月別アーカイブ: 10月 2016

第28回 さがみおおの ハロウィン フェスティバル 2016/平成28年度 あつぎ市民芸術文化祭「第54回 市民文化祭」/民進党神奈川県総支部連合会 組織・団体委員会(委員長 佐藤 知一)

本日午前中は、長男のお友達家族で誘い合わせて、「第28回 さがみおおの ハロウィン フェスティバル 2016」に出かけて参りました。主催は、 さがみおおのハロウィンフェスティバル実行委員会、相模大野北口商店会で、相模大野駅北口周辺をイベントエリアとし、マップを見ながらチェックポイントを廻るイベントです。事前登録制で、今年は時間とコース、スタート地点(ゴール地点は共通)を申し込み時に決められます。(4つのコースとスタートポイントを選んで参加)今年は、参加人数を8000人に増員されたそうです。
今年で5回目となるあつぎハロウィーンの昨年の参加人数は、本厚木駅周辺の協力店舗を巡るスタンプラリーには約350人と言うことでありました。イベントの性格上、規模の大小はあまり関係ありませんが、回を重ねるごとに規模も大きくなることが考えられます。本日は、一般参加者として参加することによって、運営上起こり得る事故の防止、トラブルの未然防止の工夫などについても大変勉強になりました。

また、本日のさがみおおのハロウィンフェスティバルでは、「あれ?さとうさん!」と複数の方々から、お声掛けを頂きました。参加者からは「佐藤さんダメだよ、(私の様に)ちゃんと仮装しなきゃ」といった声も頂きました。議員となって気が付けば、13年が過ぎました。選挙区外においても、知人が増え、多数のお声掛けを頂くようになりました。気を引き締めて、頑張って参ります。

厚木でも10月29日(土曜日)に本厚木駅周辺で、ハロウィンが開催されます。今年の「あつぎハロウィーン2016」は、長女の保育園運動会と重なるため、今年は参加を見送りました。10月30日に予定されている海老名のハロウィンイベント(ハロウィンフェスタ  in エビナ)には、(子ども達は)参加する予定です。

/本日はこのあと、平成28年度 あつぎ市民芸術文化祭「第54回 市民文化祭」等を廻らせて頂き、夕方からは、横浜市の民進党県連に参ります。民進党神奈川県総支部連合会 組織・団体委員会(委員長 佐藤 知一)を開催し、その後、懇親会を行います。

今年、横浜にて開催された民進党県連定期大会で、後藤祐一衆議院議員が新代表に選出されました。後藤祐一県連代表のもと、私が組織団体委員長に就任しました。神奈川における組織・団体対策の総責任者の職は、次の総選挙や政権交代を見据え、最も重要なポジションとなります。委員長の中でも最も責任が重く、これまでは、国会議員が担ってきた役職です。県連組織・団体委員会は、一〇〇名を超える神奈川民進党の議員・総支部長ら仲間を代表し、組織や団体対策を行うことで、味方を増やすのが、主な役目です。来たる総選挙の結果をも左右する要となる役職です。年末年始にも解散が噂される中、しっかりと取り組んで参ります。

【写真】: 第28回 さがみおおの ハロウィン フェスティバル 2016/おばけやしき

連合神奈川厚木愛甲地域連合(北原武議長)クリーンキャンペーン/清川村(宮が瀬選出)村議さんたちと意見交換/厚小フェスティバルに(子ども達と共に)保護者として参加/アミューあつぎハンドメイドマルシェ/県立厚木北高校文化祭「第37回 若楓祭」/「平成28年度 あつぎ市民芸術文化祭『第54回 市民文化祭』」

本日は早朝から、厚木公園を中心として行われた 連合神奈川厚木愛甲地域連合(北原武議長)クリーンキャンペーンに後藤祐一代議士、高橋知己厚木市議会議員(日産労組)と共にお伺いし、一言ご挨拶の機会を頂戴しました。

その後、清川村へと訪問し、県政に関わる意見交換を落合圏二清川村議、川瀬正行清川村議(共に宮が瀬地区選出)と意見交換を行わせて頂きました。宮が瀬クリスマスの大イベントを前にローリング族対策等、県政に関わるご意見も沢山頂戴しました。

