昨晩は、厚木商工会議所5階にて開催された 厚木青年会議所 8月例会「明日使える広報活動」に厚木青年会議所OB(厚木JCシニアクラブ)として、お伺いしました。

昨晩は、厚木商工会議所5階にて開催された 厚木青年会議所 8月例会「明日使える広報活動」に厚木青年会議所OB(厚木JCシニアクラブ)として、お伺いしました。

今月の例会は、ジャイロ総合コンサルティング株式会社の渋谷雄大氏を講師にお招きし、「明日使える広報活動」ということで講演・研修会が行われました。
仕事柄、選挙コンサルティング・プランナー、街づくりコンサルタントといった類の方々のお話をお聞きする機会は、非常に多くあります。私は、政務活動費を活用した受講料数万円の研修会は、あまり受けたことがありませんが、私自身は可能な限り、機会を見つけて、お話を聞かせて頂く努力をさせて頂いております。
特に選挙コンサル、街づくりコンサルの方々は、玉石混合で、とても素晴らしい人もいれば、どちらかと言えば、そうでない方まで、幅広くいらっしゃいます。渋谷雄大氏のお話は、なるほどと思うことも多く、大変、勉強になりました。
小澤伸悟理事長をはじめ、例会(研修会)を企画して頂いた現役の皆様に感謝します。

~以下、厚木青年会議所HPより引用~
本例会では、地域の発展のために自社または個人が出来る広報活動とは何かを紐解いていきます。これは、厚木市の市民意識調査によっても、情報化を推進するうえで、市民も「パソコンやスマートフォンなどを活用できる生活に密着した環境の整備」が求められており、情報を受け取る側にも意識の変化が生じているという背景があります。

広報をする上で最も重要な「ブランディング」を「コンサルティング」の知識を用いることで明確にします。ブランディング戦略としての広報活動を学ぶことで、まちづくりを考え、参加者間が異業種であることを生かし、自社で明日から使える広報活動を構築します。なお、ブランディング戦略とは、ユーザーに価値があると認識させ、市場でのポジショニングを築くマーケティング戦略を意味します。

【例会内容】
第1部 講師による講演
第2部 まちのブランディグ化の実践

第1部では、手法としてSNSを題材に企業の失敗例、成功例をプロのコンサルタントでもあられます、ジャイロ総合コンサルティング株式会社の渋谷雄大様に第一部で効果的で効率的な広報の方法を講演いただきます。

第2部では、講演内容で出た、厚木・愛川・清川のブランディングを例に各テーブル10人程度でテーブルディスカッションを行います。これは講演から得たアイディアを存分に活用して、今後の厚木・愛川・清川のブランディング化を進めるために、テーブル内で意見を出し合っていただきます。出た意見をもとに、自社でそのブランディングができるかも検討していただきます。
~~~~~

【写真】: 厚木青年会議所 8月例会「明日使える広報活動」に厚木青年会議所OB(厚木JCシニアクラブ)として、お伺いしました。長女と共にお伺いし、私も現役メンバーと共に学ばせて頂きました。

Comments are closed, but you can leave a trackback: Trackback URL.
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。