Monthly Archives: 8月 2015

県議会 民主党かながわクラブ県議団・ヒアリング取り纏め会議/大山丹沢山系鳥獣等問題市町村議員連絡協議会・正副会長来庁。知事・議長へ陳情。第3応接室と呼ばれる「旧貴賓室」、議長室及び議長応接室

本日は朝から、ヒアリング取り纏め会議。県議会控室・会議室が工事中の為、民主党県連会議室を使用し一日、「県議会 民主党かながわクラブ県議団 」としての「ヒアリング取りまとめ作業」と「議会準備」を行いました。
毎年、熱気を帯びた議論となります。
県民目線に立っての議論ですので、頭から煙が出るくらいの丁々発止の議論をしています。私も「しなやかに したたかに」しっかりと自分の主張と政策実現にむけて汗をかいています。

/本日は、大山・丹沢山系鳥獣等問題市町村議員連盟連絡協議会の村上俊光会長(清川村議会議員)、越智一久副会長(厚木市議会議長)、小野沢耕一副会長(相模原市議会議員)、細野洋一会計(清川村議会議員)の4名が事務局の方と共に第3応接室(旧貴賓室)にて、黒岩祐治知事(御対応は吉川副知事・金子環境農政局長)、その後、議長室及び議長応接室において、土井隆典県議会議長と面会し、要求と「鳥獣等被害対策に係る要望書」を提出し、意見交換を行いました。

私も地元選出の県議会議員として、馬場学郎県議(愛川町・清川村選出)と共に同席をさせて頂きました。

「大山丹沢山系鳥獣等問題市町村議員連絡協議会」は、鳥獣被害やヤマビル被害対策に対して、地域を超えて連携し解決に向けた取り組みをしていきましょうという市議会議員による超党派の勉強会です。丹沢周辺の厚木市、相模原市、秦野市、伊勢原市、愛川町、清川村の議員で構成しています。私が厚木市議会議員時代に立ちあがり、私もチャーターメンバーの一人です。市議会議員時代(当時、厚木市議会副議長)には、役員・中心メンバーとして活動をしておりました。現在は、地元選出県会議員として同協議会に加わり、鳥獣被害対策を推進しています。これまでも、黒岩祐治神奈川県知事に対して、鳥獣被害対策について要望する等、県議会の立場から、共に努力しています。

【写真】: 県議会 民主党かながわクラブ県議団・ヒアリング取り纏め会議/大山丹沢山系鳥獣等問題市町村議員連絡協議会正副会長来庁。知事・議長へ陳情の様子。吉川副知事、金子環境農政局長と面会させて頂いたのは、第3応接室と呼ばれる「旧貴賓室」、その後、土井隆典県議会議長と面会したのは、議長室及び議長応接室においてでありました。何れも歴史ある立派な御部屋であります。

「ビッグレスキューかながわ」(平成27年度神奈川県・厚木市合同総合防災訓練)/地元自治会や消防、警察、自衛隊、在日米軍、海上保安庁、DMAT指定病院、医療関係機関、災害対応ロボット出展民間企業など115機関の参加、協力を得て、医療救護活動、情報収集伝達、倒壊建物・高層建物からの被災者の救出救助などの訓練を実施

本日は、厚木市総合防災訓練です。これまでも毎年、地元選出県議会議員として、各自治会の防災訓練の現場を廻らせて頂いておりました。地元消防団員として、消防作業服に身を包み、訓練に加わり、各自治会の「機器の点検、消火器の使用訓練、トイレやテントの設置、炊き出し訓練」などに加わる予定でしたが、今年は、神奈川県と厚木市の合同で、「ビッグレスキューかながわ」(平成27年度神奈川県・厚木市合同総合防災訓練)を厚木市で実施しました。地元選出の県議という事で、県議会議員として各会場・各自治会を望月真実厚木市議と共に廻らせて頂きました。

/神奈川県では、厚木市と合同で、大規模災害発生時の初動対応における救急医療等を主体とした実践的訓練を通じ、自衛隊と県医療関係機関等との連携の強化を図るとともに、自主防災組織を中心とした地域防災力の強化と防災意識の高揚を図るため、「ビッグレスキューかながわ」(平成27年度神奈川県・厚木市合同総合防災訓練)を厚木市で実施しました。

