Monthly Archives: 9月 2017

厚木小学校第112回運動会(運動会スローガン: 負けられない熱き戦いがここにある 運動会2017)/PTAトイレ当番と会場巡回のお仕事もさせて頂きました

本日は、「厚木小学校第112回運動会(運動会スローガン: 負けられない熱き戦いがここにある 運動会2017)」に来賓として、そして保護者、PTAとして、参加をさせて頂きました。
本日は、市内各地の小学校で運動会が開催されましたが、厚木小学校の運動会を優先させて頂きました。本来なら、お伺いし、参加者の皆様方にご挨拶するところですが、失礼をさせて頂きました。また、PTAトイレ当番と会場巡回のお仕事もさせて頂きました。

/約1000人の児童数を抱える厚木小学校では、事前のくじ引きがあり、出た順番によって、場所を取っていくシステムを取っています。昨年は、私も朝6時に厚木小学校に入り、「場所取り」といったものを生れてはじめて行いました。今年は、くじの順番が悪かったこともあり、開始直前に会場に入りましたが、良い場所をとることができました。

小中学校の運動会は、来賓としてお伺いすることも多くありますが、厚木市内各地の小中学校運動会会場を廻ることが多いので、丸一日運動会に参加することは、(議員となってからは)ありませんでした。昨年に引き続き、今年も一日、厚木小で過ごし、今年は、新たにPTAとしての仕事も加わりました。おかげさまで、楽しく一日を過ごすことができました。

朝から、子どもの迎える午後4時までの間、厚木小学校で過ごして思ったことは、「やっぱり学校の先生って凄いな」と素直に思いました。1000人の児童を集めて、これだけ多彩な競技内容を、ち密に組み立てて、ほぼ時間通りに終わらせることは至難の業だと言えます。保育園の保育士さん(先生)を見ていても思いますが、本当に尊いお仕事だと改めて感じました。

また、青年会議所時代の仲間だったPTA会長の高橋さんをはじめ、PTA関係者の皆様も最初から最後まで、お疲れ様でした。来賓席では隣に座らせて頂き、様々なお話をすることができました。PTA会長のお仕事も私には真似のできない仕事です。先生方、PTAの皆様、本日はありがとうございました。おかげさまで、成長した子ども達の姿をじっくりと拝見することができました。

/また今年は、PTA種目の綱引きにも参加をさせて頂きました。後藤祐一さんも同じチームで参加しましたが、残念ながら、負けてしまいました。来年は頑張ります。

【写真】: 厚木小学校第112回運動会(運動会スローガン: 負けられない熱き戦いがここにある 運動会2017)」。PTAトイレ当番と会場巡回のお仕事もさせて頂きました。

昨日(9月28日)も、松下玲子 武蔵野市長候補の応援に入りました。絶対に当選して頂きたい候補者です。

昨日(9月28日)も、松下玲子 武蔵野市長候補の応援に入りました。
絶対に当選して頂きたい候補者です。
松下玲子候補は、都議会議員選挙当選、2期目再選。3期目挑戦も774票差で惜敗。
今年の夏の都議選に再挑戦するも惜しくも次点となりました。先の都議選に引き続き、武蔵野市長選挙、想いも力強く、松下玲子候補を応援しています。
私とは、早稲田大学・稲門会つながりです。
武蔵野市民の方は、松下玲子武蔵野市長候補に一票をお願いします。

~~~
10月1日投開票の武蔵野市長選挙において、仲間の応援に入ってます。現市長の邑上守正 武蔵野市長は、「3期12年」をもって退任されることを選ばれました。まだ50代の若さ(59歳ですけど)です。
邑上市長の最初の出馬は、市長(当時の現職=6期務めました)の多選を批判し、市長選に立候補されました。邑上市長は、初心を貫き、市民との約束を守る形で、3期12年をもってキッパリ勇退し、実質的な後継として、松下玲子さんを応援されています。今回、市長選に立候補されている松下玲子候補は、都議会議員を2期務めた46歳です。私の一つ下、同年代です。
~~~

【写真】: 武蔵境駅西側改札「nonowa口」

神奈川県議会常任委員会A日程として、総務政策、防災警察、県民スポーツ、環境農政の4常任委員会開会/

本日も朝一番で県議会に登庁しました。
午前10時30分から、神奈川県議会常任委員会A日程として、総務政策、防災警察、県民スポーツ、環境農政の4常任委員会が開かれます。私は、総務政策常任委員会に所属しています。神奈川県議会において、総務政策常任委員会は、8つある常任委員会の県政順位第一位ということもあり、(委員会採決日は)全ての常任委員会の終了を待って、閉会となります。一番最後まで残り、責任を果たす役目があります。

