伊勢原市小稲葉の柏木牧場(有害駆除で捕獲したシカの加工・販売=ジビエの取組)/神奈川県総合防災センター「かながわ防災フェア2015 」/昨日、後藤祐一代議士と二人、本厚木駅北口にて行った街頭演説(安保関連法強行採決に反対する演説会)/ラグビーワールドカップ イングランド大会(Rugby World Cup 2015) 強豪国「南アフリカ」に競り勝つ

18日から開催しているラグビーワールドカップ イングランド大会(Rugby World Cup 2015)において、本日未明(現地時間では19日)、優勝候補の強豪国「南アフリカ(Springboks = 南アフリカ代表の愛称)」に、日本は歴史的な勝利を収めました。ラグビーは番狂わせの少ないスポーツであり、南アフリカは、ワールドカップに二度優勝しているラグビー大国でもあります。
総選挙に例えると、小選挙区で、自民党の大物・総理経験者に対して、無名の民主党新人候補が勝ち上がるくらいの快挙、とっても凄いことです。(一応、政治関係ブログなので、選挙で例えてみました)

/本日午前中は、家族で伊勢原市小稲葉の柏木牧場へ行って参りました。
(私の祖母は、伊勢原市小稲葉の出身です。)
昼食も柏木牧場でとりました。柏木牧場は、人気のスポット(観光牧場)で、食事や食材等も非常に良心的な値段で販売されています。

伊勢原市では、有害駆除で捕獲したシカを正規のルートに則り食肉用として利用し、伊勢原市の特産物として加工、販売(=ジビエの取組)をしています。食肉として利用するために必要な食肉処理施設(シカ肉を枝肉にする解体施設)が、平成27年4月15日に食肉処理施設として保健所から許可を受けました。
食肉用として、株式会社柏木牧場の専門加工所にて加工品(ソーセージやジャーキー等)の製造を行い、販売しています。
有害駆除で捕獲したシカやイノシシ肉を加工・販売する「ジビエの取り組み」については、私もこれまでに予算委員会・環境農政常任委員会などで取り上げて参りました。引き続き、推進の道を探って参ります。
シカ肉のソーセージ等は、今夜の夕食として並びます。

/午後(柏木牧場からの帰り)は、神奈川県総合防災センター(厚木市下津古久280番地 )で開催した「かながわ防災フェア2015 <今日の小さな備えが、きっと明日の命を守る>」に家族で出かけて参りました。
毎年秋恒例のイベント「かながわ防災フェア2015」では、防災用品の展示・販売、AEDを使った心肺蘇生法を学ぶ救急体験などを通して、災害に対する備えや災害時の対応などについて体験しながら学ぶことが出来ます。
フェア当日は、地震体験などができる防災情報・体験フロアも開館しています。
向上高等学校吹奏楽部の演奏や消防学校初任教育生の訓練披露等を間近で、見ることが出来ました。風船ももらって、子ども達も大喜びでした。

【写真】: 昨日、後藤祐一代議士と二人、本厚木駅北口にて行った街頭演説の様子/伊勢原市小稲葉の柏木牧場(有害駆除で捕獲したシカの加工・販売=ジビエの取組)/神奈川県総合防災センター「かながわ防災フェア2015 <今日の小さな備えが、きっと明日の命を守る>」

現在コメントは受け付けていませんが、トラックバックを送信できます: トラックバック URL
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。