表をはじめとする各級議員も多く応援に駆けつけました。私も街宣車に乗り込み応援弁士として遊説をさせて頂きました。/彼岸・家族で墓参。

逗子市議会議員選挙は、昨日告示しました。(http://www.dpjr.org/
私もそれぞれの候補者・民主党公認・推薦候補(公認2名・推薦3名)の応援に入らせて頂きました。千葉景子法務大臣、笠浩史県連代表をはじめとする各級議員も多く応援に駆けつけました。私も街宣車に乗り込み、応援弁士として遊説をさせて頂きました。
 
/昨日が春彼岸の中日(春分の日)ということで、本日は、早朝から家族が集まり、墓参いたしました。
本日も午後から、逗子市議会議員選挙に民主党候補の応援に入る予定です。(本日で街宣通算1,207日目)
それぞれの候補者の詳細につきましては、民主党県連HPをご確認下さい。
 
【写真】: 逗子市議会議員選挙が昨日より始まりました。千葉景子法務大臣、笠浩史県連代表をはじめとする各級議員も多く応援に駆けつけました。
    
 
【写真】: 家族で墓参。妻田の青松寺です。

   

本日は、一日、逗子市議会議員選挙に民主党公認・推薦候補の応援に入ります/民主党県連大会も無事に終了

本日は、一日、逗子市議会議員選挙に民主党公認・推薦候補の応援に入ります。逗子市議会議員選挙は、本日告示です。(http://www.dpjr.org/)(本日で街宣通算1,206日目)
/昨日の民主党県連大会も無事に終了をさせて頂きました。県連役員として2年目、最後の県連大会です。議会では、質問をする立場の私ですが、県連大会では、立場が変わります。ステージ上に登壇し、幹事長による議案説明の後、代議員(党員・議員)の皆様から質問をお受けします。毎年、この時ばかりは、議会においての理事者の気持ちが良くわかります。
この夏に控えている参議院議員選挙において民主党は、神奈川県選挙区(定数3)は、千葉景子法務大臣(参議院議員)とかねこ洋一参議院議員の2名を公認としました。昨日は千葉・金子両候補に加え、(参議院全国比例候補の)那谷屋正義参議院議員、竹内栄一県議会議員、石井茂・ツルネンマルテイ参議院議員政策秘書の5名が登壇し、それぞれの思いを壇上から訴えました。
全員当選に向けて、私もしっかりとがんばって参ります。
 
【写真】: 役員会終了後に行われた常任幹事会の様子。
 
【写真】: 民主党県連大会の様子。4枚目の写真は来賓としてご挨拶を頂いた林文子・横浜市長。
   
【写真】: 県連大会ステージ上に並び決意表明をする候補予定者(夏の参議院選挙)。神奈川県選挙区(定数3)は、千葉景子法務大臣(参議院議員)とかねこ洋一参議院議員の2名を公認としました。昨日は千葉・金子両候補に加え、(参議院全国比例候補の)那谷屋正義参議院議員、竹内栄一県議会議員、石井茂・ツルネンマルテイ参議院議員政策秘書の5名が登壇し、それぞれの思いを壇上から訴えました。
   

横浜市内ホテル(キャメロットジャパン)にて、民主党神奈川県連大会に県連役員として出席します/厚木記者クラブとの意見交換会/厚木青年会議所44年会懇親会

本日は、朝9時から地元イベントに出席し、その後、横浜へ。
横浜市内ホテル(キャメロットジャパン)にて、民主党神奈川県連大会に県連役員として出席します。10時半から、県連役員会。その後、常任幹事会に出席をし、午後から、県連大会が開催されます。
私は、組織県民運動委員会委員長として、活動報告を行い質疑応答を受ける予定となっております。大会では、新代表(笠浩史・県連代表留任)が決まり、大会後、新役員が決まります。私は、この2年間にわたり、県連役員を務めさせて頂きました。人材豊富な民主党神奈川県連ですので、おそらくこれからは、一般議員として県連を支えていくこととなるように思います。役員としては最後の仕事となります。個人的には、委員会メンバーの協力を頂つつ、大きなイベントの責任者も経験させて頂きましたし、県連役員(しかも一番大きな委員会の委員長)の経験は、今後の私の活動にも活きていくはずです。
/県連大会終了後は、厚木に戻り、厚木市議会議員有志と厚木記者クラブの方との意見交換会に出席をする予定です。
/最後に、厚木青年会議所44年会(任意団体)の懇親会に出席します。
ここ数日、呑みの席が非常に多くなっておりますが、呑みすぎには気をつけつつ、交流を深めることといたします。それでは、行って参ります。