/神奈川県議会常任委員会は、常設されている委員会で、それぞれの所管事項について調査、本会議から付託された議案や請願・陳情を審査します。現在は、条例によって8つの常任委員会が設置されており、議員はこのうちいずれか1つの委員会に所属(議長は除く)しています。本日は、私も総務政策部会の部会長として、質問に立ちました。私の持ち時間は60分。本日の質問の出来は、イマイチでありましたが、次は頑張ります。

神奈川県議会・常任委員会B日程(厚生、産業労働、建設・企業、文教)4常任委員会開会/夜は 民進党神奈川県連 選対会議/「政界再編」へ/国政においては「政権交代」も視野に入ってきました

本日も妻の出社を見送り(朝6時30分)、子ども達に朝食を食べさせたのち、長男(7歳)の小学校見送り、長女(4歳)を保育園に送り届けてから、公務につきました。今朝は雨の登園。長女は、雨の登園が大好きです。お気に入りの傘と長靴で、登園できるからです。

/本日は、10時30分から、神奈川県議会・常任委員会B日程(厚生、産業労働、建設・企業、文教)の4常任委員会が開会します。
神奈川県議会常任委員会は、常設されている委員会で、それぞれの所管事項について調査、本会議から付託された議案や請願・陳情を審査します。現在は、条例によって8つの常任委員会が設置されており、議員はこのうちいずれか1つの委員会に所属(議長は除く)しています。佐藤知一は、総務政策常任委員会(常任委員会A日程・民進党県議団 総務政策部会長)に所属しています。

/明日の総務政策常任委員会では、私も部会長として質問に立つ予定ですが、他の方の質問も含めて、明日に備えて鋭意準備中です。

/夜は、民進党神奈川県連 選対会議があり、私も神奈川県第16区総支部の幹事長として、出席をする予定です。
「民進党の前原誠司代表は27日、10月22日投開票予定の衆院選で、同党の立候補予定者のうち希望者が、希望の党(代表・小池百合子東京都知事)から立候補することを容認する方針を固めた。事実上、民進党が解党し、希望の党に合流することとなる。」といった報道があり、まさに「政界再編」が起こります。国政においては「政権交代」も視野に入ってきました。

私たち地方議員は、こういう状況の時、何をすればいいのか見失いがちですが、目の前の仕事を粛々とこなしつつ、これからのあるべき姿を模索して参ります。

【写真】: 保育園も小学校も運動会の練習真っ只中です。

政策チラシ「月刊さとう号外・ケンオウニュース」2017年10月1日号を作成しました。厚木市内を中心に15万部配布中/明日(29日金曜日)、朝日新聞、読売新聞に折込み

政策チラシ「月刊さとう号外・ケンオウニュース」2017年10月1日号を作成し現在配布中です。
月刊さとう号外は、年3回、厚木市内を中心に毎回18万枚を目標に配布しています。(月刊さとう 特別版・号外の総発行部数は、今号発行分で199万4000部となります。)

明日(29日金曜日)の新聞折込み(厚木市内)、朝日新聞、読売新聞に「政策チラシ『月刊さとう号外・ケンオウニュース』2017年10月1日号」が、タウンニュース厚木版と一緒に折りこまれています。
毎日新聞、神奈川新聞、東京新聞、産経新聞、日経新聞は、来週金曜日に折込予定です。愛川町取り扱い分の厚木市内配布については、明日・来週金曜日折込予定です。

