Monthly Archives: 11月 2017

市川市長選挙応援・田中甲候補陣中見舞い/厚木市農業委員会OB会・22会親睦会/県庁三田会(@横浜中華街)は欠席しました

本日も妻の出社を見送り(朝6時30分)、子ども達に朝食を食べさせたのち、長男(7歳)の小学校見送り、長女(4歳)を保育園に送り届けてから、本厚木駅北口及び、中心市街地交差点に立たせて頂き早朝議会活動報告を行いました。平日毎日行っている早朝議会活動報告は本日で通算2288日目(延べ日数ではなく実数)となります。選挙の有無に関らず、可能な限り、駅頭や交差点に立ち議会報告を行っています。このスタイルは、市議会議員時代から全く変わりません。

/その後、いったん、地元事務所に寄ってから、市川市長選挙応援・田中甲候補 陣中見舞いに参りました。2006年、田中甲・元衆議院議員の主宰する勉強会(政治塾)リーダーシップ研究所(リーダーシップインスティチュート・ジャパン)に私も参加させて頂き、無事、修了しました。また、私・さとう知一は、日本税制改革協議会(JTR)の納税者保護誓約書(子どもにツケをまわさないことを誓約)にサインしています。全国の自治体議員サインナーの中で、私は全国二番目のサインナーです。市町村議会議員で最初のサインナーは、佐藤と同じ歳の盟友で、現在、埼玉県和光市の松本武洋市長(当時市議)です。この時の立会人を務めて頂いたのが、田中甲さんです。
田中甲候市川市長候補は、10年来のお付き合いをしている私の恩人です。門下生の一人と言うには、ご無沙汰をしていて申し訳ありませんが、今回の市川市長選挙には、ぜひ当選して頂きたいと強く願っています。

/夜は、厚木市農業委員会OB会・22会親睦会のご案内を頂きました。他の公務と重なってしまいましたが、今年は、厚木市農業委員会OB会・22会親睦会に出席をさせて頂きました。
本日は、同時刻に県庁三田会が、横浜中華街にて開かれましたが、今年は、欠席とさせて頂きました。
平成22年の厚木市農業委員会委員・農業委員会事務局をメンバーに作る親睦会です。毎年、欠かさず、交流を重ねています。私も農業委員の時の経験が、今の農業政策にも大きく影響しています。その他にも18歳から2年間、ニュージーランドの酪農場・アスパラガス農園で、農業を経験させて頂きました。国内外で、現場をしっかりと経験し、熱く農政を語っています。

【写真】: 市川市長選挙応援・田中甲候補陣中見舞い

緒方夕佳 熊本市議会議員が、ゼロ歳児の乳児を連れて、議場の席に着いたことが大きなニュースになっています。

緒方夕佳 熊本市議会議員が、ゼロ歳児の乳児を連れて、議場の席に着いたことが大きなニュースになっています。
私は、基本的には、それぞれの議会でルールを決めて判断するべきと考えています。(緒方議員と私は面識もなければ、何の接点もありません)

ただ、他の自治体議会と同じに考えていけないことは、熊本市は被災地であり、現状も被災から懸命に立ち直ろうとしているところです。熊本市・熊本市議会では、現地視察の受入れも大きく制限しています。

熊本市子ども支援課が運営する「熊本市 結婚・子育て応援サイト」では、保育園の空き状況が検索できるシステムとなっています。平成29年11月2日時点の情報では、当該の緒方議員の住む熊本市東区では、保育園、認定こども園、地域型保育施設のいずれの施設でも、0歳児の空きはありませんでした。

私たち夫婦が授かった第一子(今は小学校2年生)も、最初は、認可保育園に入ることができず、待機児童となりました。我が家も共働きですので、無認可保育園に預けて仕事をしていました。当時は、現職の市議でありましたが、議員だからと言って、特権はありません。他の待機児童を抱えるご家庭と同じで、大変苦労しました。

被災地である熊本市の保育園の状況、無認可保育園も十分にあるのかどうかも含めて、承知していませんが、おそらく、厳しいと言われる首都圏よりももっと厳しい状況なのではないかと推察しています。(私の私見です)

