Monthly Archives: 7月 2010

あつぎ鮎まつり協賛 第20回厚木杯争奪・親善学童軟式野球大会/地元盆踊り大会/あつぎ鮎まつり出店打ち合わせ

本日は、朝7時30分に公用車にて、荻野運動公園。「あつぎ鮎まつり協賛 第20回厚木杯争奪・親善学童軟式野球大会」開会式に副議長として出席をさせて頂きました。本日は、議長の代理として、議会を代表してご挨拶の機会を頂きました。この大会は、「あつぎ鮎まつり」のイベントに合わせて開催される大会で、「レギュラーの部」48チーム、「ちびっこの部」32チームの合計80チームが参加をし、上級生から、まだ野球を始めて日の浅い下級生まで出場できる大会です。
齋藤仁礼大会会長(=厚木市野球協会会長)を始めとした実行委員会役員・関係者の御努力のもと、好天に恵まれて始まりました。参加地区は、厚木市、愛川町、綾瀬市、伊勢原市、海老名市、座間市、相模原市、藤沢市、小田原市、秦野市、鎌倉市、川崎市、平塚市、大和市、横浜市、茅ヶ崎市、南足柄市、清川村、町田市で県下でも最大級となる大会です。
昨日は、高校野球神奈川県予選では、東海大相模高校の優勝(=甲子園出場)が決まりました。この大会からも、甲子園出場球児や、館山昌平選手(東京ヤクルトスワローズ・投手)、小宮山慎二選手(阪神タイガース・捕手)、岩崎恭平選手(中日ドラゴンズ・内野手)を始めとしたプロ野球選手も多く生み出しています。私の挨拶の中でも、「こうした先輩の後姿を見ながら学んでいただきたいし、試合に臨むときのマナーも含めて学んでもらいたい。未来の高校球児、プロ野球選手を目指して、この夏の大会も元気で頑張ってもらいたい。」と触れさせて頂きました。また、午前8時を過ぎた時点でも日差しが強く、熱中症対策として、スポーツドリンクを多く飲み、無理をすることなく試合に臨んでもらいたいと述べさせて頂きました。大会は、8月8日の最終日まで、トーナメント形式にて行われます。
/夕方からは、盆踊り大会をいくつか廻らせて頂きます。地元の厚木南地区盆踊り大会(第38回)の開会式では、市議会副議長としてご挨拶をさせて頂きました。今宵はあと2つほど、廻らせて頂く予定です。
/また、今年の「あつぎ鮎まつり」には、仲間達で出店をする予定ですが、その打ち合わせも行われます。
 
【写真】: 「第20回厚木杯争奪・親善学童軟式野球大会」の様子。
        
 
【写真】: 地元の厚木南地区盆踊り大会(第38回)開会式の様子。今宵はあと2つほど、廻らせていただく予定です。
    

「平成22年度圏央道・新東名等整備促進大会」/要望活動の実施

本日午前中は、登庁し、事務作業。議会事務局での打ち合わせ等。
11時30分に公用車にて横浜へ。副議長として「平成22年度圏央道・新東名等整備促進大会」に出席を致しました。会場はメルパルク横浜
~~
(以下は、神奈川県の記者発表より抜粋): 
「神奈川県内における幹線道路網の整備促進に向け活動を行っている、首都圏中央連絡道路建設促進期成同盟会、新東名高速道路建設促進期成同盟会、神奈川東部地区高速道路網整備促進協議会(以上3団体の会長は神奈川県知事)及び関東国道協会神奈川県地区協議会の4団体が、合同で標記大会を開催することといたしましたので、お知らせします。 本大会は、例年夏に開催しているもので、知事、県内の市町村長及び民間団体の代表者が一堂に会し、国会議員や国土交通省などを招き、県内の幹線道路の早期整備を求める切実な声を、会員の総意として伝えることを目的に開催するものです。なお、大会終了後には、大会決議文を携え、国会議員や国土交通省などに要望活動を実施します。」
~~
挨拶や来賓紹介などが行われた後、高速道路会社3社による事業進捗状況の紹介が行われました。それぞれ、パワーポイントを使用してのもので、非常に勉強になりました。
1、東日本高速道路株式会社(関東支社川添建設事業部長) 2、中日本高速道路株式会社(東京支社小山副支社長) 3、首都高速道路株式会社(神奈川建設局長谷川局長)
/大会終了後は、別室にて行った要望活動を行いました。行政側からは関係市町それぞれに出席し、議会側からは、山口藤沢議会議長、岩本山北町議会副議長に私(厚木市議会副議長)の3名が出席をし、要望活動を行わせて頂きました。東日本高速道路株式会社、中日本高速道路株式会社とそれぞれ別に時間をとり、2回にわたって行いました。
 
