公益社団法人 神奈川県宅地建物取引業協会 県央支部「創立50周年記念式典」「平成30年 賀詞交歓祝賀会」(レンブラントホテル厚木)/自治労神奈川県総合リハビリテーションセンター労働組合

本日は、自治労神奈川県総合リハビリテーションセンター労働組合にお伺いし、ヒアリング。課題も山積です。一年ほど前の2016年12月2日、神奈川県議会・代表質問に登壇し、神奈川県総合リハビリテーションセンターについて質問をさせて頂きました。その質問で私は、「経費節減の考え方が反映された指定管理料の算定によって、本来必要な人件費にそのしわ寄せの一部が来ているのではないか。高度な技術とノウハウを外部に流出させることは、県民の財産の損失でもある」と指摘をさせて頂きました。あれから一年が経ち、現状について、お話をお伺いしました。

/夜は、公益社団法人 神奈川県宅地建物取引業協会 県央支部「創立50周年記念式典」「平成30年 賀詞交歓祝賀会」が、レンブラントホテル厚木「相模の間」にて盛大に開かれました。私も顧問議員・来賓の一人として、記念式典では、ステージ上からご挨拶をさせて頂き、その後の賀詞交歓祝賀会では、鏡開きをさせて頂きました。

【写真】: 公益社団法人 神奈川県宅地建物取引業協会 県央支部「創立50周年記念式典」「平成30年 賀詞交歓祝賀会」(レンブラントホテル厚木)

現在コメントは受け付けていませんが、トラックバックを送信できます: トラックバック URL
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。