民主党かながわクラブ県議団・都議会民主党合同「危険ドラッグ条例に係る合同勉強会」/都政ギャラリー「通信制サポート校!東京都ネットワークフェスタ」

本日は、朝早くから、東京都議会にお伺いしました。私たち民主党かながわクラブ県議団と東京都議会の民主党県議団にあたる「都議会民主党」では、厚生部会を中心に危険ドラッグ条例に係る合同勉強会を行いました。我が団においては、これまでも「首都圏直下地震減災対策」等の課題を受け、民主党かながわクラブ県議団と都議会民主党、民主党千葉県議会議員会、埼玉県議会民主党・無所属の会の4都県の民主党都県議会会派の連携をもって、施策の推進と研究を行って参りました。

危険ドラッグの規制条例について、都議会民主党 政調会長 尾崎 大介東京都議会議員や民主党本部 青年委員会 委員長代理の西沢 圭太東京都議会議員を中心にご対応頂きました。東京都当局からは、早乙女芳明 福祉保健局健康安全部 薬事監視担当課長、河野安昭 麻薬・医薬品安全対策専門課長にご対応頂きました。

東京都においては、「東京都薬物の濫用防止に関する条例」の規定に基づき、都内における濫用又はそのおそれがある薬物を「知事指定薬物」に指定し独自に規制を行っています。具体には、多発している危険ドラッグ使用者による事故の状況などを鑑み、サイバー薬事監視、店舗の取締り、流通実態調査など監視指導をはじめ、今後は、警察職員への立入調査権限の付与や警視庁と東京都の相互協力体制の整備•知事指摘薬物等の収去権の付与など、濫用防止条例を更に強化して、危険ドラッグ根絶に向けた取り組みが進みつつあります。

神奈川県においても危険ドラッグ規制条例についての検討がはじまりました。来週22日の一般質問においても通告しました。

【写真】:民主党かながわクラブ県議団・都議会民主党合同「危険ドラッグ条例に係る合同勉強会」の様子。東京都福祉保健局の方に講師をお引受頂き、非常に勉強になりました。
140919_1035~004 140919_0853~001 140919_0856~001 140919_0856~002 140919_0856~003 140919_0927~002 140919_0927~003 140919_0927~004 140919_0929~002 140919_0930~001 140919_0932~002 140919_0949~001

【写真】: 東京都議会本会議場。
140919_1016~001 140919_1020~003 140919_1021~001 140919_1022~001

【写真】: 東京都議会 第15委員会室。一番大きな委員会室だそうです。神奈川県議会で言うところの大会議室(予算委員会等が行われます)です。
140919_1023~001 140919_1023~002 140919_1023~003 140919_1023~004 140919_1024~001 140919_1024~002

【写真】: 都政ギャラリーでは「通信制サポート校!東京都ネットワークフェスタ」が行われていました。私も作品を拝見させて頂きました。
140919_0855~001 140919_0855~002 140919_0855~003

現在コメントは受け付けていませんが、トラックバックを送信できます: トラックバック URL
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。