本日は、朝から、県議会に登庁し執務にあたりました/活動報告原稿、本日無事に校了/先週末、子ども達は、妻と一緒にパンを焼きました

本日は、朝から、県議会に登庁し執務にあたりました。また、明日午前中が締切りとなっているタウンニュース厚木版に掲載する活動報告原稿も、本日無事に校了しました。担当の方には、いつもお世話をおかけしています。

/昨日は、神奈川県議会厚生常任委員会が開催され、神奈川県立がんセンター(大川伸一病院長)で放射線科医が一斉退職した問題が審査されました。京島議員からも、ご報告頂きました。

(以下は、報道・も含めたまとめ)
首藤健治副知事が出席し、「設置団体として重大なことと認識している。県民に不安、不便をおかけしたことを反省し、お詫び申し上げたい」と謝罪した。医師確保や養成のため、横浜市立大学などの県内の医学部を持つ大学との連携についても「検討し模索していきたい」との考えを述べたとのことです。
医師退職で新規患者の制限などをした影響について、県立病院課は、がんセンター放射線科では、2016年12月は99人、2017年1月は125人の患者を受け入れていたが、2017年12月は70人、2018年1月は29人と前年と比較して125人が減少していると説明。がんセンターで治療をしていた患者では14人を他院に転院してもらったということです。

まだ、課題は解決していません。引き続き、課題と向きあって参ります。

~~~~~
(速報)「厚生常任委員会  第1 閉会中における調査事件等について」
1 日 時 1月29日 午前 10時36分開会~午後 4時48分閉会
2 場 所 議会第5会議室
3 出席委員 高橋(栄)副委員長、 川本、山本、嶋村、小川、牧島、京島、寺崎、高谷、鈴木、池田、君嶋の各委員
4 当局出席者 首藤副知事、武井保健福祉局長ほか関係者
5 議事日程 第1 閉会中における調査事件等について
6 審査概要
(1)開会後、日程に先立ち、本日の本委員会における県政記者の写真撮影、傍聴及びテレビ撮影を許可した。
(2)日程第1を議題とし、県立病院担当部長から「神奈川県立がんセンター放射線治療の診療体制について」報告を聴取し、質疑(自民党)が行われた。
<「病院機構の各病院の病院管理者の名簿と、病院管理者の役割について」資料配付>
<「地方独立法人神奈川県立病院機構の医療の提供体制に関する調査委員会ヒアリング(口頭報告等)実施状況について」及び「重粒子線治療の施設基準の概要」を資料要求>
<「神奈川県立がんセンター放射線治療の診療体制について」参考人の出席を求めることとし、人選及び時期については正副委員長一任と決定>
<「神奈川県立がんセンター放射線治療の診療体制について」首藤副知事の出席を求めことを決定>
(午前11時52分 休憩 午後1時14分再開)
(3) 再開後、質疑(自民党、かながわ民進党、公明党、県政会、共産党)が行われた。
(午後3時25分 休憩 午後3時50分再開)
(4) 首藤副知事入室後、「神奈川県立がんセンター放射線治療の診療体制について」質疑(自民党、かながわ民進党、公明党、県政会、共産党)が行われた。
(5) 本日この程度として閉会した。
~~~~~

【写真】: 先週末、子ども達は、妻と一緒にパンを焼きました。私も帰宅後、食べましたが、とても美味しく焼けていました。

現在コメントは受け付けていませんが、トラックバックを送信できます: トラックバック URL
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。