本日は2月議会最終日(採決)/議会運営委員会/全員協議会/会派代表者会議/議会の在り方検討会/議員クラブ意見交換会ほか。

本日は2月議会最終日です。8時30分から「正副議長・正副議運委員長・議会事務局による打合せ会議」。
/9時から議会運営委員会「採決区分について」
/その後、本会議。「委員長報告」(総務企画)(市民福祉)(環境教育)(都市経済)(質疑・討論)[採決](議案第2号から第35号まで34件)(継続審査の承認)【最終日提出議案】(議案第36号)(議員提出議案第1号)(病院特別委員会・第2回中間報告)(議員派遣について)
※討論では、会派・民主党を代表して、(午後から)名切議員が討論に臨み登壇を致します。
 
/全員協議会「退職者紹介」「理事者報告事項」「議員議会関係報告」「事務連絡」
/会派代表者会議「議会関係当面の予定について」
/市立病院の整備運営に関する調査研究特別委員会「厚木市立病院整備計画の状況について」
/議会運営委員会(再開)「議会だより一面主見出しについて」
/議会の在り方検討会「諮問事項第2の検討について」
/議会日程終了後、議員クラブによる意見交換会に出席いたします。
※他に市長・副市長との面談、厚木警察署長新任挨拶(議会訪問)等をお受けする予定です。
 
