県議会 本会議 一般質問/知事との懇談会(知事・副知事3名が出席)/慶応弁論部の後輩との懇親時写真/いよいよ解散総選挙

本日、県議会 本会議 一般質問が終わりました。これからは、常任委員会審議に入って参ります。私も部会長として質問に立ちます。

夜は、知事との懇談会が県議団総務会を中心に執り行われました。黒岩知事、中島副知事、浅羽副知事、首藤副知事、そして、千田特別秘書 兼 知事補佐(グローバル戦略担当)にお越し頂きました。本日は、安倍晋三首相が会見で、28日召集の臨時国会の冒頭で衆院を解散する意向を表明しました。
9月28日に衆議院は解散され、10月10日公示、10月22日投票で、衆議院総選挙が行われることとなりました。

そんな日の夜、知事・副知事に全員お集まり頂き、2時間弱、意見交換できましたこと、非常に有意義なものでありました。

閑話休題。
さて、今回の総選挙、民進党を出て新党に行かれた方も、私は、今の民進党の功労者として、一定の感謝をしています。

櫛の歯が抜け落ちるように、一人、また一人と民進党を去り、再選を求めて、希望の党へと移っていきます。
ただ、踏み止まって、歯を食いしばって頑張っている仲間達も多くいます。
私は、まさしく沈みゆくであろう泥船に残って、私たち地方議員を見捨てなかった仲間たちを助けるために頑張ることにしました。
厚木市で、比例区の票を伸ばすことが、踏みとどまって、義を貫く仲間たちを助けることにつながります。
民進党の支持者の方はもちろん、そうでない方々も、今回の選挙戦では是非、比例区の「民進党」の候補を応援して頂きたいと考えています。
「不器用でも、筋を通す」「義理人情に厚い」、そして何よりも「信を貫く」仲間たちを助けて頂きたいという、私、佐藤知一からのお願いです。

沈みゆく船をみんなで漕ぐのもいいもんだ。
漕いでいるうちに穴がふさがることもある。(かもしれない)

民進党県議団としても、しっかりと戦いの準備を進めるべく、力を合わせて頑張って参ります。

【写真】: 一昨日(23日)慶応弁論部の学生2名とOBひとりと一緒に懇親を深めました。弁論部の現役学生と共に毎年行っている勉強会についても、11月ころ開催することで調整をしています。

現在コメントは受け付けていませんが、トラックバックを送信できます: トラックバック URL
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。