/神奈川県には、人・車・物が集中しているにもかかわらず、道路整備が遅れているため、県内の混雑時の「旅行速度は全国ワースト3位」、「死傷事故件数は全国ワースト5位」となっています。このような状況は、産業経済活動や県民の日常生活にも大きな支障となるばかりではなく、大気汚染等の都市環境問題の原因ともなっています。
 
【写真】: 「平成22年度圏央道・新東名等整備促進大会」の様子。一枚目の写真(登壇)は、松沢成文神奈川県知事。
  
【写真】: 大会終了後、別室にて行った要望活動の様子。東日本高速道路株式会社、中日本高速道路株式会社と2回にわたって行いました。
   

「後期高齢者医療保険料の賦課(ふか)誤り」について/神奈川県防衛協会「定期総会」「記念講演」/宅建協会「専門家による無料相談会」

本日は、午前中、市民部医療政策課の部長・課長から、「後期高齢者医療保険料の賦課(ふか)誤り」についての説明がありました。厚木市からの専従者給与データに誤りがあり、一部の賦課額に影響することが判明しました。平成20年・21年度賦課誤り件数は「49人(85万1000円)」、平成21年度が、「29人(58万2000円)」です。
/その後、正副議長と議会事務局との日程調整・打ち合わせ会議。
宅地建物取引業協会(宅建協会)県央支部による「専門家による無料相談会」が行われ、顧問議員としてご挨拶にお伺いしました。弁護士・税理士・司法書士・土地家屋調査士・建築士・不動産相談員が「一般の消費者の方々を対象に上記専門家による法律・税金・不動産取引など何でも無料で相談に乗ってくれる」という画期的な企画です。会場は、「あつぎにぎわい処」でした。
/午後からは、横浜(関内)のロイヤルホールヨコハマにて、神奈川県防衛協会「定期総会」「記念講演」に会員として出席をさせて頂きました。防衛協会は、「自衛隊協力会連合会」等の名称を用いている地域もあります。
記念講演の講師は、自衛隊神奈川地方協力本部長・五島浩司氏(一等海佐)。演題は、「ソマリア沖・アデン湾における海賊からの防衛行動(海賊対処)について」。
「第1次派遣海賊対処行動水上部隊指揮官(第8護衛隊司令)(平成21年3月~8月)」として、ソマリア沖・アデン湾において、日本船舶の護衛任務を指揮した経験をお話になられました。海自8護衛隊(呉、司令・五島浩司1佐)の汎用護衛艦「さみだれ」(4550トン、艦長・松井陽一2佐)と「さざなみ」(4650トン、同・溝江和彦2佐)による海賊対処行動の訓練の様子に始まり、米軍が展開するジブチでの補給の様子、アデン湾岸のイエメン、オマーン、ペルシャ湾岸のバーレーンなど周辺国との関係などについて御講演を頂きました。
率直に言って、非常に興味深いお話でした。
私自身は、16歳の時に「4級(現2級)小型船舶操縦士免許」を取得するほど海が好きな人間です。また、2002年には、陸上自衛隊東部方面隊第一師団(司令部:東京都練馬区)主催の「陸上自衛隊第一師団弁論大会」において、審査委員長(特別審査員)を務めさせて頂いた経験もあります。
市議会議員として、国防を語ることはあまりありませんが、「武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律(国民保護法)」に基づく、「厚木市国民保護計画」を(厚木市では)作成しています。武力攻撃や大規模テロなどの事態において、市民の生命、身体及び財産を保護し、被害を最小にすることを目的とするものです。
/記念講演終了後には、懇親会の席も用意されていましたが、「厚木市外部評価」が行われている関係で、急いで厚木市役所に戻り、外部評価を傍聴致しました。
外部評価は、本日が最終日でした。厚木市外部評価は、4日間に渡り行われましたが、私が確認した一般市民の傍聴者は数名(市民1名、評価委員ゼミ生(大学生)4~5名)でした。他は全て、市職員か、再任用職員を含めた元職員さんでした。本日も傍聴に来ていた釘丸議員、栗山議員、山本議員の3名にも確認を致しましたが、同様の見解でした。市民の関心が低いと考えられなくも無いですが、他市の「事業仕分け(厚木市の外部評価とは別物ですが・・・)」の状況と比較すると要因は別にあると思います。
 
