月別アーカイブ: 11月 2010

厚木市農業まつり「畜産祭」「収穫祭」開会式に来賓として出席/厚木市栄町に消防団出動指令があり出動

本日は、午前9時より、厚木市農業まつり「畜産祭」「収穫祭」開会式に来賓としてお招きを頂き、ご挨拶をさせて頂きました。厚木市農業まつり「畜産祭」「収穫祭」は、明日も行われます。
開会式終了後も、会場を廻り、多くの方々とお話をさせて頂きました。また、カリフラワー、大根、サトイモなど地場野菜もたくさん購入させて頂き、オリジナルのカンバッジも100円で作成させて頂きました。非常に好評でした。
/午後からは、七沢の廣澤寺前にて行われたイベントにも御挨拶に廻らせて頂きました。時間の都合で、イベント終了間際ではありましたが、激励を頂き嬉しく思いました。
/その後も、七沢、小野、長谷を御挨拶に廻らせて頂きながら、厚木に戻りました。
/夜は、相模原にて、来年の統一地方選挙に挑む予定の旧友と会い共に食事を致しました。
/帰宅してすぐ、電子メールで『消防出動』の連絡があり、そのまま、現場へと出動。
 (火事・火災の詳細については、個人情報も含まれるため詳細については述べません)
 
【写真】: 厚木市農業まつり「畜産祭」「収穫祭」。
     
【写真】: 夜、厚木市栄町に消防団出動指令があり、私も消防団員として現場に駆けつけました。
  

WHOセーフコミュニティ認証式典/朝の市政報告(通算1,280日目)。昨日は松枝交差点。

(2010-11-19): 昨日も朝5時半に起床し、生後9か月の子どもにご飯を食べさせて、6時20分に妻を見送り、(朝7時ちょうどに)子どもを保育園へと送り届けて、朝7時05分から8時50分まで「1時間45分」、朝の市政報告(通算1,280日目/延べ日数2,000日以上)を行いました。本日は、松枝交差点にて行いました。
/その後、事務所と自宅に戻り、登庁。昨日の議会日程は、議会運営委員会、全員協議会、厚木市立病院の整備・運営に関する調査研究特別委員会、会派代表者会議、総務企画常任委員会協議会など。
全員協議会以外は、名切議員が民主党代表として出席。
/その後、地元を挨拶回り。市民の方からの陳情・要望対応。
/他に「安心安全フェスタ2010inあつぎ」(文化会館小ホール)。夜は、WHOセーフコミュニティ認証式典(ロワジールホテル厚木)。
 
【写真】: 朝の市政報告(通算1,280日目)。本日は、松枝交差点。
   
【写真】: 厚木市立病院の整備・運営に関する調査研究特別委員会。
【写真】: WHOセーフコミュニティ認証式典
   

「子育ても『現場主義』」/本日(2010年11月19日)発行のタウンニュース厚木愛川清川版(発行部数69,200部)に活動報告を掲載して頂きました。

本日(2010年11月19日)発行のタウンニュース厚木愛川清川版(発行部数69,200部)に私の活動報告を掲載して頂きました。
【訂正】: 本文中、「毎朝の市政報告も本日で、通算1281日目」とありますが、一昨日、子どもが体調を崩し、病院へ連れて行ったため朝の市政報告を休みましたので、本日をもって、通算1280日目となります。訂正をさせて頂きます。
/選挙が近くなりますと突如駅頭に立つ方々が多くなりますが、私は議員に就任してから(本当は就任する前から)7年間、選挙の有無に関わらず(駅前での市政報告は)(公務が許す限り)しっかりと毎日行っています。当選する前からの皆さんとのお約束ですから。
 
【画像】: 掲載されました記事は以下の通りです。

本日の早朝駅頭活動は本厚木駅北口。(通算1,279日目)

本日も朝5時半に起床し、生後9か月の子どもにご飯を食べさせて、6時20分に妻を見送り、(朝7時ちょうどに)子どもを保育園へと送り届けて、朝7時05分から8時50分まで「1時間45分」、朝の市政報告(通算1,279日目/延べ日数2,000日以上)を行いました。本日は、本厚木駅北口にて行いました。
/その後、事務所と自宅に戻り、地元廻り。
/明日の議会日程は、議会運営委員会、全員協議会など。他に「安心安全フェスタ2010inあつぎ」(文化会館小ホール)。夜は、セーフコミュニティ認証式典(ロワジールホテル厚木)。
 
【写真】: 本日の早朝駅頭活動は本厚木駅北口。(通算1,279日目)
  