みんなで力を合わせて、被災から立ち上がろうとしている状況ですから「議会に託児所を作ってくれ」と要求しても、まずは「被災地の復興にお金を使うべき」との意見もあるでしょうし、当該の議員もそう考えていたのかもしれません。

私は「熊本市議会で話し合って決めるべきこと」と思いますが、世の中には、無認可保育園にも子供を預けることができずに困り果てている子育て世帯も多くいます。そうした状況に対して一石を投じ、問題を提起してくれたことに大きな意味はあったと思っています。

議会は神聖なところですが、私が初当選した頃と比べても大きく変わっています。

2005年9月14日、「総合的学習」の一環として職場体験に当時、厚木市議会議員だった私の所に中学生が来てくれた時のことです。妻田北地区住民との陳情対応、障害者作業所(白根工房)や地元のお店屋さん(床屋さん等)への訪問。教育長(厚木市三役)との面会、タウンニュース(地元タウン紙編集部)へ訪問し、支社長や編集長との面談などを行いました。
が、当時のベテラン市議会議員から「こんな子供を神聖な議会に連れてきてとんでもない。遊びじゃないんだぞ。」と強い口調で一喝されました。その発言は、私に向けられたものでしたが、彼女(中学生)は、泣いてしまいました。

あれから12年、今では、中学生議会として、厚木市議会の議場を開放し、中学生に議論をさせています。神奈川県議会でも、高校生に議場を開放して、ハイスクール議会を毎年行っています。議場は神聖な所であることは、今も昔も変わりませんが、少なくとも昔なら、考えられなかったことです。

海外の事例を見ていても、今回、大問題とされた出来事も(遠からず)問題とならない時が来るのではないかと私は考えています。

はじめに記した通り、今回のことは、当該自治体議会(熊本市議会)で考えることであって、そこでの議論を経て得られた結果が、全国に広がり、定着するということになるのでしょう。私のいる首都圏とは、保育環境もそれを取り巻く周りの環境も異なるのではないかと思っています。

今回の事例は、議会での決まり事を守っていなかったのかもしれませんし、双方に言い分があると思います。オーストラリア国会等でも、当初は決まりごとに違反している状況であったが、その後、許されるようになったと承知しています。
私自身も賛否があっていいと思っています。
また、熊本市議会に「不適切な議会対応や差別的対応」があったとは、思っておりません。現状では、極めて常識的なご対応をされていると私は認識していますので、念のため。
併せてこれは、私の立場からは言いにくいことですし、また、現在、我が家は、ファミリーサポートにお願いしますが、無資格の方にゼロ歳児をお預けすることに抵抗を感じる方も多くいます。実は、我が家も、長男が0歳児の時は、無認可ではあっても保育園か、資格のあるベビーシッターさんにお願いしていました。特に初めて授かった子供でありましたし、自然な想いだと思います。

厚木市全国県人会連合会創立30周年記念「ふるさと芸能発表会」(厚木市文化会館大ホール)/厚木YMCA祭/第48回 厚木市社会福祉大会(厚木市保健福祉センター ホール)/ごみ減量リサイクル標語・ポスター ごみ収集車イメージアップ絵画(あつぎロードギャラリー)/県央県北地区高等学校定時制通信制教育振興会 第28回芸術作品展(あつぎアートギャラリー)/心に響く瞬間 わっさんアートの世界(あつぎアートギャラリー)

本日は、勤労感謝の日です。「勤労をたっとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」ことを趣旨としています。

午前中は、「厚木市文化会館 大ホール」にて開催された、厚木市全国県人会連合会主催の「厚木市全国県人会連合会創立30周年記念 第28回(2017年) ふるさと芸能発表会」オープニングセレモニーに来賓としてお招き頂きました。
毎年お招き頂き、ステージ上から御挨拶をさせて頂いております。県人会による「ふるさと芸能発表会」は、故郷の懐かしい唄や踊りが楽しめる毎年恒例のイベントです。厚木市の県人会メンバーが、とっておきの伝統芸能を披露します。私も毎年楽しみに参加をさせて頂いております。
厚木市全国県人会連合会創立30周年で、ふるさと芸能発表会は、今年で28回目です。阪神淡路大震災時と東日本大震災時に、自粛し、開催していないことから、2回少ないとのことです。

