月別アーカイブ: 9月 2015

県議会・平成27年度 第3回定例会(代表質問)/熊本県・阿蘇山の中岳第1火口で噴火が発生/県庁新庁舎は大規模な改築工事と耐震補強工事

本日14日、午前9時43分ごろ、熊本県・阿蘇山の中岳第1火口で噴火が発生したと気象庁が発表しました。気象庁は噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から3(入山規制)に引き上げました。火口上空に約2千メートルの噴煙が上がったとの報道です。 箱根山の警戒レベルが下がったというニュースがあったばかりの中での阿蘇山噴火のニュースは、箱根の関係者の方々のみならず、私達にとっても複雑な思いがします。

/本日も妻の出社を見送り(朝6時30分)、子ども達に朝食を食べさせたのち、子ども二人(長男5歳半と長女2歳半)を保育園に送り届けてから、県議会に登庁しました。

/本日は県議会・平成27年度 第3回定例会(代表質問)が開会されています。登庁後は、県議団正副団長会、県議団役員会を経て、団会議、本会議終了後、会派建設部会勉強会が行われました。これから始まる委員会・特別委員会審議もしっかりと頑張ります。

【写真】: 県庁新庁舎は大規模な改築工事と耐震補強工事が行われています。再来年の春(1年半先)まで続きます。昼食の弁当は和食です。

 

 

~事件は予算書の中で起きているんじゃない。現場で起きているんだ編~地方議会が首長と共に「二元代表制」と呼ばれることの意味と意義。 議員は地域を廻れ!/私ならむしろ、「地元とかそんな議会が作った枠組みなんて気にしないで、新人なんだからもっと精力的に廻れ!全市民から選ばれた市議会議員なのだから、私の事なんて気にしないで、精一杯時間を惜しんで廻れ。」と発言します

~事件は予算書の中で起きているんじゃない。現場で起きているんだ編~

議員は、現地を廻り「声なき声」を拾う努力をするべきです。私も平素より親しくさせて頂いている浅野史郎教授(元宮城県知事)も、「首長は一人であり、地域を広く廻っているように見えても、実は目の届かない所が多くある。だからこそ、そこを議員が補完し、議会人として行政に物申す姿勢があってこその議会である。これこそが『二元代表制』と言われる所以だ。」
という旨の御発言(言葉自体は佐藤が記憶に基づいて作成)を常におっしゃっています。

蛇足ですが、私は厚木市以外の方、県外の方でも、「困ったことがあれば私に連絡して下さい」とこれまでも常に発言して参りました。他地域の事は、その地域の民主党議員や連合組織内議員、全国若手市議の会や、慶応義塾政治連盟などの仲間達につなげる事で、その声に応えて参りました。実際に北海道根室の先輩市議とも連携をとって、御相談者の為に動いたこともありますし、他にも事例は数えきれないほどあります。
だからこその民主党議員であり、無所属の議員ではなかなか出来ないことです。

【画像】: 学校トイレの洋式化などでも(党派を問わず)全国の仲間たちと連携して進めています。
toilet

民主党神奈川県第16区総支部常任幹事会に副総支部長として出席/安全保障関連法案への反対デモ「戦争法案反対 in あつぎ」/ケンタッキーフライドチキン/厚木市の葡萄(巨峰・マスカット)/箱根山噴火警戒レベルが3から2に引下げ

本日は、安全保障関連法案への反対デモ「戦争法案反対 in あつぎ」、が厚木市(厚木公園・厚木市街地)で開かれました。市民の方たち共もに、法案成立を急ぐ安倍政権に抗議の声をあげました。民主党からは、後藤祐一衆議院議員と私、共産党の釘丸久子市議会議員、栗山香代子市議会議員、森屋騏義元市議会議員も集会に参加しました。