~本会議採決議案~
本会議最終日の採決案件は、次のとおりです。
1、議案第2号 市道路線の廃止及び認定について
2、議案第3号 市道路線の廃止及び認定について
3、議案第4号 市道路線の認定について
4、議案第5号 市道路線の廃止について
5、議案第6号 市道路線の廃止について
6、議案第7号 市道路線の廃止について
7、議案第8号 平成21年度厚木市一般会計補正予算(第11号)
8、議案第9号 平成21年度厚木市老人保健医療特別会計補正予算(第2号)
9、議案第10号 平成21年度厚木市後期高齢者医療事業特別会計補正予算(第2号)
10、議案第11号 平成21年度厚木市国民健康保険事業特別会計補正予算(第5号)
11、議案第12号 平成21年度厚木市介護保険事業特別会計補正予算(第2号)
12、議案第13号 平成21年度厚木市交通災害共済事業特別会計補正予算(第2号)
13、議案第14号 平成21年度厚木市自動車駐車場事業特別会計補正予算(第1号)
14、議案第15号 平成21年度厚木市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)
15、議案第16号 厚木市病院整備基金条例について
16、議案第17号 厚木市グリーンニューディール基金条例について
17、議案第18号 厚木市景観条例について
18、議案第19号 厚木市職員の給与に関する条例及び厚木市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部を改正する条例について
19、議案第20号 厚木市手数料条例の一部を改正する条例について
20、議案第21号 厚木市国民健康保険条例の一部を改正する条例について
21、議案第22号 厚木市小児の医療費助成に関する条例の一部を改正する条例について
22、議案第23号 厚木市みんなで守る美しい環境のまちづくり条例の一部を改正する条例について
23、議案第24号 厚木市火災予防条例の一部を改正する条例について
24、議案第25号 厚木市交通災害共済条例等を廃止する条例について
25、議案第26号 平成22年度厚木市一般会計予算
26、議案第27号 平成22年度厚木市公共用地取得事業特別会計予算
27、議案第28号 平成22年度厚木市老人保健医療特別会計予算
28、議案第29号 平成22年度厚木市後期高齢者医療事業特別会計予算
29、議案第30号 平成22年度厚木市国民健康保険事業特別会計予算
30、議案第31号 平成22年度厚木市介護保険事業特別会計予算
31、議案第32号 平成22年度厚木市交通災害共済事業特別会計予算
32、議案第33号 平成22年度厚木市自動車駐車場事業特別会計予算
33、議案第34号 平成22年度厚木市公共下水道事業特別会計予算
34、議案第35号 平成22年度厚木市病院事業会計予算
35、継続審査の承認について(陳情第1号 外国人地方参政権付与法案提出に慎重な対応を求める意見書を国に提出することを求める陳情)
36、議案第36号 公平委員会の選任について
37、議員提出議案第1号 核兵器の廃絶と恒久平和の実現を求める意見書について
38、厚木市立病院の整備・運営に関する調査研究の第2回中間報告について
39、常任委員会及び議会運営委員会の所管事項調査について
40、議員派遣について(佐藤知一副議長)
~~~

本日、午前中は資料整理と明日の議会準備など/正副議長・事務局長会議/厚木商店会連合会・街づくり推進プロジェクトチーム/西麻布(東京)にて行われる交流会(「あざぶ会」)

本日、午前中は資料整理と明日の議会準備など。
午後から登庁し、午後1時半から、正副議長・事務局長会議があります。明日が議会最終日(採決)ということで、議会運営についての各種調整を行います。今回民主党としては、名切議員が討論を行うべく準備を進めています。
/午後5時からは、厚木商店会連合会・街づくり推進プロジェクトチームの月例会です。私もメンバーとして出席をさせて頂きます。かながわフードバトルやB1グランプリなど、今後のイベントも盛り沢山です。
/夜は、西麻布(東京)にて行われる交流会(「あざぶ会」)に出席をします。外資系に勤める妻の友人(女性)が主催する交流会で、麻布、広尾、六本木、赤坂、青山、白金などのエリアで起業されている方(やお仕事をされている方)を中心に参加されているとの事です。もう、数年前からお誘いを頂いていたのですが、日程的に本日初参加となりました。いわゆる異業種交流会ですが、異なる業種の方々のお話を伺うことで、私の仕事にもフィードバックできることも少なからずあります。明日が議会ということで遅くまではお付き合いできませんが、多くの方々と交流して参ります。
 
【写真】: 昨日、厚木商工会議所会議室にて行われた「第64回あつぎ鮎まつり正副実行委員長並びに同専門委員長会議」の様子。私は、市議会副議長(あつぎ鮎まつり実行副委員長)として出席。
 

後藤祐一代議士・衆議院(国会)災害特別委員会で質問。

先ほどから、後藤祐一代議士が、衆議院(国会)の災害特別委員会で質問に立っています。
ただ今は、市役所本庁舎の副議長自席でインターネット中継を見ています。