/午後からは、「厚木YMCA祭」に保育園・放課後児童クラブ(学童クラブ)の保護者として(妻と子どもと一緒に)参加しました。妻と子ども達は、朝からイベントを楽しみ、私があとから合流しました。
年に1度の厚木YMCA全体のお祭りです。長男の通う、学童クラブでも、毎年フランクフルトなどの模擬店を出店し、国際地域協力募金に微力ながら貢献しています。今年は、フランクフルト模擬店のお手伝いをし、ステージ発表もしました。
長男のステージ発表は、ふるさと芸能発表会オープニングセレモニーの時間と重複してしまった為、今年は見ることができませんでした。妻と長女が発表を見に行きました。放課後児童クラブのテーマソング「あゆっ子節」他、4曲を元気に披露したそうです。手話の先生「奥根さん」の指導により、手話を用いての歌の発表を毎年行っています。

神奈川県では、全国で二番目に手話言語条例を施行していますが、幼い頃から、このように手話に親しむ取組みをして頂くことは、とても素晴らしいことです。発表後の集合写真も含めて、子ども達のやりきった感が伝わり、楽しい時間となりました。子ども達も、みんなで協力し合い、YMCA祭の参加を通じて社会貢献活動に参加できたことを嬉しく思っているようです。

(HPより)「厚木YMCAでは、毎年、国際・地域協力募金活動の一環としてYMCA祭を実施しています。YMCA祭の収益は国際・地域協力募金となり、これまでミャンマーでの医療活動支援、農村指導者育成、タイでは児童保護の為のシェルター、エイズ防止プロジェクトへの参加、カンボジアの地雷の被害に苦しむ子ども達の支援、神奈川県内に住む外国人の方への支援、また昨年度の募金は今年も日本国内はもとより、世界各国の様々な人々を一人でも多く支援する為にバザー、ゲーム、模擬店、抽選会など、厚木YMCA専門学生、プログラム会員、職員、スタッフが一丸となってたくさんの楽しい催しを行います。 上記のようなYMCA活動にご理解の上、ぜひ募金や献品などにご協力いただき、また当日には足をお運びいただきますよう、よろしくお願い申し上げます。」

/その後、厚木市保健福祉センター(ホール)にて開催された「第48回 厚木市社会福祉大会」に来賓として出席しました。厚木市社会福祉大会は厚木市において社会福祉に貢献された方を厚木市と厚木市社会福祉協議会(前場政行会長)が表彰する式典です。介護表彰など厚木市長表彰、社会福祉功労表彰、社会福祉のための多額の金員を寄附して頂いた個人・団体に厚木市長感謝状が贈呈されました。受賞されました個人・団体の皆様おめでとうございます。また、式典終了後、福祉作文2名(小学生・中学生)の発表がありました。

/また本日は、あつぎアートギャラリーにて開催されている「県央県北地区高等学校定時制通信制教育振興会 第28回芸術作品展」「心に響く瞬間 わっさんアートの世界」、あつぎロードギャラリーで開催中の「ごみ減量リサイクル標語・ポスター ごみ収集車イメージアップ絵画 」もそれぞれ廻らせて頂きました。
県央県北地区高等学校定時制通信制教育振興会 第28回芸術作品展は、県央県北地区高等学校定時制通信 制教育振興会の主催で開催されています。県央県北地区の定時制通信制高校で学ぶ生 徒の芸術作品展です。授業や部活動で制作したポスター、手芸、 工芸、陶芸、書道、被服、写真、文芸などの 作品を500点以上展示しています。
心に響く瞬間 わっさんアートの世界は、依存症から立ち直るべく、頑張っている和田さんを支える人の協力により開催されている和田さんの個展です。本日、御本人ともお話をさせて頂きました。依存症対策については、これまでも本会議で取り上げるなど、私自身も取り組んで参りました。応援しています。