【写真】: 神奈川県防衛協会「定期総会」「記念講演」の様子。
  
【写真】: 宅地建物取引業協会(宅建協会)県央支部「専門家による無料相談会」@あつぎにぎわい処。
 
【写真】: 厚木市外部評価は、本日が最終日です。(会場内は撮影禁止)
 

早朝駅頭活動は本厚木駅北口(通算1,248日目)/民主党神奈川県連・「2011年度・国に対する予算要望に対する業界との懇談会(ヒアリング)」

本日の早朝駅頭活動(市政報告・議会報告)は、午前6時35分から8時05分まで、1時間30分、しっかりと本厚木駅北口にて行いました(毎日の駅頭・街頭活動は本日で、通算1,248日目)。 本日も朝7時から、日差しも強く、汗びっしょりになっての駅頭市政報告でした。雲一つ無い良い天気です。24日に仕分け人として参加した「稲城市事業仕分け」等について、ご報告致しました。
また、本日は、朝5時に収穫した「トマト」を一つ頂戴しました。朝の駅頭では、これまでも「缶コーヒー」であるとか「汗拭き用の紙タオル(キャッツビー)」等の差し入れを頂戴したことはありますが、「トマト」というのは初めてのことです。(某テレビ番組のように)その場で食べても良かったのですが、家に持ち帰って、美味しく頂きました。
/いったん帰宅し、シャワーを浴び、着替えて横浜・関内(ホテル横浜ガーデン)へ。
本日は、朝10時から夜まで、「2011年度・国に対する予算要望に対する業界との懇談会(ヒアリング)」に民主党神奈川県連・組織団体委員会・委員長代理として出席をさせて頂きました。1団体につき30分から1時間程度、ヒアリングを行いました。ヒアリングと言うと「上から目線」な感じですが、私たちが業界の抱える課題について、現場で汗する皆様から色々と教えて頂く場であると私は認識しています。朝から晩まで、多くの方々のご意見を伺い、また、私なりの考えも述べさせて頂くことで、これまで見えなかったことが沢山見えてきた気がします。率直に言って、非常に勉強になりました。
※ 本日、私が面接を担当をさせて頂きましたのは、「(社)神奈川県産業廃棄物協会」「(社)神奈川県トラック協会」「(社)神奈川県タクシー協会」「神奈川県不動産政治連盟」「全日本不動産政治連盟神奈川県本部」「神奈川県漁業協同組合連合会」「神奈川県遊技場協同組合」の方々です。他に「神奈川県私立幼稚園連合会」「神奈川県医師連盟」等の方々ともお話をさせて頂きました。 今回は、分担をしてヒアリングをさせて頂きました。猛暑の中にも拘らず、30を超える業界団体の方々にお越し頂きました。ありがとうございました。
 
【写真】: 早朝駅頭活動は本厚木駅北口(通算1,248日目)。朝採れのトマト。

   