生中継終了後も録画(動画)で見れるようです。
本日の質問は、防災の面からみたマンションの建て替えについてです。
厚木市の都市再生にもかかわる非常に重要なやり取りです。
私はこれから会議がありますので、残りは、動画で確認します。
(「衆議院」ホームページから入れます)
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php

本日の早朝駅頭活動(議会報告・市政報告)は本厚木駅東口/自転車利用者マナーアップキャンペーン@厚木中央公園西側交差点/第64回あつぎ鮎まつり正副実行委員長並びに同専門委員長会議

本日の早朝駅頭活動(議会報告・市政報告)は、朝6時50分から7時50分までの1時間、本厚木駅東口にて行いました。(本日で通算1,205日目。)
早めに撤収し、事務所にいったん戻り、厚木中央公園西側交差点へ向かいました。
/午前8時からは、 厚木中央公園西側交差点にて行われた「自転車利用者マナーアップキャンペーン」に参加をさせて頂きました。
実施主体は、「セーフコミュニティ自転車生活の安全対策委員会」で、実施内容は、「整備路線(市道本厚木松枝線)において、歩行者及び自転車通行者に対し、自転車通行区間に関する標識、路面表示に関する啓発用チラシ等の配布」です。
厚木市では、セーフコミュニティの認証取得に向けた取り組みとして、自転車生活の安全に関する対策を図ることを目的に「自転車生活の安全対策委員会」を設置しています。今回は、市道「本厚木松枝線」を自転車走行環境整備モデル路線として整備したことに伴い行われた「自転車利用者マナーアップキャンペーン」です。整備区間は、厚木中央公園西側交差点から市立病院前バス停付近の約460mです。
率直な感想として、単に標識と路面表示を設置しただけで、(歩道内において)自転車と歩行者の住み分けは難しいのではないかというのが正直なところです。「自転車は車道通行が原則」というルールと「(この路線においては)『自転車は車道寄りを通行』し『歩行者は民地寄りを歩行』」というルールが並存(つまり、歩道上と車道を通行する自転車の上りと下りが混在している状況)しており、ちょっとわかりにくい状況となっています。私としても自転車の通行環境の改善はこれまでも行政に求めてきたものでもありますし、この路線は、モデル路線との事ですので、今後の展開を見守る事とさせて頂きます。
/帰りがけには、ベーカリーチャバッタCiabatta)に寄ってパンを購入しました。ここは私の小学校・中学校の同級生が営むパン屋さんで、店主の建部君は、ケーキ職人としての経験を持ちパン職人としては17年修行し、2006年に独立をしました。お店は市役所近くのルリエの一角にあります。本日は「ハイジの白パン」「カレーパン」「アップルパイ」を2つずつ購入。今日は買いませんでしたが、このお店の一押しは「クリームパン」です。ハイジの白パンは、我が家では大好評でした。厚木には、おいしいパン屋さん、ケーキ屋さんが、非常に数多くあるので、幼なじみのお店ですが、油断するとすぐ「ご無沙汰」してしまいます。また、近いうちにお邪魔します。
/午後からは、「第64回あつぎ鮎まつり正副実行委員長並びに同専門委員長会議」に市議会副議長(あつぎ鮎まつり実行副委員長)として、出席をする予定となっております。本日の案件は、「実施要領(案)について」「事業計画(案)について」「収支予算(案)について」「その他」の4議案になります。
 
【写真】: 本日の早朝駅頭活動(議会報告)は、本厚木駅東口にて行いました。
      
【写真】: 「自転車利用者マナーアップキャンペーン」の様子。
          
【写真】: ベーカリーチャバッタCiabatta)/小学校・中学校の同級生が営むパン屋さん。本日は、「ハイジの白パン」「カレーパン」「アップルパイ」を2つずつ購入。
     

本日の早朝駅頭活動(市政報告・議会報告)は本厚木駅南口。朝6時50分から8時50分まで2時間しっかりと行いました。/(昨日の研修会報告):待機する医療から行動する医療「1円の黒字を目指す」/教育研修会「講師:平井広 厚木市教育長」

本日(2010/03/16)の早朝駅頭活動(市政報告・議会報告)は、本厚木駅南口。朝6時50分から8時50分まで、2時間しっかりと行わせて頂きました。本日で1,204日目。議会中につき、今年度の補正予算や新年度予算、各条例案などについてお話をさせて頂きました。厚木市議会2月定例会は、今週金曜日(3月19日)まで開会されています。
【写真】: 本日の早朝駅頭活動(議会報告)の様子。
   
~~~
(昨日-2010/03/15-の研修会報告):
※ 全てに関しては記せませんが、非常に勉強になりました。また、合わせて「詳細な資料」も配布頂きましたが、民間病院経営に関わる情報となる為、ここでは掲載・公開を致しません。
~~~
・「厚木市立病院の整備運営に関する調査研究特別委員会(第2委員会室)(研修会)」
講師: 社会医療法人社団「三思会」理事長・中佳一氏
1、東名厚木病院が成功した経営方針について
2、公的役割を果たしながら、赤字にならない病院経営の方策について