/午後一時からは、厚小フェスティバルに(子ども達と共に)保護者として参加しました。

/その後、アミューあつぎハンドメイドマルシェ等を廻らせて頂きました。

/神奈川県立厚木北高校文化祭「第37回 若楓祭」、「平成28年度 あつぎ市民芸術文化祭『第54回 市民文化祭』」等のご案内も頂戴しました。明日、時間を作って、顔出しをさせて頂く予定です。

/本日は、夕方より、妻が中学・高校の同窓会に出かけています。子ども達の世話を一手に引き受けながら、仕事を進めています。子ども達が遊んでいる横で、仕事をするのもいいものです。電話の時はリビングから寝室に入って電話をかけます。(仕事の)電話をしていることを承知の上で、大きな声でうたを歌いつつ、部屋に入ってくるのは勘弁してほしいです。しかも、歌っているうたは、キャプテン翼(沖田浩之 「燃えてヒーロー」)。いろんな意味で恥ずかしいです。

【写真】: 連合神奈川厚木愛甲地域連合(北原武議長)クリーンキャンペーン/清川村(宮が瀬選出)村議さんたちと意見交換/厚小フェスティバルに(子ども達と共に)保護者として参加/アミューあつぎハンドメイドマルシェ

教育・スポーツ振興対策特別委員会県内調査/川崎市子ども夢パーク(川崎市高津区・川崎市にある子どもの遊び場)/NPO法人 フリースペース たまりば(西野博之理事長)/かながわサイエンスパーク(KSP)/東京都障害者総合スポーツセンター

本日は、教育・スポーツ振興対策特別委員会の県内・県外調査に一日出かけてきました。大変勉強になりました。

午前中は、川崎市子ども夢パーク(川崎市高津区・川崎市にある子どもの遊び場)を訪問し、「NPO法人 フリースペース たまりば」の西野博之理事長に御説明頂いたのち、施設内を御案内頂きました。子どもの居場所づくりは県政の重要テーマです。西野博之理事長は、学校や家庭、地域の中に自分の居場所を見いだせない子ども若者の集まるスペースとして、1991年に「フリースペースたまりば」を設立したことを皮切りに、2003年にNPO法人となり、「川崎市子ども夢パーク・フリースペースえん」を管理運営しています。

「フリースペースえん」は川崎市子ども権利条例をもとに、川崎市と「NPO法人 フリースペースたまりば」の協働事業として日本でも珍しい公設民営のフリースペースとして誕生しました。ここの特徴は生涯学習・社会教育の視点にたって、学校外で多様に育ち・学ぶ場としてスタートしたことにあります。長年にわたって、行ってきた所謂「こども食堂」の取組みも興味深かったです。お腹が満たされないと「子供は心を開かない」そうです。納得。

岸部都委員長のコメント(フェイスブックより引用): 「午前中は川崎の夢パークへ。所長でありフリースペースたまりばの理事長でもある西野さんから子どものおかれている状況や、たまりばのとりくみ、子どものSOSをキャッチする大人の必要性などうかがいました。プレーパークは禁止のない子どもの場所、走り回る子どもたちの生き生きとした笑顔、日々、子どもたちのありのままを受けとめる西野さんはじめスタッフの尽力が紡いできた大事な場所です。子どもの居場所づくり、しっかりとりくんでいきます。」

/昼食は、かながわサイエンスパーク(KSP)にてとり、その後、東京の北区にある「東京都障害者総合スポーツセンター」の視察を行いました。神奈川県が策定を検討しているスポーツ条例(仮称)に、障がい者スポーツの振興をしっかり盛り込むよう私たちは提言しています。

東京都障害者総合スポーツセンターは、障害のある方々の健康増進と社会参加を促進するための障害者専用のスポーツ施設です。障害のある方がいつ一人で来ても、気軽にスポーツやレクリエーションを楽しんでいただくことができます。障害の種類、程度、スポーツの経験、利用の目的などに応じて支援を行っています。