※ 当初、10月中旬に作成・配布予定でありましたが、総選挙の影響で、早まりました。今週、バックナンバーを合計1万部、厚木市の北部(依知地区)を中心に配布(ポスティング)しています。

~~~~~~~~~~

県議会は国会や身近な市議会と比べて「何が仕事なのか判り難く認識されにくい」ことから「中二階」と揶揄されます。
ブログ活動報告は、16年1ヶ月28日、一日も休まず更新し、全て丸ごと公開中です。「継続は力なり」の気持ちで、粘り強く継続しています。

既におなじみとなったローカル紙「タウンニュース」への議会活動報告の投稿・掲載は、政治を志した時から、長く続けています。市議時代は年6回、県議就任後は隔週(月2~3回)で、ご掲載頂いております。現在、通算231回目(タウンニュース掲載部数・合計1402万2380部=ニュースレター「月刊さとう」の発行部数は含まず)の掲載となりました。
紙媒体としては、タウンニュースへの議会活動報告の投稿・掲載のほか、これとは別に「ニュースレター(月刊さとう)」の発行も行っています。

2015年1月号に「ケンセイニュース」の形式で発行して以来、市議会議員時代より使用しているA4サイズの形式と混合で発行して参りましたが、2016年6月号より「月刊さとう(特別版)」は、「ケンセイニュース」の形式をとっています。ケンセイニュースは、これまでも「株式会社タウンニュース社 出版印刷部」に制作を依頼し、作成を継続して参りました。前回から、月刊さとう号外は、「ケンオウニュース」とタイトルを改めて、発行しています。

※ ケンセイニュース・ケンオウニュースは、株式会社タウンニュース社 出版印刷部の承諾のもと作成をしているものですが、ケンセイニュース・ケンオウニュースの名称ロゴ等については、断りなく使用することはできません。

「月刊さとう(号外・特別版)」は、年3回、発行しています。「月刊さとう(号外・特別版)」の毎回の発行枚数は、18万部程度で、今回の発行枚数も前回より少し少なめの 15万部です。
記事内容は、タウンニュース厚木版への私の投稿記事が中心となっています。
今号は 9月下旬から1ヶ月間をかけて、厚木市内を中心に配布する予定です。衆議院総選挙の為、(解散前に)新聞折り込みを活用し、総選挙後に厚木市内にポスティングされます。

=====
【数字でみる佐藤知一】(2017年09月28日現在)
・早朝街頭演説日数 - 通算2267日(延べ数ではなく実数です)
・ブログ更新日数 - 16年1ヶ月28日(全て公開中)
・タウンニュース厚木版 活動報告掲載回数 - 通算231回
・タウンニュース掲載部数(合計) -1402万2380部
・月刊さとう 特別版・号外(「ケンオウニュース」含む・各回18万部発行)総発行部数 -199万4000部
・献血回数 -161回(16歳から継続中)
=====

PDF:  政策チラシ「月刊さとう号外・ケンオウニュース」2017年10月1日号 (発行部数 15万部)

【写真】: 政策チラシ「月刊さとう号外・ケンオウニュース」2017年10月1日号 (発行部数 15万部)

グッドウイルの獲得について/神奈川県議会常任委員会A日程「総務政策、防災警察、県民スポーツ、環境農政 4常任委員会」開会

投票してもらうということは、候補者が「自分に対する投票理由」の説明をし、有権者の共感と納得を得るというコミュニケーションの結果によってのみ実現されるものです。
グッドウィルとは、一般市民・消費者が、企業やブランドに対して抱く好意の総称ですが、我々現職議員や候補者、そして政党が、このグッドウィルの獲得に対して、どれほど意識して取り組んできたかが実際に問われ、結果として形となるのが、選挙です。

今回の衆院選総選挙は、始まる前(選挙公示前)から、勝負がついてしまった感があります。小池百合子東京都知事は、我々よりも、数段グッドウィルの獲得に敏感で貪欲であったということです。

中には、例外もいますが、私達議員は、世間一般のイメージよりも、地道に働いています。
ただ、この自身のグッドウィルの獲得という視点で、日々活動している議員や候補者は、地方・国政を問わず、ごく少数です。

使命感の認識があれば、自らのグッドウィルの向上については、いい加減には、できないはずですが、私も「軽薄なパフォーマンス」と指摘されることが多くあります。