3、これからの病院経営の在り方について
4、その他(質疑応答等)
(MEMO):
 
(1)社会福祉法人社団三思会の歴史(1981.6.1~)
*理念無き経営は最低であり、利益なき経営は最悪である。
*一生懸命の経営努力の結果の赤字は赤字とは言わない。
・理念
<法>地域住民と共に歩む保健・医療・福祉 / 健康を創り守る保健・医療・福祉
<病>地域に信頼される病院 / 患者に愛される病院 / 誇りと責任を持てる病院
・スローガン
365日24時間緊急医療 / 待機する医療から行動する医療(在宅医療)
・事業計画
*短期・中期計画(PDCA) *診療報酬・医療制度
・組織体制 本部体制 事業部制 (専従・選任)
     会議 ライン・機能組織 → 職能から職務へ
     「自己完結型」から「地域完結型」へ
 ・公的資格・評価獲得 (厚生労働省の優等生?!)
(例): 社会医療法人(神1)/老健さつきの里あつぎ(厚1・神27)/開放型病院(神6)/病院機能評価(神1・全162)/人間ドック機能評価/在宅介護支援センター病院併設/東名居宅(特定事業所)/電子カルテ/臨床研修医制度/他。
・財務
*専従 *対金融機関(邦銀・地銀・信用金庫・福祉医療機構) *設備・投資計画(リースの可及的排除) *資金繰り(キャッシュフロー・当座借越枠)
・用度
*専従 *購入システム(起案・医療部門・決定) *評価 
・研修・教育システム
*専門職・ライン職の能力向上 *責任と権限(事業プロセスの効率化)
・リクルート
*医師・看護師。研修医(初期・後期)
・広報・情報
*ホームページ充実 > 年報・冊子(ほか紙媒体) *地域ブランド化(口コミ)
・医療の質と安全
*医療安全管理室 訴訟リスク *法人監査機構
 
(2)公的役割を果たしながら赤字にならない病院経営の方策
・前提
*政策医療、不採算医療 経済性と公共の福祉 / 税金投入、補填の仕組み
 (救急、看護師養成、保健衛生行政、結核・精神、周産期・小児、高度、その他災害医療)
*市民開示、見える化
・収入増・支出管理 「1円の黒字を目指す」
*粗利益 (売上高-売上原価)、販管費
*人件費(若年)、医薬品、医材(原価)、設備、委託費、在庫管理(SPD)、査定対策、補助金、後発医薬品
・人の問題
*経営に明るい人(副)。すぐやる。かならずやる。出来るまでやる。(腰掛的な人では務まらない/財政立て直しのプロ)
*職員、患者の評価(主)。 ねあかで腰が軽い。
*役所と地域住民を複眼で見る。職員の雇用と賃金を守るメッセージ(主・副)
*この地に住んでいること。(地域医療に対する心意気)
*最初の人は良い医師を。(新規開設課)(良い医師なら、次の人も良い人が来る)
・広告媒体としての病院
*出来るだけ多くの人を病院への仕組み、仕掛け。(ボランティア) *モチベーションのアップ(能力主義とインセンティブ)
・機能としての地域連携
*役割分担。(病診連携)
 
(3)これからの病院経営のあり方(県央地域)
前提:神奈川県においては、県央地域だけに拠点病院が無い。
 
・住民・市民が決める 
 *私立病院が無くなれば、何が問題か。本当に困るのか。
 *地域に住み、生活し、生涯を生きる。
・地域完結型の面の医療を目標とし機能分担による地域医療の確保
*「救急」「住宅」「がん医療」を機軸に。(医療と介護の連携も)
*2市立病院と2社会福祉医療法人を軸に。(2市立病院=厚木と大和)
*21世紀の地域医療モデル(責任と権限)
・経営の専門職 (※重要)
*データベースも踏まえ、現場もわかる実践家
*経営の自由度
*経営と管理、管理者要件 (アンチ NATO軍=No Action Talk Only)
*補助金から医療報酬の時代
・医療スタッフの養成と確保
*医師、看護師の確保と偏在 *良い医師の養成(後進の育成) *専門医療(特定看護師・指定薬剤師・専門医、etc.・・・) *チーム医療 *リスクマネージメント(医療安全)、医療の質の確保 *行政に要望を出すと共に自らが医療を変革する人材
・国民皆保険、出来高払い、フリーアクセス
*保険制度一元化の流れ、県単位の診療報酬体制 *国民皆保険の維持 *受益と負担(安定財源) *医療は複雑系
・携帯電話と電子メールの時代
*ホームページ *スピードとアナログ
・医療保険法(患者基本法)の制定が求められる。
~ 
【写真】: 厚木市立病院の整備運営に関する調査研究特別委員会・中佳一理事長講演の様子。
  
 
~~~ 
・「相模川西圏域広域連携研究議員懇話会・厚木市議員団研修会」(相模川西圏域広域連携研究議員懇話会・厚木市議員団代表 佐藤知一)
相模川西圏域広域連携研究議員懇話会は、平塚市・秦野市・伊勢原市・大磯町・二宮町・中井町(の3市3町)に厚木市を加えた相模川以西の4市3町の有志議員が集まり、議会サイドで「広域連携」について研究していこうという勉強会です。厚木市議会からは約半数の15名が会員として出席をさせて頂いております。厚木市議会参加者では、あて職として、副議長が代表を務めさせて頂いておりますので、私が代表者となっております。(実質、調整をして頂いておりますのは神子雅人議員)
 