長男が下痢で保育所をお休み。湘南厚木クリニックへ。

ツイッターでもつぶやいていますが、昨日、長男が下痢をおこしまして、保育所から医師の診察を受ける事を勧められました。先週から風邪をひきまして、熱は下がっているのですが、下痢が止まらない状況(食欲もあり、機嫌もいいのですが、下痢だけが止まらない)です。
/ということで本日は、早朝駅頭活動(市政報告)を休み、(長男を連れて)病院へ行って参りました。
普段は、自宅から歩いて3分の杉浦医院さんにお世話になっています。説明も丁寧で、非常に評判のいい診療所です。
また、塩塚小児科さんは、子どもの通う保育所の経営者。
湘南厚木病院は、出産をした病院ですし、小児科の先生は義姉の大学時代の同級生という、非常に小児科の先生に恵まれた中、(本日は)湘南厚木病院(湘南厚木クリニック)へ行って参りました。
診察の結果、心配はいらないとのことですが、(一応)詳細な検査を行ってくれるとの事でした。(検査結果は来週)
/その後、長男を連れて、(散歩がてら)街中を歩き、買出しなども行いました。
自宅で作業をしつつ、私もたまった事務作業を片付けています。

本日の早朝市政報告は本厚木駅東口(通算1,278日目)/厚木愛甲環境施設組合議会議員「先進事例視察」川越市「資源化センター」

本日も朝5時半に起床し、生後9か月の子どもにご飯を食べさせて、6時20分に妻を見送り、(朝7時ちょうどに)子どもを保育園へと送り届けて、朝7時05分から8時05分まで「1時間」、朝の市政報告(通算1,278日目/延べ日数2,000日以上)を行いました。本日は、本厚木駅東口にて行いました。
/その後、事務所と自宅に戻り、登庁。8時30分にバスが出発し、川越市に行政視察に向かいました。
 
/平成22年度厚木愛甲環境施設組合議会議員「先進事例視察」に川越市「資源化センター」を行政視察(日帰り)に行って参りました。

「川越市資源化センター」: 川越市資源化センターは、平成22年稼働の熱回収施設及びリサイクル施設であり、環境保全に配慮した最新技術による熱処理設備等、本組合(厚木愛甲環境施設組合)が施設整備を進めていく上で参考となることから、視察先として選定したものです。
・主な視察先: 「川越市資源化センター」=「熱回収施設(ゴミ焼却施設)(流動床式ガス化溶融方式)」「リサイクル施設」「ストックヤード」「草木類資源化施設」「環境プラザ」
 
【写真】: 厚木愛甲環境施設組合議会議員「先進事例視察」「川越市資源化センター」視察の様子。
         
 
【写真】: 昼休みの時間を利用して、「小江戸・川越『蔵のまち』を活用した観光まちづくり」を視察。巡回バスも懐かしいボンネットバスを使用しています。
        
 
【写真】: 本日の早朝市政報告は本厚木駅東口(通算1,278日目)。
 

早朝市政報告は東町郵便局前交差点(通算1,277日目)/地元廻り/市政報告作成/明日は川越市に行政視察

本日も朝5時半に起床し、生後9か月の子どもにご飯を食べさせて、6時20分に妻を見送り、(朝7時ちょうどに)子どもを保育園へと送り届けて、朝7時05分から9時05分まで「2時間」、朝の市政報告(通算1,277日目/延べ日数2,000日以上)を行いました。本日は、東町郵便局前交差点(相模大橋・東町スポーツセンター前)にて行いました。
/その後、地元廻り。市政報告作成など。
/明日は、平成22年度厚木愛甲環境施設組合議会議員「先進事例視察」に川越市「資源化センター」を行政視察(日帰り)に行って参ります。
「川越市資源化センター」: 川越市資源化センターは、平成22年稼働の熱回収施設及びリサイクル施設であり、環境保全に配慮した最新技術による熱処理設備等、本組合(厚木愛甲環境施設組合)が施設整備を進めていく上で参考となることから、視察先として選定したものです。
 
【写真】: 早朝市政報告は、東町郵便局前交差点(通算1,277日目)。
  

ツイッターのツイート記事がもとでタウン紙に掲載されました。「佐藤市議”ブログとツイッター”で『県議選出馬表明』」

タウンニュース厚木・愛川・清川版(発行部数69,400部)に私の記事を掲載して頂きました。このブログで取りあげるのが遅くなりましたが、一応、記しておきます。
今回は、私のブログが記事になり(記事の中にはブログからの引用あり)、その記事をまたブログに書くという初めての経験です。
近頃では、ツイッターでの書き込みが新聞記事になることも珍しくなくなりました。東京スポーツなどでは、ツイッターの『つぶやき』が一面を飾ったりする事もあるようですが、私のツイッターのつぶやきが記事になるとは思いもよりませんでした。新しい体験です。
昨日のブログにも書きましたが、私のブログを毎日チェックしてくれているという非常に奇特な新聞記者さんもいらっしゃるようです。私のブログは『全て真実』ですので、いつでも、引用して記事にして頂いて結構です。遠慮なさらずにどうぞ。 ・・・と、いつかは言ってみたいものです。
 
~~~~~
「佐藤市議"ブログとツイッター”で 『県議選出馬表明』」
来年2月の厚木市長選挙に第2、第3の立候補予定者として名前が挙がっていた厚木市議の佐藤知一氏が自身のブログ(11月8日付)で来年4月の県議選に関して次のように発表した。
以下、原文のまま。
『記者からの取材があったので記事に載る前にツイート。昨晩の民主党神奈川県第16区総支部常任幹事会で、私が二人目の県議候補者として内定。県連と党本部の決定をもって最終的な公認となりますが、大幅な定数削減等がない限り公認です。厚木市長選挙出馬も噂されておりましたが市長選に私は出ません。』 (11/9起稿)
~~~~~
※ 正確に言えば、ブログに記したのは、ツイッターのツイート(つぶやき)の転載ですから、「原文ママ」であれば、ブログではなく「ツイッター」です。でも、記事にして頂きありがとうございました。Y編集長に感謝しております。
 