【写真】: 厚木市全国県人会連合会創立30周年記念「ふるさと芸能発表会」(厚木市文化会館大ホール)/厚木YMCA祭/第48回 厚木市社会福祉大会(厚木市保健福祉センター ホール)/ごみ減量リサイクル標語・ポスター ごみ収集車イメージアップ絵画(あつぎロードギャラリー)/県央県北地区高等学校定時制通信制教育振興会 第28回芸術作品展(あつぎアートギャラリー)/心に響く瞬間 わっさんアートの世界(あつぎアートギャラリー)

本日の早朝議会活動報告は本厚木駅北口及び、中心市街地交差点(通算2287日目)/(昨日)小学校PTA学年委員主催「親子のつどい」に参加し、身体を動かすゲームを楽しみました。PTA学年委員の皆様、お疲れさまでした。学校帰りには長男リクエストの「ずんだ団子と酒饅頭」。通学路にあるお団子屋さん「たかの」/(昨日)「厚木市職員組合 第63回 定期大会(杉山浩一中央執行委員長)」(厚木保健福祉センター・ホール)に出席。参加者の皆様にご挨拶をさせて頂きました/厚木保健福祉センター「不要入れ歯回収BOX」

本日も妻の出社を見送り(朝6時30分)、子ども達に朝食を食べさせたのち、長男(7歳)の小学校見送り、長女(4歳)を保育園に送り届けてから、本厚木駅北口及び、中心市街地交差点に立たせて頂き早朝議会活動報告を行いました。平日毎日行っている早朝議会活動報告は本日で通算2287日目(延べ日数ではなく実数)となります。選挙の有無に関らず、可能な限り、駅頭や交差点に立ち議会報告を行っています。このスタイルは、市議会議員時代から全く変わりません。

/その後、いったん、地元事務所に寄ってから、横浜の県議会に登庁し執務にあたります。

【写真】: 昨日午後は、小学校PTA学年委員主催「親子のつどい」に参加し、身体を動かすゲームを楽しみました。PTA学年委員の皆様、お疲れさまでした。学校帰りには長男リクエストの「ずんだ団子と酒饅頭」。通学路にあるお団子屋さん「たかの」/夜は「厚木市職員組合 第63回 定期大会(杉山浩一中央執行委員長)」(厚木保健福祉センター・ホール)に出席。参加者の皆様にご挨拶をさせて頂きました/厚木保健福祉センターには「不要入れ歯回収BOX」があります/本日の早朝議会活動報告は、本厚木駅北口及び、中心市街地交差点(通算2287日目)

早朝議会活動報告は本厚木駅東口(小田急線ガード下)及び、中心市街地交差点(通算2286日)/小学校PTA学年委員主催「親子のつどい」/厚木市職員組合 第63回 定期大会(杉山浩一中央執行委員長)

本日も妻の出社を見送り(朝6時30分)、子ども達に朝食を食べさせたのち、長男(7歳)の小学校見送り、長女(4歳)を保育園に送り届けてから、本厚木駅東口(小田急線ガード下)及び、中心市街地交差点に立たせて頂き早朝議会活動報告を行いました。平日毎日行っている早朝議会活動報告は本日で通算2286日目(延べ日数ではなく実数)となります。選挙の有無に関らず、可能な限り、駅頭や交差点に立ち議会報告を行っています。このスタイルは、市議会議員時代から全く変わりません。
昔は、曜日を決めて本厚木駅や愛甲石田駅の各口、中心市街地交差点に立たせて頂きましたが、今は、その時の状況を勘案し、柔軟に場所を決めることとしています。ただ、Facebookタイムラインでは、3年前の今日も本厚木駅東口(小田急線ガード下)及び、中心市街地交差点での早朝街頭活動でした。たまたま同じになりました。