【写真】: 民主党神奈川県連・「2011年度・国に対する予算要望に対する業界との懇談会(ヒアリング)」の様子。
  

本日の早朝駅頭活動(市政報告)は本厚木駅東口(通算1,247日目)/あつぎ鮎まつり出店に関する話し合いなど。

本日の早朝駅頭活動(市政報告・議会報告)は、午前6時55分から8時45分まで、1時間50分、しっかりと本厚木駅東口にて行いました(毎日の駅頭・街頭活動は本日で、通算1,247日目)。 本日も朝7時から、日差しも強く、汗びっしょりになっての駅頭市政報告でした。雲一つ無い良い天気です。24日に仕分け人として参加した「稲城市事業仕分け」等について、ご報告致しました。
/いったん帰宅し、シャワーを浴び、着替えて登庁。
/その後、あつぎ鮎まつり出店に関する話し合いなど。今年は、友人達と共に厚木中央公園に出店をする予定です。ただし私は、市議会副議長としての公務や消防団員としての警備の仕事がありますので、あまりお手伝いは出来ません。その旨を伝えたうえでの参加となります。
※ 議会としての公務と言うのは、鮎まつりの開会式や来賓の方たちのアテンド。友好都市の韓国・軍浦市、秋田県横手市、北海道網走市の各議会議員を厚木市議会としてお迎えを致します。副議長として表敬訪問をお受けしたり、歓迎レセプションに参加したり致します。副議長は、あつぎ鮎まつり実行委員会・副実行委員長でもあります。
 
【写真】: 本日の早朝駅頭活動(市政報告)は本厚木駅東口(通算1,247日目)。
  

「平成22年・厚木市農業委員会7月定例総会」「全員協議会」に農業委員会委員として出席/土用丑の日

本日は、「平成22年・厚木市農業委員会7月定例総会」「全員協議会」に農業委員会委員として出席致しました。
定例総会終了後の全員協議会では、過日行われた「農業者と農業委員会との意見交換会」に関わる概要報告と議事録の配布が行われました。また、農業委員改選にあたっての意見交換なども行われました。女性農業者の選任委員としての登用についても前向きに検討していくことと致しました。
~~~
-平成22年厚木市農業委員会7月定例総会『議案』-
1、市街化区域内農地転用の届出に係る専決処分について
2、農地法第3条の3第1項の規定による届出について
3、相続税の納税猶予に関する適格者証明についていて
4、農地法の適用を受けない農地の証明について
5、議案第29号 農地法第3条の規定による許可申請について
6、議案第30号 農地法第4条の規定による許可申請について
7、議案第31号 農地法第5条の規定による許可申請について
8、議案第32号 農地利用集積計画の決定について
~~~
【写真】: 平成22年・厚木市農業委員会7月定例総会の様子(撮影は休憩時間中)。
※ 夜は、七沢の実家「和風料理おかめ」に参ります。

昨日の稲城市事業仕分け活動写真報告/「スタジオ・ハロー」写真展

本日は、「スタジオ・ハロー」にて行われている写真展に妻と子と共に行って参りました。過日、撮影した長男の写真が飾られているからです。(会場内は撮影禁止の為、画像はありません) その他、子どものバスチェアー等を購入の為、リサイクルショップへ。
/夕方からは、厚木市七沢の実家・「和風料理おかめ」で、お手伝い。毎年、土用の丑の日は、助っ人としてお手伝いに参上しています。 お得意さんも多く、ご来店していただく為、ご挨拶も兼ねています。「土用の丑の日」本番となる明日もお手伝いに参りますが、昼間は公務(厚木市農業委員会定例総会)のため、夜のみと致します。
 