/夕方からは、民主党神奈川県第16区総支部常任幹事会に副総支部長として出席をさせて頂きました。愛川町議会議員選挙などについての対応他、各議会での報告を行い、情報共有をしています。前向きな意見ばかりではなく、活動の足を引っ張り合うような意見も出されていること、本当に残念に思います。(例え話ではありますが)御自分は、地元の南毛利のみならず、小鮎、厚木等の式典や夏祭りを廻っておきながら、新人は慎め的な発言は、少し違うと思います。全市から選ばれた市議会議員は、地元のみならず、精力的に市民の声を聴き、(現職のいない地域であるならば、なおさら)他地域においても足を踏み入れるべきであり、私自身も市議会議員時代にはその様に心がけて参りました。勿論、式典などにおいては地元選出議員を優先して頂くべきであり、紹介等なかったとしても、それは当たり前の事であります。それでもあえて、現地を廻り「声なき声」を拾う努力をするべきです。私は全く気にはしておりませんが、新人議員にとっては、活動に影響も出かねない御発言で、非常に遺憾に思っています。
閑話休題。後ろ向きな事ばかり言ってもはじまりません。後藤祐一代議士を中心に志を同じくする仲間と共にしっかりと頑張って参ります。

/常任幹事会からの帰り道には、長男のリクエストである「ケンタッキーフライドチキン」を買って家に帰りました。また、昼には、厚木産の葡萄(巨峰・マスカット)を二房買って家に飼ってきました。ブドウが大好きな子ども達も大喜びです。

/先週金曜日の本会議にて、「黒岩知事より、箱根山の噴火警戒レベルが3から2に引き下げられた」との報告がありました。今後、噴火中心地から半径約一キロの立ち入り規制が、縮小される予定です。金曜夜のニュースでも黒岩知事のコメントが放映されておりました。このニュースを聞いたからというわけではありませんが、私たち家族は、シルバーウィーク(後半の一泊二日ですが)は箱根に泊りに行く事にしました。皆さまも、ぜひ。シルバーウィークは、箱根にお越し下さい。

【写真】: 先週金曜夜、(本厚木駅北口では)毎週金曜日の恒例となりつつある、大道芸をやっていました/安全保障関連法案への反対デモ「戦争法案反対 in あつぎ」/厚木のぶどう・なし/ケンタッキーフライドチキン

「平成27年度 睦合ホームやすらぎ敬老祝賀式」「平成27年度 睦合ホームすこやか敬老祝賀式」(社会福祉法人 厚木慈光会)他、緑が丘地区(第6回 緑ヶ丘地区敬老のつどい)など地元の敬老会/第27回 心と街のクリーン作戦/保育園の保護者会/「ロバ喫茶」(パンと珈琲等を販売し、収益金を寄付に充てるチャリティー)/平成27年度 国勢調査/厚木北地区(船喜多神社)、南地区(旭町熊野神社)、上依知地区(藤塚浅間神社・藤塚みどり公園)等御祭り会場廻り/麺や食堂2号店(船子)

本日午前中は、望月真実厚木市議会議員と共に、「平成27年度 睦合ホームやすらぎ敬老祝賀式」「平成27年度 睦合ホームすこやか敬老祝賀式」(社会福祉法人 厚木慈光会)他、緑が丘地区(第6回 緑ヶ丘地区敬老のつどい)など地元の敬老会に出席させて頂きました。各会場共に毎年、ご招待を頂きお伺いしております。
それぞれの会場では、役員・実行委員会の方々にご配慮頂き、ステージ上から、御挨拶の機会を頂戴しました。敬老の日(9月21日)を迎えられる皆様方におかれましては、幾久しく健勝であられますよう、お祈りいたします。

/本日午後は「第27回 心と街のクリーン作戦」の会場を廻らせて頂きました。この取り組みは、青少年が主体となって、自らが美化活動及び啓発活動を実施し、青少年を取り巻く環境の美化と喫煙飲酒薬物乱用防止・非行防止を広く市民に訴えるという企画です。主な会場は、厚木公園(ハトぽっぽ公園・ステージ)、本厚木駅北口広場周辺ほかです。

子ども達を連れて、保育園の保護者会に出席をした為、あまり時間を取る事はできませんでしたが、会場には、小林常良市長他、新井啓司市議、新川勉市議、髙橋豊市議等が来られていました。