閑話休題。
子どもが小学校にあがったことや県議会・党県連等での役職に恵まれることで、早めの登庁が義務付けられることが多くなり、朝の街頭活動の時間を取りにくくなりました。昨年夏から、夕方・夜の街頭活動を復活させています。通算2286日という回数ですが、延べ日数ではなく実数ですので、朝・夕・晩と複数回立っても、増えることはありません。毎日の小さな積み重ねは、応援して頂く人たちへの「私の感謝の想い」を述べるつもりで行っております。
今朝も冬の到来を感じさせるに十分なほどの寒さでした。本日から手袋を着けて街頭活動を行いました。

/本日午後は、小学校PTA学年委員主催「親子のつどい」に参加をする予定です。

/夜は、厚木保健福祉センター(ホール)にて開会する予定の「厚木市職員組合 第63回 定期大会(杉山浩一中央執行委員長)」に出席をさせて頂く予定です。2017年度の総括と更なる組織強化、意思統一を確認するための定期大会です。

【写真】: 早朝議会活動報告は本厚木駅東口(小田急線ガード下)及び、中心市街地交差点(通算2286日)。子供を保育園に送り届けてから、街頭に立つので時間的には、遅くなります。選挙の有無に関わらず、毎日街頭に立つことで、カバーしているつもりです。本日もいい天気。気持ちよく街頭活動ができました。

県議会 臨時・緊急団会議/地元事務所で3件の面会・ヒアリング/早朝議会活動報告は2285日目(中心市街地交差点)/おやじ飯

本日も妻の出社を見送り(朝6時30分)、子ども達に朝食を食べさせたのち、長男(7歳)の小学校見送り、長女(4歳)を保育園に送り届けてから、中心市街地交差点に立たせて頂き早朝議会活動報告を行いました。平日毎日行っている早朝議会活動報告は本日で通算2285日目(延べ日数ではなく実数)となります。選挙の有無に関らず、可能な限り、駅頭や交差点に立ち議会報告を行っています。このスタイルは、市議会議員時代から全く変わりません。

/その後、横浜の県議会に登庁し執務にあたりました。決算特別委員会審議に係る懸案を主な議題に緊急・臨時団会議が招集されました。私も出席しました。

/団会議終了後、厚木に戻り、地元事務所で公務にあたりました。また、スルガ銀行厚木支店の支店長・副支店長も、そろって私の事務所にお越し頂き、意見交換をさせて頂きました。その他、2件の面会・ヒアリングを行いました。

/夕方は、長女と長男を迎えに行きつつ、子供達と帰路につきました。夕食を作り、子ども達に夕食を食べさせて、風呂に入れて、妻の帰りを待ちます。本日の夕食は「ブリの照り焼きと豚肉もやし・葱炒め、きのこの味噌汁、食後はみかん」です。私は元調理師ではありますが、日常的に作るのは、このように簡単なものです。

妻の帰りが遅い場合は、寝かしつけまでがワンセットとなります。
その後、私は、いつものように妻の帰りを待って、妻と一緒に夕食をとり、残った仕事に取り掛かります。

【写真】: 私の地元事務所で執務・懇談。狭くて恐縮ですが、日常的な活動には十分な広さです/本日の夕食は「ブリの照り焼きと豚肉もやし・葱炒め、きのこの味噌汁、食後はみかん」(長男・長女共に完食しました)(写真の「盛り」は小学校2年生の長男のもの)

第7回 あつぎ東部ふれあい市/市民ふれあいマーケット/第5回 一期一会祭り/ぶくぱん こねっと(厚木市妻田南)バケットショコラ/Plaisir プレジール千穂(厚木市戸室)湘南小麦のカマンベールノア/スイス菓子 ポニイ(厚木市旭町)4種類のロールケーキ/地元の老舗天ぷら屋さん「竹梅」にてランチ

本日、厚木中央公園にて行われた「第7回 あつぎ東部ふれあい市」にお伺いし、一言、ご挨拶をさせて頂きました。
今年で7回目となる厚木東部ふれあい市ですが、第1回目と2回目は、天候に恵まれず大雨の中の開催でした。3回目こそ、晴天に恵まれましたが、4回目と5回目も雨でした。6回目となる昨年が、晴天で、7回目となる今年も昨年に引き続き、晴天に恵まれました。今年のあつぎ東部ふれあい市も、多くの方々に足を運んで頂きました。