岸部都委員長のコメント(フェイスブックより引用): 「午後は東京都障害者総合スポーツセンターへ視察に参りました。(東京都の障害者スポーツ施設は)多摩と併せて二つのスポーツセンターがあり、ここ1館だけで年間20万人を越える利用者がいらっしゃいます。30年たって改修工事が行われるとのことですが、アリーナもプールもアーチェリー場もテニスコートもスポーツ楽しむ方々でいっぱいです。いつでもどこでもいつまでも、誰でもがスポーツに親しみ楽しめるには環境整備が重要です。」

【写真】: 教育・スポーツ振興対策特別委員会県内調査/川崎市子ども夢パーク(川崎市高津区・川崎市にある子どもの遊び場)/NPO法人 フリースペース たまりば(西野博之理事長)/かながわサイエンスパーク(KSP)/東京都障害者総合スポーツセンター

本日発行の「タウンニュース厚木版(2016年10月21日号)」に活動報告寄稿/「活動報告№206 共に生きる社会へ」「〝共生〟憲章策定」「いち早く提案」「優先すべき課題」

本日発行の「タウンニュース厚木版(2016年10月21日号)」に私の活動報告関係記事のご掲載を頂きました。大見出しは「活動報告№206 共に生きる社会へ」、小見出しは、「〝共生〟憲章策定」「いち早く提案」「優先すべき課題」です。
http://www.townnews.co.jp/0404/2016/10/21/354005.html

/タウンニュースへの議会活動報告の投稿・掲載は、政治を志した時から、長く続けています。市議時代は年6回、県議就任後は隔週(月2~3回)で、ご掲載頂いております。今回で、通算206回目となりました。

県議会は国会や身近な市会と比べて「何が仕事なのか判り難く認識されにくい」ことから「中二階」と揶揄されます。市議会に比べて積極的に発信しない議員も多いと認識しています。ブログ活動報告も15年2ヶ月21日、一日も休まず更新し、全て丸ごと公開中です。
「継続は力なり」の気持ちで、粘り強く継続しています。

=====
【数字でみる佐藤知一】(2016年10月21日現在)
・早朝街頭演説日数 - 通算2179日(延べ数ではなく実数です)
・ブログ更新日数 - 15年2ヶ月21日(全て公開中)
・タウンニュース厚木版 活動報告掲載回数 - 通算206回
・タウンニュース掲載部数(合計) -1260万1000部
・献血回数 -158回(16歳から継続中)
=====

【写真】: タウンニュース厚木版(発行部数57,290部) 2016年10月21日号に掲載された さとう知一の議会活動報告(通算第206号)

早朝議会活動報告は本厚木駅北口及び、中心市街地交差点(通算2179日目)/県議会日程は決算特別委員会/午後から県議会へ登庁

本日も妻の出社を見送り(朝6時30分)、子ども達に朝食を食べさせたのち、長男(6歳)の小学校見送り、長女(3歳)を保育園に送り届けてから、本厚木駅北口及び、中心市街地交差点に立たせて頂き早朝議会活動報告を行いました。平日毎日行っている早朝議会活動報告は本日で通算2179日目(延べ日数ではなく実数)となります。選挙の有無に関らず、可能な限り、駅頭や交差点に立ち議会報告を行っています。このスタイルは、市議会議員時代から全く変わりません。
ただ、子どもが小学校にあがったことや県議会・党県連等での役職に恵まれることで、早めの登庁が義務付けられることが多くなり、朝の街頭活動の時間を取りにくくなりました。今年夏から、夕方・夜の街頭活動を復活させています。通算2179日と言う回数ですが、延べ日数ではなく実数ですので、朝・夕・晩と複数回立っても、増えることはありません。毎日の小さな積み重ねは、応援して頂く人たちへの「私の感謝の想い」と言うつもりで行っております。

