大和市長選挙、大木哲市長が再選/統一地方選挙後半戦、開票すすむ。

大和市長選は24日投開票が行われ、無所属の現職大木哲氏が、無所属の新人で元市議荻窪幸一氏=社民党県連合、神奈川ネット推薦=を破り、再選した。神奈川新聞社が同日まで実施した出口調査によると、大木氏は民主支持層の7割弱、自民支持層の6割、公明支持層の8割弱の支持を集め、特定の支持政党を持たない無党派層でも7割弱に食い込んだ。市域全般で幅広く浸透した。(神奈川新聞
大木哲市長は、元民主党の県議会議員。市長就任後は、お会いする機会も少なくなりましたが、大木市長が県議だったころは、非常に可愛がって頂いておりました。大木市長の再選を嬉しく思っています。
また、同神奈川新聞社記事によると、(24日投開票の平塚市長選挙は)いずれも新人の元市会議長落合克宏氏=無所属=と元衆院議員秘書柏木徹氏=同=が激戦を展開しているとのことです。
落合克宏元市会議長は、相模川西圏域広域連携研究議員懇話会の初代会長(当時)で、私は厚木市議員団の代表(市議会議員当時)としてお付き合いをさせて頂きました。(相模川西圏域広域連携研究議員懇話会は、平塚市・秦野市・伊勢原市・大磯町・二宮町・中井町に厚木市を加えた相模川以西4市3町の“広域連携”について研究を深める市議会議員による勉強会です。)。

(上記首長選挙を含め)神奈川県内では、【首長選】 平塚市長・茅ケ崎市長・大和市長・南足柄市長・開成町長・湯河原町長、【市議選】 横須賀・平塚・藤沢・小田原・茅ケ崎・三浦・大和・伊勢原・南足柄・綾瀬、【町議選】 葉山・中井・山北・開成 にて投票が行われました。
県外でも、千葉県佐倉市議会議員選挙や、東京都特別区議会議員選挙をはじめ、その他地方選挙・首長選挙に多くの仲間たちが挑戦しています。本日は、これから、伊勢原市議会議員選挙に挑戦した仲間の事務所に行ってくる予定です。仲間たち全員が当選するように強く祈っています。

【写真】: 昨日の選挙最終日の様子。
 
【写真】: 23日の大手南自治会総会の様子。選挙応援があるので冒頭の挨拶で失礼をさせて頂きました。
 

現在コメントは受け付けていませんが、トラックバックを送信できます: トラックバック URL
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。