神奈川県ゼロ県債の設定について

神奈川県ゼロ県債の設定について:

一昨日(1月24日)、神奈川県は、県内経済の活性化、特に中小企業への支援対策として、切れ目のない事業展開を図るためゼロ県債を知事専決処分により設定(総額50億円余)しました。ゼロ県債は、当該年度の支出がゼロの県費債務負担行為で、翌年度に歳出予算化する県単独の建設事業等を、当該年度の支出は伴わず前倒しして発注するために設定する県費債務負担行為を言います。

企業活動そのものを活性化させる景気対策上の効果があるとともに、本県財政にとっても、当面支出を伴わずに景気対策を講ずることができるメリットがあります。

佐藤知一もこれまで、企業庁を所管する県民企業常任委員として、ゼロ県債を活用した企業庁による工事の発注を強く要望して参りましたが、今回、それが実現に至りました。経済政策については、未だ十分ではありませんが、新年度に向けて切れ目のない支援を行って参ります。

(PDFファイル): 神奈川県ゼロ県債の設定について

現在コメントは受け付けていませんが、トラックバックを送信できます: トラックバック URL
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。