/県議会では、本日も決算特別委員会が行われています。
皆様にお納め頂いた税金をどのように使うかを審査する予算委員会・常任委員会等も非常に重要ですが、実際に議会が通した予算(=皆様の納めた税金)がどのように使われたのかを審査する決算特別委員会は、予算と同じくらい、むしろそれ以上に重要です。審議時間も予算委員会・常任委員会と比して何倍もの時間(一か月以上の時間が決算審査に充てられます。今期は10月12日(水)から11月21日(月)の予定)をあてて、審議・質問を行っています。
このように神奈川県議会では、決算審査におよそ、ひと月以上の時間をかけて審査を行います。前期は私自身もそうした気概をもって決算審査に臨みました。今年度も諸先輩方をはじめ精鋭を集めて、委員会に臨んでいます。私に出来る事は限られていますが、地元での活動をしっかりと行いつつ、サポートして参ります。

/本日午前中は、厚木での公務と並行して、県連・組織団体委員会に関わる打ち合わせ等を行っています。午後から県議会に登庁し、執務にあたります。

【写真】: 昨夕、長男の体操教室/早朝議会活動報告は本厚木駅北口及び、中心市街地交差点(通算2179日目)

昨晩は「インド料理ターズ」に仲間たちが集まりました/本厚木駅北口・夕方は萱山交差点(通算2178日目)/「空気のつくり方(池田純)」横浜DeNAベイスターズの社長・池田純氏によるマーケティング本

本日も妻の出社を見送り(朝6時30分)、子ども達に朝食を食べさせたのち、長男(6歳)の小学校見送り、長女(3歳)を保育園に送り届けてから、中心市街地交差点に立たせて頂き早朝議会活動報告を行いました。平日毎日行っている早朝議会活動報告は本日で通算2178日目(延べ日数ではなく実数)となります。選挙の有無に関らず、可能な限り、駅頭や交差点に立ち議会報告を行っています。このスタイルは、市議会議員時代から全く変わりません。
ただ、子どもが小学校にあがったことや県議会での役職に恵まれることで、早めの登庁が義務付けられることが多くなり、朝の街頭活動の時間を取りにくくなりました。過日より、夕方・夜の街頭活動を復活させています。通算2178日と言う回数ですが、延べ日数ではなく実数ですので、朝・夕・晩と複数回立っても、増えることはありません。毎日の小さな積み重ねは、応援して頂く人たちへの「私の感謝の想い」と言うつもりで行っております。

/夕方には、萱山交差点に立たせて頂きましたが、雨が強くなってきたために少し早めに撤収をしました。車からも多く手を振って頂きました。感謝します。

/昨晩は、望月真実厚木市議ほか、仲間たちが集まりました。非常に有意義な議論ができました。インド料理ターズは、バングラデッシュ人の友人がオーナーを務めるお店です。料理を作るのは、本国から来た職人さんです。インドカレーが美味いです。

【写真】: 先の日曜日の自治会子ども会のドッチボール。二つの小学校区にまたがる自治会で、実際は隣の小学校の子どもたちが多いようですが、毎回喜んで参加しています。/昨晩は、インド料理ターズに仲間たちが集まりました/本厚木駅北口・夕方は萱山交差点(通算2178日目)/「空気のつくり方(池田純)」横浜DeNAベイスターズの社長・池田純氏によるマーケティング本です。伊藤大貴 横浜市議の書評を読んですぐに取り寄せました。民進党本部の方々にこそ読んで頂きたい内容です。

神奈川シニア連合から「2016年度 社会保障制度等に関する要求」等の要請書受領しました

昨日、10月18日(火) 午後1時半、民進党神奈川県連にて、神奈川県シニア連合(永井碩夫会長)の皆様にお越し頂き、要望ヒアリングを行いました。後藤祐一県連代表、森敏明県連幹事長が公務により対応できない為、私、さとう知一(組織団体委員長)が、民進党県連を代表して、要請書をお受け致しました。
意見交換の後、神奈川シニア連合から「2016年度 社会保障制度等に関する要求」等の要請書一式を受領しました。本日付で、党県連より所属議員の皆様へ要請書を送付させて頂きました。ご確認いただきますよう、よろしくお願いいたします。

