県議会 民主党かながわクラブ県議団・ヒアリング取り纏め会議/大山丹沢山系鳥獣等問題市町村議員連絡協議会・正副会長来庁。知事・議長へ陳情。第3応接室と呼ばれる「旧貴賓室」、議長室及び議長応接室

本日は朝から、ヒアリング取り纏め会議。県議会控室・会議室が工事中の為、民主党県連会議室を使用し一日、「県議会 民主党かながわクラブ県議団 」としての「ヒアリング取りまとめ作業」と「議会準備」を行いました。
毎年、熱気を帯びた議論となります。
県民目線に立っての議論ですので、頭から煙が出るくらいの丁々発止の議論をしています。私も「しなやかに したたかに」しっかりと自分の主張と政策実現にむけて汗をかいています。

/本日は、大山・丹沢山系鳥獣等問題市町村議員連盟連絡協議会の村上俊光会長(清川村議会議員)、越智一久副会長(厚木市議会議長)、小野沢耕一副会長(相模原市議会議員)、細野洋一会計(清川村議会議員)の4名が事務局の方と共に第3応接室(旧貴賓室)にて、黒岩祐治知事(御対応は吉川副知事・金子環境農政局長)、その後、議長室及び議長応接室において、土井隆典県議会議長と面会し、要求と「鳥獣等被害対策に係る要望書」を提出し、意見交換を行いました。

私も地元選出の県議会議員として、馬場学郎県議(愛川町・清川村選出)と共に同席をさせて頂きました。

「大山丹沢山系鳥獣等問題市町村議員連絡協議会」は、鳥獣被害やヤマビル被害対策に対して、地域を超えて連携し解決に向けた取り組みをしていきましょうという市議会議員による超党派の勉強会です。丹沢周辺の厚木市、相模原市、秦野市、伊勢原市、愛川町、清川村の議員で構成しています。私が厚木市議会議員時代に立ちあがり、私もチャーターメンバーの一人です。市議会議員時代(当時、厚木市議会副議長)には、役員・中心メンバーとして活動をしておりました。現在は、地元選出県会議員として同協議会に加わり、鳥獣被害対策を推進しています。これまでも、黒岩祐治神奈川県知事に対して、鳥獣被害対策について要望する等、県議会の立場から、共に努力しています。

【写真】: 県議会 民主党かながわクラブ県議団・ヒアリング取り纏め会議/大山丹沢山系鳥獣等問題市町村議員連絡協議会正副会長来庁。知事・議長へ陳情の様子。吉川副知事、金子環境農政局長と面会させて頂いたのは、第3応接室と呼ばれる「旧貴賓室」、その後、土井隆典県議会議長と面会したのは、議長室及び議長応接室においてでありました。何れも歴史ある立派な御部屋であります。

現在コメントは受け付けていませんが、トラックバックを送信できます: トラックバック URL
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。