【献血時期の分散と継続のお願い】献血は3月末から4月以降に/私のライフワーク「三点セット」=献血(149回目)と街頭活動(通算1357日目)・ブログ(毎日更新9年7か月)/150回目の献血は選挙期間中に行う可能性。

【献血時期の分散と継続のお願い】: ~献血は3月末から4月以降に~
 東北関東大震災(東北地方太平洋沖地震)の義援金募金活動を連日行っていますが、非常に関心が高く、多くの方々に義援金募金活動へ御協力頂いております。募金を呼びかける方々に加え、募金をされる方も数万円単位でされる方もいらっしゃいます。私も3万円、ご寄付される方を3~4人確認しておりますし、一万円札を入れて頂く方も珍しくありません。とてもありがたいことですが、何事もご無理のない範囲で、「継続的に」行う必要があると考えています。(勿論、募金額の「ご無理のない範囲」には、個々人で大きな幅がございます。) 今回の大震災の影響は、半年から数年単位で続くものとされています。
 ということで、「愛の献血」活動も同様で、『ご無理のない範囲で、「継続的に」おこなって頂く必要』があります。

理由は、「血液の保存期間」と「次回献血できる日までの間隔」にあります。
1、血液の保存期間: 全血の保存期間は採血後21日、血小板の保存期間は採血後4日間です。例えば、地震翌日の3月12日に献血(全血献血)された方から、採取されたその血液の保存期間は21日後の4月2日までとなります。血小板は3月16日までとなります。
2、次回献血できる日までの間隔: 献血をした人は、次回の献血まで決められた日数を空けなければなりません。大まかにいうと、400ml献血については、男性で3か月後、女性で4か月経たないと次の献血を行うことはできません。成分献血については2週間後、200ml献血は1か月後となり、いずれの場合も合わせて「1年間に献血できる量・回数」の条件も満たす必要があります。
※ いずれも「安全な血液製剤の安定供給の確保等に関する法律(血液新法)」にある「献血者等の保護」「血液製剤の国内自給と安全性」を確保するためのものです。

【懸念される空白期間】
 震災直後、非常に多くの方に献血に御協力頂いたことで、現在は豊富に血液在庫があります。しかし、その血液は4月上旬一斉に保存期限を迎えます。成分献血を除き、震災直後に献血された男性は6月まで、女性は7月まで献血をすることが出来ません。血液の在庫が無くなり、献血できる人も居なくなるという期間をうむ危険性があるのです。献血センターは献血時期の分散を呼びかけていますが、献血に来るなとは言えず、下記の様な遠回しな表現となってしまいます。

私は16歳のころから、献血活動を継続して行っています。献血と駅前の街頭活動(通算1357日目)とブログでの活動報告(毎日更新9年7か月)は、私のライフワーク「三点セット」です。継続こそ力なりです。現時点での献血回数は、通算149回。4月1日から始まる統一地方選挙に出馬準備を進めていますが、もしかしたら選挙期間中に「150回目の献血」を行うかもしれません。「献血は3月末から4月以降」に行って頂けますよう、ご協力をお願いします。献血は、誰でもできるボランティアです。自分の健康状態を確認することもできます。自己管理の一つのツールとして、私と一緒に献血をしましょう。

【写真】: 私の献血カードです。16歳のころからコツコツと献血を継続し、現時点で149回目です。
 

※ 非常に遠回りな言い回しで、理解しにくいのですが、日本赤十字のサイトには(以下の様に)献血時期の分散と継続のお願いが掲載されています。
~~~~~
(日本赤十字社): 献血に関するお知らせ 11/03/13
 日頃より日本赤十字社の血液事業にご理解、ご協力をいただきありがとうございます。
 また、平成23年3月11日(金)に発生しました東北地方太平洋沖地震に伴い献血へのご協力をいただいておりますことを深く感謝申し上げます。皆様からのご協力によりまして、現時点(3月13日現在)におきましては、医療機関からの需要に安定的に血液をお届けできております。
 しかしながら、血液製剤は有効期限があることから、一時期に献血者が集中すると、期限切れが発生し、医療機関への安定供給に支障をきたす恐れがあります。皆様からの善意の献血を無駄にすることなく最大限に被災地の医療に活用するため、一時期に偏ることのない継続的な献血が必要でありますので、何卒ご理解のうえ、今後とも献血へのご支援を賜りますようよろしくお願いいたします。
また、東北地方の献血の受入につきましては、ライフラインの復旧等に応じて準備を整え、献血が可能な施設から再開する予定です。
 なお、東北地方以外の一部の献血会場においても、この度の地震の影響により、建物等への被害が発生しておりますので、事前に血液センターのホームページでご確認いただき、お越し下さいますようお願いいたします。
~~~~~

現在コメントは受け付けていませんが、トラックバックを送信できます: トラックバック URL
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。