第一部: 教育研修会(市議会・第2委員会室)
講師: 平井広 厚木市教育長
演題:「平成22年度厚木市の教育活動について」
1、中学校選択制の状況について
2、中学校部活動の状況について
3、学区の再編成の考えについて
4、その他(質疑応答等)
第二部:意見交換会(厚木アーバンホテル・スカイバンケットホール)
【資料】: 2010/03/12 読売新聞
『小中高生の暴力、(神奈川県)全国最多8879件 ~6年でほぼ倍増、攻撃性は家庭に主因も~』
『神奈川県内の小中高校生による暴力行為の増加に歯止めがかからない。県教育委員会や横浜市教委の調査では、暴力行為を繰り返す児童生徒は、就学前に親の愛情不足の中で育ったケースが多いことが分かってきた。県教委は相模原市など8市町教委と検討会議を設けて具体事例の把握に乗りだし、来年度中に対応策をまとめる方針だ。/ 県教委によると、県内で2008年度に把握された公立小中高生の暴力行為は全国最多の8879件で、02年度(4486件)に比べほぼ倍増した。/ 08年度の暴力行為の約4割を占めたのが横浜市。同市教委が具体的な事例を検証したところ、同じ生徒が暴力行為を繰り返していることや、そうした生徒は就学前に親から十分な愛情を受けていないケースが多いことが分かってきた。/ 同市立中学校の男子生徒は、08年度の1年間で教師や生徒に計10回の暴力を振るったが、この生徒の親は養育を放棄していた。教諭や児童に1年間で計5回の暴力を振るっていた同市立小の男子児童の母親は、担任教諭に「子供の育て方がわからない」と悩みを打ち明けていたという。/ 同市教委児童・生徒指導担当課の斎藤宗明課長は「幼少期に親から大切にされなかった児童生徒は、人を信じられなくなり攻撃的になる傾向が強い」と話す。横浜国立大学教育人間科学部の犬塚文雄教授も「就学前に我慢する体験をしていない児童生徒は、衝動を抑えきれずに暴力的な行為をする傾向がある。我慢を身につけさせる支援プログラムが必要」と指摘する。/ 県教委は昨年12月、相模原、海老名、座間、綾瀬、秦野、厚木市や寒川、湯河原町の各教委と「県暴力行為対策検討会議」を設立。/ 加盟する各市町教委や県教委の指導主事ら計約20人が今年1~2月、県内の中学校11校を訪れ、校長や教頭、生徒指導教諭らに暴力行為の実例を聴取した結果、やはり特定の生徒が暴力行為を繰り返し、全体の件数を押し上げていることが分かったという。/ 検討会議は来年3月までに暴力行為の防止策を示す方針で、県教委児童生徒指導室の河原克宣室長代理は「検討会議で決まった対応策は、県内全域に情報発信する」としている。/ 県PTA協議会の湯川貴裕副会長(45)は「教育委員会に暴力行為の防止策を考えてもらうのはありがたい。保護者や教諭、地域住民らが当事者意識を持って対応することで、さらなる効果が期待できる」と話している。(2010年3月12日 読売新聞)
~~~
 
【写真】: 相模川西圏域広域連携研究議員懇話会・厚木市議員団研修会の様子。講師は、平井教育長。
    

「正副議長・正副議運委員長・議会事務局会議」「議会運営委員会」「議会の在り方検討会」「厚木市立病院の整備運営に関する調査研究特別委員会(研修会)」「相模川西圏域広域連携研究議員懇話会・厚木市議員団研修会」他。

<ただ今、昼休み中>
本日は、朝8時30分から、「正副議長・正副議運委員長・議会事務局会議」(議長応接室)に出席。
その後の議会日程は、「議会運営委員会(第1委員会室)」「議会の在り方検討会(第1委員会室)」「厚木市立病院の整備運営に関する調査研究特別委員会(第2委員会室)(研修会)」となっております。(他に環境施設組合議会事務局、議会運営委員会委員長、議会の在り方検討会会長との面談。)
その後は、「相模川西圏域広域連携研究議員懇話会・厚木市議員団研修会」に出席をする予定となっております。
~~~
・「議会運営委員会(第1委員会室)」~ 最終日提出案件について(公平委員会委員の選任)/議員提出議案の提出について(核兵器の廃絶と恒久平和の実現を求める意見書の提出)/厚木市立病院の整備運営に関する調査研究の「第2回中間報告」について/常任委員会及び議会運営委員会の所管事項調査について/議員派遣について(第184回神奈川県市議会議長会定例会への出席について・佐藤知一副議長)~
・「議会の在り方検討会(第1委員会室)」~ 諮問事項2「議会運営の在り方並びに議会における議論の在り方、市民への議会広報の在り方に関する検討について」の検討事項について~
 
~~~
・「厚木市立病院の整備運営に関する調査研究特別委員会(第2委員会室)(研修会)」
講師: 社会医療法人社団「三思会」理事長・中佳一氏
1、東名厚木病院が成功した経営方針について
2、公的役割を果たしながら、赤字にならない病院経営の方策について
3、これからの病院経営の在り方について
4、その他(質疑応答等)
~~~ 
・「相模川西圏域広域連携研究議員懇話会・厚木市議員団研修会」(相模川西圏域広域連携研究議員懇話会・厚木市議員団代表 佐藤知一)
相模川西圏域広域連携研究議員懇話会は、平塚市・秦野市・伊勢原市・大磯町・二宮町・中井町(の3市3町)に厚木市を加えた相模川以西の4市3町の有志議員が集まり、議会サイドで「広域連携」について研究していこうという勉強会です。厚木市議会からは約半数の15名が会員として出席をさせて頂いております。厚木市議会参加者では、あて職として、副議長が代表を務めさせて頂いておりますので、私が代表者となっております。(実質、調整をして頂いておりますのは神子雅人議員)
 