/本日は、妻が体調不良の為、(私一人で)子ども達を連れて、保育園の保護者会へと出かけて参りました。保護者会終了後は、子ども達の大好きな「ロバ喫茶」を楽しみました。「ロバ喫茶」は、スワンベーカリー(ノーマライゼーションの理念を実現させる目的で設立した株式会社。 障がい者の働く「おいしい焼きたてパンの店」)のパンと珈琲等を販売し、収益金を寄付に充てるチャリティーで、定期的に行われています。

/帰りには、食材を少し購入し「くじ引き」。長男は、みごと2等を当てました。2等商品は、横浜ベイスターズのTシャツです。

/本厚木駅北口のバナー広告にもありましたが、「平成27年度 国勢調査」が行われています。我が家は既にインターネットで回答を済ませました。インターネットでの回答期限は、9月20日です。お忘れなく。

/夜は、地元の望月真実市議と再び合流し、厚木北地区(船喜多神社)、南地区(旭町熊野神社)、上依知地区(藤塚浅間神社・藤塚みどり公園)等のお祭り会場を廻らせて頂きました。
午前中の各地区敬老会同様、どの地区も大変暖かくお迎え頂き、幕間をお作り頂き、ステージ上から、皆様に御挨拶をさせて頂きました。
関係者の皆様には、大変、感謝しています。

/最後は、船子に新しくオープンした「麺や食堂2号店」に行って、美味しい醤油ラーメン(味玉そば)を頂きました。名前は2号店ですが、実は厚木市内に系列店が3店舗あります。望月真実厚木市議会議員の御実家です。そして、今日も早めの帰宅。

【写真】: 「平成27年度 睦合ホームやすらぎ敬老祝賀式」「平成27年度 睦合ホームすこやか敬老祝賀式」(社会福祉法人 厚木慈光会)他、緑が丘地区など地元の敬老会/第27回 心と街のクリーン作戦/保育園の保護者会/「ロバ喫茶」(パンと珈琲等を販売し、収益金を寄付に充てるチャリティー)/平成27年度 国勢調査/厚木北地区(船喜多神社)、南地区(旭町熊野神社)、上依知地区(藤塚浅間神社・藤塚みどり公園)等御祭り会場廻り/麺や食堂2号店(船子)

アメリカ同時多発テロ事件(9.11)から14年/台風17・18号影響による大雨・鬼怒川の堤防決壊から一夜/県議会・平成27年度 第3回定例会(代表質問)/被災地(茨城県)へ神奈川DMAT派遣/県庁にDMAT調整本部を設置

本日も妻の出社を見送り(朝6時30分)、子ども達に朝食を食べさせたのち、子ども二人(長男5歳半と長女2歳半)を保育園に送り届けてから、県議会に登庁しました。

/本日は県議会・平成27年度 第3回定例会(代表質問)が開会されています。登庁後は、県議団正副団長会、県議団役員会を経て、団会議、本会議終了後、団会議(再開)が行われました。

/台風17・18号の影響による大雨は、茨城・栃木・埼玉・千葉の各地で、記録的豪雨をもたらし、各地で被害が出ています。特に9月10日、常総市三坂町の堤防を決壊させ、鬼怒川の濁流が町をのみ込みました。鬼怒川の堤防決壊から一夜明けた本日も、被害は確定していません。
台風の影響による大雨被害のため、茨城県常総市をはじめ、被災されました方々に心よりお見舞い申し上げますとともに、未だ取り残されております方々の一刻も早い救出を心よりご祈念申し上げます。

/神奈川県においては、本日、茨城県からDMATの派遣要請があり、当番医師に登庁を要請すると共に、午前8時15分に県庁にDMAT調整本部を設置しました。午前8時40分から、順次派遣し、正午までに28チーム(当時=現在は26チーム)を被災地に派遣しました。

