Monthly Archives: 6月 2013

(仮称)あつぎ元気館の公共施設についての説明会/厚木市立図書館・厚木市子ども科学館/神奈川工科大学鉄道研究部・巨大ジオラマを使用した体験運転会(Nゲージ鉄道模型ジオラマ展示、Nゲージ体験運転、写真展示、機関誌「テールライト」配布)

本日は午前中、厚木市立図書館、厚木市子ども科学館を廻らせて頂きました。子ども科学館では、神奈川工科大学鉄道研究部・巨大ジオラマを使用した体験運転会(Nゲージ鉄道模型ジオラマ展示、Nゲージ体験運転、写真展示、機関誌「テールライト」配布)が行われており、3歳の長男は大喜びでした。

/また、(仮称)あつぎ元気館の公共施設についての説明会に行って参りました。古川環市議会議員ほか、厚木市議会議員や厚木市職員の方も多く会場に足を運ばれていました。厚木市が2014年春のオープンをめざし整備を進める、商業と公共の複合施設(仮称)あつぎ元気館の公共施設部分についての説明会です。厚木パルコが入っていたビルを厚木市が昨年11月末に8億5000万円で取得したもので、地下1階から地上4階を商業施設、5階から8階を公共施設、9階を映画館として整備する計画で準備しているとの事です。子育て支援センター「もみじの手」は、220㎡から500㎡に面積を広くして(仮称)あつぎ元気館8階に移設する予定との事です。本日は、通算4回目となる説明会で、ヤングコミュニティセンターを会場に行われました。

【写真】: (仮称)あつぎ元気館の公共施設についての説明会の様子。活発な意見が出されました。
130630_0938~001 130630_1124~001 130630_1142~002

【写真】: 「厚木市子ども科学館」にて行われた、神奈川工科大学鉄道研究部・巨大ジオラマを使用した体験運転会(Nゲージ鉄道模型ジオラマ展示、Nゲージ体験運転、写真展示、機関誌「テールライト」配布)の様子。3歳の長男は大喜びでした。
130630_0941~001 130630_0941~002 130630_0941~003 130630_0942~001 130630_0944~001 130630_0949~001

第21回 議長杯争奪・組合対抗ボウリング大会に御招き頂き、御挨拶をさせて頂きました/厚木市消防団第一分団第三部消防操法訓練(小型可搬ポンプ操法)(厚木北消防署睦合分署・訓練場)/第39回 美流展(厚木市民ギャラリー)/厚木市子育て支援センター「もみじの手」(厚木市総合福祉センター5階)

本日午前中は、厚木ツマダボウルを貸し切って開催された「第21回 議長杯争奪・組合対抗ボウリング大会」。(私も毎年、お招き頂いておりますが)今年は、連合神奈川推薦の私(佐藤知一)と後藤祐一代議士、組織内議員の石井恒雄市議、松前進市議、井上敏夫市議が開会式にお越しになられました。来賓としてご紹介頂き、一言御挨拶をさせて頂きました。唯一の県会議員ですので、県議会報告もさせて頂きました。

/厚木市民ギャラリーで開催中の「第39回 美流展」にお伺いさせて頂きました。毎年、欠かさずお伺いし、素晴らしい作品を鑑賞させて頂いております。

/また、厚木市子育て支援センター「もみじの手」(厚木市総合福祉センター5階)に、長男(3歳)と共にお伺いしました。子育てサロン室は、子育て家庭の親子や、子育て家庭の親同士が気軽に交流できる場として提供・開放されています。日差しも強くなりつつある季節柄、非常に多くの方々が、お子さんを連れていらしておりました。

/夕方からは、厚木北消防署睦合分署・訓練場にて、厚木市消防団第一分団第三部消防操法訓練(小型可搬ポンプ操法)に予定選手(指揮者)として参加しました。消防操法は常備の消防職員や消防団の訓練の一つであり、基本的な操作の習得を目指すための手順を指します。設置された防火水槽から、給水し、火災現場を意識した火点(かてん)と呼ばれる的にめがけて放水し、撤収するまでの一連の手順を演じます。過日(6月20日)も市街地で大規模な火災が発生しました。私自身も最前線で消火活動にあたりましたが、操法で習得した技術を消火・消防活動に応用する事は、活動中に地域の方や仲間・自分の「命」を守る事にもつながると考えます。

【写真】: 本日午後の厚木市消防団第一分団第三部消防操法訓練(厚木北消防署睦合分署・訓練場)の様子。厚木市消防操法大会まで一カ月を切りました。仲間と共に頑張ります。
130629_1649~003 130629_1923~001 130629_1923~002