第一部: 教育研修会(市議会・第2委員会室)
講師: 平井広 厚木市教育長
演題:「平成22年度厚木市の教育活動について」
1、中学校選択制の状況について
2、中学校部活動の状況について
3、学区の再編成の考えについて
4、その他(質疑応答等)
第二部:意見交換会(会場未定)
~~~
※ 勉強会、研修会につきましては、改めてご報告をさせて頂きます。

財団法人県央いずみ会「愛歩保育園(あゆみ保育園)」竣工式式典・内覧会に厚木市議会副議長として出席をさせて頂きました。

本日は、午前10時から、財団法人県央いずみ会「愛歩保育園(あゆみ保育園)」竣工式式典と内覧会に厚木市議会副議長として出席をさせて頂きました。
愛歩保育園は、妻田保育園と同系列の保育園(姉妹校)で、「優しく温もりのある『木造園舎』と広い園庭」が特徴の保育園とのことです。園内施設も全て、見学させて頂きましたが、自慢の木造園舎と共に充実した設備・施設でした。
 
【写真】: 財団法人県央いずみ会「愛歩保育園(あゆみ保育園)」竣工式式典。感謝状授与式と表彰状授与式も行われました。
    
【写真】: 「愛歩保育園(あゆみ保育園)」内覧会。それぞれの部屋を先生方に案内して頂きました。
         
【写真】: 懇談会・会食時。厚木チェリーズの演奏。最後の写真は、同僚の名切文梨議員とのツーショット。