神奈川県社会福祉審議会民生委員審査専門分科会/29市町村から推薦された候補者3,873名(区域3527名・主任児童委員346名)の審査

本日は、神奈川県社会福祉審議会民生委員審査専門分科会が、神奈川自治会館にて行われました。本日は12月1日付で委嘱予定の民生委員・児童委員の審査を行いました。厚木市を含む29市町村(政令市と中核市=横浜・川崎・相模原・横須賀を除く)から推薦された候補者3,873名(区域3527名・主任児童委員346名)の審査・承認を行いました。他に「民生委員児童委員の『欠員なき委嘱』に向けた取組について」の方針が示され、協議を行いました。会長の柴田範子委員(東洋大学准教授)からは、「過去にないほど、細かい説明がなされた」との感想も述べられるほど、充実した審議会でありました。

本日は主にB区分、C区分の候補者を中心に審査を行いましたが、それでも膨大な数でありましたので、自治体ご担当者の皆様には、待機時間も長くなりご苦労をおかけしました。

※ 佐藤知一は、神奈川県社会福祉審議会に県議会推薦委員(枠は2名)として就任しています。社会福祉法第7条に基づき設置される重要な審議会で、「民生委員の適否に関すること」「身体障害者の福祉に関すること」「その他社会福祉に関すること」を所掌事務とします。審議会の中でも私は、「民生委員の適否の審査に関する事項」を所掌事務とする「民生委員審査専門分科会」へ所属しています。

【写真】: 神奈川自治会館で行われた神奈川県社会福祉審議会民生委員審査専門分科会の様子。
130924_0849~001 130924_0850~002 130924_0850~003 130924_0853~001

現在コメントは受け付けていませんが、トラックバックを送信できます: トラックバック URL
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。