【写真】: 写真が悪くてごめんなさい。内容は上記の通りです。

厚木市消防団第一分団と消防署(本署)による合同訓練/消防車両でマイクを持ち「秋の火災予防運動」警戒見廻り/民主党神奈川県第16区総支部常任幹事会

昨晩の議員有志と厚木記者クラブとの意見交換会は、非常に有意義なものでした。私のブログを毎日欠かさずチェックしているという記者の方もいらっしゃいました。大変に嬉しく思いました。
 
/本日は、厚木市消防団第一分団(第一部~第三部)と消防署(厚木消防・本署)による合同訓練に消防団第一分団第三部団員として参加しました。対外的には、本署の職員と消防団員合同の訓練ということですが、実状は、本署の職員さんから指導を受けるといったものです。チェーンソーやハイリフトジャッキ等を用いたレスキュー対応訓練やロープワーク(ロープの結び方の実践)、消火器消防などの訓練・研修を行いました。
/また、その後も「秋の火災予防運動」に関わる警戒見廻りを行いました。消防車両に団員が乗り込み、私がマイクを持ち、所轄内を巡回致しました。

※ 「『消したかな』あなたを守る合言葉」をスローガンに11月9日(火曜日)から15日(月曜日)まで、秋の火災予防運動を実施しています。
 
【写真】: 本日の厚木市消防団第一分団と消防署(本署)による合同訓練の様子。
    
【写真】: 本日の秋の火災予防運動に関わる警戒見廻り。消防車両に団員が乗り込み地域を回りました。(いつもの様に)私がマイクを持ち、所轄内を巡回。
 
【写真】: 幼馴染みから、たくさん子ども服を頂きました。我が家で一番の「衣装持ち」です。
 
 
/午後6時半からは、民主党神奈川県第16区総支部常任幹事会に副代表(常任幹事)として出席をしました。
本日の議題は、来年2月の市長選挙への対応についてです。
非常に長い時間議論を重ねた結果、今回の市長選挙については、(現時点で出馬を表明されているお二人について)どちらにも民主党として推薦を出さない事に決定しました。

サンモール厚木で「市民討議会」(厚木ハッピーボイス)/記者クラブとの意見交換会/地元廻り

本日午前中は、地元廻り。主に厚木市七沢を廻らせて頂きました。
/午後からは、サンモール厚木で「市民討議会」(厚木ハッピーボイス)に参加。公益社団法人厚木青年会議所の主催で、私も青年会議所の会員として出席(お手伝い)致しました。実際に討議者の一人として、グループに入り討議を行いました。
【写真】: 市民討論会の様子。私も実際に討議者の一人として参加することで、非常に勉強になりました。今後の行政運営にも活かして参ります。
      
/夜は、厚木の記者クラブと議員有志とで行われる意見交換会に出席をする予定です。
~~~~~
以下、タウンニュース記事より転載。
公益社団法人厚木青年会議所〔以下厚木JC〕は、初めての試みとなる市民討議会「厚木ハッピーボイス」を11月13日(土)、サンモール厚木(厚木市酒井)で行う。時間は、午後1時30分から6時。
市民討議会とは、住民基本台帳などから無作為で選ばれた住民が、決められたテーマについて話し合い、その結果まとめられた提案を市政にいかそうと働きかける取組み。日本では、2005年に東京青年会議所が初めて実施し、全国各地に広がっている。
今回厚木JCは、チラシやホームページなどで参加者を募集し、応募の中から無作為で50名ほどを選出する予定。厚木JCまちづくり委員会渡辺裕児委員長は「無作為に選んだ市民の方に参加してもらうので、幅広く意見が聞けると思う」と話す。
討議会のテーマは2つ。(1)子どもが住みやすい環境をつくるためにすること。(2)あなたが地域のためにできること。厚木市は今年8月に、WHOのセーフコミュニティーの認証を内定。テーマは、安心安全な街づくりというキーワードを、より具体的にしたものを掲げた。
当日は5人程度のグループにわかれ議論。それぞれのグループで出された意見を集約し、提案事項を決定する。その内容は、厚木市に報告し検討を促し、ホームページなどでも公開するという。 渡辺委員長は「討議会はJCの新たなチャレンジ。来年、再来年と発展させ、多くの人が街づくりを真剣に考えるきっかけにしていきたい」と話した。
~~~~~