/あつぎ東部ふれあい市の隣の会場では、「市民ふれあいマーケット」が行われ、こちらもそれぞれのブースを廻らせて頂きました。市民ふれあいマーケットは、限りある資源の有効利用のため、 日常生活の中で不用となった品物を持ち寄り、マーケットを開催することにより、リユースの推進と物を大切にする心をはぐくむことを目的として年4回程度開催しています 。出店者も抽選で決まりますが、大変人気で、出店も競争率が高いと伺っています。

/アマチュアからプロまでそれぞれが特技を持ち寄る「第5回 一期一会祭り」にお伺いし、主催者の中里 恵美麻さんにも御挨拶をさせて頂きました。今回で、ちょうど一周年となります。ぶくぱん こねっと(厚木市妻田南)バケットショコラ、Plaisir プレジール千穂(厚木市戸室)湘南小麦のカマンベールノア、あつぎ東部ふれあい市では、スイス菓子 ポニイ(厚木市旭町)4種類のロールケーキを購入させて頂きました。厚木には、ケーキやパンの美味しいお店が、とても多くあります。こうしたイベントに出店しているパンやケーキをお試し購入して、美味しかったら、お店を訪問して購入されると良いと思います。どこのお店も、材料にもこだわった逸品です。

/長男は、自治会子供会のドッヂボール。その後、家族で、地元の老舗天ぷら屋さん「竹梅」にて、ランチをとりました。揚げたて天ぷらは、美味しかったです。

/本日も午後から、市内を廻らせて頂きます。また、夕方には、毎週末の恒例となった長男との野球遊びに出かける予定です。

【写真】: 第7回 あつぎ東部ふれあい市/市民ふれあいマーケット/第5回 一期一会祭り/ぶくぱん こねっと(厚木市妻田南)バケットショコラ/Plaisir プレジール千穂(厚木市戸室)湘南小麦のカマンベールノア/スイス菓子 ポニイ(厚木市旭町)4種類のロールケーキ/地元の老舗天ぷら屋さん「竹梅」にてランチ

「緑ヶ丘公民館 福祉落語」「第46回 荻野地区公民館まつり」「もみじまつり(つつじの丘公園)」の各会場を廻らせて頂きました。また、明日開催される「小鮎地区ふれあい秋季健康まつり」のメッセージを小鮎公民館に直接お持ち致しました/小学校PTAイベント終了にかかわる懇親会に委員長として出席をさせて頂きました

本日は、「緑ヶ丘公民館 福祉落語(相模演芸協会・落語「親の顔」相模亭みの助/落語「『カラオケ』病院」相模亭うっかり)」「第46回 荻野地区公民館まつり」「もみじまつり(つつじの丘公園)」の各会場を廻らせて頂きました。また、明日開催される「小鮎地区ふれあい秋季健康まつり」のメッセージを小鮎公民館に直接お持ち致しました。

夜は、小学校PTAイベント終了にかかわる懇親会に委員長として出席をさせて頂きました。PTA会長の御配慮で、シメの挨拶をさせて頂きましたが、先生達や保護者の方々と非常にざっくばらんなお話をすることができて、非常に楽しいひと時でありました。企画して頂いた本部の方々には、心より感謝します。

【写真】: 「緑ヶ丘公民館 福祉落語」「第46回 荻野地区公民館まつり」「もみじまつり(つつじの丘公園)」の各会場を廻らせて頂きました。また、明日開催される「小鮎地区ふれあい秋季健康まつり」のメッセージを小鮎公民館に直接お持ち致しました。

慶應義塾全国議員連盟 平成29年度総会・講演会・懇親会・懇親会二次会の写真/津倉武之 慶應義塾大学准教授・浅野史郎 元宮城県知事 神奈川大学教授・石破茂 衆議院議員・壬生基博 森アーツセンター 副理事長