/地元自治会や消防、警察、自衛隊、在日米軍、海上保安庁、DMAT指定病院、医療関係機関、災害対応ロボット出展民間企業など115機関の参加、協力を得て、医療救護活動、情報収集伝達、倒壊建物・高層建物からの被災者の救出救助などの訓練を実施しました。

【会場】: (佐藤知一と望月真実市議が、廻らせて頂いた会場)
(1)神奈川県総合防災センター(厚木市下津古久280)(2)荻野運動公園(厚木市中荻野1500)(3)ぼうさいの丘公園(厚木市温水783−1)(4)南毛利スポーツセンター(5)各自治会4か所

【主な訓練】:
(1)自主防災組織による救出・搬送訓練(2)自衛隊、在日米軍医療チーム、日本赤十字社・DMAT等が連携する医療救護活動訓練(3)土砂災害対策訓練・孤立地域対策訓練(4)災害対応ロボットによる情報収集伝達訓練(5)広域応援訓練(消防、警察、自衛隊、協定団体等による救出救助)

【訓練の特色】:
(1)開催方法を従来の中央会場方式から地域会場分散方式に変更し、「自助」「共助」に係る自主防災組織の訓練を拡充するとともに、厚木市内全域で実施。
(2)自主防災組織の「自助」「共助」と広域応援部隊の「公助」との有機的結合を行い、大規模災害時における災害対応力の向上を図る。
(3)厚木市消防本部、愛川町消防本部及び清川村の消防連携体制を検証。
(4)災害拠点病院の厚木市立病院と災害協力病院の東名厚木病院、仁厚会病院の連携体制を検証。
(5)災害時におけるロボットの活用を検証。
(6)平成25年度に実施した県・県央地域8市町村合同図上訓練を検証

【参加協力団体】:(主催は、神奈川県、厚木市。共催団体は、九都県市<埼玉県、千葉県、東京都、さいたま市、千葉市、横浜市、川崎市、相模原市>)
県内市町村、消防本部、県警察本部、警察署、自衛隊、海上保安庁、在日米軍、日本赤十字社、医療関係機関、指定公共機関、指定地方公共機関、自主防災組織、民間事業所、神奈川県、厚木市ほか

=======
・荻野地区【荻野運動公園】・情報収集伝達活動訓練・自主防災組織による訓練・多重衝突現場における救出救助訓練・道路啓開訓練・土砂災害現場における救出救助訓練・傷病者の搬送訓練(大型航空機搬送)

・厚木地区【厚木市立病院・東名厚木病院・仁厚会病院】・神奈川DMATと災害拠点病院との連携した医療救護活動訓練・災害拠点病院と災害協力病院との連携した医療救護活動訓練・傷病者の搬送訓練(救急車搬送)

・南毛利地区
【ぼうさいの丘公園】・情報収集伝達活動訓練・自主防災組織による訓練・野外炊事支援訓練・応急給水訓練・野外入浴支援訓練・救援物資輸送訓練・医療救護所の設置運営訓練(広域避難所)・傷病者の搬送訓練 (救急車搬送)・医薬品・血液等の輸送訓練・多数遺体収容施設設置運営訓練・広域防災活動拠点運営訓練
【南毛利スポーツセンター】・災害救援ボランティア支援センター開設運営訓練

・相川地区【神奈川県総合防災センター】・情報収集伝達活動訓練・自主防災組織による訓練・野外炊事支援訓練・救援物資輸送訓練・応急給水訓練・緊急交通路の確保訓練・広域応援部隊等による救出救助訓練・高層建物からの救出救助訓練・災害対応ロボットによる情報収集伝達活動訓練・在日米軍医療チームの輸送及び医療救護活動訓練・応急架橋(孤立地域対策)訓練・各医療機関が連携する医療救護活動訓練(現場救護所)・傷病者の搬送訓練 (中型航空機搬送)・災害活動中央基地運営訓練・展示・体験コーナー

【写真】: 神奈川県総合防災センター、荻野運動公園、ぼうさいの丘公園、南毛利スポーツセンター、各自治会4か所を望月真実厚木市議と共に廻らせて頂きました。

メモ: NHK NEWS WEB 「子どもの貧困率 過去最高に 」

本当に大事な指摘です。
日本の政治はこの問題ときちんと向き合えているのだろうか。それとも「無い袖は振れない」とばかりに「見て見ないふり」をするしかないのだろうか。

