活動写真報告/3月28日・29日と二日間の日程で「安全・安心な医療・福祉を実現するプロジェクト」所管事項調査(視察)に行って参りました。

3月28日・29日と二日間の日程で「安全・安心な医療・福祉を実現するプロジェクト」所管事項調査(視察)に行って参りました。メンバーは、私を含めた民主党議員7名で、視察先は、岡山県岡山市と真庭市でした。非常に有意義なものとなりました。
/視察報告については、きちんと作成し、会派・議会で共有させて頂きます。政策を提言し、政府与党の県議会会派として、政策の実現を目指しています。

【第一日目】: 3月28日は、午前中、地元厚木で公務を行った後、新幹線で岡山入り致しました。本隊は、岡山県真庭市(不育症治療費助成自治体)にて視察を行い、私は、児玉由美子・岡山県立大学准教授のご案内で、 岡山県商工連合会重鎮である難波氏のお車をお借りして、別日程で視察をさせて頂きました。難波氏は鉄鋼会社の会長で、小水力発電機を開発。性能よく安価なため 岡山でテレビに出るなど活躍されています。
/当日は、真庭市勝山のパン屋さん「タルマーリー」の裏庭に設置してある小水力発電機を視察させて頂きました。「タルマーリー」さんは、東日本大震災の影響で、千葉県から岡山県勝山に移られて営業を再開したばかりのお店です。御主人は、東京都八王子市出身との事で、心の距離もぐんと近づきました。
/閑話休題。併せて、勝山の観光政策についても地元の方々から、詳しいお話をお伺いしました。真庭市勝山は、出雲街道の要衝として繁栄を遂げ、土蔵、白壁や格子窓の古い町並みが残ることから、昭和60年に岡山県初の「町並み保存地区」に指定されました。各建物の軒先にオリジナルの暖簾が掲げられることから「のれんのある風景」としても有名で、ノスタルジックな趣が町全体を包みこんでいます。
/今回は仕事の為、あまり多くを観て廻ることが出来ませんでしたが、是非、日を改めて、家族と共に観光に訪れたいと思いました。真庭市内には「ひるぜん焼きそば」で有名な蒜山高原もありますが、今回は訪れることが出来ませんでした。「ひるぜん焼きそば」は、2010年に厚木市で開催された、B級グルメの祭典「第5回B-1グランプリ」で、準優勝し、知名度を全国的に広げました。表彰式会場には私も関係者の一人として居りました。岡山県は、魅力的な観光地も多くあり、是非近いうちに再訪したいと考えています。
/児玉由美子准教授とは家族ぐるみのお付き合いをさせて頂いております。過日も県民企業部会が主催した勉強会に講師として、神奈川県庁にお越し頂きました。

【写真】: 第一日目、真庭市勝山・現地調査の様子。小水力発電の現場では、開発者の難波様、パン屋「タルマーリー」御主人、水利権組合関係者の方、児玉由美子准教授をはじめ多くの方々にお話をお伺いすることが出来ました。私たち数人の為にお店をあけて頂いた「酒蔵レストラン『西蔵』」(「御前酒蔵元『辻家』」)の社長様、従業員の方々にも感謝致します。「土壁・なまこ壁におおわれ、欅の大黒柱と松の大梁で支えられた蔵の間」は非常に素敵でした。(お土産の)「西蔵謹製・酒ケーキ」「御前酒・蔵元探訪(純米新酒しぼりたて生原酒)」も評判が良かったです。関係者の皆様方、ありがとうございました。
                  

【第二日目】: 3月29日の視察は、最初から本隊に合流。岡山大学医学部保健学科・岡山県不妊専門相談センター・中塚幹也教授に岡山県の不育症治療の現状について、お話をお伺い致しました。前日視察した岡山県真庭市(不育症治療費助成自治体)の実例もあげつつ、非常にご丁寧にお話を頂戴しました。併せて、「岡山県不妊専門相談センター不妊・不育とこころの相談室」も視察をさせて頂きました。

/中塚幹也教授は、ジェンダークリニックや産婦人科「生殖内分泌グループ」に属し、その中心的存在として様々な症例に携わっている有名な方です。私も厚木市議会議員時代に「性同一性障害」について取り上げましたが、中塚教授は、GID(性同一性障害)学会の理事長も務められています。しかしながら、今回は、不育症についての所管事項調査の為、不育症(及び不妊症)について、(お話をお伺いした後)いくつかの質問をさせて頂きました。

引用)「不育症とは、流産や死産、重症の胎児発育不全、早期新生児死亡などを繰り返す状態です。岡山大学病院では、約20年前から『不育症専門外来』を開設し、各種の治療を行なっています。まだ、原因不明の比率も高く、子宮への血流不良、血管の障害、精神的ストレスなどに関する研究も進めています。2008~2010年度の厚生労働科学研究班にも参加し、日本における不育症の実態、原因の調査などを行ない、2011年3月に不育症管理に関する提言を行ないました。」

【写真】: 第二日目、岡山大学医学部保健学科・岡山県不妊専門相談センター視察の様子。岡山大学病院も、岡山の医療をけん引するにふさわしい施設・設備を備えていました。私もこれまで数多くの病院を視察して参りましたが、非常に立派でした。最近ではコンビニなど民間業者を入れる所も珍しくなくなりましたが、岡山大学病院も「スターバックス珈琲」等、民間の飲食店がいくつか入っていたのが印象的でした。今回の視察は、両日共、天候に恵まれ、有意義なものとなりました。関係者に心より感謝します。
         

現在コメントは受け付けていませんが、トラックバックを送信できます: トラックバック URL
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。