昨日の2015年 厚木市全国県人会連合会・新春の集い(賀詞交歓会)/小林常良 南毛利地区決起集会(厚木市農協 南毛利支所)。「小林市長の『暴走』は有り得ない」という話/支援者ご主人通夜式・告別式

本日も妻の出社を見送り(朝6時30分)、子ども達に朝食を食べさせたのち、子ども二人(長男4歳と長女2歳)を保育園に送り届けてから、早朝議会活動報告を行いました。平日毎日行っている早朝議会活動報告は本日で通算1963日目(延べ日数ではなく実数)となります。本日は、中心市街地交差点にて行いました。選挙の有無に関らず、可能な限り、毎朝、駅頭や交差点に立ち議会報告を行っています。このスタイルは、市議会議員時代から全く変わりません。

/その後、告別式に参列をさせて頂きました。(昨晩も通夜に参列させて頂きましたが、公務の関係で途中退席をさせて頂きました)

/ 昨晩は、支援者ご主人の通夜に参列後、厚木市農協 南毛利支所にて行われた「小林常良 南毛利地区決起集会」に応援弁士として、お話をさせて頂きました。

/昨晩の応援弁士は、私の他、徳間和男市議、小島一郎市議、石井芳隆市議で、私以外、厚木市議会議長経験者(石井市議は現職)です。もちろん、小林常良市長も、市政についての想いを30分以上に亘って熱く語られました。
小林常良厚木市長の続投に向けて、以下のような事柄にも触れ、お話をさせて頂きました。相手方の予定候補者は、「暴走ストップ」をキャッチフレーズに掲げて街頭活動を行われています。
~~~~~
「小林市長の『暴走』は有り得ない」という話。
県議会議員としての任期 もあと数ヶ月です。最後に 来年度予算を審議する重要 な役目が残されています。予算とは、新しい年度が 始まる前に、1年間(4月 から翌3月迄)の収入予測をし、その予測を元に行政サービスを計画し、見積りを立てることです。県では県知事が、厚木市では市長が、予算案を作り議会へ提出します。通常は2月です。その後、議会の審議と議決によって予算が成立します。予算を最終的に決めるのは、我々議員による議会の「議決」です。つまり、厚木市で言えば アミューあつぎも市立病院 も議会が承認しなければ、購入も建替えも出来ません。 行政のお金を使うには、 市長も知事も議会を十分に 納得させる説明が必要です。 厚木市も県も首長の勝手 な暴走は『有り得ません』。 あったとすれば、それは 全て、我々議会の責任です。
~~~~~

【写真】: 昨晩の厚木市農協 南毛利支所にて行われた「小林常良 南毛利地区決起集会」の様子。
150125_1856~003 150125_1930~001 150125_1931~001

/昨日は、午前11時から「2015年 厚木市全国県人会連合会・新春の集い(賀詞交歓会)」に出席をさせて頂きました。
県人会の方々全員、お一人お一人の席を廻らせて頂き、毎年、県議会での活動報告等、御挨拶をさせて頂きますが、今年も県議会を代表して、一言御挨拶をさせて頂きました。
新春の集いをはじめとした県人会の各種イベント(お花見BBQや発表会など)には、市議会当選以来、欠かさずお招きを頂き、私も欠かさず出席をさせて頂いております。同時刻に予定をされておりました「新春の集い」等については、祝電を送付させて頂きました。
(写真の一部は、古川環 厚木市議会議員よりご提供頂きました。)
150125_1051~004 150125_1054~001 150125_1054~002 150125_1104~001 150125_1127~002 150125_1151~001 150125_1155~001 150125_1159~001 150125_1216~001

現在コメントは受け付けていませんが、トラックバックを送信できます: トラックバック URL
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。