===以下引用===
子どもの貧困率 過去最高に http://goo.gl/UKQWQp

厚生労働省によりますと、貧困状態にある17歳以下の子どもの割合を示した「子どもの貧困率」は、平成24年の時点の推計で16.3%と子どもの6人に1人に上り、調査を始めた昭和60年以降最も高くなっています。その背景には離婚などによってひとり親世帯が増えていることが指摘されています。
ひとり親世帯のおよそ9割は母子世帯で、大半が非正規で働き、年収の平均は180万円ほどと一般世帯の3割程度にとどまっています。母子世帯などのひとり親世帯の貧困率は54.6%でそのほかのすべての世帯の平均の4倍以上に上っているほか、子どもの大学などへの進学率も41.6%と全世帯の平均よりも30ポイント近く低くなっています。
このため、厚生労働省は来年度、ひとり親の就労を支援する専門の相談員を全国に配置したり、塾に通えない子どもたちへの学習支援などの対策を強化する方針です。このほか、専門家や支援団体から現金を給付するなどの直接的な支援を強化すべきだという指摘が出ていることから、厚生労働省は児童扶養手当の拡充を検討しています。

神奈川県立大磯城山公園・旧三井財閥別荘跡地地区/日本赤十字社本厚木駅東口献血ルームにて献血(通算157回目)/平塚市の「中華百番」織り姫ラーメン

本日は、妻と子ども達と共に家族で神奈川県立大磯城山公園に出かけて参りました。大磯城山公園は、旧三井財閥別荘跡地と旧吉田茂邸跡地を整備した神奈川県立都市公園です。
過日の視察時は、旧吉田茂邸跡地地区のみを廻らせて頂きましたが、9月の議会(所管の建設常任委員会)での審議の際に知っておきたいと思い、本日は旧三井財閥別荘跡地地区に足を運びました。実際に第一駐車場・第二駐車場も其々使い、過日のやり取りを捕捉するようなことも多く知ることが出来ました。
視察という形で訪問をすることも現場の意見を聞く意味で、とても大事です。一方で、花と緑のふれあいセンター(花菜ガーデン)運営見直しと料金改定が行われた際にも同様でありましたが、実際に子どもを連れて身銭を切って(自分でお金を出して)利用することで判ることも多くあります。
実は、お客や利用者の立場でしか見る事のできない課題の方が、多いのかもしれません。現場主義は、私のポリシーでもあります。

/また本日長男自転車の練習時、休憩を兼ねて日本赤十字社本厚木駅東口献血ルームにて、通算157回目となる献血を行いました。
私は、体質的に成分献血が出来ないので、いつも全血400mlで、お願いしています。継続は力なりと申しますが、(献血は)16歳のころから続けています。 東日本大震災後は、「身近にできるボランティア」の一つとして、献血が見直されました。血液は期限があり、慢性的に不足傾向にあります。皆さまにも是非、お近くの献血ルームに足を運んで頂きたいと思ってます。献血は、健康な方だけが出来るボランティアです。私も健康で生活できることに感謝しつつ、いつも献血を行っています。

【写真】: 神奈川県立大磯城山公園・旧三井財閥別荘跡地地区/平塚市の「中華百番」織り姫ラーメン/日本赤十字社本厚木駅東口献血ルームにて献血(通算157回目)

早朝議会活動報告は中心市街地交差点(通算2076日目)

本日も妻の出社を見送り(朝6時30分)、子ども二人(長男5歳と長女2歳)を保育園に送り届けてから、中心市街地交差点に立たせて頂き、早朝議会活動報告を行いました。平日毎日行っている早朝街頭活動は本日で通算2076日目(延べ日数ではなく実数)となります。日数ですので、選挙時(または直前)の様に一日のうち朝昼晩と複数回やっても、1日は1日です。ただし、30分の時もあれば、数時間におよぶ時もあります。いずれも「1日」としてカウントしています。

こうした朝の街頭活動は、選挙の有無に関らず、可能な限り、毎朝、駅頭や交差点に立ち議会報告を行っています。このスタイルは、市議会議員時代から全く変わりません。

/先ほど帰宅し、これから、夕食を作りつつ、子どもを迎えに行って参ります。活動報告の原稿も明朝までに第一稿をあげなくてはなりません。

【写真】: 今朝、保育園登園前(自転車搭乗時=自宅)。

【昨日の写真】: 「神奈川県医師会 新役員就任披露の会(古谷正博会長)(横浜ロイヤルパークホテル)」「民主党神奈川県連代表・参議院議員 かねこ洋一国政報告会(横浜市開港記念会館)」ほか。海老ラーメン

