市川市長選挙応援・田中甲候補陣中見舞い/厚木市農業委員会OB会・22会親睦会/県庁三田会(@横浜中華街)は欠席しました

本日も妻の出社を見送り(朝6時30分)、子ども達に朝食を食べさせたのち、長男(7歳)の小学校見送り、長女(4歳)を保育園に送り届けてから、本厚木駅北口及び、中心市街地交差点に立たせて頂き早朝議会活動報告を行いました。平日毎日行っている早朝議会活動報告は本日で通算2288日目(延べ日数ではなく実数)となります。選挙の有無に関らず、可能な限り、駅頭や交差点に立ち議会報告を行っています。このスタイルは、市議会議員時代から全く変わりません。

/その後、いったん、地元事務所に寄ってから、市川市長選挙応援・田中甲候補 陣中見舞いに参りました。2006年、田中甲・元衆議院議員の主宰する勉強会(政治塾)リーダーシップ研究所(リーダーシップインスティチュート・ジャパン)に私も参加させて頂き、無事、修了しました。また、私・さとう知一は、日本税制改革協議会(JTR)の納税者保護誓約書(子どもにツケをまわさないことを誓約)にサインしています。全国の自治体議員サインナーの中で、私は全国二番目のサインナーです。市町村議会議員で最初のサインナーは、佐藤と同じ歳の盟友で、現在、埼玉県和光市の松本武洋市長(当時市議)です。この時の立会人を務めて頂いたのが、田中甲さんです。
田中甲候市川市長候補は、10年来のお付き合いをしている私の恩人です。門下生の一人と言うには、ご無沙汰をしていて申し訳ありませんが、今回の市川市長選挙には、ぜひ当選して頂きたいと強く願っています。

/夜は、厚木市農業委員会OB会・22会親睦会のご案内を頂きました。他の公務と重なってしまいましたが、今年は、厚木市農業委員会OB会・22会親睦会に出席をさせて頂きました。
本日は、同時刻に県庁三田会が、横浜中華街にて開かれましたが、今年は、欠席とさせて頂きました。
平成22年の厚木市農業委員会委員・農業委員会事務局をメンバーに作る親睦会です。毎年、欠かさず、交流を重ねています。私も農業委員の時の経験が、今の農業政策にも大きく影響しています。その他にも18歳から2年間、ニュージーランドの酪農場・アスパラガス農園で、農業を経験させて頂きました。国内外で、現場をしっかりと経験し、熱く農政を語っています。

【写真】: 市川市長選挙応援・田中甲候補陣中見舞い

現在コメントは受け付けていませんが、トラックバックを送信できます: トラックバック URL
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。