神奈川県立「大野山乳牛育成牧場」現地調査(視察)(山北町)/富士山世界遺産登録の本日、「関東の富士見100景」にて霊峰富士を望む

昨日の環境農政常任委員会の質疑を通じて、大野山乳牛育成牧場を現地調査する必要を強く感じた為、本日の予定を変更して、「廃止」方向性が示されている神奈川県立大野山乳牛育成牧場(山北町)に行って参りました。課題については、昨日のブログで触れた通りです。来週火曜日の特別委員会(産業振興・経済活性化特別委員会)にも質問を予定しています。

/大野山乳牛育成牧場の中にある大野山山頂は、国土交通省関東地方整備局の事業「関東の富士見100景」にも指定されています。「関東の富士見百景」は、富士山への良好な眺望を得られる地点を選定し、周辺の景観の保全や活用への支援を通じて、美しい地域づくりの推進を目的としています。図らずも本日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産委員会(カンボジア・プノンペンで開催中)は、富士山(山梨、静岡県)を世界文化遺産に登録することを決定しましたが、同時刻、「関東の富士見100景」から富士山を望みました(山頂までは見えなくて残念)。日本最高峰の富士山は山岳信仰の対象であり、浮世絵など多くの芸術作品に描かれるなど、芸術文化を育んだ山として高く評価されたわけです。そうした意味合いでも大野山乳牛育成牧場の廃止は残念に思います。今後の委員会審査で、議論を深めて参ります。

【写真】: 神奈川県立「大野山乳牛育成牧場」現地調査(視察)の様子。本日は、獣医師でもある原田俊彦・場長が自ら、場内の隅から隅までご案内して頂きました。富士山世界遺産登録の本日、「関東の富士見100景(大野山山頂)」にて霊峰富士を望みました。(山北町)
20130622-DSCF5910 20130622-DSCF5931 20130622-DSCF5937 20130622-DSCF5940 20130622-DSCF5951 20130622-DSCF5956 20130622-DSCF5966 20130622-DSCF5982 20130622-DSCF5988 20130622-DSCF6003

現在コメントは受け付けていませんが、トラックバックを送信できます: トラックバック URL
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。