【写真】: 「第21回 議長杯争奪・組合対抗ボウリング大会」の様子。連合神奈川推薦の私(佐藤知一)と後藤代議士、組織内議員の石井恒雄市議、松前進市議、井上敏夫市議がお越しになられました。
130629_0951~001 130629_0953~001

【写真】: 厚木市民ギャラリーで開催中の「第39回 美流展」にお伺いさせて頂きました。毎年、欠かさずお伺いし、素晴らしい作品を鑑賞させて頂いております。
130629_1212~001 130629_1212~003

神奈川県議会・民主党かながわクラブ議員団「平成25年度・予算要望ヒアリング」(第1回目)。会場は、ワークピア横浜。

本日は、(神奈川県庁近くのワークピア横浜にて)早朝9時より、神奈川県議会・民主党かながわクラブ議員団「平成25年度・予算要望ヒアリング」(第1回目)が行われました。今年は、民主党県連との合同で行われました。

/多くの団体の方々にお越し頂き、大変多くのご意見を頂きました。ヒアリングは、6つの会場に分けて行われ、私はグループCの司会進行をお任せ頂きました。本日私は、税理士政治連盟、私立中学高等学校協会、土地改良事業団体連合会、不動産政治連盟、農林水産団体連絡協議会、調理師連合会(何れも神奈川県)ほか、11団体の方々から御意見・御要望を頂戴しました。今後も厚木市と小田原市、県庁(予定)でのヒアリングを重ねて行い、各団体や自治体(首長)から頂きました御意見は、取りまとめ会議を経て、予算要望として黒岩知事に提出します。また、今後の議会活動を通じ、実現に向け力を合わせて参ります。

【写真】: 神奈川県議会・民主党かながわクラブ議員団「平成25年度・予算要望ヒアリング」(第1回目)の様子。
20130628-DSCF6060 20130628-DSCF6040

本日も一日県議会。全常任委員会(総務政策、防災警察、県民企業、環境農政、厚生、産業労働、建設、文教の8常任委員会)が開会/早朝議会活動報告は本厚木駅北口と中心市街地交差点(通算1718日目)

本日も朝は妻の出社を見送り(朝6時30分)、子ども達に朝食を食べさせたのち、子ども二人(長男3歳と長女5か月)を保育園に送り届けてから、本厚木駅北口と中心市街地交差点に立たせて頂き早朝議会活動報告を行いました。議会日程の関係で短時間ではありましたが、本日で通算1718日目(延べ日数ではなく実数)となります。

/本日も一日県議会です。本日の議会日程は、全ての常任委員会(総務政策、防災警察、県民企業、環境農政、厚生、産業労働、建設、文教の8常任委員会)が開会されます。質疑の後、県議団役員会、県議団団会議を挟み、その後再開し、意見発表(委員会討論)、委員会採決となります。

/全ての委員会が終了後、役員会が再開され私も副団長の立場で出席をさせて頂く予定です。

20130619135217_183862

昨晩の県議団役員会と黒岩知事、黒川副知事、吉川副知事との意見交換会/本日は、地元デー/長男の予防接種

昨晩は、県議会・民主党かながわクラブ県議団役員会と黒岩知事、黒川副知事、吉川副知事との意見交換会が行われました。私も県議団の副団長として出席をさせて頂き、黒岩祐治知事、黒川副知事、吉川副知事としっかりとお話をさせて頂きました。黒岩知事からは、県政の話はもちろん、早稲田雄弁会の話(佐藤は慶応義塾弁論部出身)など幅広く、お話をさせて頂きました。

【写真】: 写真は、挨拶する黒岩知事と齋藤健夫・県議団団長。
130625_1834~002

/本日は、地元デー。庶務・雑務の他、長男の予防接種(日本脳炎・二回目)に連れて行き、食材の買い出しなど。私の執務中は、実家の両親に子守りをお願いしています。

/明日はいよいよ常任委員会の最終日です。環境農政常任委員会では、質疑を経て、採決となります。7月2日の本会議最終日(採決)に向けて、しっかりと頑張ります。

神奈川県議会「産業振興・経済活性化特別委員会」質疑/県議団役員会・黒岩知事との意見交換会

本日の議会日程は、4特別委員会(地方分権・行財政改革特別委員会/安全安心推進特別委員会/社会問題対策特別委員会/産業振興・経済活性化特別委員会)です。私は、午前10時半から開会された産業振興・経済活性化特別委員会に出席し、午後から質疑を行う予定です。本日の調査項目は、「商工業振興の取組について」「農林水産振興の取組について」「雇用対策の取組について」です。

/ただ今の時間は昼休み休憩中です。委員会終了後は、県議団総務関係の打ち合わせに出席をして、夜は、県議団役員会と黒岩知事、黒川副知事、吉川副知事との意見交換会に出席をします。

