明日から妻が職場復帰。自転車の3人乗りについて/連合神奈川・第2回政策委員会(環境エネルギー)

本日は地元デー。地元廻りに加えて、ゴールデンウイーク明けに掲載予定の県議会活動報告作成とニュースレター(月刊さとう)の作成作業を行います。時間が許せば、午後から開催される「連合神奈川・第2回政策委員会(環境エネルギー)」にもお誘い頂いておりますが、本日の出席は、ちょっと厳しいかも知れません。関係者の皆様、申し訳ありません。

/明日から妻が職場復帰をするという事で、これまでも第二子の慣らし保育をしてきました。この1か月間は、基本的に長男は私が送り届け、長女は妻が少し遅れて送り届けることを続けてきましたが、明日からの妻の職場復帰に向けて、今日から二人一緒に自転車に乗せて保育園に送り届けることにしました。妻はフルタイムで、東京・丸の内に通勤するため、主に「送りは私」「迎えは妻」といった形になります。
※ 本日の早朝街頭議会報告はお休みとしました。 (→ 追記: 本日午後、通算1681日目となる街頭議会活動報告を岡田団地周辺・厚木リバーサイド団地周辺にて行いました。)

/長男の時にも自転車でおんぶ紐でおんぶ(チャイルドシートに乗せられる前)して、自転車で私が送り届けていましたが、これからしばらくは、長男(3歳)をチャイルドシートに乗せて、長女(4か月)を背中に背負っての送りをする事となります。今朝の長女は、初めての自転車でしたが、大喜びで登園しました。

/2009年7月1日に道路交通法規則が一部改正され、子供乗せ自転車の安全基準などが新たに定められました。幼児2人を同乗させられるよう、安全基準を満たした自転車(「幼児2人同乗基準適合車(幼児同乗用自転車 )」)を購入し、使用しています。
※ 自転車の走行に関して定められた「道路交通法施行細則」は、各都道府県公安委員会によって決められている為、自転車に同乗できる定員数とその方法は、都道府県によって異なります。

【写真】: 安全基準を満たした電動アシスト付き自転車です。法令を順守し、安全に気をつけて運転しています。
130425_0829~001

【写真】: 長男の時はこんな感じでした。(撮影は2010年11月14日)
2010-1~1 (2)

~~~
※ 自転車の走行に関して定められた「道路交通法施行細則」は、各都道府県公安委員会によって決められている為、自転車に同乗できる定員数とその方法は、都道府県によって異なります。神奈川県の場合は以下の通りです。

チャイルドシートに1人乗車(計2人)=可能
幼児1人をひも等で背負って乗車(計2人)=可能
チャイルドシートに1人+幼児1人を背負って乗車(計3人)=可能
幼児2人同乗基準適合車のチャイルドシートに2人乗せる(計3人)=可能

神奈川県警察(自転車に乗るときのルールとマナー・例外的に二人乗り等が認められる例)より一部引用

幼児用座席に幼児を1人乗車させ、幼児1人をひも等で確実に背負って16歳以上の者が運転する場合
(平成19年1月1日改正) -神奈川県道路交通法施行細則-
f0178_38

幼児2人同乗用自転車(運転者のための乗車装置及び2つの幼児用座席を設けるために必要な特別の構造又は装置を有する自転車)の幼児用座席に幼児2人を乗車させ、16歳以上の者が運転する場合
(平成21年7月1日改正) -神奈川県道路交通法施行細則-
f0178_43
~~~

現在コメントは受け付けていませんが、トラックバックを送信できます: トラックバック URL
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。