11月28日厚木市文化会館にて厚木青年会議所主催「衆議院神奈川第16区」公開討論会/早朝議会活動報告は中心市街地交差点(通算1930日目)/タウンニュース厚木版・原稿校了/平成26年度1月補正予算案等の概要/花と緑のふれあいセンター(花菜ガーデン)運営見直しと料金改定について

本日も妻の出社を見送り(朝6時30分)、子ども達に朝食を食べさせたのち、子ども二人(長男4歳半と長女1歳半)を保育園に送り届けてから、中心市街地交差点に立たせて頂き早朝議会活動報告を行いました。
平日毎日行っている早朝駅頭活動は本日で通算1930日目(延べ日数ではなく実数)となります。日数ですので、昨日の様に一日のうち朝晩と複数回やっても、1日は1日です。ただし、30分の時もあれば、数時間におよぶ時もあります。いずれも「1日」としてカウントしています。
こうした活動は、選挙の有無に関らず、可能な限り、毎朝、駅頭や交差点に立ち議会報告を行っています。このスタイルは、市議会議員時代から全く変わりません。

/街頭議会報告活動終了後、一旦、事務所(地元政務活動事務所)に寄って帰宅し、そのまま外回りを致しました。タウンニュース厚木版の原稿も校了しました。

/本日、平成26年度1月補正予算案等の概要が記者発表されました。
その中に提出予定議案の概要(条例関係)として、条例の制定3件、条例の改正11件が示されました。
条例改正として、昨日、訪問した「花菜ガーデン」に関しての条例改正も含まれています。「休園日の見直し」と「入園料金の上限額の見直し」の二点ですが、入園料金の上限見直しは、現行一人につき520円の入園料金が、一人につき1000円(上限)となることになります。
繁忙期と閑散期に応じた入園料金を設定する変動利用料金制の導入を図るため、次のとおり改正を行うとの事であります。
記者発表前でしたので、明確に記すことできませんでしたが、昨日の午前中、家族で訪れた理由の一つはココにあります。
昨日のブログにも記した通り、三連休の最終日でしたが、非常に閑散としていました。過日の「湘南国際村センター」についても同じ理由ではありましたが、しっかりと「身銭を切って」訪問し、実際に体感する事で現場を確認しています。
百聞は一見にしかず。
いずれにせよ、これからしっかりと議会で議論をする内容ですので、私の考えについては開陳しませんので念のため。
~~~
○ 神奈川県立花と緑のふれあいセンター条例の一部を改正する条例 ~花と緑のふれあいセンター(花菜ガーデン)の運営の見直しに伴い、休園日数及び入園料金を変更するため、所要の改正を行う。 ~

/シンガポールのカジノを視察した国会議員が口をそろえて素晴らしいと言われます。あれは事前に申し入れを行い調整をしている事が理由の一つであると私は考えています。
過日行った時のシンガポールのカジノは、雰囲気も最悪でした。この時は視察ではなくて、たまたま昼食後の休憩時間に入ってみた次第です。タバコの灰皿は吸い殻で山盛りでしたし、飲み物も片づけられずに放置しっぱなし。トイレも尿で床が汚れていましたし、お客もくわえ煙草でスロットのハンドルを握っていました。
行政視察と言う形で行く意味もありますし、勉強になる事も少なくありませんが、並行して、議員自らが身銭を切って訪問する事も必要だと思っています。

【写真】: 厚木青年会議所主催の「衆議院神奈川第16区」公開討論会が、11月28日に厚木市文化会館で開催されます。ふるってご参加ください。
公開討論会

現在コメントは受け付けていませんが、トラックバックを送信できます: トラックバック URL
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。