本日は、議会(6月定例会)最終日。「議会運営委員会」「全員協議会」「厚木市立病院の運営に関する調査研究特別委員会」「議会の在り方検討会」ほか。名切文梨議員・(子ども手当てについて)討論原稿。

本日は、議会(6月定例会)最終日。
/本日も午前8時30分から、「正副議長・正副議運委員長・議会事務局打ち合わせ会議」に副議長として出席。その後、『本会議(採決)』。
/本会議の後、「議会運営委員会」「全員協議会」「議会運営委員会(再)」「厚木市立病院の運営に関する調査研究特別委員会(病院特別委員会)」「議会の在り方検討会」が行われました。
※ 平成22年厚木市議会6月定例会議案等議決結果コチラ
 
本会議の討論では、名切文梨議員が会派民主党を代表して、反対討論を行いました。「陳情第6号 子ども手当に反対する意見書を国に提出することを求める陳情」に対しての反対討論です。(つまり、子ども手当てには賛成をする立場でのものです。ちなみに私は副議長である為、討論は出来ません。)
以下、名切議員の了承を得て掲載します。子育て、政治活動と議会活動の両立は非常に大変ですが、昨晩徹夜をして書き上げた力作です。討論と言う性格上、長文ではありませんが、短い文章の中に私たちのの主張が詰まっています。ご一読下さい。
~~~
【以下、名切議員の2010年6月議会反対討論原稿】:
会派民主党を代表いたしまして、陳情第6号「子ども手当に反対する意見書を国に提出することを求める陳情」に、反対の立場で討論させて頂きます。
人材こそが資源である我が国にとって、未来を切り拓く教育への投資は、きわめて重要です。
ところが、自公政権のもと、国の教育費は、年々削減され続けてきました。
日本の公財政教育支出は、少子化の影響を考慮しても、国際的にみて低く、一人あたりGDPが同程度の国の中で最下位です。
このため、教育機関への支出のうち、私費負担の割合は、OECD平均の倍以上と、家計の大きな負担となっています。
昨年、政権交代を実現し、「コンクリートから人へ」の理念のもと、22年度予算が組まれました。
教育費は、児童生徒数の減少、税収減にも関わらず、8%増と、30年ぶりの増額となりました。
公約を、出来得るところから、着実に実行していることを、さらに広報する必要性を感じております。
また、子ども手当も公約通り、今年度よりスタートし、本市では、今月15日に、振り込みが始まりました。
子育てを未来への投資として、次の時代を担う子どもの健やかな育ちを個人の問題とするのではなく、社会全体で応援するという観点から、子ども手当は実施されています。
世論では、様々な問題点が指摘されているのも事実です。
例えば、日本に住んでいれば、海外に住む子どもにも支給される点。
この問題は、自公政権のもと行われていた児童手当でも、過去約30年間にわたり支給されてきました。
今年度の子ども手当は、児童手当の支給要件を踏襲したため、残ってしまった課題ですが、次年度にむけては、子どもにも日本国内居住要件を課すことを検討しています。
また、児童養護施設に入所している親御さんのいない子どもたちには、児童手当が支給されていませんでしたが、「子どもの育ちを社会全体で応援する」との子ども手当の理念のもと、「安心子ども基金」を活用し、子ども手当と同額が支給されます。
児童手当のままでは、なかなか表にでなかった問題点が浮き彫りになり、改善したのは、「子ども手当になったため」といっても、過言ではありません。
所得制限を設けないことが、高所得者優遇ではないかとの指摘をうけますが、子ども手当の創設とあわせて、年少扶養控除が廃止となります。
相対的に高所得者に有利な所得控除から、相対的に支援の必要な方に有利な手当に切り替える「控除から手当へ」の考え方に沿ったもので、決して高所得者優遇ということではありません。
そして、「子ども手当より、保育所の整備を!」との声もあります。
現行の1万3千円の上積み分を、地域の実情にあわせて、保育所の整備やワクチン接種の公費助成など、現物サービスにも代えられるようにすることを、民主党は、次のマニフェストでお約束しています。
最後に付け加えさせて頂きますが、保育所を利用せず、日々節約し、子育てをしている専業主婦の方々からは、「子ども手当は助かる」との声が多く挙がっていることは、あまり報道されていません。生活者の声をしっかり受け止め、柔軟に、そして、理念を曲げず、行っている子ども手当政策に、賛成の立場でありますので、陳情第6号には、反対させて頂きます。
~~~
 
【写真】: 昨日の父の日に妻から贈られたプレゼントです。大き目のマグカップ2つ。私と長男(現在4ヵ月半)の写真が(二枚ずつ)プリントされています。私は結構、嬉しかったです。
 
コメントを投稿するか、トラックバックを送信できます: トラックバック URL

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。