《受領した要請書等》
1.「2016年度社会保障制度等に関する要求」および「低所得者高齢単身女性問題に関する政策・制度要求」等の「神奈川県連所属国会議員 および各級議会議員」に対する周知のお願いについて
2.2016年度 社会保障制度等に関する要求
3.低所得高齢単身女性問題に関する政策・制度要求
4.「介護保険制度の充実」等に関する諸要請

【写真】: 神奈川シニア連合から「2016年度 社会保障制度等に関する要求」等の要請書受領しました。

慶應義塾全国議員連盟研修会(二日目)/神奈川県「受動喫煙防止条例」「ヘルスケアニューフロンティアの取組み」/横浜税関資料展示室「クイーンのひろば」/横浜海上防災基地 海上保安資料館横浜館・北朝鮮工作船

昨日・今日と二日間の日程で、慶應義塾全国議員連盟の総会及び研修会が行われました。慶應義塾全国議員連盟の前身「慶応義塾全国市議会議員連盟」の時から、中心メンバー(現在、副会長)として活動をして参りました。もちろん、自民党、民進党、社民党、公明党、無所属や地域政党etc.と党派を超えた集まりです。

もともと慶応義塾市議会議員連盟として、平成13年11月3日に発足した団体ですが、前々回の統一地方選で、私を含め3人が県議に転身したことから、平成21年の総会において、会の名称を「慶應義塾全国議員連盟」と改めました。現在は、現役地方議員150名と元地方議員44名で運営しています。壷田重夫会長(第3代会長)と共に力を合わせて盛り上げています。

昨日の会場は、慶應義塾大学・三田キャンパスで、二日目となる本日は、神奈川県庁にて、「受動喫煙防止条例」「ヘルスケアニューフロンティアの取組み」について、視察研修が行われました。

朝一番、メンバー12名で、大学OBでもある神奈川県筆頭副知事(第一順位の副知事)の黒川雅夫副知事に表敬訪問にお伺いしました。
「受動喫煙防止条例」「ヘルスケアニューフロンティアの取組み」についてレクチャーを受けた後は、改装中の本会議場見学、昼食。

その後、横浜税関資料展示室「クイーンのひろば」、第三管区海上保安本部 横浜海上防災基地 海上保安資料館横浜館にメンバーで視察に訪問しました。海上保安資料館横浜館は国民の皆様に我が国周辺海域の現状と海上警備の重要性などをご理解して頂くため、平成16年12月10日に開館した施設です。館内には、平成13年12月22日に発生した、九州南西海域不審船事案にかかる工作船及び回収物などを展示しています。職員の方に御説明を受けつつ、激しい銃撃戦の爪痕が残る北朝鮮の工作船を見学しました。

/午後1時半からは、民進党神奈川県連にて、神奈川県シニア連合(永井碩夫会長)の皆様にお越し頂き、ヒアリングを行いました。民進党県連を代表して、要望書をお受け致しました。

/その後、県議会へと戻り、県議会決算特別委員会を傍聴し、並行して、執務にあたりました。議会は、まだまだ続きます。

【写真】: 慶應義塾全国議員連盟研修会(二日目)/神奈川県「受動喫煙防止条例」「ヘルスケアニューフロンティアの取組み」/横浜税関資料展示室「クイーンのひろば」/横浜海上防災基地 海上保安資料館横浜館・北朝鮮工作船/お菓子「学問のすすめ」。好評でした。

慶應義塾全国議員連盟の総会及び研修会(初日)/研修会講師は都倉武之慶應義塾大学准教授・浅野史郎神奈川大学教授(元慶應義塾大学教授)・石破茂衆議院議員/衆議院第二議員会館 笹川博義衆議院議員事務所

本日・明日と二日間の日程で、慶應義塾全国議員連盟の総会及び研修会が予定されています。慶應義塾全国議員連盟の前身「慶応義塾全国市議会議員連盟」の時から、中心メンバー(現在、副会長)として活動をして参りました。もちろん、自民党、民進党、社民党、公明党、無所属や地域政党etc.と党派を超えた集まりです。