【昨日の写真】: 「神奈川県医師会 新役員就任披露の会(古谷正博会長)(横浜ロイヤルパークホテル)」「民主党神奈川県連代表・参議院議員 かねこ洋一国政報告会(横浜市開港記念会館)」ほか。
御紹介のお時間もお取り頂き、有難うございました。
〆は海老ラーメン。
初めて食べました。

地方公共団体における車両関連決済業務合理化の推進についての勉強会/神奈川県医師会 新役員就任披露の会(古谷正博会長)(横浜ロイヤルパークホテル)/民主党神奈川県連代表・参議院議員 かねこ洋一国政報告会(横浜市開港記念会館)/第2期実施計画の内容を取り纏めた「かながわグランドデザイン第2期 実施計画 プロジェクト編・主要施策計画推進編・概要版」冊子完成/厚木市役所地下食堂のカツカレー

本日午前中は厚木市議会の会議室で望月真実市議と共に勉強会をしました。民間から2名の方に講師としてお越し頂き、「地方公共団体における車両関連決済業務合理化の推進」についてご説明を頂きました。
所謂、燃料供給共通カード・フリートカードの導入については、導入済み地方公共団体(東京都内4か所・千葉県内自治体22か所・埼玉県内24か所・茨城県内3か所・北海道内1か所)、導入に向けて前向きな自治体(千葉県内7か所・神奈川県内1か所他)と多くの近隣自治体が導入、若しくは導入準備を進めている所です。
しっかりと研究を進め、県・市連携し、当該施策の実現と公共事業の合理化を推進して参ります。

/昼食は、厚木市役所地下食堂にて、カツカレー(500円)を食べました。私が市議会議員だった時と比べても美味しくなっている様な気がします。子ども用の椅子もありました。

/本日は午後から、「神奈川県医師会 新役員就任披露の会(古谷正博会長)(横浜ロイヤルパークホテル)」「民主党神奈川県連代表・参議院議員 かねこ洋一国政報告会(横浜市開港記念会館)」にお伺いする予定です。

神奈川県医師会からは、過日の県議選の時も御推薦を頂戴し、力強いご支援を頂戴しました。

金子洋一県連代表には、平素よりお世話になっております。今回の「かねこ洋一国政報告会」のテーマは、「アベノミクスを越える経済政策について」で、ゲストに田中秀臣上武大学教授をお迎えして行われるとの事です。経済再生のエキスパートとして有名な金子洋一参議院議員・県連代表は、元OECDエコノミストです。今回の御講演は、大変興味深い内容となっております。
開催時間が重なっている為、最後までお聞きすることはできませんが、御盛会をお祈りしております。

/第2期実施計画の内容を取り纏めた「かながわグランドデザイン第2期 実施計画 プロジェクト編」「同 主要施策計画推進編」「同 概要版」の冊子が刷り上がりました。
私の所にも、神奈川県政策局長より、送られてきました。
総合計画(かながわグランドデザイン)は、県政運営の総合的・基本的指針として、神奈川の将来のあるべきすがたを描き、それに向けて県がどのような政策を展開するのか、県民の皆さんにお示しするものです。
今後は、この計画に沿って、県行政は推進されて参ります。私もしっかりとコミットして参ります。

【写真】: 第2期実施計画の内容を取り纏めた「かながわグランドデザイン第2期 実施計画 プロジェクト編・主要施策計画推進編・概要版」冊子完成/長女2歳の描いた「イチゴかき氷」/厚木市役所地下食堂のカツカレー。

座間荻野線建設促進協議会 平成27年度協議会総会(厚木市役所 第二庁舎16階 会議室A)/第3回 ばかすやサミット/厚木北地区安心安全なまち会議「犯罪防止決起集会」

昨晩は、厚木北地区安心安全なまち会議「犯罪防止決起集会」に地元消防団員の一人として出席させて頂きました。雨天の為、3班にわかれた街中パトロールは中止となりましたが、自治会館をお借りして厚木警察署の方を講師に防犯についての講演が行われました。雨天にも拘らず、参加者は100名を超えていました。
私もご挨拶の時間を頂戴し、防災と犯罪防止の取り組みの重要性についてお話をさせて頂きました。