県議会・常任委員会B日程(厚生、産業労働、建設、文教)/早朝議会活動報告は厚木郵便局前交差点(国道246号線)・中心市街地交差点(通算1717日目)

本日も朝は妻の出社を見送り(朝6時30分)、子ども達に朝食を食べさせたのち、子ども二人(長男3歳と長女5か月)を保育園に送り届けてから、厚木郵便局前交差点(国道246号線)・中心市街地交差点に立たせて頂き早朝議会活動報告を行いました。議会日程の関係で短時間ではありましたが、本日で通算1717日目(延べ日数ではなく実数)となります。

/本日の議会日程は、常任委員会B日程(厚生、産業労働、建設、文教)の4常任委員会が開会されました。

/夕方からは、16区総支部選対会議に出席しました。また、明日の産業振興・経済活性化特別委員会において、質疑に立つ予定の為、質疑作成を行っています。

【写真】: 昨晩の厚木市消防団第一分団第三部消防操法訓練(厚木北消防署睦合分署・訓練場)の様子。
130623_2049~002 130623_2049~003 130623_2050~003

【写真】: 本日の早朝議会活動報告は厚木郵便局前交差点(国道246号線)・中心市街地交差点にて行いました。通算1717日目です。
130624_0758~001 130624_0758~004 130624_0818~002 130624_0830~001

厚木稲門会・慶応厚木三田会・合同「夏の懇親会」(早稲田大学と慶応大学のOB/OG会)/東京都議会議員選挙・投開票日/浪ちひろ「雨の本厚木 10周年記念パーティー」/第64回 神奈川県華道展(神奈川県華道連盟 厚木華道協会主催)/社団法人 実践倫理宏正会「壮年の集い」/厚木市消防団第一分団第三部消防操法訓練(厚木北消防署睦合分署・訓練場)

本日も多くの式典やイベントに御招き頂き、御挨拶をさせて頂きました。

/夜は、厚木市消防団第一分団第三部消防操法訓練(厚木北消防署睦合分署・訓練場)に選手(指揮者)として参加する予定です。連日のように、他部の方々にもお手伝い頂き訓練を行っております。多くの方々のお手伝いを頂きながら、仲間たちと共に本番に臨みます。

/本日は、東京都議会議員選挙の投開票日です。同志たちの結果が気になります。

【写真】: 「厚木稲門会・慶応厚木三田会・合同『夏の懇親会』」に出席しました。今年はイベントが重なり、40分程度しか会場に居る事が出来ませんでしたが、母校の諸先輩方と共に楽しい時間を過ごす事が出来ました。稲門会は早稲田大学、三田会は慶応義塾大学のOB/OG会です。私は、大学が慶大、大学院は早大を出ていますので、厚木稲門会と厚木三田会の両方に入会しています。
130623_1456~001 130623_1428~001

【写真】: 厚木のご当地歌手、浪ちひろさんの「浪ちひろ・雨の本厚木 10周年記念パーティー」に来賓としてお招き頂き、御挨拶させて頂きました。記念品は、紅白の「お餅」です。
130623_1402~001 130623_1415~001 130623_1611~001

【写真】: 社団法人 実践倫理宏正会「壮年の集い」に来賓としてお招きを頂き、御挨拶させて頂きました。厚木市文化会館・大ホールにて盛大に開催されました。
130623_0958~001 130623_1017~001

【写真】: 厚木市文化会館にて開会中の「第64回 神奈川県華道展(神奈川県華道連盟 厚木華道協会主催)」を廻らせて頂き、会場の皆様に御挨拶させて頂きました。
130623_1042~002 130623_1047~001 130623_1048~001

【写真】: 厚木市文化会館では、午後から「ヴォイス2001 女声合唱コンサートvol.6」が行われましたが、日程の都合上、お伺いすること叶いませんでした。
130623_1049~001

神奈川県立「大野山乳牛育成牧場」現地調査(視察)(山北町)/富士山世界遺産登録の本日、「関東の富士見100景」にて霊峰富士を望む

昨日の環境農政常任委員会の質疑を通じて、大野山乳牛育成牧場を現地調査する必要を強く感じた為、本日の予定を変更して、「廃止」方向性が示されている神奈川県立大野山乳牛育成牧場(山北町)に行って参りました。課題については、昨日のブログで触れた通りです。来週火曜日の特別委員会(産業振興・経済活性化特別委員会)にも質問を予定しています。