選挙に強い議員は、皆、着る服は、もちろん、使用するカバンにまで気を配っています。高級車に乗るか、軽自動車に乗るか、よれよれのスーツか、イタリア製スーツか、それぞれの意味づけをしながら、意識をして使用しているはずです。我が党にも選挙に強い議員がたくさんいて、意識か無意識か、実践しているはずなのですが、これが「政党・グループ」となると全く実践できていません。

この夏もある政治塾に講師としてお招き頂き、セルフプロデュースについて2時間弱、以上のようなお話を中心に講義をさせて頂きました。

私は、民進党に残って、選挙期間中も「いち地方議員」として比例票の掘り起こしに精いっぱい頑張ります。(地元神奈川16区に候補者擁立の気配は全くないですが、擁立されれば、その方を応援をします)

/本日も朝一番で県議会に登庁しました。
午前10時30分から、神奈川県議会常任委員会A日程として、総務政策、防災警察、県民スポーツ、環境農政の4常任委員会が開かれます。私は、総務政策常任委員会に所属しています。神奈川県議会において、総務政策常任委員会は、8つある常任委員会の県政順位第一位ということもあり、(委員会採決日は)全ての常任委員会の終了を待って、閉会となります。一番最後まで残り、責任を果たす役目があります。

/神奈川県議会常任委員会は、常設されている委員会で、それぞれの所管事項について調査、本会議から付託された議案や請願・陳情を審査します。現在は、条例によって8つの常任委員会が設置されており、議員はこのうちいずれか1つの委員会に所属(議長は除く)しています。私も総務政策部会の部会長として、今議会も質問に立つ準備をしています。しっかりと県民目線に立った質問に心がけます。

本日、松下玲子 武蔵野市長候補の応援・陣中見舞い

解散総選挙の前に武蔵野市(東京都)では9月24日告示で10月1日が投票日となっている市長選挙があります。すでに選挙戦まっただ中、熱い戦いが展開されています。

本日、松下玲子 武蔵野市長候補の事務所に為書きを持って、応援に入りました。
応援と行っても、時間等の関係で陣中見舞いとなりました。

松下玲子候補は、松下政経塾出身です。都議会議員選挙当選、2期目再選。3期目挑戦も774票差で惜敗。今年の夏の都議選に再挑戦するも惜しくも次点となりました。先の都議選に引き続き、武蔵野市長選挙、想いも力強く、松下玲子候補を応援しています。
私とは、早稲田大学・稲門会つながりです。

武蔵野市民の方は、松下玲子候補に一票をお願いします。

本日、三鷹駅から松下玲子候補の事務所へ15分程度、歩かせて頂きました。
まち全体がとても綺麗で、まるで実物大の箱庭を歩いているようでありました。駅の廻りにもゴミ一つ落ちていませんでした。
この素敵な武蔵野の街のリーダーにふさわしいのは、松下玲子候補ただ一人です。

県議会 本会議 一般質問/知事との懇談会(知事・副知事3名が出席)/慶応弁論部の後輩との懇親時写真/いよいよ解散総選挙

本日、県議会 本会議 一般質問が終わりました。これからは、常任委員会審議に入って参ります。私も部会長として質問に立ちます。

夜は、知事との懇談会が県議団総務会を中心に執り行われました。黒岩知事、中島副知事、浅羽副知事、首藤副知事、そして、千田特別秘書 兼 知事補佐(グローバル戦略担当)にお越し頂きました。本日は、安倍晋三首相が会見で、28日召集の臨時国会の冒頭で衆院を解散する意向を表明しました。
9月28日に衆議院は解散され、10月10日公示、10月22日投票で、衆議院総選挙が行われることとなりました。

そんな日の夜、知事・副知事に全員お集まり頂き、2時間弱、意見交換できましたこと、非常に有意義なものでありました。

閑話休題。
さて、今回の総選挙、民進党を出て新党に行かれた方も、私は、今の民進党の功労者として、一定の感謝をしています。

櫛の歯が抜け落ちるように、一人、また一人と民進党を去り、再選を求めて、希望の党へと移っていきます。
ただ、踏み止まって、歯を食いしばって頑張っている仲間達も多くいます。
私は、まさしく沈みゆくであろう泥船に残って、私たち地方議員を見捨てなかった仲間たちを助けるために頑張ることにしました。
厚木市で、比例区の票を伸ばすことが、踏みとどまって、義を貫く仲間たちを助けることにつながります。
民進党の支持者の方はもちろん、そうでない方々も、今回の選挙戦では是非、比例区の「民進党」の候補を応援して頂きたいと考えています。
「不器用でも、筋を通す」「義理人情に厚い」、そして何よりも「信を貫く」仲間たちを助けて頂きたいという、私、佐藤知一からのお願いです。

沈みゆく船をみんなで漕ぐのもいいもんだ。
漕いでいるうちに穴がふさがることもある。(かもしれない)