/その後、夜9時から「第3回 ばかすやサミット」に出席しました。有志によるミニ集会です。12名ほどの出席者が、それぞれ街の活性化について意見を交わしました。前回同様、大変盛り上がり、深夜12時を大きく回っての解散となりました。とても勉強になりました。

/本日は子ども達を保育園へ送り届けた後、昨晩のメンバーが経営する接骨院で腰の治療と体のゆがみを取って頂きます。

/また、本日は、厚木市役所で「座間荻野線建設促進協議会」平成27年度協議会総会に出席しました。顧問としては、私と越智厚木市議会議長の二名が出席し、それぞれ市議会と県議会を代表し、一言御挨拶をさせて頂きました。会場は、厚木市役所 第二庁舎16階 会議室Aで、外の眺め、見晴らしも良い中で充実した議論が行われました。

【写真】: 第3回 ばかすやサミット/厚木北地区安心安全なまち会議「犯罪防止決起集会」/座間荻野線建設促進協議会 平成27年度協議会総会(厚木市役所 第二庁舎16階 会議室A)の様子。

早朝街頭活動は厚木郵便局前交差点(国道246号線)や中心市街地交差点(通算2075日目)/今夜は望月真実厚木市議と共に地元のミニ式典出席、その後、ミニ集会に参加予定/厚木「ばかすや」100円ランチ提供ボランティア活動と意見交換会写真

本日も妻の出社を見送り(朝6時30分)、子ども二人(長男5歳と長女2歳)を保育園に送り届けてから、厚木郵便局前交差点(国道246号線)や中心市街地交差点に立たせて頂き、早朝議会活動報告を行いました。

平日毎日行っている早朝街頭活動は本日で通算2075日目(延べ日数ではなく実数)となります。日数ですので、選挙時(または直前)の様に一日のうち朝昼晩と複数回やっても、1日は1日です。ただし、30分の時もあれば、数時間におよぶ時もあります。いずれも「1日」としてカウントしています。

こうした朝の街頭活動は、選挙の有無に関らず、可能な限り、毎朝、駅頭や交差点に立ち議会報告を行っています。このスタイルは、市議会議員時代から全く変わりません。

/今夜は、望月真実厚木市議と共に地元のミニ式典に出席し、その後、ミニ集会に参加します。

【写真】: 過日の厚木「ばかすや」100円ランチ提供ボランティア活動と意見交換会の写真を御提供頂きました。/本日の早朝街頭活動は厚木郵便局前交差点(国道246号線)や中心市街地交差点(通算2075日目)。
150824_b

先週末の活動写真: 市内納涼祭、地域自治会(青壮年部)バーベキュー懇親会、秦野市議会議員選挙応援

先週末の写真です。
市内納涼祭、地域自治会(青壮年部)バーベキュー懇親会、秦野市議会議員選挙応援の写真です。望月真実厚木市議と共に多くを廻らせて頂きました。

日曜日に告示され、非常に混戦となっている秦野市議会議員選挙は、民主党公認候補を立てておりません。私は、連合組織推薦の候補と「清水あきひろ」候補を応援しています。
清水あきひろ候補は、今回、維新の党・公認候補として立候補しておりますが、私の長年の友人でもあります。私や望月真実厚木市議会議員の選挙時もお手伝い頂きました。
「選挙の借りは選挙で返す」と言います。清水候補から応援して頂いた事の一部でもお返しできる様、公務の合間を縫って応援に駆け付けています。
今回の秦野市議会議員選挙に民主党公認候補がいないのが非常に残念ですが、私の応援している候補者全員が当選を果たせる様、私も頑張ります。

~~~~~~
連合神奈川推薦・支持候補は以下の通りです。
推薦=八尋伸二候補 現1期(電機連合)、大野裕司候補 現4期(自動車総連)、和田厚行候補 現9期(社民党)、支持=横溝泰世候補 現9期(無所属・社民推薦)
~~~~~~

【写真】: 先週末の活動の様子。市内納涼祭、地域自治会(青壮年部)バーベキュー懇親会、秦野市議会議員選挙応援の写真です。私の古くからの友人の石田史行開成町議も清水あきひろ候補の応援に駆け付けておりました。