昨日の稲城市事業仕分けの写真報告を致します。下記は、「広報いなぎ」7月1日号から抜粋した関連記事です。
「(政策)シンクタンク『構想日本』から専門家を派遣」とある通り、派遣された9名の仕分け人(コーディネーター3人)の一人として行って参りました。会場には立ち見も出るほど多くの市民の方々にお越し頂きました。稲城市議会議員で、『関東若手市議会議員の会』の仲間(事務局長)でもある伊藤議員や政策学校『一新塾』の仲間たち、厚木市からも栗山議員などが傍聴にお越し下さいました。多くの市民の目を意識しつつ、自分に誠実に与えられました課題と問題点について意見を述べ、仕分けを行わせて頂きました。
/仕分け終了後は、「ノーサイド」。私達が仕分けた事務事業を廃止するも継続するも、それは稲城市長ほか、職員、議員、市民といった稲城市の皆さんが決めることです。私としては、意見を述べるつもりはありませんし、それがルールだと思っておりますので、念のため。
~~~
広報いなぎ平成22年7月1日号掲載・No.213)
 政権交代を遂げた鳩山政権は、普天間基地移転問題での迷走や政治と金の問題、更に高速道路の無料化などマニフェスト通りに実行できないことで、国民から多くの批判を浴び総理退陣となりました。一方、公益法人などを対象にした事業仕分け第2弾を行い、70法人82事業の仕分けを行い、38事業が廃止となりました。事業仕分けは、天下り問題や、税金の無駄遣いの排除という観点から多くの国民から支持されたと言えるでしょう。 この事業仕分けを稲城市でも、7月24日(土曜日)午前9時半より地域振興プラザで実施いたします。今のところ直接の事業費が50万円以上の事業で、事業の範囲や経費などについて市の裁量余地のある21から22事業を対象に、3班に別れ3つの会場で行う予定です。1事業40分程度で事業概要の説明、質疑応答、評価結果公表を行う予定です。もちろん傍聴は自由です。仕分けの区分は、
(1) 廃止すべき
(2) 民間が実施
(3) 国・都が実施
(4) 市が実施(民間活用の拡大、市民と協働化を推進)
(5) 市が実施(改善が必要)
(6) 市が実施(現行どおり)
となっています。この事業仕分けの模様や結果は市ホームページや広報、ケーブルテレビなどでお知らせいたします。メンバーは、コーディネーター1人、仕分け人4人で、各班に一人ずつ稲城市行政改革監理委員のメンバーが入り、その他はすべてシンクタンクの「構想日本」から専門家を派遣していただきます。 稲城市では、行政改革推進のチェック機関として行政改革監理委員会を平成8年に設置し、5人の委員に継続的に議論をいただいてきました。「構想日本」は国の事業仕分けを推進してきた実績もあり、また稲城市は「構想日本」が実施してきた他市の事業仕分けも視察し、主催をする講演会やシンポジウムなどに私自身も参加してきました。 行政改革監理委員のみならず、市議会でも常に厳しく、事業の目的やコストや成果を問われてきています。今回の事業仕分けの目的は、専門家でしかも稲城市外の人の目から、稲城市の施策がどのように判断されるのかということです。多くの市民のご来場をお待ちしております。
~~~
【写真】: 7月24日「稲城市事業仕分け」の様子。
     