※ DMATとは災害の急性期(災害発生から48時間以内)に活動できる機動性を持ち厚生労働省が実施する「日本DMAT隊員養成研修」を受講した救急治療を行うための専門的な訓練を受けた医療チームのことで、Disaster Medical Assistance Team の略であり、概ね、医師、看護師、調整員の5人で編成しています。
・DMAT活動内容= 1.現場活動:消防機関と連携したトリアージ及び緊急治療 2.域内搬送:被災地内での患者搬送及び搬送中の治療 3.病院支援:被災地内の災害医療拠点病院での患者の治療 4.広域医療搬送:被災地内では対応困難な重症患者の被災地外への搬送

※ トリアージとは災害時にできるだけ多くの負傷者を救うため、負傷者の緊急度に応じて治療や搬送の優先順位を決定する行為です。

/本日、9月11日をもって「アメリカ同時多発テロ事件(9.11)から14年」が経ちます。妻は、直前まで現地の銀行で働いており、妻の元同僚(当時、現地の銀行で働いていた)も世界貿易センタービルで亡くなりました。妻(当然、当時は顔も知りません)も東京に転職していなければ、911で間違いなく被害にあっていたはずです。他人事ではありませんし、今、現在においてもテロの危険は過ぎ去っていません。
2001年9月12日の「佐藤知一日誌」より) 「今日、夜10時頃帰宅してびっくり。 ニューヨークの世界貿易センターや米国国防総省が、火の海となっています。まるで映画か何かの様で、現実のものとは思えない。阪神大震災をテレビで見た時のことを瞬間的に思い出しました。あの時は実際に物資を持って現地に駆け付け、テレビ以上の悲惨さに二度驚きましたが、おそらく今回のマンハッタンの惨状もテレビ画面の比ではないのでしょう。現在、午前3時。火の手は消えません。私の慶応の学生達数人は、この夏休みをニューヨークで過ごしているはずだったような気がする。(慶応にはNY校があり、親がNY在住と言うのも珍しくないが、)まさかとは思うけど大丈夫だろうか? 心配だ。」
※ 2001年9月12日の日誌は http://yahoo.jp/box/UdkIOz (ヤフーボックスの中)で閲覧できます。

【写真】: 鬼怒川の堤防決壊から一夜。

本日発行(2015年9月11日)のタウンニュース厚木版に私の紹介記事掲載

本日発行(2015年9月11日)のタウンニュース厚木版に私の紹介記事を掲載して頂きました。支社長をはじめ、編集部皆様の御厚意に感謝します。

=====
【数字でみる佐藤知一】(2015年9月11日現在)
・早朝街頭演説日数 - 通算2078日(延べ数ではなく実数です)
・ブログ更新日数 - 14年1ヶ月11日(完全公開中)
・タウンニュース厚木版 活動報告掲載回数 - 通算173回
・タウンニュース掲載部数(合計) -908万0130部
・献血回数 -157回(16歳から継続中)
=====

【写真】:タウンニュース厚木版(発行部数57,290部)2015年9月11日号に掲載された佐藤知一の紹介記事。

「民主党かながわクラブ県議団要望書」地域要望(案)作成 (さとう知一・厚木市分)

6月議会終了後の今年7月から民主党県議団の予算要望ヒアリングを行い、県内市町村長、団体代表、連合神奈川会長・役員等合計で、延べ100団体の皆様から県政課題に係わる要望事項を受けました。
今年も、厚木市を4つのメイン会場の一つに設定し、厚木市長を含む首長の方々と直接お会いし、ご提案や要望事項を頂戴しました。段ボール箱1杯ほどの資料・要望書を政調会を中心に取りまとめを頂き、昨年度、黒岩知事に提出した要望書に対する回答を逐次確認し、新たに推敲・作成をしています。

第一段階として、政調会取り纏め作業(終了済み)、次に8つある部会ごとに取り纏める、とりまとめ会議(今年は民主党県連会議室)も8月31日に終了致しました。私も民主党県議団・建設部会長として、夏休み中も休まず、政策と向き合いました。最終的には、政策調査会・役員会が取り纏め正式に「民主党かながわクラブ県議団要望書」として作成し、9月定例会に黒岩知事に提出をします。

部会ごとの要望取りまとめと団としての重点要望については、ほぼ取りまとめ作業が終了しました。建設部会の要望についても一つ一つの再確認作業が終了し、本日、政調会に提出しました。

