「東北関東大震災に対する災害義援金街頭募金活動」に参加しました。

本日発行のタウンニュース厚木・愛川・清川版に東北関東大震災の記事が掲載されていました。
~~~~~
タウンニュース厚木・愛川・清川版 2011/03/18): 厚木市で震度5弱『東北関東大震災 街路灯倒壊など被害』 ~ 東北地方を中心に大規模な被害を及ぼした東北関東大震災−。厚木市は3月11日午後2時46分の地震で震度5弱を記録し、市内の一部で街路灯やブロック塀の倒壊、外壁が落下するなど被害があった。/ 厚木市は3時10分、市役所本庁舎と第2庁舎で、庁舎内の全員が厚木中央公園に避難。市によると同時刻に災害対策本部を設置した。第2庁舎では、エレベーターが停止したほか、ロッカーが倒れたり、ガラスにひびが入るなどしたが、人的な被害はなかった。/ 市立病院では、外来者1人が転倒してけが。施設や入院患者などに被害はなかった。厚木バスセンター上の厚木サンパークでは、街路灯4本が倒壊。市内長沼ではブロック塀が倒壊した。総合福祉センターでは6階プールでバルブが破損。5階の社会福祉協議会事務室に漏水したが大きな被害はなかった。郷土資料館では、はにわ一体が破損した。/ また、市内の小中学校では、愛甲小学校の渡り廊下の外壁が落下したほか、東名中学校では床部分にひび、南毛利小学校の単独給食調理場で水道管破裂などの被害があった。児童・生徒は集団下校などを実施し、人的被害はなかった。
帰宅困難者に公共施設を開放
 地震発生後、鉄道各社が運転を見合わせる中、夕方から夜にかけて本厚木駅周辺は、帰宅が困難になった駅利用者であふれた。横浜市の男性アルバイト(58)は、「交番などで確認しても状況がまったくつかめない」と不満を露にし、「どうやって帰ったら良いのか手段が分からない」と話した。/ タクシー乗り場には長蛇の列ができ、一様に不安な表情を浮かべていた。買い物で本厚木に来ていた30歳代の男性は、同じ方面へ向かう利用者に声をかけ、2時間半待って相乗りでタクシーに乗った。/ 厚木市では帰宅困難者の宿泊先として、市内の一部小中学校体育館やヤングコミュニティセンターなどの公共施設7カ所を開放。約350人が身をよせ一晩を過ごした。~
~~~~~

【写真】: 本日夕方には、本厚木駅北口にて、「東北関東大震災に対する災害義援金街頭募金活動」に参加しました。厚木市で実施しているものに厚木市議会としても協力していくことと致しました。
  

現在コメントは受け付けていませんが、トラックバックを送信できます: トラックバック URL
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。