稲城市。事業仕分け無事終了。佐藤知一も仕分け人として、大変に勉強になりました。

東京都稲城市では、「厳しい財政状況のもと、限られた財源を有効活用し、より一層効果的・効率的な行財政運営を推進するため、また、事業に対する行政の説明責任の徹底と職員のさらなる意識改革を推進するため、事業仕分けを実施」致しました。
私も「構想日本」から派遣された事業仕分け人として、丸一日、仕分けを行いました。昨晩は、調布市に仕分け人が集まり打ち合わせ会議を行いました。昨晩は内閣府・行政刷新会議から4名、自治体職員1名、私(市議会議員・農業委員)1名の計6人でしたが、非常に有意義な勉強会・意見交換会となりました。
本日朝、開会式の際に傍聴席に目をやると見慣れた顔が・・・。稲城市事業仕分けには、栗山香代子議員(厚木市議会議員・共産党)も稲城市にわざわざ傍聴にいらして頂きました。
他にも政策学校・一新塾の仲間たち(いなぎ里山元気塾)や関東若手市議会議員の会・伊藤正実市議会議員(若手市議会議員の会・事務局長)等も傍聴に足を運んで頂きました。ありがとうございました。心より感謝致します。
私は、第1班の「仕分け人」として、7つの事務事業を仕分けさせて頂きました。私は、どちらかと言うと辛口のコメントで、職員の方も答えに窮する場面も見られましたが、あくまでも「仕分けは仕分け」。最終的な結論は、これからの行政の決断に関わってきます。
ですから、稲城市の事業仕分けの内容については、ここでは触れません。(稲城市のオフィシャルな形で)動画や議事録などで公開されるのを待ってから、コメントをすることと決めています。(動画や議事録などを公開しない場合は、それまでです。)
/事業仕分け終了後は、石川良一市長、田野倉秀雄副市長、松尾澤幸恵教育長ともそれぞれにお話をさせて頂きました。仕分けについて、厳しい結果を出したので、(実は)話しかけるのを少しためらったのですが、稲城市の石川良一市長は、全国でも有名な市長さんです。市議会議員を二期務め、38歳の若さで市長に当選されてからは、非常に精力的に(全国に先駆けて)様々な試みをしてきた市長です。
機会があれば、石川市長のお話(講演等)もお聞きしたいと強く思いました。

早朝駅頭活動(市政報告・議会報告)は本厚木駅南口(通算1,246日目)/市議会副議長室にて執務。市政相談等/午後からは東京・目白。

本日の早朝駅頭活動(市政報告・議会報告)は、午前6時55分から8時30分まで、1時間35分、しっかりと本厚木駅南口にて行いました(毎日の駅頭・街頭活動は本日で、通算1,246日目)。朝7時から、日差しも強く、汗びっしょりになっての駅頭市政報告でした。本日も雲一つ無い良い天気です。
/いったん帰宅し、シャワーを浴び、着替えて登庁。
/現在は市議会・副議長室にて執務。市政相談の面会等。
/午後からは目白(妻の実家)へ。妻と子どもを連れて参ります。
/夕方からは、稲城市事業仕分けに関わる打ち合わせと研修会。そのまま、現地に一泊して、明後日の事業仕分けに臨む予定です。
 
【写真】: 本日の早朝駅頭活動(通算1,246日目)/市議会副議長室にて執務。
   
~~~
2010年7月21日。昨年10月より「議会の在り方検討会」にて検討された議長からの諮問事項に対しての答申を提出頂きました。
2010年2月23日には、「厚木市自治基本条例(仮称)における議会・議員にかかわる条項の取り扱い並びに内容の検討について」の答申の提出も頂いております。
 
【写真】: 正副議運委員長から答申書を受領する正副議長(2010年7月21日)。佐藤は副議長として受領。
 
【写真】: 松田議運委員長から答申書を受領する正副議長(2010年2月23日)。佐藤は副議長として受領。
 

「第64回あつぎ鮎まつり正副実行委員長・同専門委員長会議」/稲城市事業仕分けの準備(資料確認と調査)

本日は、稲城市事業仕分けの準備(資料確認と調査)。『仕分け人』として、しっかりと仕事をさせて頂くための準備です。
午後1時から2時半まで、地元の方と厚木市外部評価と事業仕分けについての懇話会(の様なもの)。
午後3時からは、商工会議所・中会議室にて行われた「第64回あつぎ鮎まつり正副実行委員長・同専門委員長会議」に副実行委員長として、出席。冒頭には、ご挨拶をさせて頂きました。
/明日は、早朝市政報告の後、午後から目白(妻の実家)へ。妻と子どもを連れて参ります。
/夕方からは、稲城市事業仕分けに関わる打ち合わせと研修会。そのまま、現地に一泊して、明後日の事業仕分けに臨む予定です。
 
【写真】: 第64回あつぎ鮎まつり正副実行委員長・同専門委員長会議。
 
【写真】: 稲城市事業仕分け資料。