これからは、個々の議員から地域要望の作成と提出が政調会に対して行われます。

本日、私が提出した厚木市の地域要望は、以下の通りです。小林常良市長他、厚木市から頂いた御要望を参考に作成してあります。
今後、政調会の審査を経て知事へ提出される「民主党かながわクラブ県議団要望書」に反映されることとなります。(地域要望については、毎年、ほぼ全て反映されておりますが、原則として、政調会の判断となります。)

======================

地域要望アンケート(さとう知一案)

地域名: 厚木市

議員名: さとう知一

要望:

・厚木市中心市街地における環境浄化対策の強化と本厚木駅周辺の中心市街地に設置するスーパー防犯灯の復旧、又は再整備の検討をすること。

・厚木市内に、生徒が通学できる県立特別支援学校の分教室の設置を検討すること。

・ごみ処理広域化の実施主体として、厚木市・愛川町・清川村で構成する厚木愛甲環境施設組合に対し、施設整備に伴う循環型社会形成推進交付金確保に向けた指導・協力を行うこと。また、施設整備に向けた計画策定業務や環境影響評価に対する技術的な指導・助言などの支援を行うこと。

・神奈川県ニホンザル保護管理計画における被害防止対策の推進を積極的に行うこと。また、厚木市においては、市内(鳶尾群・煤ケ谷群・経ヶ岳群)に生息するサルの全頭捕獲を行うこと。

・相模川の水辺環境を生かした都市緑地として、相模川、中津川、小鮎川の三川合流地点上流部に対岸の海老名市側と併せ計画が進められている県立相模三川公園については、厚木市側の公園整備の実現が大幅に遅れている。人と自然が共生する都市環境の確保や人々の余暇空間の確保から整備が切に望まれるため、県立相模三川公園厚木市側の整備を進めること。

・相模川厚木市水辺拠点創出基本計画に必要となる河川基盤施設の整備を相模川・中津川河川整備計画に位置付け、本計画の策定に合わせ低水護岸整備を早期着手すること。

・相模川河川敷での樹林化対策の更なる推進を図ること。

・相模川三川合流点地区の水辺に親しむ環境改善に向けた河原の再生を図ること。

・浸水被害対策として、雨水の放流先である一級河川玉川、小鮎川及び荻野川において厚木公共下水道計画に基づく計画放流量が河川へ抑制されずに放流できるようすること。

・本厚木駅南口地区市街地再開発事業推進のため、引き続き現行補助制度における必要な財源確保支援、及び助言をおこなうこと

・東海道新幹線新駅(ツインシティ)とリニア中央新幹線新駅を結ぶ相模川以西への広域的な大量輸送が可能な公共交通機関の整備の必要性を「かながわ交通計画」に位置付け推進をはかること。

・多くの県民・市民が利用する本厚木駅の安心・安全を確保するため、国が定める協調補助の制度活用を図り、駅の耐震化を推進する必要があることから、鉄道駅の耐震事業に補助を実施する制度の創設と補助を推進すること。

・新東名高速道路、厚木秦野道路(一般国道246号バイパス)について、完成目標年度に遅延することなく事業展開を図り、積極的な予算確保を図ること。

特に、厚木秦野道路については、さがみ縦貫道路から(仮称)厚木北ICまでは事業化されているが、道路ネットワークのミッシングリンクを解消し、道路整備の効果を最大限発揮するためにも、全線を事業化し早期整備を図るよう国に働きかけること。

・周辺観光拠点等への円滑な交通の確保を図る上で、厚木秦野道路(仮称)森の里インターチェンジから県道64号(伊勢原津久井線)へのアクセス道路の県道整備(仮称・上古沢煤ヶ谷線)を早期に実現すること。

・国道129号の船子北谷交差点では、国道271号側道へ向かう右折車両が多く、右折車が右折レーン内に収まらず、右折待ち車両によって渋滞が発生している。右折レーンの延長を整備すること。