民進党県議団としても、しっかりと戦いの準備を進めるべく、力を合わせて頑張って参ります。

【写真】: 一昨日(23日)慶応弁論部の学生2名とOBひとりと一緒に懇親を深めました。弁論部の現役学生と共に毎年行っている勉強会についても、11月ころ開催することで調整をしています。

神奈川新聞一面に「新党 県内全区に擁立方針 民進、新たに3人離党へ」と報道/16区総支部常任幹事会幹事長、及び、県連常任幹事に就任

本日の神奈川新聞一面に「新党 県内全区に擁立方針 民進、新たに3人離党へ」と報道されました。
具体には、1区に元衆院議員の長島一由氏、3区に同、勝又恒一郎氏、10区に新人で県議の市川佳子氏、13区に新人で元衆院議員秘書の太栄志氏が出馬する方向で調整しているとのことであります。
県内においては、内閣府副大臣(自民党)も小池新党に行かれるということで、やはり、胸のバッジは外したくないという想いは強く伝わってきます。
再選を目指す現職の議員にとって選挙は、これまでの「ご自分のお仕事」に対する評価ですから、本来なら、きちんと受けて立つことが求められるようにも思うのですが、それも含めて、有権者のご判断にゆだねるしかありません。

この様な状況の時は、考え方をシンプルにして、目の前の課題を一つ一つクリアすることが大切です。クライシスマネジメントの基本です。目の前のニンジンに右往左往したり、パニックになってはいけません。出て行かれた方も、私は、今の民進党を支えてくれた功労者として、一定の感謝をしています。

ただ、党を出て行かれたからには、敵、味方として選挙を戦うしかありません。本日開催された臨時の民進党神奈川県16区総支部常任幹事会においては、文字通りの非常事態ということで、私が全会一致で御推挙され、16区総支部常任幹事会幹事長、及び、県連常任幹事に就任することとなりました。火中の栗を拾う覚悟をもって、しっかりと課された責任を果たして参りたいと思います。
まずは戦う態勢を整えて、しっかりと戦ってまいります。私は、泥船に残って、私たち地方議員を見捨てなかった仲間を助けるために頑張ります。

【写真】: 神奈川新聞一面に「新党 県内全区に擁立方針 民進、新たに3人離党へ」と報道/上が紙面、下が神奈川新聞ニュースサイト=写真向かって左下の見切れているのが私です。

16区総支部常任幹事会幹事長、及び、県連常任幹事に就任/朝一番で「秋のお彼岸」墓参り/墓参後は、妻と子供たちと共に青松寺近くのコメダ珈琲で朝食(モーニングセット)/不二家 ミルキー/西仲子供会「ドッヂボール」

本日は朝一番で、「秋のお彼岸」の墓参りに行って参りました。
春分と秋分の彼岸墓参りは、家族そろって行う年中行事の一つです。妻と子ども達、両親、実弟の家族と共に厚木市妻田の青松寺(臨済宗建長寺派 吉祥山青松寺)に墓参しました。ご先祖様に恥ずかしくない自分でありたいと思っています。

墓参後は、妻と子供たちと共に川沿いに咲き乱れる曼殊沙華(彼岸花)を見ながら、川沿いを散歩、その後、青松寺近くの コメダ珈琲で朝食(モーニングセット)を取りました。墓参り時、和尚さんから頂く「ミルキー」と墓参後のコメダ珈琲は、子供たちのお楽しみです。

/午後は、地元、西仲子供会「ドッヂボール」に長男が参加。
長女は、お寺の和尚さんに頂いたミルキーを手に練習を見学していました。長男は、ドッヂボールやサッカー、体操、水泳等、身体を動かすのが大好きなようです。毎週末のサッカー教室と月二回の子供会ドッヂボールをとても楽しみにしています。一緒に汗をかいて遊んでやる時間も十分に取れないと感じていますが、その分、多くの機会をとらえて身体を動かす楽しさを感じてほしいと思っています。
練習後は、ジュースとお菓子(本日はミスタードーナツ)をみんなで食べて栄養補給。未就学児の長女4歳、私もコーチ(保護者)として頂きました。

/夜は、臨時の民進党神奈川県16区総支部常任幹事会が、開かれました。
後藤祐一総支部長の除籍処分によるものです。いくつかの確認事項や決め事がありました。これまでは、総支部長のもと、経験を積んでいただくことを目的に、一般市議会議員を中心に就任して頂いて参りましたが、文字通りの非常事態ということで、私が、16区総支部常任幹事会幹事長、及び、県連常任幹事に就任することとなりました。しっかりと課された責任を果たして参りたいと思います。

【写真】: 朝一番で「秋のお彼岸」墓参り/墓参後は、妻と子供たちと共に青松寺近くのコメダ珈琲で朝食(モーニングセット)/不二家 ミルキー/西仲子供会「ドッヂボール」