/大野山乳牛育成牧場の中にある大野山山頂は、国土交通省関東地方整備局の事業「関東の富士見100景」にも指定されています。「関東の富士見百景」は、富士山への良好な眺望を得られる地点を選定し、周辺の景観の保全や活用への支援を通じて、美しい地域づくりの推進を目的としています。図らずも本日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会(カンボジア・プノンペンで開催中)は、富士山(山梨、静岡県)を世界文化遺産に登録することを決定しましたが、同時刻、「関東の富士見100景」から富士山を望みました(山頂までは見えなくて残念)。日本最高峰の富士山は山岳信仰の対象であり、浮世絵など多くの芸術作品に描かれるなど、芸術文化を育んだ山として高く評価されたわけです。そうした意味合いでも大野山乳牛育成牧場の廃止は残念に思います。今後の委員会審査で、議論を深めて参ります。

【写真】: 神奈川県立「大野山乳牛育成牧場」現地調査(視察)の様子。本日は、獣医師でもある原田俊彦・場長が自ら、場内の隅から隅までご案内して頂きました。富士山世界遺産登録の本日、「関東の富士見100景(大野山山頂)」にて霊峰富士を望みました。(山北町)
20130622-DSCF5910 20130622-DSCF5931 20130622-DSCF5937 20130622-DSCF5940 20130622-DSCF5951 20130622-DSCF5956 20130622-DSCF5966 20130622-DSCF5982 20130622-DSCF5988 20130622-DSCF6003

神奈川県議会常任委員会・A日程(総務政策、防災警察、県民企業、環境農政)4常任委員会が開会。佐藤知一は環境農政常任委員会にて質疑/消防団第一分団第三部消防操法訓練

本日は、午前10時30分から、神奈川県議会常任委員会A日程として、総務政策、防災警察、県民企業、環境農政の4常任委員会が開かれました。私は、環境農政常任委員会に委員として出席し、質問に立ちました。

課題は多くありました。TPPについて質問すると「TPPは国の施策で、県としては国の動向を見据えて対応する」といったお答えでした。ただ、大野山乳牛育成牧場を廃止する方針を打ち出す神奈川県としては、もっと、TPPについて考えるべきじゃないかと意見を述べました。以下は、本日の私の質問原稿の一部を引用したもので、正式な議事録ではありませんが、よく理解できる御答弁がありませんでしたので、特別委員会の方で、再度、質問をするつもりで現在の所、調整しております。

=====
(TPPに関連して、大野山乳牛育成牧場についての質問)
本日午前中のご説明では、大野山乳牛育成牧場についての今後の方針について、ご説明がありましたが、国の方針であるTPPの対応に対して、県がどう考えるかは、非常に重要なことであると考えています。
先ほどの質問においてもありましたが、
多くの酪農家は北海道の牧場へ雌子牛の育成を預託している現状でもあります。北海道で、450頭、大野山で80頭という事です。(神奈川県の生乳生産量は138万人分)
現在、日本の生乳の半分は、北海道で生産されていますが、北海道とそれ以外の地域での住み分けができています。つまり、北海道産の生乳は加工品となり、本州以南にはほとんど入ってきていません。自主規制しています。
理由としては、北海道で子牛を生産し、本州や四国、九州の酪農家に販売しているため、共存しなければならないからとも言われています。
しかしながら、TPPにより海外から、乳製品が入ってくれば、北海道は、首都圏を中心に生乳の出荷をせざるを得ないと言われています。
つまり、神奈川県の酪農家は、北海道の酪農家と競争をしなければならないわけです。乳製品に限らず、肉牛についても同じです。
私自身、18才から1年半、ニュージーランドの酪農場、ミルキング農場に住み込みで働いておりましたし、その後も交流を続けていますので、規制がなくなった時の怖さを強く感じております。
私が実際にいたのは1988年でありましたが、当時、お世話になっていたのは、中規模の農家でありましたが、アスパラガスやキウイフルーツも生産しており、輸出先は日本でありました。かの国では、小規模であっても自分の所で生産した農産品を日本に輸出する経験をしているわけです。今度は、これに生乳を含む乳製品が加わる可能性が、非常に多くあります。
今回の大野山乳牛育成牧場の廃止を決めるにあたっては、こうした簡単な構図も県として、把握して、決定をしたと認識していますが、それで正しいのでしょうか。
つまり、現在ある北海道との日本国内での住み分けが、壊れてしまい、北海道で、子牛の育成を預託することができなくなる可能性も少なからずあると考えていますが、この点についての認識をお伺いします。
TPPの対応については、国の方針であって、神奈川県行政には関係ないというスタンスとならないように要望をさせて頂きます。
=====

/本日の夜に予定をされていた「消防団第一分団第三部消防操法訓練」ですが、雨天のため中止となりました。但しミーティングは行われます。私も遅れて参加する予定です。