・国道412号「みはる野入口交差点」から愛川町との行政界までの区間については、歩道が狭隘であるとともに未整備の箇所もあり、地域からの発生交通量も増えていることから、歩行者の安全確保と車両の円滑な通行のため、拡幅と歩道整備の推進を図ること。また、「まつかげ台入口交差点」については、右折車線がないため、団地方面への右折車両により渋滞を来たしており、右折レーンを設置すること。

・厚木市の市街地を形成する上で重要な路線である県道43号(藤沢厚木)は、松枝交差点から中町交差点までの間は道路幅が狭く、歩道も未整備区間があり、朝夕の通勤通学時には、多数の市民が通行する上で危険な状態が続いている。道路拡幅及び歩道設置は地元の悲願であることから、早急な拡幅整備を図ること。

・県道601号(酒井金田)の歩道整備の未整備区間については、早期整備をはかること。また、元町交差点から市営プール前交差点までの歩道整備についても早期完成をはかること。

・県道43号及び601号は沿道の家屋が密集し、電線類を支える柱は通行に支障を来たしており、都市防災、良好な都市環境形成、交通安全、商業地域の活性化等の観点から電線類地中化の整備推進はかること。併せて、厚木市の行う電線類地中化事業についても、補助金の重点的配分を行うこと。

・愛名・飯山地区の県道63号(相模原大磯)については、拡幅整備の推進など、早期完成を図ること。特に通学路に指定されている愛名入口から小野宮前バス停間については、歩道の未整備区間があり危険な状態により、早急な歩道整備をすること。

・県道42号(藤沢座間厚木)については、第二期整備区間の早期完成に向けて整備推進を図ること。また、県道63号(相模原大磯)から国道412号までの第三期区間についても、県道として整備推進を図ること。

・県道604号(愛甲石田停車場酒井)酒井前田交差点は、国道271号や県道601号(酒井金田)と連絡する路線の主要な交差点であり、厚木ICの直近でもあることから渋滞が著しくなっている。右折車線の設置を行うこと。

・多くの住民が通勤・通学に利用している県道22号(横浜伊勢原)においては、特にセブンイレブン交差点から戸沢橋までの間は、交通量も多い中、歩道がなく危険な状況であることから、道路拡幅及び歩道の設置を行うこと。

・商店会が管理している街路灯については、老朽化が著しいため、市補助金を活用して、省エネルギー化と電気代の節約などにつながるLED化事業を推進しているが、国の商業振興施策として必要な財源措置を要望すること。

・現下の厳しい財政状況の中、不交付団体に対しては、財政力指数による国庫補助金等の較差が設けられたり、臨時財政対策債の借り入れができなくなるなど、不交付団体を理由に財政負担を余儀なくされ、財政運営が厳しい状況にある。国に対し、不交付団体における国庫補助金等の補助率の較差の解消及び特例債の創設を申し入れる等の要望をすること。

以上

神奈川県議会本会議/早朝議会活動報告は厚木郵便局前交差点他、中心市街地交差点(通算2078日目)/大雨特別警報/脇祖さま報恩会/「安保関連法案」に重大な危惧(武力によらない貢献の道を)/今朝も庭先に咲いた二輪の朝顔を見て喜ぶ子ども達/ケアセンターあさひ(社会福祉法人藤雪会 又木京子理事長)

現在、関東地方(栃木県南部から茨城県にかけて)でも大雨特別警報が出されています。気象庁も大雨に関しての緊急会見を開きました。当該地域においては、警報などに注意して安全確保に務めて下さい。

厚木市においては、昨晩(2015年9月9日21時29分)、厚木市消防本部から「相模川(相模大橋)の水防警報は解除されました。」という内容の「災害解除連絡」がありました。

/本日も妻の出社を見送り(朝6時30分)、子ども二人(長男5歳と長女2歳)を保育園に送り届けてから、厚木郵便局前交差点他、中心市街地交差点に立たせて頂き、早朝議会活動報告を行いました。平日毎日行っている早朝街頭活動は本日で通算2078日目(延べ日数ではなく実数)となります。日数ですので、選挙時(または直前)の様に一日のうち朝昼晩と複数回やっても、1日は1日です。ただし、30分の時もあれば、数時間におよぶ時もあります。いずれも「1日」としてカウントしています。

