第51回 神奈川県私立幼稚園教育研究県央地区大会/長男の保育所『親子面接』/毎日の早朝議会活動報告は本日で通算1470日目

本日は「第51回 神奈川県私立幼稚園教育研究県央地区大会」に来賓としてお招きを頂き、出席をさせて頂きました。
/社団法人 神奈川県私立幼稚園連合会、厚木地区私立幼稚園協会、相和私立幼稚園協会、社団法人 相模原市幼稚園協会、4団体の主催(共催:相模原市)です。県央大会は(上記)相模原協会、厚木協会、相和協会の3協会が順番に開催担当を受け持つ神奈川県私立幼稚園連合会教育研究大会のブロック大会で、約800名の教職員の参加を得て毎年開催されています。今年(本日)は、相模原市で開催をされ、来年は、厚木市での開催であると厚木協会の小澤会長が挨拶の中で述べられておりました。5年に1回は全県大会が横浜で開催されるそうです。
/午前中は、開会式と祈念講演、午後からは分科会が、複数の会場を借りて行われます。本日の祈念講演は、今井孝成・独立行政法人・国立病院機構相模原病院・小児科医長を講師に「アレルギーを正しく知ろう~食物アレルギーの最先端治療の現場から~」と題して行われました。現在、(独)相模原病院は、アレルギー治療の分野で最先端の研究・治療を行っており、アレルギーに苦しむ人々が多く、訪れているとの事でした。
/分科会は「子どもの人権・健康・安全」「子どもの発達と幼稚園教育の課題」「幼児理解」「特別支援(特別講座/個別支援の在り方と関係機関とのより良い連携について)」「幼稚園における危機管理(園長設置者/東日本大震災の経験を通して)」の5つです。相模原市民会館、総合学習センター、産業会館(多目的ホール)、産業会館(大研修室)、けやき会館の5会場にて、行われました。
/その後、執務。神奈川県議会に登庁し、視察・活動報告のとりまとめ、陳情対応など。
/夜は、長男の保育所の親子面接に妻と一緒に行って参りました。3人の担任の先生たちと長男について、ゆっくりとお話をお伺いしました。

【写真】: 「第51回 神奈川県私立幼稚園教育研究県央地区大会」の様子。ステージ上から、幕が開く前に撮影したものです。幕の裏に「火の用心」とあるのは、厚木市文化会館も同じです。
  

【写真】: 本日も(7時すぎに)子どもを保育園に送り届けてから、午前8時45分まで、本厚木駅東口に立たせて頂き早朝議会活動報告を行いました。本日で通算1470日目(延べ日数ではなく実数)となります。
 

【写真】: 昨日、横浜にて行われました「社団法人 神奈川県調理師連合会・平成24年賀詞交換会」の様子。厚生労働大臣表彰を受賞された方と会長。

【写真】: 本日の県議会民主党控室(神奈川県庁第二庁舎7階)での執務の様子。一般質問登壇を控えた一期生を中心に2月議会を間近に控えて、みんな頑張っていました。私も負けずに頑張ります。

現在コメントは受け付けていませんが、トラックバックを送信できます: トラックバック URL
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。