厚木市在住の漫画家、多田拓郎先生とミニ忘年会/伊勢原市 日向薬師 家族で参拝/厚木市消防団歳末特別警戒見廻り・明日大晦日が最終日

本日は、家族で、日向薬師に出かけて参りました。伊勢原市の日向薬師は、奈良時代の716年、高僧・行基が開山したとされ、今年が創建1300年目にあたります。源頼朝や北条政子が参拝したと伝えられる古寺で、現在の本堂は江戸時代初期の1660年に建立されました。病気治療などに霊験があるとされ、今でも大勢の参拝客が訪れている。 近年、主要な柱の虫害や軸のゆがみ、屋根の傷みなどが目立つようになったため、国や県の補助を受け、総額約8億6千万円で、2010年から6年かけて修理が始まり、今年11月20日には落慶法要が催されました。大修理は江戸時代の1745年以来、270年ぶりとなりました。
日向薬師は、奈良時代初頭の霊亀2年(西暦716年)に、僧行基により開山されました。僧行基が熊野を旅していた際、薬師如来のお告げにより、相模国のこの地(現在の神奈川県伊勢原市)に、日向山 霊山寺(ひなたさん  りょうぜんじ)を開山した、と伝えられています。

/その後、厚木市在住の漫画家、多田拓郎先生にお声かけ頂いた忘年会にお顔出しをさせて頂きました。その後、消防団歳末特別警戒見回りに出動するため、冒頭のみの参加で、私はウーロン茶で乾杯と言うものでした。
本日は、多田先生をはじめ、限られたメンバーによる忘年会でありました。私は短時間で失礼をさせて頂きましたが、お世話になった方々と様々、お話をさせて頂きました。

/夜は、本日も消防車に乗り込み、厚木市消防団歳末特別警戒見廻りを行いました。明日の大晦日が最終日です。

【写真】: 昨日の「生餃子の持ち帰り専門店 ぎょうざ三宝」の生餃子、美味しく頂きました/伊勢原市 日向薬師 家族で参拝/洗車/厚木市消防団歳末特別警戒見廻り。明日大晦日が最終日。

現在コメントは受け付けていませんが、トラックバックを送信できます: トラックバック URL
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。