もともと慶応義塾市議会議員連盟として、平成13年11月3日に発足した団体ですが、前々回の統一地方選で、私を含め3人が県議に転身したことから、平成21年の総会において、会の名称を「慶應義塾全国議員連盟」と改めました。現在は、現役地方議員150名と元地方議員44名で運営しています。壷田重夫会長(第3代会長)と共に力を合わせて盛り上げています。

午後からの視察に先立って、衆議院第二議員会館を壷田会長、私を含む役員4名で朝一番に訪問しました。
本日、講師をお引き受け頂いた石破茂衆議院議員事務所と来月予定しているの研修視察(慶應義塾全国議員連盟調査)で、多大な御協力を頂いた笹川博義衆議院議員事務所にご挨拶にお伺いしました。党派を超えて、しっかりと勉強会を組み、議連メンバーと共に意義のある活動を精力的に展開しています。

本日(初日)の日程は、総会のあと、研修会1・講師:都倉武之慶應義塾大学准教授、研修会2・講師:浅野史郎神奈川大学教授(元慶應義塾大学教授)と勉強会が連続で行われます。その後、石破茂衆議院議員を講師にお迎えし、意見交換会を行います。
本日の会場は、慶應義塾大学・三田キャンパスで、二日目となる明日は、神奈川県庁にて、「ヘルスケアニューフロンティアの取組み」「受動喫煙防止条例」について、視察研修が行われます。
明日は、議員連盟副会長、現場責任者として、視察にあたります。慶應義塾全国議員連盟研修会は、全国各地から仲間が集うため、通常1泊2日の日程で行われます。

【写真】: 衆議院第二議員会館/総会中、御指名を頂き、一言御挨拶の時間を頂きました。

タウンニュース厚木版(発行部数57,290部) 2016年10月14日号に掲載された さとう知一の議会活動報告(通算第205号)/予算委員会理事としても記事として取り上げて頂きました。

先の金曜日発行の「タウンニュース厚木版(2016年10月14日号)」に私の活動報告関係記事のご掲載を頂きました。大見出しは「政治家の活動伝えます」です。

/タウンニュースへの議会活動報告の投稿・掲載は、政治を志した時から、長く続けています。市議時代は年6回、県議就任後は隔週(月2~3回)で、ご掲載頂いております。今回で、通算205回目となりました。

県議会は国会や身近な市会と比べて「何が仕事なのか判り難く認識されにくい」ことから「中二階」と揶揄されます。市議会に比べて積極的に発信しない議員も多いと認識しています。ブログ活動報告も15年2ヶ月14日、一日も休まず更新し、全て丸ごと公開中です。
「継続は力なり」の気持ちで、粘り強く継続しています。

=====
【数字でみる佐藤知一】(2016年10月14日現在)
・早朝街頭演説日数 - 通算2177日(延べ数ではなく実数です)
・ブログ更新日数 - 15年2ヶ月14日(全て公開中)
・タウンニュース厚木版 活動報告掲載回数 - 通算205回
・タウンニュース掲載部数(合計) -1254万3710部
・献血回数 -158回(16歳から継続中)
=====

/予算委員会理事としても記事として取り上げて頂きました。
「神奈川県議会の2016年第3回定例会予算委員会が10月6日に開かれ、各会派の議員が補正予算に関わる質問に立った。質疑の様子は10月19日(水)からテレビ神奈川で放送される。
質疑項目は相模原緑区の障がい者施設「津久井やまゆり園」の殺傷事件を受け、再生と共生社会の実現についてや、オリンピック・セーリング競技の江の島開催に向けた取り組みについてなど。予算委員会で理事を務める厚木市選出の佐藤知一県議(かながわ民進党)は「津久井やまゆり園の事件もあり、多くの人にご覧頂きたいと思います」と話している。http://www.townnews.co.jp/0404/2016/10/14/353180.html

【写真】: タウンニュース厚木版(発行部数57,290部) 2016年10月14日号に掲載された さとう知一の議会活動報告(通算第205号)/予算委員会理事としても記事として取り上げて頂きました