昨日行われた、慶應義塾全国議員連盟 平成29年度総会・講演会・懇親会・懇親会二次会の写真をアップします。
慶應義塾全国議員連盟の前身「慶応義塾全国市議会議員連盟」の時から、私も中心メンバー(当時、厚木市議会議員、現在、副会長)として活動をして参りました。もちろん、自民党、民進党、社民党、公明党、無所属や地域政党etc.と党派を超えた集まりです。
もともと慶応義塾市議会議員連盟として、平成13年11月3日に発足した団体ですが、前々回の統一地方選で、私を含め3名が県議会議員に転身したことから、平成21年の総会において、会の名称を「慶應義塾全国議員連盟」と改めました。現在は、現役地方議員およそ150名と元地方議員およそ50名で運営しています。壷田重夫会長(第三代会長)と共に力を合わせて盛り上げています。

昨日の研修会会場は、慶應義塾大学・三田キャンパスで、一日行われました。(懇親会二次会は「つるのや」)
佐藤知一も副会長として出席をしました。午後1時から午後7時まで、みっちりと真面目に研修会を受講しました。
以下の日程にもあります通り、非常に豪華な講師陣での講演会で、どこにも負けない内容の研修会となっています。

~~~~~~
慶應義塾全国議員連盟 平成29年度総会・講演会日程
1、総会
2、講演会1 「体育会に見る福澤イズムと慶應らしさ」 慶應義塾大学准教授 津倉 武之 先生(議連顧問)
3、講演会2 「地方自治について」 神奈川大学教授 浅野 史郎 元宮城県知事(議連顧問・会友)
4、講演会3 「最近の政治国際情勢」 衆議院議員 石破 茂 先生(議連顧問)
5、講演会4 「街創りにおける文化戦略~六本木ヒルズ」 壬生 基博 先生
wikipedia 壬生家(藤原北家中御門流)より引用「 基博は、昭和天皇の第1皇女成子内親王と東久邇宮稔彦王の長男盛厚二男。壬生家の養子となり、第一ホテル専務などを務めた。」
6、懇親会
~~~~~~

【写真】: 慶應義塾全国議員連盟 平成29年度総会・講演会・懇親会・懇親会二次会の写真

本日発行の「タウンニュース厚木版(2017年11月17日号)」に活動報告関係記事掲載/「活動報告No.235 東京五輪・ラグビーW杯」「花園ラグビー場」「東日本大震災」「東京五輪・W杯」

本日発行の「タウンニュース厚木版(2017年11月17日号)」に私の活動報告関係記事のご掲載を頂きました。
大見出しは「活動報告No.235 東京五輪・ラグビーW杯」、小見出しは「花園ラグビー場」「東日本大震災」「東京五輪・W杯」です。

http://www.townnews.co.jp/0404/2017/11/17/407871.html

/タウンニュースへの議会活動報告の投稿・掲載は、政治を志した時から、長く続けています。厚木市議会議員時代は年6回、神奈川県議会議員就任後は隔週(月2~3回)で、ご掲載頂いております。今回で、通算235回目となりました。

県議会は、テレビ等で知ることのできる国会や身近な市議会と比べて「何が仕事なのか判り難く認識されにくい」ことから「中二階」と揶揄されます。ブログ活動報告も16年4ヶ月17日、一日も休まず更新し、全て丸ごと公開中です。「継続は力なり」の気持ちで、粘り強く継続しています。

=====
【数字でみる佐藤知一】(2017年11月17日現在)
・早朝街頭演説日数 - 通算2285日(延べ数ではなく実数です)
・ブログ更新日数 - 16年4ヶ月17日(全て公開中)
・タウンニュース厚木版 活動報告掲載回数 - 通算235回
・タウンニュース掲載部数(合計) -1422万9700部
・月刊さとう 特別版・号外(「ケンオウニュース」含む・各回18万部発行)総発行部数 -199万4000部
・献血回数 -161回(16歳から継続中)
=====

【写真】: タウンニュース厚木版(発行部数51,830部) 2017年11月17日号に掲載された さとう知一の議会活動報告(通算第235号)
※ 下の記事画像クリックから、サイズが大きくなります。