こうした朝の街頭活動は、選挙の有無に関らず、可能な限り、毎朝、駅頭や交差点に立ち議会報告を行っています。このスタイルは、市議会議員時代から全く変わりません。

/本日、長男(5歳)は保育園のクラスで、厚木市内の「ケアセンターあさひ(社会福祉法人藤雪会 又木京子理事長)」を訪問する予定です。

/朝の街頭活動のまま、支援団体へご挨拶に参りました。本日は、脇祖さま報恩会という事で、御参拝を行い、関係者・ボランティアの方々にご挨拶をさせて頂きました。

/先ほど帰宅し、これからすぐに県議会に登庁いたします。本日は、県議会・代表質問です。

【写真】: 今朝も庭先に咲いた二輪の朝顔を見て喜ぶ子ども達/早朝議会活動報告は厚木郵便局前交差点他、中心市街地交差点(通算2078日目)/脇祖さま報恩会/「安保関連法案」に重大な危惧(武力によらない貢献の道を)

台風18号・厚木市全域に土砂災害警戒情報・発表/依知北地区(上依知)、山際(一部)に対し避難勧告/厚木市議会を傍聴/平井広教育長御退任

本日は、台風18号上陸。事務所と自宅にて、議会準備などをしつつ、厚木市議会を傍聴しました。

/一般質問では、動画配信と併せて、本会議場の傍聴席から傍聴をさせて頂きました。また本日、一般質問終了後、教育長選任の議案が可決されました。厚木市教育委員会の平井広教育長は、平成19年10月1日付で教育長に選任されて以来、現在まで、厚木市において教育現場の責任者として働かれて参りました。(教育長御就任)当時、私は厚木市議会議員として働いておりました。前日の9月30日まで、厚木市立依知中学校の校長先生を務められ、翌日から教育長にご就任されました。あれから8年、私も大変お世話になりました。本日の新井啓司議員の質問への市長答弁にもあった通り、しっかりと責任感を持ってこれまでお勤めになられました。今後とも教育行政について、アドバイスを頂きたいと思います。

/本日午後、厚木市消防本部より、厚木市消防団第一分団に対して以下の連絡が入りました。私は、第一分団第三部所属の消防団員の為、出動準備をしつつ、公務をこなしました。
~~~
>災害連絡:相模川(相模大橋)に水防警報(待機)が発令されました。第1分団の団員は自宅待機して下さい。
>以上
~~~

/また、厚木市全域に土砂災害警戒情報が発表されました。併せて、土砂災害の発生する危険が更に高まってきたことから、依知北地区(上依知)、山際(一部)に対し避難勧告が発令されました。これについては、本日の厚木市議会本会議において、小林市長からの報告もなされました。(本日午後4時10分 避難勧告は解除)
~~~
>厚木市役所からお知らせします。
>大雨の影響により、土砂災害警戒情報が発表されました。土砂災害の発生する危険が更に高まってきたことから、13時40分に依知北地区の上依知、山際の一部に対して避難勧告を発令しました。直ちに、依知北公民館に避難してください。なお、避難の際は、できるだけ近くの方にも声をかけて避難してください。
>また、自治会長、民生委員におかれましては、名簿にもとづき、要援護者の避難について、ご支援をお願いします。
~~~

【写真】: 保育園では運動会の準備が着々と進んでいます。また、厚木市議会本会議の一般質問と教育長選任の議案が可決されました。(本会議の画像は配信された動画から撮影)

 

 

県議会本会議第3回定例会/知事提案説明/議案説明会/県民企業常任委員会

本日から、本会議第3回定例会が開会します。

本日は、朝から団会議が行われた後、県議会本会議(知事提案説明)の後、一旦休憩し、議案説明会、県民企業常任委員会が開かれた後、本会議が再開される予定となっております。団会議の二回目も開かれます。

現在、本会議休憩中です。
第3回定例会は、本日から12月22日までの長丁場ですが、しっかりと頑張って参ります。