「こころの体温計」を導入。これは佐藤知一が最初に厚木市に紹介したものです。/早朝市政報告(通算1314日目)は文化会館前交差点/厚木北地区「新春のつどい」

本日の早朝市政報告(通算1314日目)は文化会館前交差点(国道246号線厚木市文化会館前の交差点)でした。子どもを保育所に送り届け、その足で、朝7時10分から8時40分までの1時間30分、しっかりとご報告をさせて頂きました。
/その後は議会。全員協議会に議員として出席。(議会日程は他にも「議会運営委員会」「会派代表者会議」「議会の有り方検討会」など)
/本日の全員協議会でも報告があり、新聞各社、タウンニュースでも大きく取り上げられておりました「こころの体温計」。これは、ストレス状況と心の落ち込み度判定で自殺を予防するもので、携帯電話とパソコンを使用して簡単にメンタルヘルスチェックができるシステムです。初めは、総務省の補助金を受けて、厚木市消防本部に試験的に挿入をして頂きました。対象は消防職員ですが、厚木市としての負担も少なく費用対効果が高いと(当時の古瀬村消防長が)導入を決めて頂きました。その後、厚木市での本格導入となるわけですが、これを受けて、エフ・ビー・アイ 取締役の服部文憲氏が私のところへ、ご挨拶にお越し頂きました。全国の自殺者が13年連続で年間3万人を超え、厚木市でも毎年50人前後が自ら命を絶っている状況の中、私も自殺予防対策の導入は力を入れているところであります。
/「厚木市立病院から産科医が居なくなれば、厚木市に連れてくる。自殺対策が必要であれば、対策を見つけてくる。」 私自身もこうしたことを心がけ、実際に実践して参りました。今回、メンタルヘルスチェックシステム「こころの体温計」が導入されたことは、私にとっても嬉しいニュースとなりました。
・「こころの体温計」: https://fishbowlindex.jp/atsugi/
/夜は、厚木北地区「2011年新春のつどい(賀詞交歓会)」です。会場は、商工会議所5階ホール。地元の奈良議員、井上議員と私の3名が出席をさせて頂き、式典では、市議会を代表して私が、ご挨拶をさせて頂きました。また、私も県議会議員選挙に挑戦するにあたり、お一人お一人を廻らせて頂きご挨拶をさせて頂きました。

【写真】: 早朝市政報告(通算1313日目)は愛甲石田駅北口。車は空いているように見えますが、首都圏の大動脈・国道246号線は、結構な交通量でした。
  
【写真】: 厚木北地区「2011年新春のつどい(賀詞交歓会)」の様子。最後は、くじ引きで「一年の運試し」。
  

現在コメントは受け付けていませんが、トラックバックを送信できます: トラックバック URL
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。