第3回「県央相模川サミット」六市町村合同クリーンキャンペーン(第42回相模川クリーンキャンペーン)/「第36回厚木市さつきまつり・歩行者天国開始式」と「オープニングパレード」/鮎稚魚放流事業

本日も早朝から、第3回「県央相模川サミット」六市町村合同クリーンキャンペーン(第42回相模川クリーンキャンペーン)、鮎稚魚放流事業、「第36回厚木市さつきまつり・歩行者天国開始式」と「オープニングパレード」等に出席をさせて頂いています。
/第36回厚木市さつきまつり・歩行者天国開始式においては、今年も来賓を代表し、テープカット(その後、オープニングパレード)をさせて頂きました。第3回「県央相模川サミット」は、近隣の5市町村(相模原市、海老名市、座間市、愛川町、清川村/後援:神奈川県)が合同で相模川、中津川、小鮎川などの一斉清掃を行おうと言うものです。厚木市では、これまでも単独でクリーンキャンペーンを行い、本日で42回目となりました。

/長男2歳は、ここ数日、発熱が続いている状態ですが、自宅では元気です。(今は寝ていますが)天候も良く、会場が「自宅目の前」なので、様子を見つつ、廻らせて頂きます。雲一つ無い「いい天気」、まさにお祭り日和です。

【写真】: 「第36回厚木市さつきまつり・歩行者天国開始式」と「オープニングパレード」の様子。
一枚目の写真は「(向かって左から)名切文梨厚木市議、佐藤知一、古川環厚木市議」(写真撮影は、渡辺貞雄厚木市議にお願いしました)です。力を合わせて行政課題の解決に努めています。
    

【写真】: 第3回「県央相模川サミット」六市町村合同クリーンキャンペーン(第42回相模川クリーンキャンペーン)の様子です。朝7時から8時15分まで、ゴミ拾いを行いました。私も毎回、参加させて頂いています。
    

【写真】: 厚木市漁業組合の方々による「鮎稚魚放流事業」の様子。会場では6月1日の鮎漁解禁を控えて相模川第二漁業協同組合と厚木観光漁業協同組合が、三川合流地点(相模川、中津川、小鮎川の三川合流点河川敷)にて、稚鮎の放流を実施しました。清掃に参加した家族連れや子どもたちが、10センチほどに成長した1万匹のアユを川に放しました。こちらも毎年、参加させて頂いております。
    

現在コメントは受け付けていませんが、トラックバックを送信できます: トラックバック URL
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。